「中学男子専門」 不登校セラピー早川一平
  • 19Jun
    • ひきこもることは大切なこと

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。僕はひきこもることは大切なことだと思うんです。ひきこもりになると自分と沢山向き合う時間が増えていきます。良い自分だけではなく、もちろんひきこもりになっている自分など様々な自分と向き合うことになります。親からしたらとても心配な気持ちはとてもよく分かります。ですが無理やり外の世界に連れ出してしまうと余計にひきこもってしまうものです。中学生にもなると、子供は初めて過去、現在、未来を見つめだします。色々なことを分かってくる年齢でもあります。周りと自分の違いを分かってくる年齢でもあります。ですが今の世の中は周りと自分が違うということを受け入れ難い世の中です。だから無理やり自分を押さえ込んで周りに合わせていたら、自分からはどんどん遠ざかり疲れ果ててしまうでしょう。その反動で学校、外の世界が怖くなりひきこもりを生きるということもあります。ひきこもることによってやっと自分を守っているのです。みんなと同じが安心する社会で、そこから外れることに不安や恐怖を感じない子供はいません。でも行き続けていたら自分が自分でいられなくなってしまう。そっちのほうがもっと怖いことだと僕は思います。だから今は、ひきこもってとことん自分自身と向き合ったらいいんです。子供のときから自分と向き合うことを覚えることは今後の人生にとってとても大切なことなんですから。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■ホンマルラジオ■ラジオで当時の不登校、ひきこもりの思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      29
      テーマ:
  • 18Jun
    • ホンマルラジオ全国トップ10入りしました。

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。6月11日より配信開始になりましたホンマルラジオで全国トップ10入りをすることができました。僕の不登校の経験を沢山の方に聴いて頂けたみたいです。僕は不登校から本当に沢山のことを学びました。失ったものは確かに大きかったと思います。ですがそのとき得たものが、今こうして少しずつ花を咲かせようとしているのだと思います。不登校からだって、ひきこもりからだって必ず幸せになれる。どんな人生だって誰かのために使えたら幸せに変えられるんです。そしてこれからもそんな記事を沢山書いていこうと思います。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■ホンマルラジオ■ラジオで当時の不登校、ひきこもりの思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      13
      テーマ:
  • 17Jun
    • 『ない』に人の思いは偏りやすい

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。将来を思うと今はまだ『ない』ものあかりだと思います。だから子供ながらに頑張って『ない』を『ある』に変えようと必死に頑張ってしまう。今の自分にはまだできないことを受け入れることができない。しょうがないことなんだと思うことができない。将来ばかりに意識がいき今を大切にすることができなくなってしまう。それが将来の不安や恐怖に繋がってしまうことだってあるのです。人の思いは『ない』に偏りやすいものです。今あるものを見つめたら大切なものは沢山あるのに、今を大切にすることができない。そうして生きていると今を見つめ直しなさいと言わんばかりに心は、沢山のことが起こってしまう。僕もそうでした。不登校、ひきこもりになるまで、今を見つめて生きたことはありませんでした。たとえ行けていたとしても『ない』ばかりで生きていたら結局今もあれもない、これもないと満たされることを知らない生き方をしていたことでしょう。不登校、ひきこもりは今の自分を見つめなおすきっかけを僕にくれたのだと今は思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■ホンマルラジオ■ラジオで当時の不登校、ひきこもりの思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      25
      テーマ:
  • 16Jun
    • 不登校になるなんて想像もしなかった

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。きっと誰しもが、自分の子供が不登校になる、自分自身が不登校になるなんて想像もしていなかったでしょう。思い描いた未来とは違う未来になってしまったのではないでしょうか?みんなと同じように当たり前のように学校にいく子供の未来を思い描いていたのだと思います。お子さん自身もそんな未来を歩むことを想像していたことでしょう。僕もそうでした。僕自身が不登校になるなんて思っていなかった。当たり前を全て失ってしまうなんて思っていなかった。母のあんな辛く、悲しい涙を見るなんて思っていなかった。不登校は僕に普通に学校に行っていたなら見えない景色を見ました。そんな道を歩いた今だから分かることがあります。どんな道もその道で出会った人によって幸せに変えていけるんです。一見幸せそうに見える道も出会う人によって不幸な道に変わってしまうことだってあるのです。その逆に不幸な道を歩んだと思っていても、その道で出会った人によって幸せな道に変えることが出来るんです。不登校の道を再登校の道へ正すことだけが大切なことではないんです。不登校の道からだって幸せになれる。不登校になって人生を諦めかけた僕もその道で出会った沢山の人の支えのおかげで今を大切に生きることができています。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■ホンマルラジオ■ラジオで当時の不登校、ひきこもりの思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      14
      テーマ:
  • 15Jun
    • 不登校、ひきこもり、怖くても踏み出せた一歩

