2023-2024
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

大阪での個展が終わりました

足をお運びいただきました皆様

 

お気にかけていただきました皆様

 

どうもありがとうございました

 

大阪での個展は2回目でしたが

 

前回は緊急事態宣言中で

 

ギャラリーにも日帰りで行き、とても緊張感がありましたが

 

今回はとても和やかな空気の中

 

ゆっくり滞在することができました

 

たくさんの出会いを頂きましてありがとうございました

 

次の展示は2月、3月の東京でのグループ展です

 

また何処かでお会い出来ます日まで

 

制作に励んでまいります😊

 

Thank you for coming to my exhibition😊

 

Next exhibition is a group show in Tokyo in February 2024.

 

 

個展のお知らせです

11月に大阪で個展を予定しています

あべのハルカス近鉄本店にてお待ちしております

とうぞお近くにお越しの際はお気軽にお立ち寄りください😊

11月11日(土)12日(日)

13:00-17:00 在廊しております

 

11月8日(水)ー14日(火)

10:00-20:00  最終日16:00閉場

個展 ” 遠くの空と繋がる” 

あべのハルカス 大阪

 

next solo exhibition

8-14,November,2023

 

Abeno Harukas 11F

art gallery / Osaka 

 

10:00 AM to 8:00 PM

Last day 16:00 close

 

〒545-854 1-1-43, Abenosuji, Abeno-ku, Osaka-shi

 

😊I am looking forward to see you in gallery 11th ,12th November PM1:00-5:00😊

 

 

 

来週8月23日からグループ展が始まります

 

 

波音の会 Final

2023年8月23日(水) ~ 2023年8月28日(月) 最終日は午後5時閉場

日本橋三越本店本館6階美術特選画廊

 

26日(土)13:00〜

ゲストに中島千波先生をお迎えして

トークショーを予定しています

どうぞご観覧くださいませ

 

会場には8月26日10:00〜トークショー終了までおります

 

東京藝術大学デザイン科出身の若手アーティスト17名によるグループ展「波音の会」を開催いたします。東京藝術大学デザイン科の開設は1896年(明治29年)にまで遡ります。建学の精神を受け継ぎ、これまで国内外の多彩な分野で多くの才能を輩出してきました。本展覧会に出品される、日本画、洋画、ミクストメディア、立体、といった表現方法の多様性は学部の理念をそのまま反映しており、令和の時代を迎えた今後とも、無限の可能性をアートの世界に投ずることとなるでしょう。

 本展で「波音の会」はFinalを迎え、17名の作家が3点ずつ作品を出品いたします。何卒この機会にご高覧いただきますようご案内申しあげます。

 

出品作家

 

荒木 愛 泉 東臣 井上 越道 井上 恵子 イブラヒム 恵美子 押元  一敏 金丸  悠児 金木 正子 川本 淑子 小松 冴果 三枝 淳 

佐竹 佳奈 髙橋 浩規 永井 夏夕 布山 恵子 野地 美樹子 森田 洋美  (50音順・敬称略)

 

デジタルカタログを作って頂きました

https://my.ebook5.net/mitsukoshi/arthaon0823/

 

8月2日から個展が始まります

 

8月2日から個展が始まります

 

神戸での展示は12年ぶり

前回2011年は大雪が降りました

雪降り積もる中、母と電車に乗って

有馬温泉に行った事を思いだしました

今回は真夏の開催なので

青空ばかり

飛行シリーズを多めに描きました

 

毎日暑いですが

涼みにギャラリーヘお立ち寄りください

 

8月2日(水)-8日(火)

大丸神戸店 8階 gallery TOART 

〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町40

 

8月5日(土)6日(日)13:00-17:00ギャラリーに在廊します

 

Kayu Nagai Solo exhibition  in Kobe

2 - 8, Aug ,2023

 5th, 6th Aug 13:00-17:00 I’m looking forward to meeting you at  gallery TOART ! 

