ご訪問どうもありがとうございます。 
キーリー聡美です。 
 
日々の生活の中で実践できる「幸せな生き方」「年齢を気にせず自分らしい人生を楽しむ方法」について書いています。

 

 

 

毎週月曜日は新しいレシピに挑戦するクッキングかベーキングの日です。

 

 

昨日は、レモンジンジャーケーキを焼いてみました。

 

 

イギリス代表的なお菓子の中には、ヨークシャーパーキンというジンジャーが入ったケーキがあります。

 

 

うちの夫をはじめ、ヨークシャーっ子が大好きな生姜入りのスパイシーでしっとりしたケーキです。

 

 

 

多分、日本人には甘すぎるかもしれません。

 

 

このヨークシャーパーキンに少しアレンジを加ええて、レモン&ジンジャーケーキに挑戦してみたところ…

 

 

出来上がったケーキはすごーく、しっとりしていました。

 

 

 

 

材料にヨーグルトが含まれていたからでしょうか?

 

 

1時間15分もオーブンに入れていたので、ちゃんと火は通っているんですよ。

 

 

 

 

 

 

ケーキの表面には、レモンシロップを塗ったのでテカテカしています。

 

 

 

 

 

レモンシロップは、こちらのイギリスを代表するゴールデンシロップとレモン汁を合わせて作りました。

 

 

 

 

 

 

レシピでは、ハニーを使うと書いていましたが、私はヴィーガンなのでハチミツの代わりにゴールデンシロップです。

 

 

 

イギリスは、ジンジャー(生姜)の入ったお菓子やデザートが好きですね。

 

 

 

ジンジャースポンジは、イギリス代表するケーキですし、ビスケットでも、ジンジャービスケットの色んな種類が売られています。

 

 

ちょっとこのデザート見てください!

 

 

 

以前、フィッシュ&チップスのレストランに食べに行った時に、デザートでジンジャースポンジ&カスタードを注文したら…

 

 

 

 

 

ジャーン!!カスタード大盛り過ぎて、スポンジケーキが埋もれてます(爆)

 

 

これ、フランス人やイタリア人のパティシェシェフが見たら泣くでしょうね。

 

 

でも、ジンジャースポンジとカスタード大好きです♡

 

 

カスタードは暖かくて、本当に癒されるデザートの一つです。

 

 

 

 

ケーキやデザートを焼いたら、自分たちで食べてもたくさん余るので、ご近所さんや友達におすそ分けしています。

 

 

昨日は、友達とご近所さんと、庭でケーキをいただきました!

 

 

ロックダウンで、うちには入れてあげることは出来ないので、お外で!

 

 

 

この椅子、ミーシャの爪とぎになってしまっています(笑)

 

 

なので、お外に出しても大丈夫な椅子なのでーす。

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 ■SNSもやっております!お友達、フォロー大歓迎です。

 

 

 

読者登録してね

 

 

ご訪問どうもありがとうございます。 
キーリー聡美です。 
 
日々の生活の中で実践できる「幸せな生き方」「年齢を気にせず自分らしい人生を楽しむ方法」について書いています。

 

 

 

 

 

 

 

イギリスでロックダウンが始まって、2ヶ月がたちました。

 

 

そろそろ、ロックダウンは終わるのかな、と思いつつ特に大きな変化のニュースは聞いてません。

 

 

 

パンデミックで、家族と家で過ごす時間が長くなり、それがきっかけでより仲良くなった家庭もあれば、その逆の家族もいるでしょう。

 

 

離婚危機に陥るまで関係が悪化した夫婦もいる、と聞きました。

 

 

四六時中、家で配偶者と顔を合わせなくてはいけない事が、苦痛に感じる人もいるのでしょう。

 

 

うちは、ロックダウン中でも喧嘩になったことはないです。

 

 

 

もちろん、お互いイラっと来ることはありますよ!

 

 

でも、そこから喧嘩にエスカレートすることはありません。

 

 

 

こんな言葉聞いたことありませんか?

 

 

友達だろうと、恋人だろうと、その人と自分の相性の良し悪しを確認するには、一緒に旅行をしてみることだ。

 

 

ずっと、その人と一緒にいなければいけないシチュエーションを作ってみることで、自分と相手が長時間一緒にいても心地よく過ごせる関係なのかどうか、わかるらしいです。

 

 

 

以前、不思議な友人がいました。

 

 

彼女とは、職場で知り合ったのですが、数時間一緒に過ごすのは問題ないのです。

 

 

星座も血液型も同じだし、2人ともフィットネスが好き、という共通点があったので、ご飯食べにいく程度のことなら、楽しめる相手でした。

 

 

 

ところが、彼女と一緒にいる時間が5時間以上になると、突然彼女は、口をきかなくなるのです。

 

理由はわかりませんが、本当に機嫌が悪くなっているのか、何かに拗ねているのか、話をしなくなるのです!!

