東京11R 東京新聞杯GIII(4歳上オープン) 芝左1600m 16頭
頭は16.鉄板だが15.の扱いが悩みの種。
穴ワイドなら外せるがそれ以外は紐に残しておきたい。

(主力)
16.グレーターロンドン
7.クルーガー
3.サトノアレス
(15.ダイワキャグニー

(穴馬)
6.ガリバルディ
10.ダノンプラチナ
双方テン乗りだが南関に強いヤネ、近走の時計も良好。
6.は複勝のみでも楽しめる、10.は紐または複勝若干厚め。

-

京都11R きさらぎ賞GIII(3歳オープン) 芝右1800m 10頭
主力絞れたものの甲乙つけ難い、買うレースではなく見るレース。

(主力)
3.サトノフェイバー
9.ダノンマジェスティ
8.グローリーヴェイズ
10.カツジ
 

東京11R 根岸ステークスGIII(4歳上オープン) ダート左1400m 14頭
主力と他の差は少なく、凍結防止剤による表示に出ない馬場悪化を踏まえると回避推奨。
以下主力の3連複ボックスでトリガミとならないが参考程度で。

(主力)
8.サンライズノヴァ
2.アキトクレッセント
7.キングズガード
6.カフジテイク

-

京都11R シルクロードステークスGIII(4歳上オープン) 芝右1200m 11頭
昨日の降雪の影響が未知数、避けてはいるだろうが湿っていても不思議は無い。
大半のメンバーが悪路では不調か実戦未経験なので難解。

(主力)
8.ダイアナヘイロー
(7.セイウンコウセイ

(穴馬)
9.キングハート
函館SSではなく同コース鞍馬Sのタイムで選んだ。
悪路での成績は極端だが好成績もある。
大舞台ではやや後ろからの追い込みなので、単複か流し馬券の紐で。

10.ニシケンモノノフ
ダートではあるがメンバー中で重・不良馬場に慣れている。
主戦ダートなので位置取りは基本前側、大穴軸または単複。
 

中山11R AJCC GII(4歳上オープン) 芝右2200m 11頭
主力3.5.は休養明けだが格が違うので本命派はこれが基本となるがオッズをよく確認してから買うこと。
皐月賞3着馬の7.はお手並み拝見、紐には必須だが軸には厳しい。
あと目に付いたのはオールカマー掲示板付近の6.8.、8.は追い込み馬なので紐一択、6.は下記参照。

(主力)
5.ゴールドアクター
3.ミッキースワロー
8.ショウナンバッハ
(7.ダンビュライト

(穴馬)
6.ディサイファ
同コースのオールカマー0.3差でヤネ強化もありながらこの不人気は面白い。
この時の展開は良馬場で先行、残るも沈むもペース次第。
展開を考えると複勝か穴軸。

-

中京11R 東海ステークスGII(4歳上オープン) ダート左1800m 16頭
展開・タイムの安定で考えれば本命派の頭は8.一択となる。
逆に穴党としては8.抜きのワイドをどう作るか、または単複。

(主力)
8.テイエムジンソク
12.ドラゴンバローズ

(穴馬)
6.コスモカナディアン
近走馬券絡みが無いが前々走は不良馬場で好タイム僅差。
ヤネはマイネル軍団の穴担当、小額単複・軸・紐お好みで。

11.アスカノロマン
17年は5着2戦と不調で好調時の相方の太宰騎手へ。
久々の騎乗で序盤で先行出来るかは不確定、紐または複勝で。
 

1/8 シンザン記念GIII展望

テーマ:

京都11R シンザン記念GIII(3歳オープン) 芝右1600m 11頭
昨日より頭数も難易度もグッと下がって本命派には狙いやすいレース。
ただ2頭のオッズがあまり面白くないので主力での3連複1点で済ませるのもあり。

(主力)
11.カシアス
2.ファストアプローチ
(3.アーモンドアイ

(穴馬)
6.ブランモンストル
時計も良く展開も安定している。
騎手で人気薄だが変更していないのは相性面で好材料。
単複でも悪くないが重賞にしては少頭数なので穴軸としても面白い。

 

中山11R フェアリーステークスGIII(3歳オープン牝馬) 芝右1600m 16頭
14.16.以外は大差なし、極論ワイド14-16または3連複14.16.軸走流しも悪くないがオッズを見ながら出費を調整すること。

(主力)
16.テトラドラクマ
14.プリモシーン

(穴馬)
1.サヤカチャン
タイムはそこそこ、ヤネは先行逃げ。
馬場次第だが逃げ残り期待。

5.ライレローズ
右回り初戦のためか時計の割りに人気薄。
マルチ・または複なら軸でも面白い。