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。不登校、ひきこもりになると外の世界には居場所がないようで怖いのです。外の世界では僕は孤独になってしまう。それは耐え難い苦しみです。僕はフリースクールに通い初めてすぐに一人の友達ができました。理由は違えど同じ不登校、沢山お互いのことを話しました。久しぶりに笑えた、久しぶりに誰かの笑顔をみた。僕を分かってくれる友達に出会えた。それが、外の世界への恐怖に立ち向かう勇気をくれたのです。当時、自宅からフリースクールへは自転車で片道40分かかるんです。その道のりを毎日その友達に会うために走り続けました。不登校、ひきこもりになって役1年、自宅から一歩も出れなかった僕が毎日外へ出る。そのたった一人の友達に会うために。僕はこの経験を通して思いました。本当にたった一人でいい。外の世界に自分を分かってくれる人が一人でもいてくれたなら、外へ出られるんです。一番怖いことは、外の世界に自分を分かってくれる人が一人もいないことなんです。それだけ大きんです。人から分かってもらえることは、それだけ大切で大きなことなのです。当たり前の日常を失って、初めて一人の人の弱さを、一人の人の大切さをこの経験で学ぶことができました。この経験を学ぶために僕は、不登校、ひきこもりになったのではないかと今は思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■ホンマルラジオ■ラジオで当時の不登校、ひきこもりの思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      16
      テーマ:
  • 14Jun
    • 不登校、自分が思うより母を思ってて、自分が思うより母に思われてる

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。僕は不登校になって気付いた母への気持ちがありました。それは自分で思うよりもずっと母を愛していたことです。不登校になって沢山迷惑をかけて、悲しませて本当に申し訳ない気持ちで一杯でした。どうしてそんな気持ちになったのか?それは僕はそれだけ母を愛しているからです。色々あった家族だったので、そんな気持ちが僕にあるなんてビックリするぐらいでした。不登校という時間は苦しいものでしたが、親子の時間は少し進み始めたような気がしていたのです。『母は僕を愛してはいないだろう だから学校に行けなくなっても 何も思わないだろうな』そう思っていた僕にとって母の涙は衝撃的な出来事でした。『あの人は僕のために泣いて いるのか?』そう思った瞬間僕も自然と泣いていました。お互いの涙が少しずつ停まっていた親子の時間を進めてくれたのです。不登校、ひきこもりのときは、母とはほとんど話してはいませんでしたが、その涙には会話などなくても伝わる思いがあったのです。親子であっても本当にお互いが素直になることは難しいものです。キミ、あなたはどうでしょうか?理由のない不登校の原因は本当に十人十色。学校にいく時間は確かに停まってしまったかもしれない。その変わりに停まっていた何かが動き出すかもしれません。そして人は、自分が思うより誰かを思ってて、自分が思うより誰かに思われている。僕はそう思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      24
      テーマ:
  • 13Jun
    • 不登校、休めないほうが問題です。

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。不登校になると学校を休んでしまうことが問題だと思っていませんか?ですが学校を休んでしまうことが問題ではないのです。むしろ学校を休めないことのほうが問題なんです。イヤなことがあったら逃げていいということではありません。理由のない不登校の心は十人十色ですがいろんな思いを抱えているんです。その心が限界を迎えたとき理由のない不登校になるのです。そんな子が無理やり学校に行ってしまったらどうなってしまうと思いますか?毎日、毎日沢山のことを抱えた心はもっともっと苦しくなってしまうでしょう。そんな子は休むことが大切なんです。休んでしまうことが問題ではないんです。休めないことが問題なんです。そして休むことの大切さを教えてあげることも大切なことなのです。頑張りすぎて、休めない大人に成長してしまう方が長い人生を生きる上で苦しみを抱えてしまうものです。休みが長くなると不安になってしまう気持ちは分かります。ですが今その子にとって大切なことは、まずは心の休養であるということも分かってあげてほしいと思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      21
      テーマ:
  • 12Jun
    • ホンマルラジオ配信スタートしました。

