予祝をしよう!!

テーマ:


お目に留めていただいたあなたとのご縁に
感謝して心をこめてハート




こんにちは!
たこ母さんですタコ



今日は「予祝」についてキラキラ
古代日本人は、稲がたわわに実り、お米がしっかり穫れる"満作"であることが一番の願いでした




そこで、
春に満開に咲く桜を、秋の稲の実りに見立てて仲間とお酒を飲みながら先に喜びお祝いする(前祝い)ことで願いを引き寄せようとしました
この春のお花見こそ、日本古来から実践していた「予祝」なのですおねがい


また夏の盆踊りも同様に、仲間と共に秋の豊作を願い喜んで踊った「予祝」によるもの


では、どうして「予祝」をすることで
願いが叶いやすくなるのか…


「未来」を変える方法とは
「いまの心の状態」を変えること

↑ひすいこたろう氏 著書「前祝いの法則」より引用


人間も動物も植物も、水も空気もお金にも
形のあるなしや見える見えないに関わらず、全てのものは振動しています


その振動数は「波動」とも呼ばれ、
どちらが良い悪いという意味はありませんが、波動には高い低いという違いがあります
そして、この振動数は同じ振動数のものと共鳴します


言葉で例えると
「ありがとう、嬉しい、幸せ」 高い振動数
言葉のとおり幸せな現実を引き寄せる

「疲れた、だめだ、どうせ無理」 低い振動数
言葉のとおり嫌な現実を引き寄せる


つまり「予祝」は、「いまの心の状態」を
願いがすでに叶った気持ちで喜んで感謝することで、願いを叶いやすくする!


予祝をする時は、叶ったときの感情、その時の情景や匂いなど具体的に叶えた自分をありありと思い浮かべると良いそうです!!


いま喜ぶと嬉しい未来が訪れるおねがい
不足ではなく、"いまあること"に感謝して
未来に喜びを引き寄せたいですねラブラブ







虹 講演会のお知らせ 虹


東京都世田谷区の一児の母、
田中真紀さんの講演会のご案内ですニコニコ


6歳の時に発達障害と診断された我が子を、
どうにかして自立させてあげたいという思いから、ご自身で試行錯誤を重ねていく中で、
ついに頭を良くする簡単な方法を見つけだし、
有名私立中学に合格、筑波大学を経て
京都大学大学院へ送りだしたお母さんの実体験のお話です


小さい時からの毎日の働きかけの積み重ねで、
脳を発達させて楽しく自由な人生におねがい




山口県下関市開催です


参加をご希望される方は、下の予約フォームからご予約をお願いしますニコニコ


子育てレシピ講演会 お申込みはこちら↓





お読みくださりありがとうございますラブ