一休みに・・・

 

お客様に頂いた事務所の”フォックスフェイス”に

新芽を発見!!

 

スタッフで”生”を感じた瞬間でした!

 

ちなみに、フォックスフェイスの増やし方は種まきのみで、

挿しなど出来ないようです。

熟した果実から種を採取した春巻きに備えてみようかしら・・・。

 

 

そんな楽しみをみんなで共有しつつ、本日も頑張ります<m(__)m>

 

皆様も良い日でありますように☆

政府は、新型コロナウイルス感染症で影響を受けた企業を支援するための「雇用調整助成金」の特例措置について、12月末まで延長しています。

 

また、特例月額変更届(コロナ月変)も延長して社会保険を現状の給与に合ったものとなるように負担軽減が図られ、

令和2年2月25日以降にコロナ関係の理由で離職した方は、「特定理由離職者」として雇用保険求職者給付の給付制限を適用しないこととしました。また、すでに給付制限期間中の方も、給付制限期間が適用されない特例措置が設けられました。


「第三波」と危惧されていますが感染が再拡大し雇用情勢のさらなる悪化が懸念されます。今後感染が収まらなければさらに延長することも検討される可能性もございますね。

nattanan23 / Pixabay

 

ご不明な点やご相談がございましたら、お気軽にご連絡頂ければ幸いです。

 

労務管理などについてご相談、ご質問がございましたらお気軽にご連絡

頂ければ幸いです。

就業規則作成や各種規定についてのコンサルティング(http://ashita-ba.com/syuugyoukisoku-hiroshima/)や

労働・社会保険手続・給与計算・求人について(http://ashita-ba.com/kyuuyokeisan-hiroshima/)ご相談・手続きを承っています。

ご連絡はお気軽に、広島労働局から徒歩3分「あしたば社会保険労務士法人」まで

TEL:082-228-5517  メール: https://ashita-ba.com/fom-hiroshima/

前回、コロナ禍での後見制度について記載しましたが、

今回は予期せずにもしもの時が訪れた場合を想定した

お話を考えてみたいと思います。

 

ご自身は資産家ではないので将来的には揉めないと思って

いらっしゃるご家庭ほど、

相続財産や遺品整理をめぐり骨肉の争いが起こる統計も

あります。

また、役所や各方面への届け出、生活用品の処分・家電の

処分など遠く離れたご家族が気を揉まれるケースも多く出て

きています。

「残されたペットがどうなるのだろうか・・・・

iPhoneなど携帯電話など電子データの処分はどうしよう・・・・」

といった、急逝した時の心配事を抱えておられる方も多々いらっ

しゃいます。

 

コロナ禍での孤独死も危惧されるこんにち、エンディングノート

の作成など身近なところから、自身の将来を再度考え直されても

よいのかもしれませんね。

 

 

死後事務委任制度や後見制度のご相談やご依頼など、お気軽に

家庭裁判所から徒歩3分

「あしたば社会保険労務士法人/行政書士事務所」まで
TEL:082-228-5517  メール: https://ashita-ba.com/fom-hiroshima/

もしもの時に頼る方がいらっしゃらない中、

コロナ禍では、ソーシャルディスタンスが叫ばれ、

ご近所さんやお茶仲間と会えない高齢者の方々で

心理的にも認知機能的にも悪影響を及ぼし始めています。

 

これを機に、もしもの際の成年後見制度や任意後見制度を

改めて考えられる方々が増えていらっしゃいます。

 

「あしたば行政書士事務所」では、以下の遺言・相続・成年後見制度

 

 

のご相談やご依頼を受けております。

お気軽に、家庭裁判所から徒歩3分「あしたば社会保険労務士法人/行政書士事務所」まで
TEL:082-228-5517  メール: https://ashita-ba.com/fom-hiroshima/

 

 

 

建設キャリアアップシステム(通称 CCUS)が動き出しています!

 

本格稼働から1年半が経過しました。このところ元請会社からの求めや外国人技能実習生受け入れを発端に建設キャリアアップシステム登録をお考えの建設業者様が増えてきています。

建設キャリアアップシステムとは、令和元年度から本格稼働した官民連携システムで、一般財団法人建設業振興基金が現在運営にあたっています。

システム導入のメリットとしては、各技能者の就労実績や資格が登録され、技能の公正な評価や工事品質の向上、現場作業の効率化などにつながるとされています。
登録により、ICカード(キャリアアップカード)が配布され、業界で横断的に登録・蓄積が可能となります。

近年、建設業界の高齢化や若年者減少が重要視されていましたが、ここに歯止めをかけ、将来にわたって建設業の優秀な担い手を確保育成していくことを目標に導入されています。
展望としては、各個人の給与引き上げや建設産業全体の価格交渉力を向上させる目的もあります。

ただシステムの利用には、事業者様の商号や所在地、建設業許可情報等の登録が必要となります。
また技能者の方は、本人情報(住所氏名)や社会保険加入状況や各資格履歴などの登録が必要となります。

 

登録でお困りの建設事業主様や技能者様は、「あしたば行政書士事務所」まで(http://ashita-ba.com/kyoka-hiroshima/