ご覧いただきありがとうございます。
本年度副代表の村上圭吾です。

引退まで一週間を切った中で、目の前のパソコンと格闘しながらこの四年間を振り返りました。少しだけお付き合いください。

 この四年間の應援指導部生活は、間違いなく入部当初想像していたものとは異なるものでした。勿論良し悪しはありますが、全て自分の財産だと思っています。何と言っても同期の中で唯一の道を歩み、勝手に世界で自分しか経験していないものだと謎の自信をぶら下げています。四年間で自分の個性が濃くなったと感じますが、その時々の強い記憶は周りからの言葉と脳裏に焼きつく景色です。その記憶をいくつか紹介します。

「我々の役割は體育會がベストの力を発揮する環境を作る事」
 これは一年生の際に当時の四年生が仰っていた言葉です。コロナ禍で十分な応援が出来なかった2020年、この言葉だけを頼りにマスク越しに声援を届けていました。偉大な四年生が苦しみに苦しんだ一年の最後に花を持たせたかった秋慶早でしたが、あと1アウトで優勝の場面から早稲田に打ち破られました。必ずやリベンジを。あの日の借りを返す為に三年間やってきたと言っても過言ではありません。

「人に優しく在る事は何より自分に厳しくある事」
 これも一年生の終わりに引退された四年生から頂いた言葉です。周りからは優しいとよく言われた自分の胸に突き刺さるものがありました。それと同時に、何故こんなにも人の心を動かす言葉を選べるのかと感じました。それからは應援指導部員として、人前に立って塾生注目を行い平サブで盛り上げる中で、何が相手に対して刺さるかを追求する事に。時には人の為を思いすぎ、自分を犠牲にしすぎた事もしばしば。

「慶早戦における大事な四字熟語、打倒早稲田」
 分かる人には分かる、大切な四字熟語です。この四年間で嫌なほど慶早戦の魔物に出会い、打倒早稲田の重みを実感しました。あの異様な空気を生んでいる張本人である事も理解しています。今年ラグビーやアイスホッケーは慶早戦100周年を迎え、野球は120周年を迎えました。他の大学とは比にならないこの伝統を紡いだ事を誇りに思い、後輩に託したいと思います。

 こうして振り返ると、お世話になった先輩方への感謝が足りていないと感じるばかりです。自分を成長させてくださった先輩方への恩返しとしても、最後まで後輩に伝えられるものを全て託したいと思います。
お世辞抜きで長い四年間でした。関わってくださった全ての方々に厚く御礼申し上げます。

最後までご覧いただきありがとうございました。
村上圭吾