鬼ですけど…それが何か?

振付師KAZUMI-BOYのブログ

NEW !
テーマ:

ハァ💨

疲れましたぁ~💦

今日も、初・中級クラス、入門クラスに沢山の生徒達が来てくれました❗

ホントにありがとう❤

毎度、毎度、感謝です❗


昨夜は、『入門クラス開設2周年記念』がお開きになった後、数人の生徒と二次会になったのですが、選んだお店は、この夏、私の誕生会を開いてくれたお店でした。

それ以来行ってなかった・・・にも関わらず・・・

店に入るなり、店のマスターが・・・

「あ!酒豪のダンスの先生だ!!」

・・・と(苦笑)💦💦

「え!?覚えてくれてたんですか!1度しか来てないのに( ; ゜Д゜)!」

・・・と私が驚いていると・・・

「いや~!!酒強いなぁ~って!!それで覚えてたよ(笑)!」


( ̄▽ ̄;)


そう・・・でしたか・・・

まさか・・・

そんな事で、顔を覚えられるとは・・・

お恥ずかしい限りッスm(__)m💦💦💦💦💦💦



AD
いいね!した人  |  コメント(3)
同じテーマ 「ブログ」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>
NEW !
テーマ:

昨夜は入門クラスの『開設2周年記念&チョイと早い忘年会』でした!


集まってくれたみんな、幹事の夏希、ホントにありがとうございました❗







AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:



今から『入門クラス開設2周年記念』の集まりです!





KAZUMI-BOY プロフィールページ←久しぶりに写真更新(^_^;)v

2013年11/18の記事『神秘稽古 4』←変わりやすい天気も、佐渡では非常に神秘的に感じます!


AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

昨夜は前菜を頂いた後・・・


ヒロくん手作り『自家製ソーセージ』を♪

唯ひたすらに・・・旨い!!


そして『天然小鯛のソテー』

ソースの名前は忘れたけど、生クリームと白ワインで作られたソースで、小鯛はローズマリーの香りが効いた逸品!

そして、ショウコさんのデザート・・・


バジルのアイスクリームを頂いた♪

我満足也!!




2013年11/18の記事『神秘稽古1』←息つく間も無く、また佐渡へ💦💦



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

今年は振付の仕事が忙しくて『KAZUMI-BOY WORKSHOP TOUR』が出来ず、東京から飛び出す事が出来なかった(T-T)

唯一、『タナボタ』で大阪に行けただけ。しかも、大型台風と一緒に(苦笑)💦💦

来年はツアーに出たいな!

まだ、仙台、新潟、名古屋、大阪の4都市しか廻れてないもんね・・・



実際にやってみると、やはり現実的な問題に直面する事もあるし、リサーチしてみると、東京には無い『壁』もある。



県によっては、その土地のスタジオの『生徒の囲い込み』が強いから、そのスタジオに通う生徒達は『門外不出』な訳で、例え私のワークショップを受講したいと思ってくれている人達が居たとしても、その人達は、日頃通うスタジオの先生の『御伺い』を立てなきゃイカン・・・と言う部分があるらしい。

ダンススタジオは、生徒確保、集客が『スタジオの存亡』に大きく関わる。

これが、地方では、かなりシビア。

耳にする話の中には、かなり『究極』な現状もあり、思わずタメ息である。

地方の生徒達は、自分が通うスタジオの先生に『忠義』を立てねば、その土地でダンスが出来なくなる・・・なんて話も、よく聞く話だ。

その土地に、仮に・・・

A、B、Cと言う3つのダンススタジオがあるとする。

東京ならば、生徒達は、この3つのスタジオを往き来するのは当たり前な事。

Aスタジオでバレエを受け、Bスタジオでジャズやコンテ、Cスタジオではストリートを受ける・・・みたいな事である。

しかし、地方ではこうは行かない訳である。

ダンス人口が限られているからだろう。

Aスタジオに通う生徒が、Bスタジオの門をくぐるなど、有り得ない事。

二度とAスタジオには戻る事は出来ないし、下手すれば、BにもCにも行けなくなるかも知れない。


先生(スタジオ)側から見ても、生徒側から見ても、非常に痛々しく、切ない話である。

まぁ、こうした話が、東京には全く無いのか?と言えば、そんな事も無いのだろうが、いわゆる『我生徒門外不出』的な風習は、既に廃れている・・・と言う事なんではないか?と思う。


