雪解け遠し、陽は近し。

テーマ:
こんにちは、かわともです。
先日、行われた市長選挙でありますが、本当に大きなご声援を賜りましたこと、心より御礼を申し上げます。
まだ浪人生活は続きますが、頑張って行けそうです。
25日の記者会見から2週間と言う短期間の中で28013票と言う莫大な票を賜りました。
しかも雨天の中、約29%と言う低投票率でした。
出馬までの経緯を簡単に書いておこうと思います。
3月初旬から5月中旬まで、複数人の候補予定者がおりました。
なるほど、頑張って貰いたいと思ったし若者代表として健闘を期待していたのも事実。
しかしあれよあれよと手を下げる。
戦いたいと熱意ある挑戦者を言うに事欠いて、お前はまだ早いとか、政党の看板背負って頑張ろうとする若者の情熱の芽を摘むとか、年長者の都合で決める様な行為が堪らなく嫌だった…。
その一部の人間が決める政治もごめんだ。
いわゆる掲げた「世代交代」はここから来ています。
さらに5月に出馬表明する中堅も手を下げた。
政党の支援が無さそうだから…。
噂が本当ならばあまりにも腹くくれない情け無い事だよ。
これにより候補者がいなくなり、現職とそこに与する年長者の思惑どおりの握りになった…。
ちょい待てよ。
こんな馬鹿な選挙を聞いたことない。
記者は史上最低の市長選挙になるだろう…。
結果の遺憾は問わず。
或いは、共産党は市議会議員選挙の為の市長選挙、NHKの電波から〜は自分たちが言ってるように割り切って売名です。
現職は70歳、64億で病院建て替えは嘘。2000億の借金は本当。10年後20年後の松戸の政治に責任取れる候補者とは思えない。
そう考えたら、敵わずともやるしかないなと。
松戸生まれ、ただこの街が好きなだけ。
独りで始めた挑戦に、自分の我儘に多くの人たちが共感し手弁当で活躍してくれた。
毎日、感謝。
また感謝。
そんな日々でした。
28013票を賜わった、この市長選挙。
負けたけど詫びはいれない。
感謝しかないから。
毎日、知らない市民の方から激励の電話がくる。
「死ぬまで君を支援する」
「保守の意地を見せられた」
「松戸生まれの誇りが救われた」
「次も応援します」
「根っからの挑戦者、嫌いじゃない」
まったく物好きな市民が多い街だぜ。
なぁ?
……
……
………
泣いていいかな?
また頑張れる勇気を
傾奇通す意地の原動力…。
燃える心が消えるまで、この街に命を捧げて行きたい…そんな激励にまた感謝いたします。
故郷まつど。
受け継ぎ、縒り合わせ、紡ぎ、次世代へ引き渡す。
やっぱりこの街で生まれた子、この街で育った子の故郷はこの松戸。
夢と希望と素晴らしい故郷を子に残して行きたいですよね。
また一つずつ確かめながら努力して行きます。

では。





今晩は。かわともです。
選挙戦も4日目が終わりました。※掲載は12日です。
生憎の雨でずぶ濡れの1日でした。
20世紀ヶ丘辺りに行くと、ふと高校の友人宅を思い出した…。
選挙中だし戸別訪問に抵触する恐れや、なんかあざとい気がして気が引けたものの無性に顔を出したくなり、せめて外見だけでもとルートを回り道して寄ってみた。
庭におばちゃんがいた。
「入って入って」
と相変わらずチャキチャキしていて言われるままに立ち寄った。
お邪魔するとなんとおやじさんが先週亡くなっていた。
来週に納骨をするらしく、お別れが言えてよかった。
高校の頃、よくクダを巻いていてギターを弾きまくってたから怒られたもんだ(笑)
20歳過ぎてもよく遊んでたし、旅行なんかも家族の方々と10人くらいの友人との団体旅行を何度か行ったっけ。
ずいぶんと懐かしく思ったが、考えてみれば25年も前か……。
色々な昔話をして当時を振り返り懐かしく思った。
実に楽しく話しに華が咲いた。
オカルトチックだか、おやじさんが呼んでくれたのだろうか……?
ふと、そんなことを考え書き留めておいた。
なんと毒舌な大お婆さんは存命で103歳!
これにも驚き、人生100年の時代も間もなくやって来るのでしょうね。

明日は選挙総括を書きたいと思います。

では。


友則!世代交代!

テーマ:
今晩は、かわともです。
本日の最終街頭は北松戸駅でやらせて頂きました。
ちょっとうるさくて、申し訳無かったところです。
昨日の若者も然り、本日話しかけてきた若者も実に熱心に質問をしてきた。
だから普段話さない様な話までしてしまった。
でも熱心な質問があると言うのは本当に嬉しいです。
ありがたい事です。
あと高校生になるほどと思わされた。
「今日は誰が来てんだ」
「とものり世代交代だよ」
こんな会話をしていた(笑)
(…なるほどこれは使える。)
通り過ぎる人には短くて伝え易いフレーズでいいなと。…明日から使わせて貰おう(笑)
それと、各新聞に市長選挙の記事が載ってるんだけど各記者の性格が出ていて興味深い。
例えば読売の記者さんなんかは自論があって性格も真面目でその個性が出ていたりする。
東京新聞の記者さんも個性的で面白い。

ここ取り上げるんかと苦笑い(笑)
趣味の釣りとかBBQやらお菓子作りとかあるだろうに。親子喧嘩とかのくだり載せんな恥ずかしい(笑)
東京新聞のセンスがちょっと好きになった。

さて残りあと2日。
最初からクライマックスで駆け抜けてきた選挙戦も早いものであと2日になりました。
日曜日は雨になりそうなので、期日前投票に行って下さい。意外に知られてないのが、投票ハガキが無くても身分証明書があれば投票が出来ると言うこと。
便利だ!さぁ期日前へ!
そんなわけで、お休みなさい。

そうそう本日、前衆議院議員の浅尾慶一郎さんと某G党の◯議会議員の方から為書きを頂きました。
わざわざで本当に感謝です。
市政に左右なし!
とはよく言ったもんで為書きにも個性があり、政党もバラバラなのでバラエティに富んでます。(笑)