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。6月11日よりラジオ配信がスタートしました。当時も思いをラジオでお話しさせて頂きました。聴いて頂けたら嬉しいです。■ホンマルラジオ■ラジオで当時の思いを話しました。井上やえのじっくり聴かせて♪

      20
      テーマ:
  • 11Jun
    • どんな生き方をしても誰かを傷付けるし、幸せにもする

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。人はどんな生き方をしても、誰かを傷付けるし、幸せにもする。誰かに必死に合わせて生きてみたり嫌われたくないから自分を押し殺して生きてみたり誰かを傷付けてしまうかもしれない。自分らしく生きなければ、少なくとも誰かは傷付かないかもしれない。でも一番傷付いているのは、自分自身なんだ。人は本当の自分を押し殺してしまうときがあります。それは子供でも大人であっても変わりはしないのです。その積み重ねが自分自身を苦しめてしまうんです。そしてその積み重ねが人生を、生きることを怖くしてしまうんです。どんな生き方をしても受け入れてくれない人もいる。どんな生き方をしても幸せにできる人も必ずいる。キミ、あなたはどうでしょうか?今はまだそう思えないことも沢山あるでしょう。ですが、どんな人生でも歩いてみなければその結末は分かりません。僕も真っ暗な道を歩きました。不登校、ひきこもりという真っ暗で怖い道を一人で歩きました。分かってくれない人も沢山いた。不登校、ひきこもりになって悲しませた人も、傷付けた人もいました。でもだからこそ分かってくれる人との出会いに救われたのです。分かってくれない人がいるから、分かってくれる人たちを大切に生きてくることができたのです。そしてそんな人生だったから今になってその人生は誰かを幸せにするためのものになっています。どんな生き方をしても、誰かを傷付けて、幸せにして、それと同じくらい傷付いて、癒されて、幸せにしてもらっているのだと思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      14
      テーマ:
  • 10Jun
    • 親を許せたら幸せんなるんじゃない

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。このお話しは僕が初めて恩師、矢野惣一先生のグループカウンセリングに参加した際のお話しです。僕は母との関係についてご相談させて頂きました。その際に先生に言って頂いた言葉が僕の今までの母との関係を大きく変えました。矢野先生『多くの人は親を許せたら幸せに なれると思ってる。ですが僕は 逆だと思うんです。 親を許せたら幸せになるんじゃ なくて幸せになったら親を許せる んですよ。 だからまずは自分自身が幸せに なりましょう』この言葉のおかげで僕と母の関係は大きく変わっていったのです。『確かに母からの愛はあまり感じら れなかった、でもどうしてここまで 生きてこられたんだろう?』考えてみました。子供はご飯だけ食べさせていたら生きていけるわけではないのです。愛がなければ死んでしまうのです。それならどうして?深く考えていくと沢山の人の顔が浮かびました。フリースクールの先生、友達、高校でできた友達、本当に沢山の人の顔が浮かんできたのです。僕は思いました。『僕は愛されない人間じゃない確かに 母からの愛情は感じられなかった、 でも僕はこんなにも沢山の人の愛情に 生かされていたんだ』僕の命はこんなにも沢山の人に支えられている。沢山の人が僕の存在を認めてくれている。あのまま母の愛に執着していたら今僕を大切にしてくれる人の存在をないがしろにしていたかもしれません。人は自分の人生なんだからと言っているうちは大切なことに気付かない生き物なのかもしれません。確かに自分の人生です。ですが僕たちは沢山の人に支えられているんです。自分は生かされている。そんなことに気付いたとき人は、本当に自分の人生を大切に生きていけるのだと思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      18
      テーマ:
  • 09Jun
    • 不登校、理解されないお母さんの気持ち

