『愛ゆえに』〜仁徳天皇と磐之媛〜

テーマ:
大阪の堺市に難波天皇とも呼ばれる、仁徳天皇の御陵がある。ここは、朝鮮半島から船で日本に渡ってきた人々が都へ入るために必ず通る港の入り口。
国内においても、摂津と河内と和泉の接点。三国の境目にあるがゆえに堺と呼ばれ、その中心を三国ヶ丘という。そこに日本最大、日本第3位の古墳が並び立つ。
のちに名付けられた大阪も逢坂からきてる。
交通の要衝であり、人の交流が交流が盛んな場所。
その象徴たる仁徳天皇に焦点をあてて考察してみたいと思う。
仁徳天皇を考える上で外せないのが皇后である磐之媛。嫉妬深い人物と言われている。
イワノヒメの本質をもう少し深くみていきたい…

{BDF97DBC-06F4-4930-94D6-EB8E18A9C542}



イワノヒメは本当に嫉妬深いのか!?
仁徳天皇の皇后にイワノヒメという方がいる。
彼女は初めて民間から皇后になった方。
つまりは、仁徳天皇との熱烈な恋愛結婚だったはず。
お互いが好きで好きでたまらなかったはず。
だが、時代と立場は2人だけの恋を許してはくれなかった。
王が国を治めていくためには力のある部族と血縁を結ぶことで関係を築いていくしかない。
王といえども単独でやれるほどの絶対的な力はなかった。

部族にとっても同じこと。
天皇の子どもを産むことは一族の繁栄を盤石のものにする。
一族の繁栄は、天皇に嫁ぐ女性の肩にかかってくる。

恋愛の世界にだけ生きているわけにはいかなかった。
それが男の理屈。
頭ではわかっても感情の生き物である女性にはそれを受け入れることは難しい。
しかも、身分が低い上に熱烈な恋愛の果てに結婚したイワノヒメにとって、日々の仁徳天皇を取り巻く女性関係は耐えられぬものであったに違いない。

それでも愛する夫のために尽くした方だと思う。
ある日、豊楽(とよのあかり)という宴の準備をするために、料理を盛るための木の葉である御綱柏(みづなかしわ)を取りにわざわざ熊野までイワノヒメが向かった。
{0AE4F697-0707-4818-907F-32B235849C64}
串本の御潮崎神社にあるらしい。


イワノヒメはどんな氣持ちで柏葉を集めていたことであろう。
その帰り道、自分の留守中に夫が応神天皇の娘である八田皇女を宮中に入れて遊んでいたことを耳にする。
集めていた御綱柏をすべて海に投げ捨て、天皇の元には帰らなかった。
イワノヒメの元を仁徳天皇はその後訪れるが、イワノヒメは会わなかったという。
それだけ一途に仁徳天皇を想い続けていたのだと思う。
万葉集にも、一途に仁徳天皇を想うイワノヒメの和歌が四首も残されている。

そのうちの1つを紹介しますね。


ありつつも君をば待たむうち靡くが黒髪に霜の置くまでに

【通釈】じっとこうして、あの人の帰りを待とう。床に投げ出した私の黒髪に、白いものが交じるようになるまでも。

《祥平解説》
白いものが混じるとは白髪のこと。
一生あなたと添い遂げようという切ない女心が綴られる。
あぁ、切ない。。



仁徳天皇陵の古墳の南に全国で三番目に大きいとされる古墳がある。
履中天皇陵である。
{D52118DE-3451-4A43-87F6-0988575771F0}


だが、考古学の発達と共に矛盾が明らかになった。
仁徳天皇陵よりも古いのだ。
履中天皇は仁徳天皇の息子。
その御陵が仁徳天皇陵より古いというのは明らかにおかしい。
そして、仁徳天皇陵は間違いなくご本人だ、と勝手に思ってる(笑)
なぜなら、お参りしようとした瞬間に大鷺(オオサギ)が僕の横から現れて御陵のほうへ入っていったから。
仁徳天皇の別名はオオサザキノミコト。
あまりにわかりやすいメッセージに思わず笑ってしまった(笑)
もちろん、仁徳天皇陵ともゆっくり対話できた。