 

 

彼女とお泊まりで一緒に過ごした事、何度かありましたが、その度に彼女は同じパターンになっていました。

 

最初はテンション高くて、一緒にいて楽しいのに、どんどんテンション下がっていき、最後には口きかなくなる!

 

 

 

ホント、疲れますよ!

 

 

だって、気をつかうじゃないですか、こちらは。

 

 

「どうしたの?気分悪いの?大丈夫?」と尋ねても、「ううん」と言うだけで、理由がわからない私は困ってしまいます。

 

 

 

「私、何か彼女の気に触ること言ったのかな?」

 

と、考えても、思い当たるふしがないんです。

 

 

 

彼女、普通にしていたら気難しい人とは思えないし、数時間一緒に過ごすだけなら、すごく面白いし良い子だったんですが、やはり相性が良くなかったのか、疎遠になりました。

 

 

 

 

夫とは、出会って、1週間後に一緒にネス湖に泊まりがけで旅行に行った事がありました。

 

 

その時に、彼とは相性が良いと言う事が、すぐにわかったのです。

 

 

一緒にいても、疲れない!

 

 

 

また、出会って2ヶ月後に彼が大阪に滞在しに来た時、3週間一緒に私が住んでいたワンルームの狭ーいアパートに一緒にいた時も、喧嘩する事なく、お互いイライライする事なく、一緒に過ごせました。

 

 

彼とは、どこに住んでも、どんな家に住んでも仲良くやっていけるだろう、と感じました。

 

 

 

結婚する相手は、四六時中ずっと一緒にいても疲れない、イライラしない相手がいいですね。

 

 

いい人と出会ったら、その人との相性や、その人のプライベートでの側面を確認するためにも、一緒に旅行してみるといいです。

 

 

顔がどれぐらい自分の好みだったとしても、一緒にいて心地よくない人とは続かないと思うし、シンドイですね。

 

 

 

また、数日間一緒に旅行する事で、お互い数時間一緒に過ごすだけでは、見せられない一面を見せ合える事ができます!

 

 

例え距離が近くても、お互いを束縛する事なく、でも一緒に何かを楽しむ時間も持てる、

 

 

そして、自分らしくしている事が問題なく、心地よくできる相手がいいですね。

 

 

 

あなたのお友達や、元彼で長時間一緒にいると疲れる〜、お互いの間に流れる空気が悪くなる〜という人いましたか??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 ■SNSもやっております!お友達、フォロー大歓迎です。

 

 

 

読者登録してね

 

 

ご訪問どうもありがとうございます。 
キーリー聡美です。 
 
日々の生活の中で実践できる「幸せな生き方」「年齢を気にせず自分らしい人生を楽しむ方法」について書いています。

 

 

 

 

 

 

数年前に母の誕生日に送ったピンクの百合の花が毎年咲くたびに、母は写真を送ってきてれます。

 

 

球根でも、大事に扱ってくれているみたいで、毎年母も咲くのを楽しみにしているようです。

 

 

 

 

 

隣にある、鮮やかなピンクのダリアも私がプレゼントしたのかな?

 

 

花はたくさんプレゼントしたので、覚えてません!

 

 

 

多分、私の大好きなピンクだから私がプレゼントしたのかと思います。

 

 

この他にも、イングリッシュローズ、マーガレット、木瓜(ボケと読む)の花なんかもプレゼントしました。

 

 

もらっても、すぐに枯らしてしまう私と違って、母は花の手入れの仕方をちゃんと知っています。

 

 

ですから、シーズン終わって枯れてもまた翌年時期になると咲いてくれて、そのたびにLINEで写真を送ってくれるのが、私にとっての楽しみにもなりました。

 

 

 

私と両親の関係は、私が歳を重ねるたびに良くなっていってるように思います。

 

 

私が10代だった頃は、本当に生意気で、反抗ばかりしていたので、今更ですが、私のような娘を持って母も苦労しただろう、と思います。

 

 

でも、両親も2人とも70代で高齢になっていき、私が彼らのことを心配するようになりました。

 

 

若かった時は逆で、母が海外にいる私を心配してくれていました。

 

 

あまり深く考えずに行動してしまいがちな性格なので、余計に色々と心配かけてきました。

 

 

 

有難いことに、父と母は今でも元気にしてくれています。

 

 

でも、日本に帰国して一緒に旅行したりするたびに思うのです。

 

 

「あと、何回こうやって両親と旅行ができるだろう?」と。

 

 

 

 

すでに、父は2015年にイギリスに来て以来、海外旅行は出来なくなりました。

 

 

体力的に無理なのではなく、昔から飛行機や高所恐怖症な彼で、年とともにその恐怖感が強まってきたためです。

 

 

母も1人で海外にくるのは、心細いようなので、もうイギリスには来てくれないでしょうね…

 

 

 

 

週に二回は母とLINEで話をしていますが、たまにいつも電話する時間に彼女が出ないと、なんだかすごく不安になります。

 

 

また、外で転んで足の骨を折ったんじゃないか?

