「ありがとう」の風

「ありがとう」の風

「風の集い」と「ありがとう断食セミナー」は、私の唱える「結びの思想」を「ありがとう禅」を通じて全身で理解し、自分を古い思い込みから解放する場ですので、ぜひ積極的にご参加ください。

「瞑想はスポーツだ!」  オンライン「ありがとう禅」:毎月2回、20:00-21:30、お申込みは下記ブログサイトからお願いします。  

「ケトン体質になって、万病を予防しよう!」
 プチ断食は脂肪を燃焼して、ケトン体を生成します。ケトン体質になれば免疫力が向上し、細胞組織も再生します。コロナ予防、アンチエイジングのために、「食べる道楽」だけでなく、「食べない道楽」を身につけましょう。「ありがとう断食セミナー」のお申込みは、「町田宗鳳」のホームページからどうぞ。

 近代文明は欺瞞や闘争に満ち満ちている。人類は大きく軌道修正しないかぎり、かつて存在した先進的文明のように、あえなく消滅してしまうだろう。能登半島の先端にある真脇遺跡は、今から六千年前から二千年前まで人々が定住し、広く交易もした縄文文化のメッカだった。しかも、戦争などがあった形跡はない。平和を四千年継続させた文明は、他に類例がない。縄文文明を加えて、古代には五大文明が存在したと世界史を塗り変えるべきではなかろうか。

 春の能登半島は桃源郷のように美しいが、縄文人たちは厳寒の冬をどう過ごしたのか知りたいところだ。復元されたウッドサークルの中心に立ってみると、ビリビリとした気に溢れていた。そこでどんな儀式が営まれていたのだろう。イルカを食糧にしていたようだが、そのイルカを供養していたと思われる遺物も発見されている。近代文明に一番欠落しているのは、〈いのち〉への畏敬の念だ。

******

【スケジュール】

l ありがとう断食セミナー:8月26-28日、11月25-27日

l オンライン「ありがとう禅」:5月27日、29日(単発・年間お申込み受付中)

【お申込みフォーム】

「5月分お申込み」

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScurE_zD6gC7a5JScxzF5eTFbvuKOoJxIqAVp-VDU2ess_ycQ/viewform?usp=sf_link

年間お申込み

https://forms.gle/UySU81tBdSZrSE3U8

l 月例護摩:5月27日(金)13時 (年間祈祷お申込みの方は、オンライン「ありがとう禅」にも無料で参加できます)ご予約は酒井:chisato.s819@gmail.com、または090-3389-3521まで。 l

 

 

 私はかねてから、東洋と西洋、科学と宗教、善と悪を統合する「結びの思想」の重要性を説いてきました。その思想を神話の世界で体現しているのが、菊理媛命(くくりひめのみこと)です。彼女は黄泉平坂で夫婦喧嘩をしたイザナギとイザナミを仲直りさせた神様でもあります。この神話は生と死、光と闇の統合を象徴しています。一切が分断される現代世界において、菊理媛命の役割は極めて重要なものとなっています。

 菊理媛命のもう一つのお姿は、かぐや姫ですが、中世の『富士縁起』には、かぐや姫の故郷は月ではなく、富士山のお胎内だと記されています。また菊理媛命の本体は龍神だとされていますが、「ありがとう寺」にも立派な龍神が鎮座しておられます。菊理媛命が祀られている白山神社(輪島市名舟)で営まれる八月一日の祭典に、遠く富士山山麓で暮らす私たちがお招きを受けたのも、そういうご縁があってのことでしょう。

 その際、家内がアマミ舞(奥津かぐや姫)をご奉納させて頂くことになっていますが、たった数分の奉納舞を実現するために地元の方々のみならず、著名な振付師、演奏家、服飾家までもが惜しみない協力をして下さっているのは、ご神意としか思われません。この祈り舞を節目に何かが大きく変わるかもしれないことを、人々は直観しておられるのかもしれません。

******

【スケジュール】

l ありがとう断食セミナー:8月26-28日、11月25-27日

l オンライン「ありがとう禅」:5月27日、29日(単発・年間お申込み受付中)

【お申込みフォーム】

「5月分お申込み」

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScurE_zD6gC7a5JScxzF5eTFbvuKOoJxIqAVp-VDU2ess_ycQ/viewform?usp=sf_link

年間お申込み

https://forms.gle/UySU81tBdSZrSE3U8

l 月例護摩:5月27日(金)13時 (年間祈祷お申込みの方は、オンライン「ありがとう禅」にも無料で参加できます)ご予約は酒井:chisato.s819@gmail.com、または090-3389-3521まで。 l

 聖書に「試練に耐える人は幸いです。耐え抜いて良しと認められた人は、神を愛する者に約束された、いのちの冠を受けるからです」(ヤコブ1:12)とある。また「私の兄弟たちさまざまな試練に会うときは、それをこの上もない喜びと思いなさい(ペテロ第一1:2)という言葉もある。

 私たちは個人的にも集団的にも、不断の試練を受けている。その試練を耐えるには、やはり「心の中心軸」を持つことが不可欠となる。「心の中心軸」とは何か。「信仰心」というのが常識的な回答かもしれないが、形式的な信仰心など無い方がましだ。「心の中心軸」とは「無意識の光」に他ならない。それは闇夜を照らす光だ。私たち一人一人が信仰の有無にかかわらず、心の中に「電池の切れない懐中電灯」を持っている。それがなければ、これから押し寄せてくるであろう、さらに大きな試練に立ち向かえない。ナンチャッテ牧師でもある私が焚く護摩は、「無意識の光」の具現でもある。

******

【スケジュール】

l ありがとう断食セミナー:8月26-28日、11月25-27日

l オンライン「ありがとう禅」:5月27日、29日(単発・年間お申込み受付中)

【お申込みフォーム】

「5月分お申込み」

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScurE_zD6gC7a5JScxzF5eTFbvuKOoJxIqAVp-VDU2ess_ycQ/viewform?usp=sf_link

年間お申込み

https://forms.gle/UySU81tBdSZrSE3U8

l 月例護摩:5月27日(金)13時 (年間祈祷お申込みの方は、オンライン「ありがとう禅」にも無料で参加できます)ご予約は酒井:chisato.s819@gmail.com、または090-3389-3521まで。 l