 

Gallery TOART in Daimaru Kobe 8F

40, Akashicho, Chuo-ku, Kobe-shi

https://www.daimaru.co.jp/kobe/gallerytoart/schedule/#page-link12

朝日チャリティー美術展

2人展が終了してしまい

淋しい気持ちになりながらも

夏の展示準備に取り組んでおります

 

8月は神戸大丸さんでの個展と

日本橋三越さんでグループ展を予定しております

 

6月最後の展示は

朝日チャリティー美術展

1点出品中です

 

 

6月9日(金)午後1時- 6月22日(木)午後1時

朝日新聞文化厚生事業団

下記HPよりどなたでも入札できます

 

 

 

有楽町で実際の作品が見れます 

有楽町朝日ギャラリー

東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F

6月16日(金)~6月21日(水)午前11時から午後6時まで(最終日は午後5時まで)

 

「明かりを灯す」

45×20cm 

雲肌麻紙 アクリル絵の具 木製パネル

額装 : 白箱額 ジャンル : 洋画

洋画ページからお探しいただけると名前順に表示されます

 

2人展のDMができました

来月5月22日から2人展が始まります

 

岡部忍 + 永井夏夕

"余白の形“

ギャラリーなつか

5/22-6/3 (日曜休廊)

 

岡部さんとの出会いは2002年

大学院在学中に、1つ上の学年に在籍されていて

茨城県の取手にある校舎で

講評に向け制作を続ける日々を共有していました

 

修士課程修了に伴い

2人展を企画し、様々なギャラリーを探し

初めて展示をさせていただいたのが

当時銀座にあったギャラリーなつかさんでした

その時のテーマは「Garden +sky」

 

その後、個々に活動をし

私は空を描き、ドイツに足繁く通い。。。

環境がどんどん変わっていき2021年

再び展示の機会をいただいた時に

もう1度原点に戻り制作をしてみたいと思いました

 

時はコロナ禍

何の為に描くのか、何を描くのかと

自答する日々

緊急事態宣言により、打ち合わせも思うように進まない中

岡部さんと、今大切だと感じる事

何について描いていくのか

話し合いを重ね

「余白の形」

ということばが導き出されました

 

余白とは

”見ようとしないと見えてこないもの“

"焦点の合わない場所”

“揺らぎ”

“言葉以外”

“ものとものの間にある空気”

“無意識にのこっているもの”

“わたしを構成しているもの”

 

「余白の形」について

それぞれが制作し展示をします

 

私は過去に目にした風景が

自分を形成していると思っているのですが

無意識に記憶されている風景

夢の中で現れるような景色

特別な場所でないけれど何か気を止める要素があった場所

その様な場所について制作しました

 

 

ギャラリーなつか

東京都中央区京橋3-4-2 フォーチュンビル 1F

 

Gallery Natsukawa
3-4-2 KYOBASHI, CHUO-KU, TOKYO, JAPAN.

開廊時間

月(mon.) – 金(fri.): 11:00 am – 6:30 pm
土(sat.)・ 展覧会最終日: 11:00 am – 5:00 pm
日(sun.): Closed

 

東京メトロ
京橋駅(銀座線) 3番出口より徒歩2分
銀座一丁目駅(有楽町線) 3番/7番出口より徒歩3分

 

JR
有楽町駅 京橋口より徒歩5分
東京駅 八重洲南口より徒歩8分

 

 

 

 

 

 

今年もよろしくお願い致します

 

今年もよろしくお願い致します!

 

お正月早々に、コロナにかかったり

今年は中々ゆっくりめのスタートをきりました。

 

幸い、数日で回復し、元気に制作再開しております。

 

今年は、19年ぶりに2人展を予定しております

 

なんと2年以上前からの計画

 

京橋のギャラリーなつかさんの白い空間での展示

 

粛々と準備しております。

 

他には、関西での個展も2カ所予定しており

 

とにかくずっと描いています

 

5月の2人展からスタートです、どうぞよろしくお願い致します

 

 

👇こちらは、御縁を頂いて

 

雪の富士山の御注文作品です

 

中々自分だけでは、富士山と向き合って制作🗻

 

という流れにはならないので

 

とても勉強になりました。。

 

雪が被るのを待って、なんどかスケッチに出かけ

 

富士山がしっかり見えるポイント探しに奔走し

 

もっとあの勢いを取り入れたい!