 

持病の腰痛が酷くなって起き上がれなくなったのでは?

 

 

 

この立場は、昔は逆だったんですよ、本当に。

 

 

いつも母が電話かけてくれる時間に私が出ないと、何度も何度も電話してきました。

 

私はただ、週末の早朝、二日酔いで起き上がれないだけなのに、「聡美に何かあったんじゃないか?」って心配していたらしいです。

 

 

 

海外生活をしていて一番悩むことは、高齢になる両親のそばにいてあげられないこと。

 

 

これにかぎります。

 

 

元気にしてくれている事が本当に有難いのです。

 

 

毎朝、私はトイレ掃除をする習慣があるのですが、その時にトイレの神様にありがとうを言っています。

 

 

まずは、私と夫とミーシャが毎日元気に過ごせている事。

 

 

そして、その次に日本にいる両親、弟と彼の家族、夫の家族が、毎日事故、怪我する事なく無事に過ごせる事。

 

 

両親が、ずっと仲良く平和に長生きしていく事。

 

 

この3つをいつも、ありがとうございます、と感謝しています。

 

 

感謝する事が、お祈りでもあるので。

 

 

 

高齢になっても、私が日本に帰国するたびに、関空に送り迎えしてくれる両親の存在、本当にありがたく思います。

 

早く、コロナが終息して日本に帰りたいです。

 

今年は、できれば、年末に帰れたらいいなぁ。

 

 

母が花の写真を送ってくれたので、私はイギリスの近所の風景の写真を送りました!

 

 

 

2−3日前に散歩していた時に撮ったものです。

 

 

 

 

 

父が、バイアダクトというイギリスの線路が好きなんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 ■SNSもやっております!お友達、フォロー大歓迎です。

 

 

 

読者登録してね

 

 

ご訪問どうもありがとうございます。 
キーリー聡美です。 
 
日々の生活の中で実践できる「幸せな生き方」「年齢を気にせず自分らしい人生を楽しむ方法」について書いています。

 

 

 

 

 

 

人生では、不思議でミステリアスなことが起こります。

 

 

私にも、何度か起こったことがありますので、時々ご紹介させていただいております。

 

 

 

前回は、ETのような生き物に遭遇した時の話をしました。

 

 

今回は、人間の幽霊?をみた時のお話をさせてください。

 

 

 

 

1995年のことだったので、もう25年も前の話になりますね。

 

 

当時私は、アメリカ人の彼、Dとロサンジェルスのグレンデールという町に住んでいました。

 

 

ロスにありがちな、一階建の一軒家で、ベッドルームの窓から玄関に誰が立っているかわかる造りになっていました。

 

 

彼、私もDもロックバンドで活動していましたが、Dのバンドはよく深夜までリハーサルやレコーディングをする事が多かったんです。

 

 

その日も、夜中2時ぐらいまで待っても帰ってこないので、もう寝ようと思い、ベッドに入りウトウトし始めた時に、玄関をノックする音が。

 

 

「あれ、D鍵を忘れたのかな?」と思い、ブラインドのすき間からチラッと、玄関の方に目をやったところ、ジーンズ姿の男性の足とスニーカーだけが、目に入りました。

 

 

でも、そのスニーカーを見てわかりましたが、それはDの足ではなかったんです。

 

 

 

すでに、3時近くになっていて、「こんな遅くに誰だろう?嫌だなぁ、誰かわからないけど、無視しておこう」

 

 

と、そのままベッドに横になって目をつぶっていたのですが、またノックをされて、「えー、まだいたの?」と思った瞬間入り口のドアがギーッと開く音がするではないですか!!

 

 

 

私は、確かに鍵を閉めたはずだったんです。

 

 

真夜中に若い女性1人で家にいるのに玄関のドアに鍵かけずに寝たりしませんよね。

 

 

それに、Dからもいつも言われていました、「僕の帰宅が遅い時や、家に1人でいるときは必ず鍵をかけろ。」と。

 

 

だから、家に1人でいるときは、鍵をかける習慣が付いていたのに…

 

 

 

そんな事を考えていたら、リビングルームに誰かが入ってくる音がしたんです!

