太陽が輝き、海が煌めく。
心が踊り、浜辺にペニスとおまんちょすが集う夏。






こんにちは。
海のミルク、カズノコです。







2019年、夏の始まり。
僕は旅に出かけた。









某日、海に行く日が迫ってきた。
経験上、色白の俺がいきなり海に行ってもモテない。
海は圧倒的に日焼けしていた方がモテる。





いいかみんな、、、
海に行く前にやるべきことがある。











さあ、日サロに出発だ。
















日サロ箱イン!!!


俺「すいませーん、どのマシンがいいですか?
ギャル「そうですねー、初めてならコレですね

俺「これで焼いたらモテますか?
ギャル「ん?

俺「再来週、海行くんですけど、海でモテますか?
ギャル「そうですね笑

俺「お姉さんみたいな人にチヤホヤされたいんです!
ギャル「笑

俺「どしたらいいですか?
ギャル「とりあえず焼きましょ笑






マシンイン!!!







(´-`).。oO (あのギャル可愛いな。フェラして欲しい。。。






マシンアウト!!!






俺「いい感じに焼けましたかね?
ギャル「そんなに早くでないですよ

俺「まじか、、、名前は?
ギャル「〇〇です

俺「チャラいね
ギャル「何が?笑

俺「俺が
ギャル「それは間違いない

俺「あとで飲みいこ
ギャル「本気で言ってます?

俺「紙とペン貸して
ギャル「はーい







23時ごろ、ショートメールに返信。
合流して居酒屋イン。





ギャル「いつもこんなことしてんですかー?
俺「タイプの子限定な

ギャル「えーーー、でも海行って遊んでくるんでしょ?
俺「ダメ?

ギャル「ダメじゃないし笑
俺「あーーー、ダメじゃないけどイヤってやつな

ギャル「なにチャラいんだけど笑
俺「しょーがいなーーー、今日は特別に抱いてやるよ

ギャル「頼んでないし笑
俺「イヤじゃないだろ?



























next!!!









久しぶりの火の国イン!!!





パトラッシュさんに会えず、寂しく街を歩く。
火の国はアーケードがあり、声をかける対象には困らない。



5バンゲした辺りで、呼び込みをしていたバーで働いている子から電話あり。



火の国子「仕事終わったよーーー
俺「早くね?おつかれ。ご飯食べた?

火の国子「まかない食べた〜
俺「そか、じゃあコンビニ前きて〜



コンビニ前で合流。



俺「暑いからアイス食べる?
火の国子「うん!

俺「コンタクト?
火の国子「そうだよ〜

俺「じゃあケース買うね〜
火の国子「えー、どこいくの?

俺「涼しいとこ行こ
火の国子「エッチはしないよ?

俺「セッションは?
火の国子「なに?セッションって

俺「そか!とりあえずセッションしようぜー!
火の国子「???







ホテルイン!!!







火の国子「わーーー、涼しい
俺「はい、アイスとお酒。乾杯しよっか










火の国子「なんで声かけてくれたの?
俺「暑そうやったから笑

火の国子「他の子にも声かけてたでしょ?
俺「そんな昔のことは覚えてないなー

火の国子「ねえ、今日はしないよ?
俺「セッションしよう

火の国子「ちょっと、これエッチじゃん?
俺「今日暑いから服脱いだ方がいいよね?

火の国子「意味わかんない








おもむろにキスとゆっくり愛撫。




















火の国子「…ねえ、して






















next!!!











修羅の国に移動。
マイコーに振られた俺は、1人博多の街を散歩。





何人かに声をかけるも、博多の女にキツめの拒絶を何件もくらい凹む。


























それでも己を奮い立たせて声をかけるも、
全く刺さらない、反応されない、、、






















辛さを紛らわすように、相当前にバンゲしていた中洲嬢何人か、当てもなく電話する。







たまたま1人繋がる。





俺「おー元気?
中洲嬢「久しぶり〜どしたん?

俺「今日博多来たんやけど、急に暇になって
中洲嬢「珍しいね

俺「今日仕事?
中洲嬢「今日は休み〜

俺「そか、そーいや〇〇日誕生日だったから、お祝いしてもいい?
中洲嬢「うそ、覚えててくれたん?

俺「あんま派手にはしないけど、軽く行こうぜ
中洲嬢「嬉しい、いく







博多駅で合流






中洲嬢「久しぶりやん!なんか黒くなったね
俺「日サロ行ったからさ。おめでとう!

