サッカー W杯とは

テーマ:



ご無沙汰しております



5月31日
ドキドキを抑えながら待つ中、
W杯の代表メンバーとして
彼の名前が呼ばれました






彼の夢の1つでもあったW杯という大会






ここに向けて
何年も前から準備をしてきました







W杯に向けて
3年という時間をかけて成長していくトレーニングを
はじめたときは、
それが正解なのかどうかなんて分からなかったし
すぐには見えない変化に
立ち止まりたくなるときもあったけれど
ただ信じて
欠かすことなく
続けていました。




W杯を最優先して
大きな決断をしないといけないときもありました。
優先したとしても何の保証もない、大きな選択でした。



上手くいかなくて
不安で不安で仕方なかった時期
あの彼がまさか
料理を手伝うなんて言い出したときがあって
『集中出来るから』って


(サッカーのこと考えないでいられるから)
そう聞こえました。


だからどんなに人参を厚く切っていても
キッチンが野菜のクズだらけになっていても
10分で出来る作業に30分かかっても
物凄く褒めました



伝えられないことの方が多いほど
決してトントンと登っていくことが
出来た3年間ではありませんでした。
次の段が見えなくなったり、
階段が坂道に変わりずり落ちそうになったり、、、




自分ではどうしようも出来ない
単純には進まない
そんなもどかしいことが沢山あるんですよね。






だからこそどんな日も
彼が変わらず努力を続けられるように
純粋にサッカーと向き合えるように
そう思って過ごしてきた3年間でした。






3年前
彼が予選の代表メンバーに
選んでいただけるようになったとき、
それは私たちが結婚したときでもありました



この3年間は
彼はサッカー選手としても
私たちは人としても夫婦としても

1番成長出来た3年間だったと思います




そして彼は
夢であり1つの目標であった
W杯代表メンバーという立場を掴みました。










突然監督が変わったり

W杯前の試合で勝つことが出来ていなかったり




応援する側の人間としては
不安に感じたり不甲斐なさを感じることが
あるかもしれません。






サッカーはチームプレーだから
1人1人が本気で努力していても
真剣にサッカーと向き合っていても
チームとして結果に繋がらないことがあります。
1人1人に高い能力があったとしても
チームとして
全員の能力を活かせないときがあります。

チームプレーだから


だから、
沢山ぶつかり合って
励まし合って
笑いあって


“チーム”を作っていくのだと思います。





手を抜こうとしている人がいないことも
諦めている人がいないことも

選手1人1人のここまでのstoryを知ったら

分かっていただけるのだと思います。






ただ、ただ
この舞台で悔いのないプレーが出来ますように。
私はそう願っています




そしてどうかこの大会を、
選手達にとっては
一生に何度もあるわけではない
大切な大切なこのW杯を

一緒に熱く応援していただけたら幸いです







大人になってから熱くなることは
難しかったり恥ずかしかったりするけれど

熱くなると
見えてくる選手たちの気持ちや表情、その背景も変わり、
子供の頃のように湧いてくるわくわくした気持ちや、染み込んでくる感動があると思います。

それは日々の生活では得られない
心の奥の奥のマッサージのような



沢山の“努力”が伝えてくれる
お金では買えないもの





一緒にW杯を熱く
応援しませんか?




ロシアW杯
日本代表の試合は


6月19日(火)コロンビア戦は
21:00〜NHKで放送

6月24日(日)セネガル戦は
24:00〜日本テレビで放送

6月28日(木)ポーランド戦は
23:00〜フジテレビ



で放送です





頑張れニッポン













長くなってしまいましたが
最後まで読んでくださりありがとうございます

原口るりこ