田口さやか 作家さんを応援するブログ minne・Creema・BASE・Etsyを活用しよう
★セミナー・ワークショップのご案内★

  • 26Mar
    • 「まさか自分が海外に販売をする日がくるワケがなかろう。」と思っていた時のこと。

      こんにちは。田口さやかです。 先日お知らせしたハンドメイドの海外販売セミナーの春開催は、有難いことにお申し込み・お問い合わせを沢山頂戴し、4月3日開催は、あとお一人のみのご参加可能となりました。セミナー詳細はこちらhttp://foryournewstory.com/zero-etsy/さて、私が海外販売セミナーを開催するのも何回目になるかもはや数えていないので分からないのですが・・、まさか自分がセミナーなんてやる日がくるワケがなかろう。つい数年前まではそんな風に当たり前に思っていたんです。というかそれ以上に、まさか自分が海外に販売をする日がくるワケなかろう。実は、これもつい数年前まで当たり前に思っていたことでした。セミナーをして、皆さんに海外販売の面白さをお伝えしている私ですが、私にとっても、実はつい数年前まで自分が海外のお客さんを相手に商品を販売したりお取引をするなんて、みじんも思っていなかった事なのです。よく、「田口さんは英語ができるからいいですよね〜。」「もともと明るいから海外の人にも自信を持ってやり取りできていいですね〜」などと言われたりするのですが、Etsyと出会った時というのは全く英語なんて出来ないし何なら性格は暗いし(笑)、本当に縁のない環境にいました。それでも人との出会いからEtsyを知り、気がつけば海外販売がなんだかとても新鮮で、面白くて面白くてここまでやり続けてしまっているのですが、いつしか30回以上リピートしてくれるつわもののお客さんが現れたり、Youtubeで勝手に紹介してくれるお客さんが現れたり、ブログで勝手に紹介してくれるお客さんが現れたり、販売を通じてイギリスに文通相手が出来たり、インスタグラマーが200個一気に買ってくれたり、このたった数年間の間でしたが、色々なお客さんに沢山助けられながら1万アイテム以上を世界中に販売する事が出来ました。海外販売の一番の恩恵はコレ!私は海外販売を最初にやって、本当に良かったな〜と思っている事があります。 それは何かと言うと、お客さんに興味を持つ感覚を与えてもらったという事 です。思えばこの数年間、海外販売においても本当に沢山の温かいお客さんと出会う事ができ、困った時でさえなぜかお客さんの方に助けてもらうという事もあったりしたのですが(汗)、海外販売という特性上、売り手と買い手が助け合わないと解決しないトラブルというものもあったりします。 (ごく、たまにですが。)そうすると、ただ単に素敵な作品を作って、ショップに乗せて、売れたから送って、終わり!はい、次!という感覚だけでショップをやるのはある意味、なかなか難しいように思うのです。(実はこれは国内販売にも言えることですが^^)ネットショップの場合、お客さんの存在が見えないうちは特に、いったい誰が買ったのか(買いそうなのか)なかなか分からないので、つい、どんな作品が売れそうか?いくらだったら沢山売れるか?どのサイトなら簡単に売れそうか?という作品の事や自分の事に気持ちが行ってしまいがちなのですが、海外販売で教えてもらった事は、お客さんの存在に思いを馳せる習慣だったように思います。 作品が売れたという事も嬉しいのですが、それ以上に、いったいどの国のどんな人が、私の作品を欲しいと思ってくれたのだろう??ここに関心を作る事が出来た事で、この”興味ベース”でメッセージのやり取りや作品の発送をするうちに、いつしかお客さんと仲良くなりまくっていたという事が起こっていました。だから、感覚としても”閲覧数”という言葉より"遊びに来てくれた数"という言葉の方がしっくりきていたり、"販売件数"という言葉よりは、"買ってくれた人数"という感覚を持っていたりします。 意味はほとんど同じで、ショップの現実ベースでいうか、お客さんの行動ベースでいうかの違いだけなんですが、どこをベースにショップ運営を考えるかでも提供者がやれる事やできる工夫というのは多方面で変わってくるのではないかな、と思ったりします。お客さんに関心を持つことは、ネットショップだけでなく、このようなブログ発信、そしてセミナー開催やコンサルなどにも通じている部分だと思いますが、もともとは海外販売で刷り込まれた感覚だったように思いますし、何よりこの感覚が、販売や個人ビジネスを楽しいものにしてくれたようにも感じています。海外販売への”垣根”を壊したいところで、私が海外販売のセミナーを開催している大きな理由の一つに、海外への垣根を壊したいという思いがあります。最近は日本にも沢山の海外の方が働いていたり、日本への旅行者数も過去最高だと言われていますが、それだけ日本と海外の距離というのは縮まっていて来ているんだと感じます。現在はCreemaやminneなど国内のハンドメイドサイトがとっても人気だし盛り上がっていますが、個人がやるハンドメイド販売だって、そろそろみんな国境を超えてもいいんじゃない?と思うのです。勿論、英語が苦手な人だっているし、心配症で海外のお客さんや海外への発送に不安を感じている人もいると思います。 ・・・というか、私がそうだったのですが(汗)だけど、経験してみて分かった事は、海外販売って、思っているほど難しくないということと、海外販売って、楽しみながらめちゃくちゃ勉強になるということ。そして、何より自分の活躍の場や可能性を一気に広げてくれるという事です。例えば、当たり前といえば当たり前なのですが、販売先は、日本を超えて、中国・アメリカ・ヨーロッパ、南米、中東、アフリカまで。もう、海外販売を始めた瞬間に私ったら、地球レベルで仕事をしている(ドヤ)ということになるんですよね。これは、ちょっと聞こえがカッコイイという事も勿論ありますが^^、それ以上に、”自分は小さくとどまっていなくて良いんだ!”"世界を相手に販売とかしても良いんだ!"という、自分自身へのセルフイメージの変化だったり、制限をなくす感覚をもたせてくれる事にとっても大きなメリットがあると感じています。”海外販売に対する垣根を壊したい”という思いは、一度、壁をよじ登って海外というフィールドに出てみて、その面白さや可能性の大きさを味わったからこそ抱いたシンプルな想いです。もちろん作品を販売する事自体にも海外販売は大きな魅力がありますが、海外販売から広がる自分の可能性だったり作る事や販売する事への喜びの伸びしろの大きさを、ハンドメイドなど個人で活動している女性に伝えたくて、そしてささやかながら、不安な方の背中をそっと押したくてセミナーをしたり、ブログを書いたりしているんだろうな、と思います。まとめ今日は、なぜ私がセミナーまで開催して海外販売の魅力を伝えたいのか?という事をしゃべり言葉のように書いてみました。・ニューヨークに渡った若手ダンサーが、数年後本当に世界で活躍するように、・思い切った決断がその後の未来を変えるように、なんとなく始めた海外販売であっても、そこをきっかけにして自分の人生や自分の生き方が変わったら、とっても最高だと思うのです。少なくとも私は、その感覚を海外販売からもらったからこそ、この素晴らしさを、これを読んでいるあなたにもセミナーなどでの出会い・ご縁を通じてお伝えできたら嬉しいな、と心から思っています。次回のセミナー次回の海外販売セミナーは4月3日(水)で、残席1名様です。そして、4月17日(水)にも東京で追加開催をしようと思いますセミナー詳細はこちらhttp://foryournewstory.com/zero-etsy/少人数制のアットホームなセミナーになりますので、ご興味のある方はお早めにお申し込み下さい。過去の私のように、「私なんかが行って良いのだろうか・・?」と感じている方にぜひ来て欲しいと思っています。 もちろんそんな風に思っていない人も大歓迎です。もうじき新学期新しい季節に、自分の可能性を広げてみませんか?そんな前向きな方の力になれたら嬉しいです初心者さん向け海外販売スタートセミナーはこちら ⬇︎http://foryournewstory.com/blog/etsy-review-n-seminer/

