ぷらんくとんずの高橋プランクトンの方。

ぷらんくとんずの高橋プランクトンの方。

北九州で活動中の、高橋プランクトンです。
ぷらんくとんずというユニットでギター2本、男2人で軽自動車に乗り日本縦断の旅をしてき、高橋プランクトンは福岡で、西名太一は熊本でそれぞれ音楽活動をしています。

Amebaでブログを始めよう!
ライブ終わりまして、居酒屋行きまして、銭湯でフィニッシュ!
なんか眠れないので、少し徒然と書きたいことを。

今、死のうとしてる子へ。
色々あるよなぁ。大人の方が大変。社会人は大変て良くいうけれど、俺は君たち子ども。の方がよっぽど大変だと思ってる。
学校。友達。その関係が上手くいかなかったときに、世界全てが上手くいかないように見えて、もう辞めたくなっちゃうんだよね。
俺もひょんなことから学校行けなくなってさ。そっから何年も思い出したくない年を重ねたとよ。死のうと思ったことも多分なんどかあったんだけど、死に切れなかったよ。
んで、なんか分かんないけど音楽初めてさ。気がついたら気の合う人たちができてさ。相棒ができてさ。日本縦断してさ。歌を歌い始めてさ。その歌を聞いて泣いてくれるひとがいてさ。
最近、やっと自分の今までの人生を肯定できてる気がするんだ。
んまぁ長々書いてるけど何を言いたいかというと。
学校。友達。そんなもんは本当に限られたスペースの狭い話なんよ。
こっちに来てみてごらん。
1番自分がバカでノロマで駄目人間だと思ってたけどさ。
もっとバカでノロマで駄目人間なやつが音楽業界にはいるんだよ。笑
でもさ、そいつらめちゃくちゃ良い音楽するんだ。めちゃくちゃあったかくてさ。めちゃくちゃかっこいいんだよ。
すがるもんがないんじゃろ?
音楽。ってのはすがれるよ。
君の容姿が悪くても。歌が下手くそでも。自分に自信がなくても。
本気でステージ立てば、絶対認めてくれるひとがいるからさ。
俺は色々な人に向けて歌っているけれど、一番は君たちに向けて歌っているつもりなんだ。
中学生のときの自分みたいに、何も無くてさ。死んでやろうかと思ってる君たちに。
悲しみの底をみた君の。
死を考えたほど悩んだ君の。
悔しすぎて吐いた君の。
そんな君にしか歌えない歌が絶対あるからさ。
急に音楽始めるの怖かったら一回俺のライブ聞いてみてくれないかな。
そんで、すこし勇気出して話しかけてみてくれないかな。
君の歌は俺は聞きたい。
ギターなんて簡単さ。歌なんて簡単さ。
死ぬより絶対簡単で、超楽しいから。
ほんとは、多分こんなとこに書かないで、俺がメジャーデビューなんてしてテレビ、ラジオで皆に伝わるようにしないといけないんだろけれど、ごめんね。
俺にはそんな世の中に出るセンスは無いみたいなんだ。
でも、もしこの文章を奇跡的に君が見ることがあったのなら。
こっちきてみてごらん。
俺は俺の場所で戦うからさ。
いつかおいでよ。君も。
ぶったおしてやるから、ぶったおしにこいよ。待ってるぜー。