レモン社長ブログ 池永憲彦
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ご報告

ご報告

5月15日(日)一粒万倍日

無事に男の子が産まれました😄
おかげさまで母子ともに元気です。
5月21日予定日だったので早くてびっくりです。
コロナで立ち合えないので、陣痛始まったら行く準備的な感じでしたがさすがに九州まで夜に行く手段がないので明日行く事になりました。



動画で見ましたが、「おぎゃーーおぎゃー!」と泣く小さな姿に感動。二人共よく頑張ってくれました!赤ちゃんですねー。凄い生命体だ。

名は
池永澄大(きよひろ)
です。将大(まさひろ)と同じく、父親が付けてくれました。凄く気に入ってます。

将大は立ち合えたようで、
さっきLINE電話したら、「きよひろ生まれたよ、こんなに小さかったよ」と説明してくれました。
今日からママに会えないので、初めてばあばと寝ますが、かなりしっかりしてて、すんなり受け入れたみたいです。将大もお兄ちゃんになってますね。

皆様、新しい家族をどうぞよろしくお願いします!

池永憲彦
奈津子
将大
澄大



七生福祉園と弘済学園のこども達に クリスマスプレゼント購入の為の寄付をお願いします!

image

 

今年も開催する事にしました。

 

毎年恒例のクリスマスチャリティイベント。ひとりひとりがサンタクロースですが、去年は新型コロナウィルスの影響で、施設訪問もライブも開催出来なくなりました。ですが、コロナで子ども達が楽しみにしてくれてるクリスマスまで奪っていいのか!って思い、非接触型で動画配信で同じ演出でプレゼントを届けました。そして、ライブも出来なかったのでファンドレイジングサイトでプレゼント用の寄付を募った所

1日で目的は達成、沢山の応援を頂き、七生福祉園の他、重度の障害を持つ子供たちの施設「弘済学園」の子供たち、合わせて

約300名の子供たちにプレゼントを届ける事が出来ました。

ありがとうございました!
今年も同じくNPO法人専用のファンドレイジングサイトを開き、プレゼントの寄附を募り、我々が代行してプレゼントを購入して持っていくという方法で行かせていただきますのでぜひともご支援のほどよろしくお願いします。

 

施設の子供達は、毎年この時期になると「まだ来ないの?」と12月頭くらいから楽しみにしてくれているそうです。

今年で12年目。子供たちからの「ありがとう」で終われる年末って最高ですよ。

クラウドファンディングと違って見返りがないのですが、子供達から頂く喜びの声を届けさせていただきます。

これより嬉しいものはないと勝手に思ってます。(何度これ見て泣いたか) 

 

①ファンドレイジングサイトにて、500円からご寄付!我々がプレゼント代行させていただきます。

 

ご寄付はこちらから

 

 

プレゼントを送って頂くのは、送料がかかりますのでそれだと一括で送るか届けるかの方が良いかと思います。

なので、こちらのプランをご用意させていただきました。お一人500円から寄附できるので、ご支援よろしくお願いします。


②プレゼントは自分で選びたい!!購入して送付プラン

 

これ選ぶ人は凄いと思います。やっぱり送料もかかるし!でもご自身で選んだものが届くのは嬉しいですよね。

送付の方はこちらまで

 

141-0022東京都品川区東五反田1-2-39マンション島津山805

NPO法人Happy Japan Project 池永宛

09064355144

申し訳ございませんが12月19日までの着日でよろしくお願いします!

(12月20日に我が家で梱包作業を行います)

 

●プレゼントに関するお願い。
①アレルギーの事などもあり、プレゼントは食品は禁止させていただいております。
②対象年齢は幼稚園生・小学生です。
③「筆記用具、おもちゃ、ぬいぐるみ、」等に指定させて
頂き、表に品物が解るように紙を張って頂けると,
施設の職員さんの作業が楽になるので助かります。

 

ぜひともご支援よろしくお願いします!

 

NPO法人Happy Japan Project 社会福祉委員会

委員長 池永 憲彦


 

image

 

一人一人がサンタクロースとは

NPO法人Happy Japan Projectでは、2009年より毎年クリスマスの時期に、日野市にある知的障害児施設「七生福祉園」のこども達とクリスマスチャリティーコンサートを開催してきました。

動画はこちら

 

 

imageimageimage

 

■Xmas特別企画■「一人一人がサンタクロースvol.12」

ライブ会場にお一人500円~1000円以内のプレゼントを持ってきて頂き、それをまとめてライブの翌日に、七生福祉園の子ども達に持って行き、Xmasコン サート・ゲームなどを行います。
強制ではないので「私も参加したい!!」って方だけお願いします。
第一回目はオリンピアンの吉原知子さんとパラリンピアンの佐藤真海さんと訪問し、一緒に歌ったりスポーツやったり楽しい時間を過ごしました。第11回目からファンドレイジングサイトで寄付を募り、代行してプレゼント。そしてサンタクロースの動画配信とオンラインコンサートにてライブを届ける取り組みに変更。
毎年子ども達にクリスマスを届けている活動です。
一人一人のささやかな気持ちが集まると大きな喜びに変わります。
・・・・・・・・・・・・


 

「モスバーガーからまるごと!レモンのジンジャーエールwith甘夏ソース」期間限定新発売」!