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。子供が不登校、ひきこもりになると子供の生活は大きく変わってしまいます。ですがそれと同じくらいお母さんの生活も変わってしまうでしょう。なにか明確な理由があるわけでもない、突然行けなくなった、そんな状況になって冷静でいられないのは普通の反応だと思います。子供がいきなり不登校、ひきこもりお母さんの日常もまた大きく変わってしまったことでしょう。そして沢山、沢山ご自身を責めて、お子さんと同じくらい苦しみを抱えているのではないでしょうか?誰かに相談したくても相談できない。相談できたとしてもその苦しみを本当に分かってくれる人は少ないものです。分かってくれる人に出会うことのほうが難しいかもしれません。不登校、ひきこもりという言葉は誰しもが聞いたことがあるでしょう。ですがその気持ちを理解できる人は少ないのだと思うのです。僕はまだ結婚もしていなければ、誰かの親でもありません。ですが、母に苦しみ、悲しみを背負わせてしまった人間です。そんな僕だからこそ分かるお母さんの苦しみも沢山あるのだと思うのです。だからその思いを聞かせてほしいと心から思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      25
      テーマ:
  • 08Jun
    • 変わりゆくもの、変わらないもの

      『中学生男子専門』不登校セラピー 早川一平です。変わりゆくもの、変わらないものその両方があるから素晴らしい。今の世の中は、様々なものが新しくなり、昔とは変わってしまったものも沢山あるでしょう。変わるからこそ、世の中は未来へ向かっていくのでしょう。その変化を受け入れていくことはとても大切なことだと思います。ですが変わらないものもまた素晴らしい。昔からある景色は大人になってから変わらない良さを分かることも沢山あるでしょう。人だって同じではないでしょうか?変化、成長していくことはもちろん大切なこと、ですが変わらなくていいものもある。その人の個性であったり、大切な人を思う、思いであったり、大切なことであっても人は、変わろう、変えようとしてしまう。どんな人でも、場所でも、景色でも変わらなくていい素晴らしさも沢山あるものです。変わることを受け入れることも大切なこと。ですが変わらないなにかを愛することも大切なことなのだと思うのです。『中学生男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      10
      テーマ:
  • 07Jun
    • 『都会』と『田舎』の生活で学んだ人生で大切なこと

      『中学生男子専門』不登校セラピー 早川一平です。都会に住んでいる方なら田舎の生活に憧れたことがあるのではないでしょうか?田舎に住んでいる方なら都会の生活に憧れたことがあるのではないでしょうか?僕は秋田県の出身です。役4年前から愛知県に住んでいます。都会の生活への憧れなどもあり秋田を離れました。田舎の生活、都会の生活、その両方を経験して分かったことがありました。地元には、地元の、愛知には、愛知の良さがある。どちらが良い、悪いではないのです。どちらにも良いも悪いもあるのです。都会で仕事ばかりしていたら自然豊かな田舎で過ごすことに憧れを抱くでしょう。自然ばかりの田舎でなにもないと感じているのなら、都会の生活に憧れを抱くでしょう。その両方を経験したとき、どちらが良い、悪いではなくどちらにも良い、悪い部分があることに気付いていくのではないでしょうか?どんな場所であっても必ずそこだけの良さがあるものなのです。僕たちだって同じではないでしょうか?人にはそれぞれの良さがある。どちらが、良い、悪いではなくどちらにも良い、悪い部分は存在する。そして、そのどちらにも愛するところが必ずあるです。都会には都会の良さが、田舎には田舎の良さがある。あなたにはあなたの良さが、他人にはその人だけの良さがある。そして良いも、悪いもその両方を愛することができたならそれはとても幸せなことだと思いませんか?『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      15
      テーマ:
  • 06Jun
    • たった一人でも理解してくれる人に出会えたなら

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。たった一人でも外の世界に自分のことを分かってくれる、理解してくれる人に出会えたら外へ出て行くことができるんです。本当に怖いのは、分かってくれる、理解してくれる人が一人もいないことなのです。フリースクール一人目の友達が出来たとき、一年間のひきこもりがウソのように僕は外の世界へ飛び出しました。今の自分を分かってくれる、受け入れてくれる、それが何より嬉しいことだったのです。外の世界に出たらダメな自分自身と向き合わなきゃいけない。でもそんな外の世界にダメな自分を分かってくれる、理解してくれる人がいる、それは恐怖をも打ち消すものでした。多くの人に分かってほしい、理解してほしい、受け入れてほしいわけじゃない。たった一人でいいんです。その一人の存在に救われるのですから。そしてその一人の力がとんでもない勇気をくれるんです。僕はその大切さを学びました。その最初の一人の大切さが分かるからこそ、僕がその最初の一人になりたいと心から思うのです。『中学生男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      15
      テーマ:
  • 05Jun
    • ひきこもりの子供が待っているのは

