最近の人気記事

日経新春杯7番人気ショウリュウイクゾと13番人気ミスマンマミーアが好走した理由が簡単なので解説

 

有馬記念11番人気サラキアを高評価して馬券的中!!サラキア分析公開

 
 

 

 

お知らせ

 

ラインスタンプ/ライン着せ替え(背景)発売!!

ラインスタンプ

オウマさんがウシさんで送る2021年!!! - LINE スタンプ | LINE STOREえぴたんふぁくとり〜が送る丑年コスプレをした可愛いオウマさんのスタンプ作っちゃいました!!!と〜っても可愛いので是非使って下さい♫リンクstore.line.me

着せ替え

https://twitter.com/epitantact

主にアイドルホースの服のデザインなどを手掛けています。

フォローをお願いします!!

 

競馬グッズのデザイナーさんです。

競馬グッズのデザインも受けています。

 

林正人厩舎依頼オウマタイムTシャツ、ステッカー制作等

 

 

 

馬デザインのクッキー。

オーナーの方は馬のデザインやグッズなどの販売をしている方です。

こんな感じでデザイン依頼もできるので興味のある方はツイッターをみてください。

 

 

 
 
 
 
 
競馬で勝つために絶対に必要な技術『至高の資金管理技術』★
 
 
 
前開催2週間ほど不調になったが『至高の資金管理技術』できっちり耐えて持ち直した。
 
3週前なんかは個人的に馬券が10連敗という泥沼にはまって絶不調のどん底。
実際に回収率がやばいことになっている↓
image
現状馬券的中率は30%なので馬券がはずれる確率は70%
 
10連敗の確率は
 
0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7×0.7=0.28
 
約3%の可能性で起きる事象ということになる。まあ単純ではあるが30日に1回くらいはあること。
 
なので不調というのは誰でも起きるただの確率の問題。
競馬ファンは不調を予想が悪いと勘違いしている方が多すぎです。
 
こんなものは科学的に簡単に買い目できる話なので気にする必要はない。
 
それなのに競馬ファンは予想スタイルを崩したり、予想の精度を上げようとわけのわからないことをしようとします。
 
もう何十回でも何百回でも言います!!競馬というのは予想の精度を上げるものでもないし的中を競うものでもないです。
 
他人と違うマイノリティ指向であることを競うだけのゲームです。
 
スピード指数がなぜ勝てないのかご存じですか?
 
多分わからないですよね?それはスピード指数が馬の能力比較になっているからです。
 
これも何回も言います、予想の精度や馬の力の優劣をつけるのがうまい人は競馬ではまず勝てません。
 
予想というか馬の序列をしっかりできてきっちり馬券を的中できる人もまず勝てません。
 
予想の精度上げてしまっている時点で負け確定です。
 
強い馬というのは人気になり、オッズの壁、控除率との戦いになるからです。
 
更に強い馬というのは控除率に過剰人気分の本来かからないはずの過剰控除率が上乗せになっているようなものなのです。
 
スピード指数が勝てない理由は馬の力評価になっているからです。
 
つまり
 
誰もがやっている強い馬比べというのは同じ土壌で限りのあるパイを奪うハードモードなのです。
 
ただでさえ予想の精度を上げるということが間違っているにもかかわらず。不調期にさらに予想の精度を上げようとするのが競馬ファン
 
不調期というのは確率の問題で誰にでも起こることなのだから、予想の精度を上げるのではなく、どう乗り越えるかが重要です。
 
そこで考えたのが私の独自理論の『至高の資金管理技術』
 
実際に高い収支を支えている私の主軸。
 
ここができていないと予想を頑張ってもまるで意味がないといっていい。
 
逆にここがしっかりできていると多少予想が下手くそでも十分カバーができる。
 
皆で同じことをやるよりも皆ができていないことをやる方がはるかに楽です。
 
結構衝撃的な話もしています。
 
また、馬券で負けていて我慢できないときの対処の仕方も書いてあります。
 
 
 

関東オークス、函館SS、日本ダービー、オークス、平安S、新潟大賞典、かしわ記念的中。

兵庫CSも的中!!
天皇賞、青葉賞、大阪杯も的中で重賞予想の勢い止まらず
 
 
imageimageimage
 

 

 

imageimage

 

 

 

 

 

先週は土曜は勝ち越したものの、日曜に負けてしまいトータルでマイナスとなってしまった。
 
日曜に至っては個人的には坊主をくらってしまい回収率も落としている。
 
怖くてPATをまだ見ていない…
 
まあ何回も書いているのだが連敗とは確率の問題だし、
 
はずれというのは的中への必要経費なので問題ない。
 
私は勝率3割、つまり10回中7回ははずれる。
 
そのハズレの清算をしている最中ということになる。
 
むしろ清算しきった可能性もある(ポジティブ)
 
ここから何回も逆転してきているのだから、1回負けたくらいなんでもない。
 
3回に1回の的中で自分の予想は勝てる仕組みなので、ここから鮮やかな逆転といきたい。
 
ただ、日曜に予想にのった方には迷惑をかけてしまったことを深くお詫びします。
 
すみませんでした。
 
 
 

3歳馬過剰人気注意報

 
19年から降級制度が廃止されて以降条件戦の1勝クラス、2勝クラスで3歳馬が猛威を振るっている。
 
今年に関しては4歳馬の勝率が5.6%なのに対して3歳馬の勝率が13.8%と2倍以上の勝率となっている。
ただ、回収率ベースでみると単勝回収率63%と低く過剰人気傾向にある。
 
ここで競馬の常識である西高東低という格言がどうなっているのかを調べてみる。
 
関東ブロック(東京、札幌)に進出してきた関西の3歳馬馬の成績が以下
 
勝率自体は15%オーバーと高いのだが、回収率が伸びていない。
 
常識である関西馬が強いというイメージに引っ張られて関西馬が過剰に人気になっていることがわかる
 
なので今は条件戦で3歳の関西馬を買えば買うほど損をするということになる。
 
それでも関西馬が強いというのは数字の上からも証明されてしまっているので、どうすればいいか?
 
条件を絞れば関東ブロックのレースに出てきた関西の3歳馬の成績が大きく跳ね上がります。
(8.3.2.7)
勝率40.0%複勝率65.0% 単勝回収率122%勝回収率99%という驚異の数字をたたき出している条件がこちら

人気ブログランキングへ

逆に成績を下げている理由はこちら↓
 
この部分をカットしていけば
 
 
新作

複勝の考え方 

 

 note

REQU


 

人気ブログランキングへ

 

 

重賞予想はnoteにて

 

【自身の最高傑作だと自負している有馬記念の分析を見ていただきたい】

 

 

『アーモンドアイが相手だろうがリスグラシューが負けるわけがない!!』

 

とまで豪語して的中となった有馬記念note。

 

◆実は大したことはない、トラックマンやブロガーレベルでは解説できない皐月賞の加速ラップのカラクリ

 

◆変速スロ-のトリックレース、独自ファクター『ウルトラロングスパート理論』該当でロジャーバローズを物理的に捕まえられない日本ダービーのカラクリ

 

具体的に数字を使って物理的証左を証明、どこよりもハイレベルな至高の超分析有馬記念!!

 

 

ツイッター、突発的に推奨馬をアップします

インスタフォロー申請がやたら多いのだが、ツイッターのほうが発信多めなのでこちらの方をお勧めします

 

 

 

公式発表のない地方交流重賞のラップあります

 

 

 

 

インスタグラム始めました

 

フォローお願いします!!

↑クリック