GWそして、令和元年。

テーマ:
皆さん、長いGWいかがお過ごしでしたでしょうか?

私のGWは大相撲の巡業を観に行くことからスタートしました。







初の崎陽軒シュウマイ 弁当。
「え!?」と買ってきてもらったでんさんにはビックリされましたが。
初体験のこのお弁当、前々からの皆様の評判通り美味しいです✨
大関貴景勝とは写真とれなくて残念だったけど、力士達と握手出来たり写真とれたり最高な一日でした。
一緒に行った、でんさん、エツコフのお二人とは初めてだったけど、会場に向かう道すがら、鬢付け油の香りを嗅ぐ三人が同じ表情だったことに大笑いでした(笑)

そして、ここから少し暗くなります。
いろんな事があったGW最大の出来事は伯父が亡くなったことなのです。
母の二番目の兄であり、舘ひろし似のめちゃめちゃモテモテ男の伯父でした。
私が物心ついて伯父と喋ったのは大学生位な印象だけど、こんなカッコいい伯父さんいるんだと自慢でもありました。

母にとっても自慢の兄であり、良き相談相手でもあったのだと思います。
決断力があり、明確な答えを出す事が母にとっても頼り概があったのだと思います。
伯父の晩年は、よく我が家の千葉に滞在することが多く、それも長期だったので私の中でもその身近になったからこその反発やら意見を戦わせることもありました(笑)

カッコいい伯父→反発して意見する!→涙もろくなる伯父→帰りには必ず手を握り涙ぐみ「有難う」と言うようになり→亡くなる15日前に会ったときには大黒様のような笑みで私を見る

伯父なのに親のような濃い時間を過ごした日々でした。

しかし、亡くなるまでカッコ良さは貫いてました!
辛そうな姿は一切見せず、「じゃな!また世話になるな」そう言って去っていったようでした。

人の死に直面したとき、生き方も大切だけど、死に方も大切だなと。
死に方なんて選べないと思うけど。
あの人らしいね、、、。
そんな人生の幕引き、大切だなと思いました。

伯父との約束のアメージンググレイスは、録音になっちゃったけど。
たっぷり伯父ちゃんへの気持ち込めました。

有難う。

時代は令和へ移っていき、楽しいことから悲しい事から色んなGWでしたが、前へ前へ‼️
さあ、新しい時代とともにワクワクした日々を過ごしていこう\(^^)/