履中天皇陵が仁徳天皇陵よりも数十年古いと聞いたときに直感したのが仁徳天皇の皇后であるイワノヒメ。
イワノヒメの御陵を調べてみると、奈良市の平城京の近く。
まだ詳しくは調べてないけど、どう考えてもここにある理由がわからない。
僕は思う。
仁徳天皇はぜーーーーーったいに!イワノヒメが大好きだった。
ただ、人がよすぎて、誘いを断れない人だったんだ。
イワノヒメが例の事件をきっかけに、もう仁徳天皇と二度と会わない(好きだからこそ、立場上たくさんの女性と交わらなければならない仁徳天皇と一緒にいることが耐えられない)と言ったとき、仁徳天皇は死ぬほど後悔をする。
王としての立場を大切にするあまり、ほんとうに大切な人を失ってしまったと。。

イワノヒメが亡くなったとき、できる限りのことをしてやりたいと思うのは愛する者として当然のことではないだろうか。
それがかつてないほどの大きな古墳をつくらせた。それこそが、履中天皇陵と言われる古墳。
年代も合う。

そして、そのイワノヒメの御陵をじっと見つめるかのようにすぐ真北に佇むのが仁徳天皇陵。
仁徳天皇が亡くなったとき、父である天皇に、母である皇后よりも大きな古墳をつくって威厳を讃えてやりたいと思うのは親を思う子の心だと思う。
履中天皇も反正天皇も允恭天皇のいずれも仁徳天皇と磐之媛の間に生まれた子どもなのだ。

こうして、日本最大の古墳、仁徳天皇陵が生まれた。日本最大の古墳は愛が原動力。
妻を想う愛と、父を慕う尊敬の心。

古代、浪速(なにわ)の海から東を見上げたとき、台地上に三基の古墳が南北に横たわる。
右から母、磐之媛(イワノヒメ)。
真ん中に父、仁徳天皇ことオオササギノミコト。
左に、息子、反正天皇ことタジヒノミズハワケノミコト。
{936F201B-C4D8-46F0-9DE9-996D880D13B2}



この三基だけ同じ方向を向いている。
古墳の形は壺の形でもある。

{780A19E5-CF68-4691-B5C5-09158D9DD898}

現代の骨壷の原形。
死者を壺に入れる。
それは再生を意図している。
ツボは宇宙を意味するウツホからきているという話もある。
生を生み出すところ。
死は生の始まり。

今ごろどこかで生まれ変わり、2人は出会い直しができているのだろうか。

僕がずっと前から住みたいと言い続けている御所市の金剛山の山麓はまさしくピンポイントで、葛城高宮跡なんです。そここそが仁徳天皇が訪ねてきても会わなかったと言われるイワノヒメの宮居跡なんです。


(参考)
つぎねふや 山代川を 宮のぼり が上れば あをによし 奈良を過ぎ 小楯をだて やまとを過ぎ が 見がし国は 葛城かづらき 高宮たかみや 吾家わぎへの辺り(古事記)

【通釈】山代川を、難波の宮を遠ざかって溯ってゆけば、奈良を過ぎ、倭も過ぎた先、私が見たいと願う国は、葛城の高宮、私が生れた家のあたりなのだ。

《祥平解説》
イワノヒメが熊野に柏葉をとりにいってる間に八田皇女を宮中にいれていた仁徳天皇に怒り、「もうあなたのいる難波には帰らない、私が向かう先は生まれ故郷である葛城の高宮なんだから!」というシーン。
要は『実家に帰らせてもらいます!』を万葉風に美しく表現したもの(笑)

なぜ僕が異常なまでにそこに惹かれたのか、今日でよくわかった氣がします。
{69F9A0AD-7B36-4259-AF96-BA09329E0AF8}
ほんと、ピンポイントに高宮廃寺跡に印をつけてる(笑)


仁徳天皇陵で対話をしてきてすごくよくわかったこと、それは女性との関わり方が僕にそっくり(笑)
そして、仁徳天皇にとってのイワノヒメがニニギノミコトにとってのイワナガヒメなんです。
ニニギは世間体を考えてコノハナを選んでしまった。

ほんとうに大切な人は誰なのか。
常に忘れない自分でいたいです。

僕の大切な人へ。
いつもありがとう(^_^)

愛しております(*^_^*)



