奇は奇術師の奇
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

マジックのどこを見る?

とあるマジックの大会で、

二組のイリュージョニストのショーを、

同じ舞台で見る機会があった。

 

ひとつは、日本のベテランチーム。

テンポの良い音楽に合わせて、次々とイリュージョンを演じる。

アシスタントの連携も見事で、無駄がない。

立ち姿や動きも美しくて、さすがプロだなあと感心するショー。

 

もう1組は、海外からの男女ペア。

それとなく、男と女のストリーが組み込まれた舞台で、

二人がやりとりしながらイリュージョンを演じる。

大道具も家具調にまとめられて、コーディネートされた舞台。

 

どちらも素晴らしいショーであったが、

見終わった後、日本のチームはなんとも印象に残らないのである。

圧倒的に海外ペアの方が、インパクトがあったのだ。

 

決して、日本チームが悪いわけでない。

むしろ、最近の道具だけをそろえた俄イリュージョニストよりも、遥かに良い。

使用する道具、構成、音楽、各自の動き、どれをとってもプロの演技である。

 

しかし、印象に残らない。

つまりは、マジシャンのキャラクターが感じられないのである。

見終わった後に、不思議さは残るのだが、どんなマジシャンが演技していたのか、

全然印象に残っていないのだ。

 

日本のパーティーやイベントの営業では、日本チームは何も問題ないことであろう。

しかし、結局、人間性の感じられない舞台は、一過性の出し物にしかならない。

ここに、営業と舞台公演の違いがあるのではないか。

 

日本の営業環境は厳しい場が多く、どんな場、条件であっても、プロのマジックを披露せねばならない。

しかも、パーティーや、イベントのマジックショーは、派手さと、プロらしさは求められるが、

そこになんらかの演者自身のこだわりや、メッセージは求められていないのだ。

 

それに答えて、対応する手順を作って、営業ではなくて公演を行うとなると、

それなりに見れる舞台はできるだろうが、感動する舞台には決してならないのである。

 

デビット・カパーフィールドが世界一のマジシャン になれたのは、

ネタが新しいとか、道具が斬新だったからではない。

映像や、音楽を駆使して、人間性を語れたからではないだろうか。

彼のマジックショーには、人間ドラマがあったからに他ならないのだ。

夢と魔法だけでは、ディズニーに敵わなかったはずである。

 

演者の表現したいもの、人物、世界観、主義主張。

そこまで明確でなくても、マジシャン自身が表現できなくてはならない。

つまりは、オリジナリティは、道具やネタではなく、マジシャンの人間性に

求められるべきものなのだ。

 

そこがわかっていなければ、マジシャンとして生きてはいけない。

特に厳しい時代となった現在。代わりの効くマジシャンはもうダメなのである。

 

ならば、私達マジシャンは、どうすれば良いのか。

営業で求められていなくても、自身を投入するのである。

営業に合わせるのでなくて、自分のショーを営業用に調整してかけるのである。

 

そのためには、自分のショーを作らなくてはならない。

結局、自主公演を続けていくしかないのだ。

 

 

配信ライブは、ある意味自主公演と同じと言える。

生の舞台と同じではないが、やはりそこには人間性の投入が必要だと思う。

先週ゲスト出演した『倉庫de ライブ Dr.レオン』のアーカイブ配信が始まった。

まだまだいろいろ考えなくてはいけないことだらけ。

未見の方は是非ご覧ください。

 

 
最近凝ってるのが、スーパーの生ラーメン。
『佐野ラーメン』に、
あぶったお揚げと、焼き餅、入れてみた。
ネギたっぷりで、
下手なラーメン屋より美味しくできたね。
何事も創意工夫が大切。と、ラーメン作りながら勉強したのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

おもい込み

昨日の『クイズ!脳ベルSHOW』では、

残念ながら決勝まで残れませんでした。

応援管さった皆さま、ありがとうございました。

いつかリベンジしようと、硬く誓いました。

 

さて、

世の中は暖かくなったり、寒くなったり、

体調管理が大変な状況だが、忙しくて、ヘロヘロ。

 

不思議なもので、体壊すと思ったら、調子悪くなるし、

大丈夫と思ったら、なんともないの。

 

思えば、舞台に立つときも、

失敗すると思ったら、失敗するし、

上手くいくと思ったら、上手くいく。

 

被暗示性が高いということなのか。

 

それを上手く利用することが出来れば、

どんな困難なことも達成できる!と考えるのだけども。

世の中そんなに簡単にはいかないのね。

 

思いこむ力というのは、実は物すごくて、

今の生活を形作っているのはこの思い混んで信じる力なのだ。

 

世の中すべて思い通りになっている。

 

そう感じられないのは、自分が心から思い込んでいないから、

どこかに、己のことを信じきれていない自分がいるからだね

長年生きてきて、そうそう上手くいかない。

と、深層心理で思い込んでいるのだな。

 

また、逆暗示ということもあり得る。

上手くいくようにと、思い込もうとしているということは、

上手くいかないかもしれないから。

上手くいくようにと強く思えば思うほど、

ひょっとしたらダメなのかもしれないから、

上手くいくと信じないといけないのだ。と、

逆の考えが知らず知らずに支配してしまうのだ。

 

世の中には、この思い込む力の強い人が確実に居て、

稚拙な技術しか持ち合わせていないのに、

『自分が最高のマジシャンだ』

と、思い込んでる人のなんと多いことか。

 

なんで、その程度の経験と技術で、

自信を持てるのか、不思議に思うことよくあるのだが、

自信を持つということも、ひとつの技術なのかもしれない。

と、最近気がついた。

 

稚拙な技術しか持ち合わせていないのに、

『自分が最高のマジシャンだ』

と、言えるということは、実は物凄い心理的テクニック。

そうなると、知らないということは、最強の自信になるのかもしれない。

 

私なんかは、被暗示性が高いくせに、

いろいろ知っていたり、考えすぎる癖があるから、

そこまで思い込めないのだね。

 

これからは、

シンプルに、良いことだけを思いこむようにしたいなあ。

 

 

昨日の朝食もパスタ。

ナスとレタスのペペロンチーノ。

まあまあ上手く出来たかな。

 

 

 

 

クイズ!脳ベルSHOW

昨日の放送では、トップでした。

本日の放送で、上位2名に入ると、決勝でトランプマンと対決!

さてどうなりますか。

 

 

 

 

BSフジ 22時から みんなで見てね。

 

とは言いつつ、うちはBS映らないのだなあ。

 

さらに問題に往年のヒット曲やドラマの話が出てくるのだけど、

90年代はこれでも地方回りなどで忙しく、テレビはほとんど見ていない。

2000年代になると、ケーブルテレビばかり見ていて、

地上波一般放送はほとんど見ていない。

 

ここしばらくは、テレビをほとんど見なくなった。

子供の頃はテレビっ子だったのにね。

だから、一般的なエンタメとかの情報には、極端に疎いのだあ。

サザンの歌詞なんてわからないよ。

ラーメンの問題ならいいのだけどね。

 

さて、どーなりますか?

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>