中洲嬢「まじなんなん?ちょー嬉しい。
バラとか初めて貰った!
俺「口が上手いな〜

中洲嬢「ほんとよ!
俺「はいはい、ほんとチャラいんだから〜

中洲嬢「ほんとだってば〜!
俺「はいはい、とりあえず魚食べたい



1軒目、小一時間程度魚を食べる。
恋愛トークのみ


2軒目、プールの見えるバーで一杯飲む。
俺「ここいいよね〜
中洲嬢「夜だと少し涼しくなるね〜

俺「わるい、ちょっとトイレ




トイレに行っているフリをして、店員さんにケーキとロウソクを依頼。




しばし歓談。





店員さんがケーキに簡単な花火をつけてやってきた。


中洲嬢「えっーーー、いつ用意したん?!
俺「前世

中洲嬢「絶対うそ笑
俺「おめでとう笑

































next!!!






いよいよこの旅本命、太陽が燦々と照る海へ。
海では色々な方にお世話になりました。
色々な兼ね合いがあるため割愛。


お会いした方々、誠に有難うございました。





そんなこんなで、えっちゅうさんと海ナンパ。





練り歩く。






練り歩く。









練り歩く。
















女と目が合う。







えっちゅうさん「やあ、パーティでもして来たのかい?
俺「マッチョ探しにきたんやろ?

海子1「いま来たばっかなんですよ〜
海子2「マッチョいらんしwww








なんやかんやあって、



マシンガントーク。








自己開示でかなり信頼関係を築く。





放流。




しばしまた練り歩く。



歩く。




歩く。





サンオイル塗る。





歩く。





運命トークで女性に声をかける。







振られる。






えっちゅうさんが電話している。






ブスのカリスマさんも交えて、
先程和んだ海子達と合流。




ブスのカリスマさん、
その節はお世話になりました。






5人で福岡をただただ満喫。
アイス食べたり、アイス食べたり、アイス食べたり。










また一つ、思い出ができた。

















夜、みんなで飲もうと約束して解散。






その後、ウラックさんと海ナンパ。





いい感じの2人組発見。








俺「あっ
パリピ子「あっ






えっちゅうさんと2年前、福岡で
コンビナンパした子との再会。








速攻でえっちゅうさんを呼ぶ。





えっちゅうさん「パリピ!
お前元気してたかーーーー!!!
パリピ子「あたしもええ歳やし、
落ち着いてきたんよwww


俺「パリピ!激しく飲もうぜーーー!!!
パリピ子「無理無理www























放流。











思い出を沢山つくった海を去る。























街に戻ると、海子達から返信があり、
一緒に飲むことが確定。








ブスのカリスマさんが事情のため、
えっちゅうさんと俺、海子達の計4人で飲む。
アシストありがとうございました。









天神の居酒屋はマジで美味い。
海鮮系で飲み放題プラスコース料理。
しかれど、破格。






飲み放題なんで、めっちゃ飲む。










激しく飲む。














非日常が心地よい。
























えっちゅう節がブチ刺さり、
信頼関係はピーク。






あとはセパッてセッションをするだけ。












2軒目、美味しい焼き鳥屋イン。






ここも美味いし、なにより安い。









女は素直で可愛い。








えっちゅうさん担当子
→食いつきマックス、はよ即って状態
→えっちゅうくんタイプ〜と甘えている。





俺担当子
→ねえ、もう死んで?
隣で息を吸わないで。
近寄らないで、
触らないで、
バイバイ永遠に。

→カズノコ死ねと言っている。


























震撼した。















失意のどん底で天神を歩く。







気がつけば、屋上でえっちゅうさん、マイコーさん、知らん女3人と乾杯。





女とマイコーさんが夜の街に溶けていった。




そして気がつけば、
CCOさん、まっつんさん、えっちゅうさんと
またまた屋上で乾杯。
※その節はお世話になりました。






そして気がつけば、
目の前に知らん女と俺、2人で乾杯。






天神子「で、さっき言ってた夢ってなんなの?
俺「I have a dream!

天神子「だから何よ笑
俺「…君をめちゃくそ抱きたい

天神子「友達がオッケー出したらいいよ





友達子、天神子、まっつん、俺の4人が
会合する。

どうやらバグった俺は、
まっつんとコンビしていたらしい。
※その節はお世話になりました。








俺「俺に、、、




今を生きる若い男に、、、







未来ある若者に、、、






全力で生きる男達に、、、







チャンスを、、、























チャンスをくれー!!!

































天神子、友達子「www
















天神子とホテルイン!!!












天神子「ねえ、彼氏に悪いからエッチはしないよ?












俺「…大丈夫





セッションしよう。






































震撼させた。


















今日、また新たな夏の思い出が開幕する。


















(完)