イチロー園長からのメッセージ

イチロー園長からのメッセージ

愛媛県松山市にある慶応幼稚園の園長をしているイチロー先生が学んだこと、感じたことをメッセージとしてお伝えします。


テーマ:

今日は、オリラジの中田敦彦氏の講演会が

子規記念博物館で行われました!

 

講演会が松山で行われることを知ったのが昨年末。
 
ご縁があり、今日はスタッフとして参加させていただきました。


 
いつもとは違う立場で参加することで気づかされることも多々あります。

 

様々な仕事をされている方で作り上げた今日の講演会。
 
たくさんのことを学ばせていただきました。

 


 
中田敦彦氏の講演。

話術に引き込まれていきました。


 
その話術も才能ではなく
努力によって得られたものであることを
講演から知ることができました。

 

「栄光と成功は違う」
なるほど…とうなずかされました。

 

テレビ番組では、知ることができない

考えて実行されているお話には驚かされました。
 
そして、今いる立場で考えられることを
どんどんやっていくことが必要だということです。
 
講演を聞きながら
「やってみよう!」と思うことがあったので
早速、行動できるよう準備していこう♪


 
このような機会をいただき本当に幸せな一日でした。
 
いつも読んでいただき、ありがとうございます☆


テーマ:

グリッド、レジリエンスとも言われる「やり抜く力」

 

昨年は、本も発売された。

 

今、「やり抜く力」が必要であると取り上げられることが多くなった。

 

どうしたら身につけられるのか…

 

その方法は一つではない。

 

始めたことをいかにあきらめず続けられるか…

 

どんなことでもあきらめず続けれるかと言えば、そうではない。

 

難しすぎるとできなくて落ち込み

易しすぎると飽きてきて、つまらなくなってしまう。

 

難しすぎても、易しすぎてもダメなようだ。

 

ちょうどよい難しさを見つけて、挑むことが必要だ!


テーマ:

今朝の日経新聞の一面に

外国人労働者のことが書かれていた。

 

東京に行ったときに感じることは

コンビニの店員の外国人の多さだ。

 

日本人の店員を見ることがないエリアもあるように思う。

 

今朝の新聞では

欧米の方がもっと多いということだった。

 

日本でも、これから様々な業界で外国人が増えてきて

外国人が働いていることが当たり前の時代が

いつの日かやってくるのだろう。


テーマ:

目には見えないけど

良いこと(成功)が続くこともあれば

悪いこと(失敗)が続くこともある。

 

跳び箱も、前の人が引っかかると

その後も引っかかる人が増え、

前の人が順調に跳ぶと

その後の子どもたちも

流れに乗って跳べるような気がする。

 

特に失敗しがちな子の直前は重要。

 

よい流れを作って

「自分も跳べる」という思いで

挑めるようにしてあげることが必要だ。


テーマ:

コップの中に入っていたり

かき氷で食べたりする「氷」。

 

子どもたちは、案外、手で触ることは少ないのかもしれない。

 

水たまりに氷がはっているのを見つけたので

子どもたちは

氷の上に乗ったり

手に取って触ってみたり

高いところから落としたりしていた。

 

手で触れた感想は

「つるつるしている」

「つららみたい」というものだった。

 

また、手に持ってみると

こんなにも冷たいのかと感じたことであろう。

 


テーマ:

雨、みぞれ、雪、氷…

これら元をたどれば、すべて「水」である。

 

同じものであっても

条件、状況が変わることで呼び名が変わるのだ。

 

夏は雨の強弱が変わるだけだが

冬は気温によって、みぞれから雪へと変わっていく。

 

めったに雪が降らない地域にいると

そういう意味では寒い時期の方がワクワクする。


テーマ:

冬休み中に出掛けた先で、

在園児や卒園児に出会うことがあった。

 

今日、冬休みがあけ、3学期が始まり始業式で

「冬休み中に園長先生と会った人」と質問すると

何名かの幼児がさっと手を挙げた。

 

園ではなく、他の場所で出会ったときには

恥ずかしそうにしていることがある。

 

しかし、外で会った特別感が

幼児にとっては嬉しかったりするようだ。

 

「あの時、○○で会ったよね」と

何回も話してくれる幼児もいる。

 

わずかの時間の共有であっても貴重な時間である。


テーマ:

初詣で、お守りを買うことにした。

 

我が子を見ていても、他の子を見ていても

大人と子どもでは

「こだわり」が違うように感じた。

 

大人はご利益によって選び

子どもがデザインによって選ぶ。

 

そのためか、昔に比べると

お守りの種類が増え

かわいらしいものが多くなったような気がする。


テーマ:

読書をするときに、文字が見えづらく感じる時がでてきた。

 

そこで、眼鏡を初めて作りに出かけた。

 

レンズとフレームを選択すれば

すぐにできるのかと思っていたが、

しばらく時間がかかるそうだ。

 

また、眼鏡をかける時には

少しフレームを広げてかけることで

ずり落ちにくくなるそうだ。

 

眼鏡をかけたことがない自分にとっては

初めてのことばかりだ。

 


テーマ:

恐竜と言えば「巨大なもの」というイメージを抱いていたが

実際には、人間よりも小さなものも存在していたのだ。

 

一部の情報だけで、「それがすべてだ!」と

判断していることがないだろうか。

 

本当のことを知るためには、よく調べ

自分の思い込みだけで判断してはいけないのだ。

(大恐竜展にて)

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス