今日もジャカルタライフのローカルニュース和訳

https://jktlife.com/

からリンクさせていただきます!

 

 

 
今回の帰省禁止の中で事故ったら、国の車両保険が効かない!
 
 
法律に則った形で入国しているようだが、一般市民からすると、この大勢の中国人には不信感がある!
 
製造業が相互協力ワクチンの優先権を取得
どうして?繊維業なのか?労働集約方産業は、他にもあるはずだが?!
 
 
 
 

今日もジャカルタライフのローカルニュース和訳

https://jktlife.com/

からリンクさせていただきます!

 

 

 

インドネシアの大きな空港は、今回の帰省禁止の間でも、開いているという記事です。
しっかりと書類を揃えて移動する場合は、問題がないという記事!

 

 

 

ジャカルタから各地方への移動(帰省以外の目的)の方法を教えてくれています!

 

 

変異株が、さまざまな国でも発見されてきている中、イギリスでこの方法(2度に止まらず、3回目を「モデルナ製」接種する)方法を試しているという話。1度目が他のワクチンでも良いのかも含めてテスト中!

 

 

バンドゥンでは、今回の帰省禁止の命令をしっかり守るというお話。
問題になっている、帰省の場合はいけない!
観光であれば、問題なし!

ですが、この場所の性質上、長期休暇でバンドゥンを訪れる人たちは、多いはずなので
この機会も逃せないという気持ちは、正直あるでしょうね!

 

今日もジャカルタライフのローカルニュース和訳

https://jktlife.com/

からリンクさせていただきます!

 

 

インドネシアから近いこの国。ビザの更新でよく使いますが。

さてそれもどうなるか?以前は1日でビザの取得ができたが?

 

思ってはいたが、やはり今回の命令も徹底できません。でも今回は世界中もう、我慢もいい加減限界だ!

 

 

インドネシアあるあるで、例外が間近になってわかる。さらに現場でネゴが効く。
日本人は規則は、規則だから無理だという思うが、インドネシアだから何とかなるというのも

インドネシアである!

 

 

今日もジャカルタライフのローカルニュース和訳

https://jktlife.com/

からリンクさせていただきます!

 

 

https://jktlife.com/jktlifenews/13953/

 

 

ジャカルタやチカランから普通にBSDのイオンに行きたい人もだめなのかな?

 

 

 大勢の方々に一度に打つのではないタイプ。それぞれの方々に向けたワクチン!

 

 

おそらく安いだけのC國の商品より
国産の商品をみんなで買いましょう!というキャンペーンを作ろうとする物!

 

 

 

 

 

 

 

 

今日もジャカルタライフのローカルニュース和訳

https://jktlife.com/

からリンクさせていただきます!

 

 

 
タバアバンという場所は、田舎から、さまざまな物(主に生地や服など)を仕入れるたくさん人が訪れる場所。ここで仕入れて戻り、地方のお店で再販売するような仕組みがあります。
通年ラマダン休みには、多くの物が売れていきます。そのための仕入れで混雑します!

経済を止めすぎると、メイデーのような暴動も各地が起きる可能性もあります。
どうするんだ!?
と文句を言いたい人もたくさん居るでしょう!
冷静に考えればこうなるが、普通の人は、目の前を塞ぐ人たちに、その鬱憤をはらすしかない!

やはりワクチンや治療薬を待つしかないのだろうか?
 
 
誰一人として、わからないコロナのこれから。
でも唯一できるのは、正しいデータを取り、コロナ関連医療従事者と経済学者や心理学者など、考えられる知識人を集め、自分たちの私利私欲は横に置いて語り、国のリーターも、自分の身を捨ててまでも、計画を立てて、勇気を出し、メッセージを出す事だ。誰もわからないのだから、間違わない方が珍しい状況。
 
分断を助長してはいけない!
人と人のつながりを絶ってはいけない!

今までやってこなかった事を試すチャンスだと思って、従来ではやらなかった事でも
やってみる時だ!ぐらいの気持ちで、どんどん挑戦するべきだ!