『B.D.C.みたいなスタジオは、私の県には無いし、BOY先生の様なレッスンをしてくれる先生もいません!』

これも、よく聞く言葉である。

休みを利用して上京し、私のレッスンを受けてくれた人達からの言葉だ。


私が地方に赴き、ワークショップを開催したからと言って、別に・・・

集まってくれた人達を、根こそぎ東京に連れ帰る訳も無いが・・・

その土地に根付き、コツコツと築き上げたスタジオの主催者側からすれば、あまり・・・いや・・・だいぶ・・・面白くないイベントなのだろう。

自分のスタジオの生徒達が、一瞬でも、他に目を移す事を『よし』とはしない・・・と言う事なのだろう。


一方的な見方をすれば、『理不尽』とも取れるが、今迄自分が手塩にかけた生徒達が、『余所者』に一瞬たりとも目と興味を向ける事は、面白くない・・・

理解出来なくはない・・・。

その気持ちと状況は解る。




しかし、こうした『旧態依然』な状況を打破するには、各県主要都市におけるダンス人口を増やすしか方法はない様に思う。


私が、ワークショップ・ツアーに集まってくれた若い人達に、最後に必ず掛ける言葉がある。

『ダンス、頑張ってね!』
『ダンス、続けてね!』

この二つである。

ただでさえ少ないダンス人口を減らしてはならない!


私は・・・

『道場破り』に行脚する訳ではない。

その土地、その土地のダンス人口を、一人でも多く増やしたいだけだ。

『ダンスなんて、自分に出来るとは思わない』

そう思っていた人に、ダンスの楽しさを伝えたいだけだ。

願わくは、私と私のダンスに触れ合った後に、ご自身の土地で、ダンスを始めて頂けたら最高だ。

『昔、やってたけど止めちゃった』

そんな人達が、再びダンスを始めてくれたら最高だ。



これは私の現在(いま)の夢だ。

だから例え『ワークショップ・ツアー』が『亀の歩み』でもいい!

続けるぞ!!


いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:

今年の振付の仕事を全て終わらせてから休暇を取り、清里と香港で鋭気を養ってから、早くも2ヶ月が経とうとしている。

まさか、その2ヶ月の間に、3回もワークショップをさせて頂けるとは思わなかった。

休暇から帰国してから出た話だったからね。

「今年もDANCE LABで、日曜日のBOY先生のクラスが、2クラス共潰れちゃうんですけど、今年はBOY先生、LABに関わらないし、何処か他にスタジオ借りて、クラスやりますか?それとも休まれますか?」

・・・と言うスタジオマネージャーの言葉に私は・・・

「なら、大阪でワークショップやって来たい!みんな待っててくれてるし、今年は忙しくて夏に『ワークショップ・ツアー』出来なかったし、1日だけだけど、大阪に行きたい!」

・・・と熱望した。

直ぐに動いてくれたスタジオマネージャーと圭太くん❗

感謝!!!!


『B2B』に関しては、少し前からリクエストしており、私の『B2B』に対する思いと熱意に共鳴し、尚且つ、スケジュールが合うインストラクターを捜してくれていた。

この面倒臭い作業に、力を注いでくれたスタッフ達にも、ホントに感謝!!!!

そして来月もまた、『B2B』が実現するが、実はこの、CHACO×KAZUMI-BOYと言うカード・・・

今年の頭に開催される筈だった。

去年の暮れ、CHACOの方から『BOY先生と『B2B』をやりたい!』と、リクエストがあったのだ。

2017年の年明け早々にやりたいと言うCHACO。

私は『ヤル気満々』だったのだが、その時期私は、初日を迎える舞台を幾つも抱えており、恐らくオフィス・スタッフの判断で『今は無理!BOY先生が死ぬ💦💦』となったのだろう。

話は流れてしまった。

折角のリクエストに応える事が出来ず、申し訳ない気持ちで一杯だった。

CHACOからのリクエストから、約1年が経とうとしているが、何とか、彼女のリクエストに、今年中・・・と言っても、ギリギリの今年だが(笑)!応える事が出来そうだ🎵


3ヶ月の間に4本のワークショップを開催させて頂ける事に・・・

これまた、最大の感謝である!!!!



いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

猫をレンタル・・・と言う発想が何処から来たのか判らないけど、これはあくまでも映画の中の話。


実際にあっても、この映画の様には行かないだろうね。

私がこの映画の主人公で、家に何匹の猫が居ても、レンタルは出来ないな。

ましてや、譲れないと思う。


複数匹の猫を実際に飼ってきて思うのは、彼等は大切な家族であり、他人の『穴』を埋めてあげる為にレンタル出来る存在にはなり得ない・・・と言う事。

映画は面白かったけれど、これはお伽噺。私には、決して出来ない所業。

猫が、人間の寂しさを埋めてくれる・・・と言う部分には共感するけれど、一緒に毎日を過ごす子達を、他人の為にレンタルは出来ない。

『レンタネコ』はあくまでも映画。

面白い視点であるけれど、あくまでも映画。

そう思い切り、観る事。猫を飼っている人や、猫好きの人達には『あくまでも映画であり、お伽噺』と言う目で観る事をお勧めする。


いいね!した人  |  コメント(1)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。