{19973D1F-A607-47DC-BFCD-62DDAB91044C}


AD

満月プロジェクトの始まりの始まり

テーマ:

満月の夜ごとに、月を愛でる氣持ちを日本中の人と分かち合う宴を希望の宴という。

 

 

希望とは、『望』月を『希』むと書くからだ。

 

希望の宴は、満月を愛でる想いがあれば、場所や人数を問わない。

 

今、あなたがいる場所で満月に意識を合わせれば希望の宴となる。

 

その心合わせをして日本中を月を介して心ひとつにしようというプロジェクトが満月プロジェクト。

 

 

その満月プロジェクトがそもそも始まったのは、いつか。

それは、人力車による日本一周の旅に遡る。

僕は人力車をひいてかつて日本一周をした。

2008年5月9日より2010年11月22日にかけて。

三重県伊勢市の二見浦というところから同じく二見浦に帰ってくるという旅。

『旅の軌跡を辿れるステップメールはこちら』

http://www.reservestock.jp/subscribe/30874

 

ゴールの日は奇しくも満月だった。

そのことを話すと、旅の途中で出会った”酋長”と呼ばれる縄文人みたいなおじさんが教えてくれた。

「満月酒っていうのがあるんだ。満月をな、盃に浮かべて飲むんだ。うんめ〜ぞ〜!」

そのおじさんの表情がまたうまそうだった。笑

 

それを聞いてやりたくなった。

そして、ゴールの日に集まってくれた人とそのお酒を分かち合いたい!って思った。

そう決めたときに、氣づいた。

これをすれば、ゴールの瞬間に立ち会えない人ともその空気感を共有できる。

 

月が空間を超えて人の心をつないでくれるんだ!と。

 

こうして、ゴールの日を迎えた。

 

ゴールの日の夜は、ありえないくらいのどしゃぶりだった。笑

 

その夜の宴に用意された焼印の入った升たち。

 

 

希望の宴として、乾杯をした!

 

たとえ月はみえなくても・・

 

 

すると、その直後からメールやメッセージが届いた。

たくさんの月の写真が添付されていた!

福岡では綺麗な満月がでてましたよ!とか、◯◯ではこんな月が・・

とか、フランスの月です!とか。

 

あぁ、そうか。

伊勢が雨で月が見れなくても、月はちゃーんと存在しているんだあと。

そうやって、繋がっているってことを確かに実感させてくれて、幸せをしみじみと体験させてくれた経験でした。

 

あの感動が僕の記憶にずっと残っていました。

その話をそれから数年後にある友人にしたところ、それ、今からでもやりましょうよ!って。

毎月満月は出てるんだから、毎月やったらいいじゃないですか。

とりあえず、俺らが辞めなかったらいつか、たくさんの人に広まって、日本中で満月を分かち合う宴ができるようになりますよ!!

 

そして、始まったのが満月プロジェクト。

 

せっかくならば、と意識を合わせやすいように中秋の名月を連想させるように、午後8時15分という時間を設定した。

でも、必ずしもその時間じゃなくてもいい。

 

想い想いに、この満月に意識を合わせて心合わせの乾杯ができたら幸せだ。

 

そうやって、意識は繋がっていると実感できたら、心は満たされる。

 

心を満たす月、それが『満月』

 

 

空に浮かぶ月を水に迎える。

 

その月は逆さに映るがゆえに、迎える器のことを、『さかづき』という。

 

 

弥栄 合掌

 

神伝人(つたえびと)

 山田祥平

AD

一台の名もなき人力車があった。

 

その人力車は、10年以上前、伊勢に打ち捨てられていたものだった。

 

これは大変なことだ!と雨晒しになっていたその人力車を自社の車庫に持ち帰り、保管しつつ、できる限りの修繕をしていた方がいた。

 

だが、所詮は素人。職人の手仕事で作られる人力車を元通りにすることは困難を極めた。

 

私、山田祥平は、人力車をひいての日本一周の旅を終え、伊勢での暮らしを始めていると、僕のことをよく知る方が、その人力車のことを教えてくれた。

 

訪ねてみれば、その人力車には屋号を示す木札がついていた。

 

 

”力舎”とある。

 

「もしや?」と思っていた予感は的中した。

 

