kazuu洋楽大好きのブログ

10年間音楽イベントを主催してました☆洋楽を聞いてて「え!この曲ってこんな歌詞だったの?」と、思ったことはないですか?このブログでは独自の視点と意見を混ぜて曲をおススメしながら趣味で和訳してます。英会話に興味ある方もぜひチェックしてみてくださいね☆


テーマ:
● 歌詞・和訳 マイケルジャクソン(Michael Jackson)スリラー(Thriller)

皆さんこんにちは!
さて今日は言わずと知れたレゲエの神様

【BOB MARLEY】の名曲を和訳したいと思います☆





ジャマイカの音楽を世界的なMUSICジャンルにまで引き上げた偉大なアーテイストですね。
誰が見てもイケメンでラスタカラーにドレッドとファッション的な魅力もいっぱいですが、
ボブ・マーリーの魅力はその歌詞にあると私は考えています。




私も高校生の頃に初めて聞いて以来すべてのCDを買って聞きました。
さらに様々なドキュメンタリー番組や映画も見ました。知れば知るほど人間くさくて
そして器の大きい人だなと相反する部分も知りました。




彼の考えや行動そして歌詞の中には切っても切り離せない考え「ラスタファリズム」というものがあります。これは1930年代に活躍したジャマイカ出身の社会運動家、マーカス・ガービーがアフリカ回帰を唱えたことから始まったもので一種の宗教ともいえるものです。


ここの解釈は非常に難しいので興味ある方は他のサイトもチェックしてみてくださいね。



ボブ・マーリーは裕福な白人の父と貧しい黒人の母との間に生まれた。白人から拒否されたばかりでなく、黒人社会からも疎まれ、極貧の少年時代を経験する。それでも人種のはざまでもがき、彼がたどり着いた信念、それは黒人至上主義ではなく、すべての人が人種の壁を超えてひとつになることだった。故国ジャマイカの政争に巻き込まれ、命を狙われながらも平和へのメッセージを歌い続けたボブの前向きな人生。
この背景が分かるとさらに歌詞とメロデイが入ってきますよ!




そろそろ歌詞にいけ!という声が聞こえてきそうなので歌詞にいきます。
どの曲にしようか迷ったんですがやはりこの曲にしました!












Bob Marley

【One Love】


One love, one heart
Let's get together and feel all right
Hear the children crying (One love)
Hear the children crying (One heart)
Sayin', give thanks and praise to the Lord and I will feel all right
Sayin', let's get together and feel all right



1つの愛、1つの心
さあ皆いっしょに集まろう、そして大丈夫って感じるんだ
ほら子供が泣いている(1つの愛)
泣き声が聞こえるだろ(1つの心)
さあ、感謝して、主を称えて、僕は大丈夫なんだって感じるだろう
さあ、集まろう、そして大丈夫なんだって感じるんだ



Let them all pass all their dirty remarks (One love)
There is one question I'd really love to ask (One heart)
Is there a place for the hopeless sinner
Who has hurt all mankind just to save his own?
Believe me




汚れた考えなんて全部無視してしまおう(1つの愛)
僕には尋ねてみたいことが1つだけあるんだ(1つの心)
自分自身の信念を救うために全人類を傷つけて
希望を失った罪人のための場所はあるの?


One love, one heart
Let's get together and feel all right
As it was in the beginning (One love)
So shall it be in the end (One heart)
Alright, give thanks and praise to the Lord and I will feel all right
Let's get together and feel all right

One more thing


ただ1つの愛、ただ1つの心
どうなるんだろう、さあ一緒にいよう、そして大丈夫って感じるんだ
何かが始まったんなら(1つの愛)
必ず終わりがあるんだ(1つの心)
大丈夫、”主に感謝しよう、そうすれば乗り越えられる”
”皆一緒にいればなんてことない”
もう1つだけ


Let's get together to fight this Holy Armageddon (One love)
So when the Man comes there will be no, no doom (One song)
Have pity on those whose chances grow thinner
There ain't no hiding place from the Father of Creation



さあ、この聖なる戦争を戦うために集まろう(1つの愛)
あの人が来てくだされば、運命は避けられる(1つの歌)
チャンスがより希薄な人には同情を
隠れる場所なんてないんだ、父なる創造からは


Sayin', one love, one heart
Let's get together and feel all right
I'm pleading to mankind (One love)
Oh, Lord (One heart)
Give thanks and praise to the Lord and I will feel all right
Let's get together and feel all right



さあ、”ただ1つの愛、ただ1つの心
皆一緒にいれば大丈夫”
皆に言っているんだ(1つの愛)
ああ、主よ(1つの心)
主に感謝しよう、そうすれば大丈夫
皆一緒にいればなんてことない


Give thanks and praise to the Lord and I will feel all right
Let's get together and feel all right


主に感謝しよう、そうすれば乗り越えられる
皆一緒ならなんてことない


---------------------------------------

この歌詞を読んだ後にまたメロデイと一緒に聞くとこれまでとは
違った感覚になりませんか?


ちなみにジャマイカがサッカーのワールドカップの出場を決定した会場で
この歌が会場のどこからともなく流れてきて会場が一体となって大合唱に
なったみたいですよ☆



ちょっとした情報ですが毎年代々木公園で開催されるジャマイカフェスのタイトルも



「OneLoveJamaica Festival」です。






このイベントはジャマイカ発祥の音楽であるレゲエミュージックを通してジャマイカの文化や魅力を発信するイベントです。ジャマイカ料理を楽しめる飲食ブースの他、雑貨・アクセサリーの物販ブースの出店が予定されています。


私も毎年遊びに言ってますがこのフェスの最後は出演者も会場のみんなもONELOVEを
歌います。こんなに様々な人が一体化できる曲って素晴らしいですよね☆














ボブ・マーリーを知らなくて初めて聞く人にはこのベストアルバムがおススメです。
私もこのアルバムを一番最初に聞いてはまりました。
歌詞がついている日本語バージョンならさらにOK!

レジェンド~ザ・ベスト・オブ・ボブ・マーリー






ボブ・マーリーに関してはまだまだ紹介したい曲がたくさんあるのでまたの機会に♪

今日はこのあたりで。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

大好きな洋楽(英語)を独自の視点でおススメしながら和訳!さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。