新潟経営大学サッカー部TOPチーム
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-11-06 20:13:54

◇マッチレポート◇第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期最終節 vs新潟医療福祉大学

テーマ:北信越大学サッカーリーグ

いつも本学サッカー部に温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。

 

先日行われました、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期最終節vs新潟医療福祉大学の試合結果をお知らせいたします。

 

=================

 

◆試合データ

 

日   時 : 2018年11月4日(土) 10:00キックオフ

 

会   場 : 新潟聖籠スポーツセンター アルビレッジ Eピッチ

 

試合終了 : 新潟経営大学 2 (0-0、2-1) 1 新潟医療福祉大学

 

================

 

◆スターティングメンバー

 

GK:東寛也

 

DF:吉田翼、新井直人、山﨑珠来、濱託巳

 

MF:大塚聖磨、近藤慶治、藤川丈、丹羽一陽

 

FW:上戸雅也、大石宏海

 

=================

 

◆交替選手

54分:上戸雅也 → 吉川拓真

67分:藤川丈 → 高橋瞭斗

69分:大塚聖磨 → 加藤風人

73分:近藤慶治 → 佐藤颯里 

 

 

◆得点

49分:新潟医療福祉大学

86分:新潟経営大学(新井直人)

90+3分:新潟経営大学(大石宏海)

 

================

 

◆ゲーム内容(コメント)

 

先日は、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期最終節、新潟医療福祉大学戦でした。

 

前節の結果でインカレ出場を逃してしまい迎えた最終節、今シーズン1度も勝てていない相手ということもあり、いつも以上のモチベーションで臨みました。

 

しかし試合は、序盤から相手にペースを握られる苦しい展開となります。幾度となくピンチを迎えますが、センターバックの新井、山﨑を中心に体を張った守備をみせます。GK東もビッグセーブを連発しゴールを許しません。

 

攻撃では前線までボールを運ぶもフィニッシュに繋げることができず、前半をシュート0本に抑え込まれます。

 

後半に入ると開始早々試合が動きます。49分、右サイドをロングボールで突破されクロスを上げられると、中央で頭で合わせられます。GK東も反応しなんとかボールに触れるもそのままゴールに吸い込まれ先制点を許します。

 

この直後に圧倒的なスピードが武器の加藤を投入、濱も前線に上げ攻撃を活性化させます。ここからは両者一歩も譲らない一進一退の攻防が続き、ゲームは終盤を迎えます。

 

試合が動いたのは86分。左サイドの深い位置でスローインを得ると大石のロングスロー。中央で佐藤、濱と頭で繋ぎ、最後は新井。ゴールに背を向けた状態から相手DFをかわし強引にシュートを放つと、これがゴール左隅に決まりついに同点とします。頼れるキャプテンの意地の一発で新潟経営大学がさらに勢いを増します。

 

90+3分には左サイドでボールを受けた丹羽が鮮やかなドリブルで相手をかわしグラウンダーのクロスを送ると、走り込んだ大石が確実に決め逆転に成功。そしてこのまま試合終了。インカレ出場はならなかったものの今シーズン勝てていなかった相手に逆転勝利を収め今シーズン最終戦を最高の形で締めくくりました!1年間応援ありがとうございました!!

 

 

学生スタッフ: 近藤仰

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-10-25 18:35:17

◇マッチレポート◇第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第4節 vs松本大学

テーマ:北信越大学サッカーリーグ

いつも本学サッカー部に温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。

 

先日行われました、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第4節vs松本大学の試合結果をお知らせいたします。

 

=================

 

◆試合データ

 

日   時 : 2018年10月20日(土) 13:00キックオフ

 

会   場 : 経大フィールド

 

試合終了 : 新潟経営大学 0 (0-0、0-1) 1 松本大学

 

================

 

◆スターティングメンバー

 

GK:東寛也

 

DF:濱託巳、山﨑珠来、新井直人、井上彬

 

MF:近藤慶治、藤川丈、上戸雅也、大塚聖磨、丹羽一陽

 

FW:大石宏海

 

=================

 

◆交替選手

75分:上戸雅也 → 舟波大地

75分:大塚聖磨 → 高橋瞭斗

 

◆得点

86分:松本大学

 

================

 

◆ゲーム内容(コメント)

 

先日は、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第4節、松本大学戦でした。

 

インカレ出場へ向け負けられない戦いが続く新潟経営大学ですが、この日は堅守速攻の松本大学に苦しめられます。

 

序盤から相手の堅いディフェンスの前に自分達のリズムを作ることができず、攻め込まれる時間帯が続きます。

 