まるごと!レモンのジンジャーエールwith甘夏ソース

産地応援のバトン 「瀬戸内の八朔」から「熊本の甘夏」へ。

 

この商品の名前を見るだけで胸が熱くなる想いです。去年の7月にあった熊本での豪雨災害。熊本は震災からずっと通っていた思い入れのある場所ですが、コロナ禍で県外の人間は応援にも行けず、悩ましい限りでした。でもモスは、違う形で動いてくれました。

地域応援で、全国に甘夏の美味しさをアピール。これは、ただ現地のものを応援で使用するよりももっと大きな意味があると思っています。

 

皆さんに応援頂いた瀬戸内の八朔×レモンの「はっさくレモンジンジャーエール」はなんと、昨年のコロナ禍で250万杯売り上げて大ヒットしました。その裏にはこの甘夏にバトンされるストーリーがあります。モスでは2017年より毎年、瀬戸内産の柑橘系フルーツを使ったドリンクを期間限定で販売してくださっており、毎年農園視察で尾道に来てくれています。

瀬戸内の西日本豪雨災害の時には、レモンを応援してくれて、3年前には八朔が県外に売れなくて困っている(当時は)という話を聞いたモスさんが、応援の為に八朔をリブランディングし、全国販売してくださいました。

これが日経MJで紹介されるほどの大ヒット。このシリーズは、地域応援シリーズとして続けてくれて、今年も三年目のはっさくレモンジンジャーエールを期間限定で発売。

モスの方が瀬戸田JAに挨拶に行った時に、モスで発売してくれたお陰で八朔がまた沢山売れるようになって嬉しい悲鳴ですと言ってくださったと聞きました。

 

SNSでもはっさくレモンジンジャーエールは評価高い

●軽い気持ちで飲んだらバカうまい

 

●これ絶対L頼まないと後悔するおいしさ

●このさっぱり感がたまらないーー

●おいしくてお代わりしたい

●これ定番化して欲しいやつ

●おいしいー本当においしいーーー

●やっぱモスでしかこれ飲めないんだよね、うまうま

●ぜったいリピする

●これ、何杯でもいける!すごく美味しい

●さっぱりしてて最高

●美味しすぎてすぐに飲み干した

●もはやはっさくレモンジンジャーエール目当てでモス来てる

●定番にして!お願い!

●甘さが抑えられていて、いくらでも飲めてしまう~

●好みすぎて毎回Lサイズでも飲めちゃうやばさ

●はっさくの苦みが良い仕事してるなぁ

●なぜこれが定番にならないの…

●もうめっちゃめちゃ美味しくて中毒になりそう

●大きい声で言いたいぐらいうまい!

 

出典↓↓

 

 

 

 

 

今回はその応援リレーとして、令和2年7月豪雨によって産地は大きな被害を受けた熊本の生産者を八朔の時と同じく生産者応援をしようと新たに商品が開発されました。

瀬戸内と熊本の初のコラボ商品。僕としては八朔の成功を間近で見てきたので、今回この成功のバトンを熊本に渡す事が出来るものと思っています。

そしてその中に少し素敵な仕掛けが。この二つのストーリーがまるで重なり合うようにグラスの中では八朔のつぶつぶと甘夏のつぶつぶが一緒に入っています。そしてコロナに負けない身体作りとしてこの本物を使った健康ドリンクのようなジュースは、瀬戸田のレモンと熊本の甘夏を皮、種、果肉まるごとペーストしたものとストレート果汁を使用しています。

レモンも甘夏も皮にポリフェノールが含まれていると言われているので、私は個人的に「モスの身体が喜ぶジュースシリーズ」と呼んでいます。モスの担当の方曰く、「今までで一番美味しい」そうです。楽しみですね!

※生のレモンは瀬戸内レモンじゃありません

 

全国のモスバーガーでの販売は、地域産業を応援出来るほどのエネルギーがあると思います。

前回は、営業、マーケティング、広報、流通、加盟店のみなさまが一丸となって取り組んでくださり、はっさく&レモンは全国で大ヒット!

欠品が出るくらい人気という結果を残す事が出来ました。この応援バトンを今度は熊本の生産者に届けたいと思います。

 

同時に、新型コロナウイルスの影響で出荷量の落ち込む漁協を支援として 「日本の生産地応援バーガー 真鯛カツ<愛媛県愛南町>」も5 月 20 日(木)から全国のモスバーガーで数量限定発売いたします。「刺身に 使われるほど質の高い養殖真鯛」を使った商品を販売することで、出荷量増への寄与と、消費拡大 に協力します。どうぞこちらも併せてよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

「人間貢献」「社会貢献」を企業理念として掲げているモスバーガーが本気で取り組んでいるシリーズです。

皆様どうぞ応援よろしくお願いいたします!

 

 

https://www.mos.co.jp/company/pr_pdf/pr_210511_1.pdf

 

 

imageimageimageimageimageimage

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>