ブリスベン・ゴールドコースト ヘアーメイクアーティスト歴24年の薫です。

私のブログにお越しくださってありがとうございます。ドキドキドキドキドキドキ

 

 

皆さま、お久しぶりで~~す。ニコニコ

やっと、ブログ更新する気分になりました。

 

8月・9月と、仕事や主人の両親がアデレードから来たりと、バッタバタで

気持ちに余裕が持てなかった。

 

夜更かしして、ブログの更新もできたが、10時から夜中の2時までは

綺麗な肌を保つゴールデンタイム。育児で疲れてる自分は寝る事が

ご褒美みたいな、自分なりの言い訳を付けて、9時半には、ねんね。

 

フェイスブックを覗き、友人のブログの更新を見てると、なんだか無償に

焦ってる自分もいたりしてね。

自分は自分でマイペースと言い利かす自分がいました。

 

焦ってるといえば、

2歳8ヵ月の娘のバイリンガル教育、、、

私は、教育ママではないと、胸張って(笑)言える。

正直いってめんどくさい。

 

私の母は、私と正反対の教育ママだった。

私を知ってる人は、きっと信じられないかもしれないが、

幼稚園の時、友達といえる子が一人(あゆみちゃん)くらいしかいなく、

かなり、引っ込み思案でおとなしくて、人見知り”がんがん”

私もこの時の事は鮮明に覚えている。

 

それを見て母は、この子を公立に入れたら、いじめにあうのではないかと

心配したらしく、小学校から私立入学。

 

小学校の面接に行く前の、練習を何回も母としたのも覚えてるし、ドリルも勉強したな。

そして、習い事、塾など色々と手にかけてもらったのを覚えている。

そんな経験のある自分は、娘は塾などいかずに、自分の好きな事をして、

のびのびと心優しい、礼儀正しい女の子になってほしいと願う。

とか、言っておきながら、将来塾に入れてたら、笑って下さい。

 

バイリンガルで子供をバランスよく育てるのは、本当に大変。

私が日本語で話せば、きちんと日本語を話すだろう位の軽い考えでいたら大間違いだった。

子供のいる環境によるのかもしれないが、うちでは私しか日本語で

話す人がいなく、他ではすべて英語の環境。

週2で保育園にも行ってるが、もちろんそこでも英語。

娘が話す会話は80%英語で、たまに単語で日本語は出てくる位で

かなり焦ってる自分がいるけど、無理強いして日本語を話して~~~って

言って、コントロールするのもいや。

幸い、私が言ってる事はほぼ、理解してくれているし、日本語の童謡は得意。

 

主人と話す時は、もちろん英語で、会話のやり取りと聞いてると楽しいそう。

主人が話す英語をオウムのようにリピートして、英語力が抜群に伸び、その反面

私が日本語で話すと、英語でかえってくる。

 

きっと、こういう環境に焦ってるままは、たくさんいるんだろうな~~~。

 

私はいつも娘に言ってる。

まやちゃんは、ままの母国語の日本語と、ぱぱの母国語の英語の両方を

話して理解してるんだよ。それはすごい事!!!

一緒に楽しく学んでいこうね。

 

子育ては、親育てと聞くが、心底納得。

 

親中心の意見や態度で、日々接してしまいがちですが、娘を”いち人間”として

客観的に見て接するように心がけています。

 

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。恋の矢ラブラブドキドキ



【営業時間】 


火曜日・金曜日 9時半~15時半
土曜日・日曜日 早朝から遅くまで承っております

 

【予約・お問い合わせ方法】  

   
携帯電話  0410 593 380
メイル   kchmartistry☆gmail.com  ☆を@に変えてください
メールでのご予約・お問い合わせも可能です。
           
【エリア】
Sinnamonpark QLD Australia
(オーストラリア ブリスベン市)