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。ひきこもりだった頃、外に出ることはほとんどありませんでした。部屋から出たら攻撃される、味方は一人もいない、それをとても恐れていたのです。そして何よりイヤだったのは、ダメな自分に出会うことが怖かったんです。外に出たら、ダメな自分と向き合わなきゃいけない。人の目を恐れている自分。不登校の理由を話せない自分。親に迷惑しか、かけていない自分。外にいる自分はそんなダメな存在だったんです。その苦しみに、悲しみにあの頃の僕は耐えることはできませんでした。だから部屋から出ることはとても怖いことだったのです。それが決して良いことだなんて思っていたわけではありません。部屋を出ようとするだけで、怖い、汗が出る。このドアを開けたら僕を守ってくれる人も、繋がりも何もない。そう思えば、思うほど恐怖に苛まれる。そうして自分をまた責めてさらに、ひきこもってしまう。それはとても辛いことなのです。本当は親とだって話したい。ひきこもり=話したくないでは決してありません。本当は話したいんです。一番そばにいて、分かってほしいのは子供なら親が一番だから。嫌いだからひきこもって、話さないんじゃないんです。お母さん、お父さんの前に立つ勇気がないんです。迷惑をかけている存在だから。悲しみ、苦しみを与えているのは、紛れもない僕自身なんだから。そんな僕がどんな顔をして、お母さん、お父さんの前に立ったらいいのか?分からないんです。ひきこもりを改善しようとしてもうまくいかないことも沢山あるでしょう。みんなが待っているのは、改善してもらうことじゃない。まず大切なことはその苦しみ、恐怖を分かってもらえることなんだと思うのです。分かってもらえたら人は前を向くことができるのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      28
      テーマ:
  • 04Jun
    • ホンマルラジオ神戸局さんにてラジオ収録

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。今日は、ラジオ収録のため、ホンマルラジオ神戸局さんにおじゃましました。パーソナリティーの井上やえさんは、僕と同じく矢野先生の講座で学び、お世話になった方です。初めての体験でしたが、やえさんのおかげで、本当にリラックスしながら収録することができました。本当にありがとうございます。配信がスタートしたらまたお知らせいたします。不登校の悩み、苦しみを抱えたお母さんに聴いていただけたらこの上ない幸せです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      14
      テーマ:
    • 大切な人を笑顔にすること

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。大切は人を笑顔にできたならそれはとても幸せなことだと思いませんか?あなたの大切な人は誰でしょう。人は大切な人を笑顔にするために頑張っているのでしょう。だから笑顔でいてほしい人が、笑顔じゃなかったらとても辛いのです。あなたにとって、笑顔でいてくれたら幸せを感じる人は誰ですか?そして、あなたが笑顔でいることで幸せを感じる人は誰でしょう?人はときより、大きな幸せを思い描きます。それはとても良いことだと思います。沢山の人の笑顔=幸せ沢山の人の笑顔を見ることに幸せを感じるのなら、まずはあなたが大切にしたいと思う人を思いっきり笑顔にしてあげてほしいと思うのです。たった一人から始まったあなたの幸せがきっと将来、大きな幸せに繋がり、そして広がっていくのだと思うのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      17
      テーマ:
  • 03Jun
    • 不登校、ペットに支えられた心

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。動物って人が本当に望んでいて、簡単なようで難しいことをしてくれることがありました。それは寄り添って、ただそばにいてくれること。僕が不登校、ひきこもりの際、家では猫をを飼っていました。今でも生まれて20年になりますが、毎日元気に暮らしています。親や、友人全ての人から距離を取り、誰とも話さなかったあの頃。決してそれを望んでいたわけではない。でもそうすることでしか、自分を守ることができなかったあの頃。そんな僕の心にそっと寄り添うようにいてくれたのが猫でした。何を話す話すわけでもないのに僕の心はとても癒されていたのです。どんなに言葉を交わしても決して、癒されることのなかった孤独な心が会話もないそばに居てくれる、たったそれだけで癒された。今に思うと、それはとても大切な経験をしたのだと思います。人は言葉に頼りすぎている。ですがそれだけでは、人との繋がりを感じることは難しい。そして人が本当に辛いとき、悲しいときしてもらいたいことは、ただそばに居て、寄り添ってほしいのではないかと思うのです。それこそが人の心を救うのだと猫との繋がりで感じることができたのです。今でも祖母の家に行くと常に一人暮らしに祖母に寄り添っています。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      17
      テーマ:
  • 01Jun
    • フリースクールから学んだ変わらなくていい、生き方

