軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター | 軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報

軽自動車キャンピングカーの中身ってどんな感じ?
お金はいくら必要なの?・・・etc
軽キャンピングカー専門店“軽キャンパー.com”が
小ネタ大ネタ問わず詳しく書き綴ります。


テーマ:

ご訪問ありがとうございます。



軽キャンパー「ドリームミニ」の、

オプションの一つ「FFヒーター」についてご説明いたします。

軽キャンパー「ドリームミニ」のすべてについて詳しく知りたい方は、

軽キャンパー ドリームミニ についてをご参照ください。



★軽キャンパー ドリームミニ★
★オプション★
★FFヒーター★





★軽キャンパー ドリームミニ★
★オプション★
★FFヒーター★


軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター
※最強の暖房機器「FFヒーター」

価格(税込)バリュー
180,000円(工賃込み)×

 「ドリームミニ」をご注文される際、まずは「Aタイプ=もっとも広い就寝スペース」・「Bタイプ=シンク&シャワー付き」・「Cタイプ=本棚・CDラック付き」の基本装備三種類の中から、目的に合った内装レイアウトのタイプを選んでいただきます。

 その後に個別オプションを追加で選択して、お好みに合わせて「ドリームミニ」をパワーアップさせるのが通常のオーダー方法です。それら個別オプションはレギュラーとしてラインナップしているだけでも全部で16種類にのぼりますが、中でも寒い季節に車内を温め、快適な温度に保つのがこの「FFヒーター」です。

 オートキャンプ場やRVパーク、道の駅などで車中泊をする際は、騒音防止のためエンジンを切るのが当然のマナーです。したがって車の暖房は使用することができませんが、この「FFヒーター」は、サブバッテリーからの電気を使って車のタンクからガソリンを引き込んで燃焼させる仕様なので、エンジンを作動させる必要は一切ありません。




★仕様★


軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター AirTop2000ST
※使用するのは、ベバストの「Air Top 2000 ST」です。

製品名AirTop 2000ST
燃料ガソリン
電圧12V
暖房能力1.0~2.0kW
燃料消費量0.14~0.27L/h
消費電力14.0~29.0W
最大温風供給量93m3/h
サイズL311×W120×H121mm
重量2.6kg

 用いるのは、現在キャンピングカー取り付けシェアNo.1を誇るべバストの「Air Top 2000 ST」です。

 前述したように、燃料には車のタンクのガソリンを使用します。また、サブバッテリーのDC12Vを使って着火し、内部のファンを回して暖気を放出・循環させるので、エンジンの作動や外部からの電源の引き込みの必要はありません。

 消費電力はわずか14.0~29.0W程度なので、満充電状態の105Ahのサブバッテリーであれば、問題なく一晩中作動させられます。(外気の温度、またはバッテリーの劣化状況にも作動時間は左右されます。詳しくはお問い合わせください)また、燃料消費量に関しても、1時間に0.14~0.27リットルと非常に経済的です。




★用途に応じてカスタマイズ可能★


軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター ホース
※専用のダクトホースをつなげれば、暖気口を好きな位置に設置できます。

軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター ツマミ
※標準のコントローラーは、単純なオン・オフ&温度調節のツマミですが、

軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター コントローラー1
※タイマー付きのコントローラーや、

軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター コントローラー2
※細かい設定を可能にするマルチコントローラーに変えることもできます。

 専用のダクトホースをつなぐことで、暖気口を好きな位置に設置することができます。

 また、標準のコントローラーは、電源のオン・オフと大まかな温度調節ができるだけの回転式のツマミですが、タイマー付きのコントローラーや、細かい設定を可能にするマルチコントローラーへの変更も可能です。




★高地仕様のアップグレード版★


軽キャンパー ドリームミニ オプション FFヒーター Air Top Evo 2000
※2,000m以上の高地でも正常稼働する「Air Top Evo 2000」

 どんなに寒い日でも、標高の高いキャンプ場でも、車内を快適な温度に保つことができる「Air Top 2000ST」のアップグレード版、「Air Top Evo 2000」の取り付けも可能です。

 オプションの高地スイッチを使用することで、標高2,200メートルの高地まで対応可能となりますので、登山のベースキャンプやスキー場などにおいても、車内で温かく過ごすことができます。



軽キャンパー「ドリームミニ」のすべてについて詳しく知りたい方は、

軽キャンパー ドリームミニ についてをご参照ください。





↓お問合せはコチラから!当店HP
$軽キャンパーファンに捧ぐ 軽キャン◎得情報-軽キャンパー.comのホームページへ

軽キャンパー@ドリームミニさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります