看護学士yoruのブログ(障がい者)

看護学士yoruのブログ(障がい者)

インドのニューデリーとオーストラリアのブリスベンからの帰国子女です。陸上自衛隊では市ヶ谷に居ました。大学は北海道医療大学看護学科卒業です。認定心理士の単位を放送大学でとりながら、大学院を目指しています。統合失調症ブログです。

NEW !
テーマ:

日曜日の午前中は、いつもの横浜のカフェに行って、図書館で借りて来た『あぶない一神教』を読み終わりました。

 

この『あぶない一神教』という本は社会学者の橋爪大三郎さんと佐藤優さんの対談本です。題名は刺激的ですが、内容はキリスト教の神学的な歴史とイスラム教の経緯、そして両宗教と資本主義の関係を語っているものです。

 

とてもまじめな本で面白かったですよ。

 

資本主義はプロテスタントのカルヴァン派から発生したシステムで、聖書との整合性についてはなかなか微妙なものだということが分かりました。

 

またそういう意味では、イスラム教のクルアーンとは合わない考え方でもあり、現代のイスラム教の苦しい立場も書かれています。

 

キリスト教神学という点では、佐藤優さんはやはり専門で、主にカール・バルトについて語っていました。実証主義と霊感説そして、アメリカのハーバード大学に多いユニテリアンと言う、イエス・キリストはただの人間でありいわば孔子のような先生であるというキリスト教の一派については面白かったです。アメリカの従軍牧師やCIA職員にはユニテリアンが多いらしいですよ。保守派と違い、他の宗教の方と語り合ったり理解することが出来ますからね。

 

牧師さんというのは現実的だなと感じ、有意義な日でした。


テーマ:

母が父の入院の看病に行っていて夕飯を作れないので、昨日夕食を作りました。最近鮭に凝っています。と言っても焼いただけですが。

 

スーパーの特売品の厚切りの鮭にお惣菜の唐揚げ、油揚げと小松菜炒め、出汁巻き玉子焼きです。豆腐と舞茸のお味噌汁をつけました。

 

相変わらずお弁当のおかずみたいですね(笑)

 


テーマ:

僕はスマホのアプリに毎朝体重を計って記録しています。

 

現在はダイエットを始めてから297日目、14.9kg減です。

まだまだ80キロ代なのですが、順調と言っても良いのではないでしょうか。

 

今日も先ほど起きまして、水筒に入れてある麦茶をごくごく飲んだのですが、夜食は一切食べません。朝の6時に食べる事を習慣づけています。

 

停滞しているように見えても少しずつ体重は減るものですね。

 

ところで、昨日父の手術が無事に終わりました。午後の1時から6時まで、5時間の手術でした。結果はうまく行ったみたいです。10日間くらい入院するらしいですよ。


テーマ:

毎年今の時期、生活支援センターにPSWを目指す大学生の実習生が2週間ほど来ています。

 

彼・彼女らは、利用者さんの所に飛び込んで行って会話をしたりするのですが、慣れない中大変だと思います。

 

当然ながらみんな20代前半で、下手すると僕に子供がいたらその子供の年代と言ってもおかしくありません。

 

さて、僕は学士編入で大学の農学部で学びたいという気持ちが今でもけっこうあります。

 

でも冷静に考えると、仮に入学しても同期生はみんなとても若いのですよね。

 

学問に徹したとしても実習などでコミュニケーションをとる必要は、当然出てきます。

 

それを考えると改めて非現実的だと思うのでした。

 

ところで、今思い出したのですが、僕は現在放送大学の学生でしたね

^^;

認定心理士の残りの面接科目の単位を早く取ってしまおう。


テーマ:

日付が変わって今日、父が前立腺がんの手術のために市大病院に入院する日です。

 

手術は明日行われる予定です。母と妹が付き添います。

 

市大病院と言えば交通手段が事故を起こしたシーサイドラインくらいしかないのですよね。復旧したようで良かった。

 

僕は病院はパニック持ちとしては遠いし、煙草も吸えないのでお見舞にはゆけません。

 

まあ、昨日の料理当番で父の好きなかつ丼をたらふく食べさせたので、思い残すこともないでしょう(笑)