TOEICはKazuにまかせろ!

TOEICはKazuにまかせろ!

TOEIC専門塾「エイプラウド」の満点講師Kazuのブログです。



ホームページ:http://www.eiproud.com/

昨日、米国では映画『フィールド・オブ・ドリームス』のロケ地となった球場で、カブス対レッズのMLB公式戦が行われました。時間があったので、私は朝からTVでライブで観ました。

 

この企画は今年で2回目で、実際に映画で使われた球場は小さすぎて使えず、それに隣接するトウモロコシ畑に昨年作られたMLB仕様の新球場で行われました。どうも来年以降も1試合行われるようなので、とても楽しみです。

 

出場したメジャーリーガーの多くは、映画公開当時はまだ生まれていなかったので、何人かの選手は試合前にこの映画を観て気持ちを高めたと言っていたのが印象的でした。

 

でも、本当はあの映画を理解するには、100年前のワールドシリーズで行われた八百長事件『ブラックソックス事件』の知識があったほうがいいんですけどね。

 

 

写真は1919年シーズンのシカゴ・ホワイトソックス(1919年9月26日)

 

それにしても、自分のトウモロコシ畑を一部つぶして野球場を作るなんて、なんてアメリカらしく、夢のある話なんでしょう!日本で言えば、相撲好きなある農家が自分のキャベツ畑を一部つぶして、屋根、土俵、観客席を備えた相撲場をつくるようなものですよ。あり得ないし、たとえ映画だとしても、製作者には決してそんな発想は生まれてこないでしょう。

 

よく考えたら、私にとっては、毎回受けているTOEIC公開テストの会場が『フィールド・オブ・ドリームス』なのかもしれません。そこで、毎回新しい発見があり、またそれが自分の次の新たな目標や夢につながって行くのですから。受験料はたったの7,150円!安いもんですよ。

 

Kazuが教えるTOEIC専門塾「エイプラウド」のホームページは ⇒ こちら