 

と本画を持っていったら極寒すぎて、車中で仕上げたり

 

富士山のオーラにやっぱりすごいなぁ。。と

 

ドキドキしながら制作した1枚です

 

 

グループ展のご案内

来週11月21日(月)からのグループ展に1点出品致します

 

大学の研究室の出身作家21名によるグループ展で、4号までの小さなサイズを1点ずつ

私は3号を1点出させていただいております。

 

group空

2022年11月21日(月)ー26日(土)

11:00-19:00

最終日は17:30まで

 

銀座のスルガ台画廊

東京都銀座6-5-8トップビル2F

03-3572-2828

銀座B7出口より4分

 

 「いつかの空」3M(273×160mm )

アクリル絵の具 岩絵具 雲肌麻紙 木製パネル 

2022年制作

 

 

 

 
 
  
 

こちらスルガ台画廊は、初めての個展レスポワール展L'Espoir2004をさせていただいた場所で、とても懐かしい気持ちになります。。

 

あれから18年😵

今も制作を続けていられる事に感謝申し上げます

😊ありがとうございます

 

年内の展示はこちらで最後です

来年は5月に東京京橋で2人展と

8月に神戸での個展を予定しておりますので

そこに向けて少しずつ制作を続けております

 

制作中の様子などはInstagramに

日々載せておりますのでそちらも覗いてみてください

 

 

 
 

グループ展のご案内

来週9月14日からグループ展が始まります

東京藝術大学デザイン科出身の17名によるグループ展に

6号1点出品させて頂きます

 

「2022 波音の会」

9月14日(水) ~ 2022年9月19日(月·祝) 最終日午後5時終了

日本橋三越本店 本館6階 美術サロン

〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1

 

営業時間など変更の可能性もありますので

お出かけ前にHPを御確認くださいませ

https://www.mistore.jp/store/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews077.html

 

 

9/17(土) 14:00-18:00会場におります

どうぞお近くにお越しの際はお立ち寄り下さいませ

 

 

 「遠くの空と繋がる」330×380mm 

アクリル絵の具 岩絵具 雲肌麻紙 木製パネル 2022年制作

 

【出品作家】

荒木 愛 泉 東臣 井上 越道 押元 一敏 金丸 悠児 金木 正子 川本淑子 小松 冴果 今 美礼 三枝 淳 佐竹 佳奈 平良 志季 髙橋 浩規 永井 夏夕 布山 恵子 野地 美樹子 森田 洋美(五十音順・敬称略)

 

デジタルカタログを作って頂きました

 

ギャラリー6坪開廊20周年記念グループ展

来週7月30日(土)からグループ展が始まります

 

ギャラリー6坪開廊20周年記念グループ展

 

2022年7月30日(土)- 8月10日(水)

 

ギャラリー6坪

https://www.6zbo.com/pc/

新潟県十日町市稲荷町3南2-1

 

出品作家

磯部光太郎・江口暢彌 ・大矢雅章・オーライタロー ・おおらいえみこ・岡本雄司 

佐藤正和重孝・釣谷幸輝・永井夏夕・長野順子・野口満一月・樋口匡子・樋口広一郎

藤巻秀正・村山大介・ラファエルナバス・吉田有紀

 

そもそもどうして十日町で展示のご縁を頂いたのか

不思議に思われる方もいらっしゃると思いますが

 

大学の先輩方が使っていた埼玉の共同アトリエに入れて頂き

そこに住み着き絵を描いていた時期があります。

バイトして、夜中に起きて作業して朝が来たら寝る、という20代後半

 

その頃、お世話になっていたアトリエの先輩方は

脚繁く新潟に通い展示をしていたので

ついて行ってはうろちょろしていました

オーナーの春日さんに声をかけて頂き

以来、個展、3人展、池田記念美術館での3人展など発表の機会を頂いております

 

よくよく聞けばその先輩方がきっかけとなり

ギャラリーをやる事になったとか!?違うとか。。😅

(正しい経緯は会期中に確認してきます)

 

 

20周年を迎えてもなお、わくわくが止まらないギャラリー6坪をイメージして描きました

 

どこまでもどこまでも

3M (273×160mm)

アクリル絵の具 岩絵具 雲肌麻紙

2022年制作

 

ワークショップも沢山企画されていますので、どうぞ遊びに来てください

 

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>