ピンチを切り抜けながら試合を運ぶと中盤以降は徐々にペースを取り戻します。サイドを起点にチャンスを作ると濱がヘディングシュートで狙いますが惜しくもクロスバーを叩き先制点とはなりません。

 

パスワークが機能し始めると大石にビッグチャンス、GKと1対1のシーンが2度訪れますが、シュートは枠を捉えることができず、結局前半はスコアレスドローで折り返します。

 

後半に入ると前半終盤の勢いそのままに新潟経営大学が攻め込みます。後半からポジションを前線に上げた濱、さらには丹羽、近藤らが積極的にシュートを狙うもゴールを割ることができずもどかしい時間が続きます。

 

終盤に差し掛かると流れは再び一変、松本大学のペースとなります。流れを変えたい新潟経営大学は75分、上戸に替えて舟波、大塚に替えて高橋を投入し攻撃の活性化を図ります。

 

それでも松本大学の堅守を崩せずにいると86分でした。相手のすばやい攻撃から押し込まれるとシュートを撃たれます。このボールは体を張ったスライディングで防ぎますがこぼれ球を走り込んでいた選手に拾われワントラップからゴール左に叩き込まれ0-1。痛恨の失点を喫してしまいます。

 

残り少ない時間の中で懸命にゴールを目指しますが最後まで松本大学の堅い守りを崩すことはできずタイムアップ。0-1で今季ホーム初黒星を喫するとともにインカレ出場の夢も途絶える敗戦となりました。

 

 

学生スタッフ:小林夕真

2018-10-14 09:41:24

◇マッチレポート◇第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第3節 vs福井工業大学

テーマ:北信越大学サッカーリーグ

いつも本学サッカー部に温かいご声援をいただき、誠にありがとうございます。

 

先日行われました、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第3節vs福井工業大学の試合結果をお知らせいたします。

 

=================

 

◆試合データ

 

日   時 : 2018年10月13日(日) 13:00キックオフ

 

会   場 : 経大フィールド

 

試合終了 : 新潟経営大学 2 (1-0、1-1) 1 福井工業大学 

 

================

 

◆スターティングメンバー

 

GK:東寛也

 

DF:濱託巳、山﨑珠来、新井直人、井上彬

 

MF:上戸雅也、近藤慶治、吉川拓真、丹羽一陽

 

FW:大塚聖磨、大石宏海

 

=================

 

◆交替選手

HT:上戸雅也 → 舟波大地


◆得点

32分:新潟経営大学(近藤慶治)

49分:福井工業大学

73分:新潟経営大学(山﨑珠来)

 

================

 

◆ゲーム内容(コメント)

 

先日は、第46回北信越大学サッカーリーグ1部後期第3節、福井工業大学戦でした。

 

試合序盤は相手に攻め込まれる苦しい展開が続きますが、GK東を中心とする守備陣が踏ん張り流れを与えません。

 

新潟経営大学のファーストシュートは13分、大石のロングスローから山﨑がヘディングで狙いますが惜しくもゴールの上。25分にはビッグチャンス、コーナーキックの流れから最後はゴール前でフリーになった濱が左足で狙いますが相手GKのファインセーブに阻まれ先制点とはなりません。

 

相手の集中した守備ブロックを崩しきれずもどかしい時間が続きますが、この嫌な流れを近藤が断ち切ります。32分、右サイドでボールを持った上戸が深くまで攻め込みクロスを上げると、このボールが相手DFに当たりゴールへ、このボールは相手GKが触りますが、クロスバーに当たったこぼれ球を近藤が押し込み1-0。新潟経営大学が先制に成功し前半を折り返します。

 

しかし後半に入ると流れは再び福井工業大学へ。後半の開始からギアを上げた相手に押し込まれる展開となると49分、中央で競り負け自陣深くまで侵入を許すと、最後は中央への折り返しをヘディングで決められ1-1。早い時間帯で同点とされてしまいます。

 

勝ち越しゴールが欲しい新潟経営大学は66分、ペナルティーエリア内で倒された大塚がPKを獲得。これを自ら狙いますが相手GKにストップされ勝ち越しとはなりません。

 

相手の集中した守備、ボールを奪った後のすばやいカウンターに苦しめられる時間が続きますが73分、試合が再び動きます。右サイドでフリーキックのチャンスを得るとキッカーは後半から出場の舟波、左足から正確なボールを送ると新井が反応、ヘディングで狙うとこのボールはゴールとはなりませんがこぼれたところに山﨑が走り込み執念の勝ち越しゴール。再びリードを奪います。

 

その後は集中した守りで相手にゴールは許さず、試合はこのまま終了。山﨑の2試合連続ゴールが貴重な決勝点となり後期リーグ3連勝としました!

 

 

学生スタッフ:小林夕真

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