コロナ感染拡大中の新居動向

 

新型コロナウイルスの感染が拡大すると、三密回避の動きやリモートワーク中心で出社しなくてもいい企業や月に数回程度の出社で済むようになり、都心から地方へ住み替える人が増えました。都心は家賃も高く、マンションの物件価格も高いです。
都心で土地を買って一戸建てを建てるとなれば、かなりの価格となり、なかなかできることではありません。ですが、地方なら都心で家賃を払っているよりも安い住宅ローンで、広い庭付き一戸建てが買えることもあります。そのため、地方のほうが広い家が持てるし、自然も豊かで心地良く過ごせ、子育てもしやすいと地方を選ぶ人が増えました。

 

 アフターコロナでどうなる?

 

新型コロナウイルスの感染拡大が落ち着き、医療制度的にも特別な感染症から外れたことで、大型イベントなども開催されるようになり、日常生活もコロナショック前に戻りつつあります。そうした中、やはり顔を合わせてのコミュニケーションが重要、職場に集まったほうが仕事がしやすいなどで、リモートワークを解除する企業も増えてきました。引き続きリモートワークが選べるケースもあるものの、職場によっては地方からの通勤が苦になるケースもあるでしょう。
一方、都心部では超高層マンションなどの建設も進んでおり、価格は高くても魅力ある物件が増えています。テレビ番組の特集などで高級マンションを見かけると、やっぱり都会暮らしがいいかなと思う方もいるかもしれません。

 

 考え方やライフスタイルで分かれる

 

マイホームをどこにするかは、予算の関係もありますが、コロナ禍を経て、考え方やライフスタイルが変化したため、その方やご家族によって選ぶ方向が変わっていくのではないでしょうか。コロナ禍で地方に移転し、その生活に満足している方は、アウトドアなどの楽しみも見つけ、そのまま田舎暮らしを満喫する可能性が高いです。
一方、田舎の暮らしが合わないなど不満が出ているご家族で、リモートワークも解除されたとなれば、都心回帰の動きもあるかもしれません。
ただし、購入したばかりのマイホームを売却して都心に戻ってくるのは大変なので、中古マンションや賃貸に住み替える可能性もあります。住居の場所も考えなくてはならない事態が起こることを学んだので、引越しやすい賃貸で様子を見るという方も増えるかもしれません。一人暮らしなのか、ディンクスなのか、小中高など転校はなるべく避けたいお子様がいるかでも、気軽に引越しできるかは異なります。コロナ禍を経て変わった考え方やライフスタイルによって選ばれる場所は異なっていくでしょう。