実は、日本一周の旅の途中で、愛媛に立ち寄った際、道後温泉で人力車をしている方々にお会いし、そのとき、現代表の先代が伊勢から撤退したときに行方不明になっている人力車がある。

もし、伊勢でそういう情報があったら教えてくれないか?といわれていたのだ。

 

管理していた方に、その旨を正直にお伝えし、また道後の人力車の方にもその旨をお伝えした。

道後の力舎の代表の方は、ぜひその人力車をみせてほしいとわざわざ愛媛から訪ねてきてくれた。

そして、確認した上で、こうおっしゃった。

「これは確かに私たちの先代が使っていたものです。ですが、もう10年以上前の話。今さら返してくれというわけにはいきません。」

また、管理している方はこう答えた。

「私がもっていても、これを使いこなすことはできず持て余してしまうだけです。もしよかったら山田さんが伊勢のためにこれを役立ててもらえませんか?」

 

僕の喜びようが想像できますか?

 

しかも、その人力車はまだとても走れるような状態ではなかったのですが、ボロボロの人力車が二台あり、二台合わせればなんとか走れる状態にはできるだろうと、力舎の方が、めちゃくちゃ丁寧に人力車の構造や修理の仕方などを教えてくれたのだ。

 

そうして、なんとか形になり、近所に奇跡的に、全国でもトップクラスの凄腕の自転車屋さんと、神宮にも鋤や鍬を納めているような金物屋さんがいたおかげで、ど素人の僕がなんとか走れる状態にまでもっていくことができた。

 

 

自分で走れる状態にまでした人力車、どんどん愛着が湧いていく。

 

 

そんなとき、夢をテーマに富士山の頂上で毎年旧暦の七夕の日に祭りをしている大志という友人から誘いを受けた。

 

「伊勢から富士まで歩きたい。その道を伊勢夢街道と名付けたい。一緒に歩いてほしい」と。

 

彼の誘いは、魂からいつもワクワクさせてくれる。

 

そして、僕は人力車をひいて歩くことを決意する。

 

2014年のことである。

 

そのとき、いきなり名前が閃いた。

愛勇夢(あゆむ)。

 

5年以上前に思いつき、どこかにつけたかったが、それにふさわしいものに出会わなかった言葉。

それが、ここしかない!って感覚で人力車に名付けられた。

 

その話を東京で再会した書道家の遠藤夕幻にしたところ、書きにいくよ!と無償で伊勢まできてくれた。

お互いの日にちがあったのが、なんと、7月7日。七夕である。

必然のタイミングに伊勢で名前を入れることになった。

 

外宮・内宮で着物を着て正式参拝をし、拍手の音がぴたりと重なり、お互いの音がまったく聞こえないという現象が起こるほど、息がぴたりとあった二人だった。

 

そして、書き込まれていく愛勇夢という文字。

 

命が宿った瞬間だった。

 

 

 

 


{C4B2BB61-DE79-492B-8563-EFC23CA62E69}

 

{C8978F05-52DE-4216-907A-5E789CE966FE}

 

 

 

 

その後、場を室内に移し、紙にも文字をのせた。

すごい集中力だった。

 

{A5421B6E-8920-4D4F-8B34-8F346E86FCAD}

 

 

{4519F4D2-75AE-4262-A61F-0E5D8FE95808}

 

 

紙にも書き記されたその文字は神々しい輝きを放っていた。

 

{8E1F5458-DF49-4450-8F69-AC2D5EE54AB6}

 

名が入れられた愛勇夢に乗ってもらった第1号のお客さんは、のちの夕幻の奥さんになる鴨下美智子さんだった。

縁とは不思議なものである。

 

 

 

それから数日後、この愛勇夢は夢賃乗車に使おう!と決め、夢を語れば無賃で乗れるという夢が賃金となる夢賃乗車を実行した。

 

そのときに乗ってくれたのが、この二人。

 

{D882244A-1406-4E9A-AD6D-0F072EB30694}

 

めちゃくちゃハッピーなお客さんだった。

 

そのときに書いてもらった夢がこれ!