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。僕はフリースクールに通うまで、不登校、ひきこもりの自分をとにかく変えよう、変えようとしていました。しかし変わることのできない自分に嫌気が差していました。そんな僕がフリースクールで変わることができたのです。変わらなくていい。そう思えたとき人は変わることができるのです。フリースクールに通って初めて、今の自分でも居場所があるんだ。今の自分でも分かってくれる、分ろとしてくれる人たちが居てくれる。初めて今の自分でもいい、変わらない自分でもいいんだと思えた瞬間でした。それは僕の心を軽くしてくれる大切な体験でした。『誰も僕を変えようとはしない 不登校、ひきこもりの僕を 受け入れてくれる』今のそのままを受け入れてくれる。それが当時の僕にとっては、本当に救いだったんです。それまでの関わりはみんな僕を必死に変えようとする。問題をとにかく排除したい、そんなことしか伝わってきませんでした。不登校、ひきこもりになった僕は確かに悪い。だけどそれも、僕なんだと受け入れてほしかった。そんな僕を受け入れてくれたのが、フリースクールだったんです。人は自分の気持ちを理解されたとき、本当に変わっていけるんです。変わらなくていい。そう思うことは大切なことです。変わらない自分でも分かってもらえる、そんな自分でも居場所がある。そんな人たちがいてくれたら変わることが怖いことではなくなるんです。大切な人たちに自分の成長を見ていてほしい。その思いが自然と人を変化、成長させてくれるのです。後ろで見守ってくれる人がいてくれる安心感、居場所が人に変わる勇気をくれるんです。変わろう、変わろうとすると周りが見えなくなってしまう。そんな人が立ち止まって周りを見たとき、今の自分のままでも、大丈夫だったんだと気付いたとき、人はそんな自分を受け入れることができるのだと思うのです。そしてその安心感が人に変わるための勇気をくれる。その人たちのために変わっていこう、成長していこうと思えるのです。大切な誰かのためなら人は変わっていけるのです。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      22
      テーマ:
  • 31May
    • 変えようとされることが一番辛い

      『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平です。不登校になって初めて親に背を向けたような気がした。ひきこもりになって社会へ背を向けたような気がした。全てが強くなって、不安で、怖くて、僕はその全てから逃げるように不登校、ひきこもりになったのです。本当に自分への自信なんて欠片もなかった。生きているのも苦しくて、意味なんてないとずっと思って生きていました。ですがフリースクールで沢山の同じ苦しみを抱える人たちと出会って、理解ある大人に出会って僕の心は本当に救われたのです。明確な理由ない不登校はとても理解されずらい。ただなまけているだけ。そう思われてしまったり、思春期で片付けられてしまったり、誰も本心を分かってはくれない。子供自身もまだその答えを明確には見つけられていないこともあります。正体が分からないから怖い。正体が分からないから説明できない。親も正体が分からないから解決策を考えてあげることもできない。それはお互いにとってとても長く、辛い時間です。ですが、お子さんを変えようとしないであげてほしい。恐らくお子さんはずっと変わろうとしてきたんだと思うんです。それなのにかけがえのない親にまでそうさせられてしまったら辛いのです。僕はフリースクールで変わらなくていいと思う大切さを学びました。明日はフリースクールで学んだ変わらなくていいと思えたことで変われた体験を書いていきます。『中学男子専門』不登校セラピー 早川一平■不登校親子の交流会■6月16日(土)名古屋前のカフェにて不登校親子の交流会をやります。当事者同士お互いの気持ちを話し共感しあうことで、前に進めるようになります。お母さんお一人でのご参加もOKです。参加費は無料ご自身の飲食代のみです。詳しくはこちらhttps://ameblo.jp/kazuhei2717/entry-12350092926.html■無料メルマガ■不登校経験者であるカウンセラーのメルマガです。誰よりもお子さん、お母さんの気持ちが分かります。『親子で幸せになる不登校セラピー』

      15
      テーマ:

プロフィール

「中学男子専門」 不登校セラピー早川一平

自己紹介:
「中学男子専門」 不登校セラピー早川一平 どんなに専門的な知識を持っていても、 不登校の子の気持ち...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。