 

 

でも、不思議なことに、飼っていた猫二匹はビクともせずベッドに寝ています。

 

 

猫は、普通人間よりも、敏感でうちの子たちも、ゲストが来るとすぐに起きるはずなのに、そのときは起きないんです。

 

 

 

私は「もしかしたら、空き巣に入ってこられたのかも…」

 

 

と、子供の頃東京で初めて地震を経験した時と同じぐらい怖くなり、ベッドの下に護身用にDが置いておいた野球のバットをそーっと掴み、勇気を振り絞って、

 

 

「Who's there!? 誰だ!」と大声でドキドキしながら、バットを振りかざしてリビングルームに入って行きました。

 

 

 

そうしたら、そこには、誰もいないのです。

 

 

確かに、ドアがギーッと開いて、人が部屋に入ってくる足音がしたのに…

 

 

そして、玄関のドアの方に歩いて行ってさらにビックリしました。

 

 

 

ドアの鍵がちゃんとしまっているではないですか!!

 

 

絶対にギーッと音がして、ドアは開いたんですよ。

 

 

おかしい、絶対におかしい!!

 

 

 

そんなこんなしていたら、Dが帰って来て、ソファに放り投げていたベースボールバットを見て、彼も「何かあったのか??」と心配してきました。

 

 

彼に、一部始終を話しました。

 

 

 

「もしかしたら幽霊だったのかな?」と言うと、「いやそんなバカなことはないだろう。」と言われました。

 

 

今でも、あの夜のあの出来事を思い出すと、不思議で仕方ありません。

 

 

絶対に、夢じゃないし、意識もはっきりしていたんです。

 

 

 

皆さんにも、こんな不思議な体験ありますか??

 

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 ■SNSもやっております!お友達、フォロー大歓迎です。

 

 

 

読者登録してね

 

 

ご訪問どうもありがとうございます。 
キーリー聡美です。 
 
日々の生活の中で実践できる「幸せな生き方」「年齢を気にせず自分らしい人生を楽しむ方法」について書いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ビジョンボードを作成したことありますか?

 

 

日本ではビジョンボードではなく、トレジャーマップとも言う人もいます。

 

 

呼び名は違ってもどちらも、同じもので多くの引き寄せの法則の本などでも紹介されています。

 

 

ビジョンボードとは、

 

  • 望んでいるライフスタイル、
  • 自分の欲しいものや行きたい場所、
  • 将来住みたい家の写真、
  • 叶えたい夢を表す写真やイラスト、
  • アファメーションの言葉、

 

 

を一枚のボード(コルクボードでもポスターサイズの厚紙でもOK)にコラージュしてつくっていきます。

 

 

夢を叶えるための道具、自己実現手段でもあるのですね。

 

 

毎日ボードを眺めながら、潜在意識にイメージを刷り込み、視覚化させていくことで願望がかなうといわれています。 

 

ビジョンボードを作成したことで、夢を叶えたという人は世界中にたくさんいます。

 

 

 

最初に「ビジョンボードもどき」を作ったのは29歳の時でした。

 

 

ボードではなく、ノートになりたい自分の姿、欲しい物や叶えたい願望を反映している写真やイラストを貼りました。

 

 

自分で絵も描いたりしました。

 

 

その時のノートがまだ手元にあればば!と悔やまれます。

 

 

でも、だいたい何をそのノートに貼ったのかは覚えていますが、実現したこともたくさんあるので、驚きです。

 

 

  • 下の歯の歯並びが矯正してまっすぐになった
  • 自分に自信が持てるようになった
  • 日本に里帰りする(11年日本に帰ってなかった時期があった!)
  • イギリスに行く(行くどころか、移住した!)
  • 肌が綺麗になる(ずっとニキビが出やすい肌だった)

 

 

 

今新しく始めている仕事のために、ガイドブックを作成していたのですが、その中でビジョンボードの事を紹介しました。

 

 

わかりやすく写真もつけようと思ったので、自分で最新のビジョンボードを作りました〜音譜

 

 

 

 

 

 

あまり時間をかけずにやったので、素晴らしい完成形とは言えませんが、久しぶりに作ってみてとても楽しかったです!

 

 

また、別に仕事でのビジョンを表現するボードも作ろうと思います。

 

 

 

あなたも、叶えたい夢があったら、ぜひビジョンボードを作成してみてください。

 

 

作っている最中にワクワクしてきます。

 

 

できたビジョンボードを、ベッドルームやお気に入りの場所にに飾っておくといいですよ。

 

 

 

私のお気に入りの場所は、ここ。

 

 

ここのテーブルの近くに置いておきます。

 

 

 

 

 

 

いつまでも若々しくいられる人とは、見た目が若いだけじゃなく、ハートが若い人だと、ワタナベ薫さんが言っていました。

 

 

そしてハートが若い人は、幾つになっても夢があり、新しいことに挑戦する人だ、とも。

 

 

 

私もそういう女性でありたいです。

 

 

そして、あなたも、ね!!

 

 

 

 

最後までお読みくださりありがとうございます

 

 

 

 

 

 

 ■SNSもやっております!お友達、フォロー大歓迎です。

 

 

 

読者登録してね