 

{C1858960-8CF7-4C93-9FA2-1B1B563B3CF9}

 

そして、その具体的な中身を人力車に乗りながら語ってもらった。

 

 

そのときに話した夢が数ヶ月のうちにすべて叶ってしまったという嬉しい報告をもらった。

 

 

彼女が書いてくれた一編の文章が素晴らしいので紹介したい。

 

 

夢心地人力車〜愛勇夢(あゆむ)〜

 

地元である伊勢に帰ったばかりの私は、事の流れから伊勢の風の神力車に乗ることになった。あれから、5ヶ月ほど経つ。 これから本格的に夏を迎えようとしている頃。「愛勇夢(あゆむ)」と名付けられた神力車は、たくさんの期待と不安と迷いを丸ごと乗せて、ゆっくりと動き出した。 まさか地元で人力車に乗るなんて想像もしていなかった。隣には、出会ったばかりで意気投合した女性が、あまりにも自然に座っている。

夜の伊勢は、昼間の賑わいとはうってかわり、静けさと暗さが同居している。この先に神様が佇んでいるのだなぁという厳かさを保って、体がふっと軽くなる。

風を感じながら、表情を変えていく見慣れた町並みを新鮮な気持ちで見ていたら、祥平さんがゆっくりと歩みを止めた。

すっと月を指して、「今夜はよく見えますねぇ」と言った。

もうすぐ七夕。 月の光が、空を優しく照らす。

織姫と彦星はどうやって出逢うと思う?? 月に乗って渡るんだよ。 ロマンチックだよねぇ。

夜空を眺めながら、そんな会話が続いた。

そして、私たちが夢を語ることになった。

夢。 やりたいこと。

些細なやりとりをしながら、 ぐちゃぐちゃに絡まった心の中が、 言葉になってこぼれてきた。

今思えば、その時、心が動き出したのかもしれない。 具体的な目標が定まるわけでもなく、一人でに進み出した私。

夢は必ず叶うんだよ。 方法なんて考えなくてもいい。 月に行きたい、行きたい、と思っていたら、 いつかちゃんと行けるのだから。

そんな言葉を残して、 私たちの心を開けたまま、 長くて短い神力車の旅は終わった。

あれから、 夢、夢、夢…と考える日が続いた。

5ヶ月経った今、 気づいたら、 たくさんのことが叶っていた。

私の努力によるのではなく、 風に乗って運ばれてきたように、 色んな出逢いに導かれて、 心の向くままに動いて。

そうして、気づいた。 風になって縁を紡ぐ神力車だったのだなぁと。

 

 

この文章に基づいてみっちーこと鴨下美智子さんが絵を書いてくれた。

 

{5988532B-687A-4F31-B82A-368FEA417C66}

 

{2996DD51-BE0A-47CA-B47B-358E66CB4A16}

 

{31D57173-1170-4BF3-A501-D0ADB9E22A0D}

 

{218E43DB-02E9-4C0B-BE66-6C09CA054827}

{50C85FE4-7900-45A7-BB96-BFF5FDC32594}
 

月を見ながら僕が語ったこと。

 

 

 

七夕というのはね、織姫と彦星が出会う日なんだよ。

 

二人の間にあるものは何かわかる?

 

天の川。

 

天の川を渡るには船がいる。

 

七夕は旧暦だと半月の少し手前になる。

 

この月の形、それが天を横切る小舟になる。

 

その船に乗って二人は一年に一度、出会えるんだ。

 

二人の愛ある夢が叶う日、それが七夕なんだよ

 

 

 

 

 

 

だから、二人の夢もきっと叶う。

 

叶うって決めればね。

 

 

 

 

 

かっこいいこと、言ったけど、実は、これは大志くんから聞いた話。

 

富士山の山頂に毎年夢を届け続けている男からの受け売り。

 

彼ほど夢を真剣にみつめている人はいない。

 

毎年旧暦の七夕にやる富士夢祭り。

 

感じるところがあればぜひ参加してみてほしい。

 

必ず、奇跡という感動体験が待っている。

 

そんな彼は下の写真で先頭を歩いている。

 

 

 

 

 

 

 

{B06EACF7-11B6-4B73-97FB-9ACDF698FC39}

 

 

この年、僕らは彼らと、伊勢から桑名まで一緒に歩いた。

人力車をひいて。

 

 

{36D27C1F-6BC1-42BC-9449-DE072CB7E202}

 

七里の渡しにて、スワンボートに乗り込み、海を渡っていく彼らを見送った・・・

 

 

AD