10歳になる孫息子に

テーマ:
次男の一人息子が10月に10歳になる。
この子が2歳の時に「家系の写真集ー千代B」を作って贈った。

長男の二人の孫息子には、高校に入学した記念に産まれてから今までを「いろはアルバム」にして贈った。この二人は15歳男子独特の「別に~~」って感じで素直に喜んではくれなかった。けれど親である長男夫婦は喜んでくれた。現在は二人とも大学生になつている。
それで私は今のボランティア活動の「見本」として使っている。

私の年齢を考えて、次男の孫息子には今回の10歳に、産まれてから今までを「いろはアルバム」にして贈ろうと、前々から考えていたのに、ついつい、明日明日と、先伸ばしにしていた。
9月に入ってからボチボチ進めていたら、先週きたH山さんが「孫の写真をどうして整理しょうか?」と、言う。

それでこの一週間、家で必死で「10歳お誕生日おめでとう」を作りつづけた。
まだ100%とはいかないが、形が出来てきた。

ところが、、、H山さんは、日曜日に急な用事が出来て広島まで行くからと、お休みだった。見て貰うチャンスが、が、が

今日水曜日、午後から机にへばりついて、やっと10月11日に10歳になる孫息子に贈る「いろはアルバム」が出来ました。
息子家族の都合で、渡すのは少し先になるので、次の火曜日にH山さんに見てもらおう~~。

無駄ではなかった

テーマ:
九月の始め頃、暇に任せて自分の「人生十色」の応募して選外だった文章を、受取人の迷惑を省みずに友達に渡していたその一人私より10歳くらい若いFさん、前に住んでいた近くの人だから、他の人と共に自宅の郵便受けに勝手に入れておいていた。2日程してからFさんから電話があったが、電話口の受け答えが花丸元気なFさんらしくない!一年位前に、本人が言う「頭の病気」をおこし、半年ほど入院していたと言う。「近々お尋ねします」と返事した。

昨日来てくれたH山さんは「Fさんからチラシ見せてもらったから!」と、言う。H山さんも知り合い。けれど、まさか病気を抱えているFさんが「家系の写真集ー千代」を伝えてくれた‼とは。うれしい🎵😍🎵思いがけない人が来てくれました。

Hさんは70歳を過ぎるといろいろなものの整理してしなけれは、と、考えていたところだったといいながら私の見本を楽しく見てくれて、来週から来ます。と言ってくれました。

和室

テーマ:
部屋を申し込むとき、二階の和室しか空いていなかったので、今日はじめて使った。

広い!大きなサイズの畳敷きで八畳が二間。窓側には縁側のように廊下がついて、二間にはそれぞれ、茶道の炉が作れるように畳が切られている。床の間や押し入れもついている。
玄関の入口近くの所には大きな押し入れが、茶道の水屋に改良されていたり、小振りの押し入れには、将棋板や碁石等と、座布団も用意されている。

和の稽古ごとに利用しやすいようになっているらしい。

いつもの三階とは雰囲気ががらつと違い家にいるような、、、けれどしびれがキレる。
T橋さんは膝が痛いねと言う。

一階のホールは若い女性で一杯。12時で終わったらしくはち切れんばかりのかしましさ。


午後我が家に、生命保険会社の定期的な訪問を受けた。
生命保険は貯金じゃないから仕方ないけど、死亡保険については長生きしたら掛けた金額より貰う金額が少ない!

「家系の写真集ー千代」について説明をし、見本を見せると感動している。チラシや名刺も渡しておく。保険屋さんで何か「家系の写真集ー千代」の講演でもしてくれないかなあ~~。と言ってみといた。
夫がどっちがセールスマンかわからんなぁと笑う。

久しぶり~~~~

テーマ:
台風と部屋が取れなかったから、久しぶりの「家系の写真集ー千代」をした。

部屋の前でSさんが待って居てくれた。
時々図書館に来たからと来てくれる人、その後T橋さんも来てくれた。

今年夏の大阪は、地震があったり、酷暑と言う言葉がぴったりの暑さ!それに九月にはまともに台風がきた!まぁ有りがたいことに83歳と77歳の我々夫婦は、余り影響もなくどうにか過ごせました。
だから、この二週間のお休みは、ちょっと違う事して遊んでいました。

今年の始め、新聞に「人生十人十色」と言う自分史のようなものの募集がありました。一月九日喜寿の77歳になった記念にイッチョ応募するか!と、五月末の締切ギリギリに投函していました。その結果発表は予想通り「選外」ですが、二等賞に当たる所に知ってる人の名前を見つけた!。メッチャうれしかつた❗❗
70歳の時に入学した「大阪文学学校」で同じクラスで一年間一緒だったI塚さん。
大阪文学学校は四年で一応修了システムですが、その後も続いて通っている人も多い。彼女もずっと続けている人。私は月謝や体調等の為に休学を挟んでいたので、今年の3月やっと四年間の勉強を修了していた。今回の応募は卒論の積もりもあった。

I塚さんの事を沢山の方に知ってもらいたくて、アノときクラスで一緒だった人達に、自分の文章もちょっと添えて、送っています。
「懐かしい~~」「ひさしぶり😃✨⤴」とかいろいろな返事が来て楽しんでいます。
それで調子に乗って、年賀状をやり取りしている人にも送りはじめて、コピーや封筒書きやら返信を待ち続けて、マンション下の郵便受けを見るのが日課になっています。

モチロン「家系の写真集ー千代」のチラシも入れてるよ~~。