東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

東日本大震災時、液状化86%、ライフラインが止まった浦安市での実体験から届けたい防災備蓄法

ライフラインが停止した、特に上下水道が使えない状況での生活苦を身を持って体験する。その後、素人ながら防災に取り組むようになる。災害時の食について学ぶ一方、整理収納の勉強やパックククッキング(ポリ袋調理)も習得してブログでご紹介しています。

家の価値が下がるから・・・?

 

 

 

image

 

警戒区域に指定されていなかった場所で

土砂崩れ

image

 

でも、それは

 

 

単に

千葉県が、警戒区域に

指定していなかったからと

判明

 

 

image

 

被害の想定ない地域で犠牲者が出た理由が、

 

image

 

みなさんのお宅が、

住宅建設の制限や

土地価格など影響が出るので、

 

住民説明を丁寧にしていたそうです。
みなさんが納得したら、

土砂災害警戒区域にしようと

思っていたようです。

しかしそんな悠長な話
自然は待ってくれません。

 

そして今回2名もの

犠牲者が出てしまったのです。

 

image

 

都道府県

平均88%

も、

 

土砂災害危険個所に指定しているのに、

 

 

千葉県はその割合が

たった

 

36%

 

 

低い

 

土砂災害警戒区域とは?


image

2019年10月29日 読売新聞 朝刊より


千葉県が、
土砂災害警戒区域に指定しなかった、
理由 ↓↓↓

 

image

 

です。

 

 

 

どう思いますか?

尊い命を失う方が出てから

やっと、

土砂災害警戒区域の

箇所に指定するのでしょうね。

 

しょぼい言い訳

土地の値段が下がる???

命より高額なの?

 

大切な命が守りきれなかった

辛いね。

 

 

本気の防災メルマガです。

無料、ほぼ毎日お届けしています。

お申し込み先↓↓↓

https://my57p.com/p/r/qOulKeyP

 

防災アドバイザー 岡部梨恵子