      61
      テーマ:
  • 24Mar
    • ハンドメイド販売をしたい時の不安や自信のなさの越え方

      こんにちは、田口さやかです。プロフィールはこちら今日はオンライン講座にご参加中のメンバーさんとのオンラインミーティングを開催しました活動に付随する不安を超えるには?今回は、新学期目前ということで、”心機一転頑張りたい!何かにチャレンジしたい!と思った時にまず最初に心得て欲しい自分自身の不安や挫折の超え方” について、少し抽象的なお話をさせて頂きました。 ネット販売のためのオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』では、作品やサービスの価値を相手(お客さん)に伝える方法や自分の作家としての想いを理解してもらうための発信方法・ブログの書き方について講座の1/4くらいの期間を使ってレクチャーしているのですが、今回はその発信の法則を実生活に応用する事で、作家さん自分自身の不安や自信のなさを乗り越えて作家活動を加速していくには?という、メンタル面にフォーカスを当ててお話をしていきました。  作った作品が自分にとって大事であれば大事であるほど、現状を変えたくないと思えば思うほど、そして損をしたくないと思えば思うほどに、 無意識の中に”執着”が生まれて"転機"に気づかず、自分自身を自分で止めてしまうというループに入りがちだったりします。これは作家さんなら多くの人がきっと共感できると思うのですが、大切な作品だからこそ公に出すのが恐かったり、大切な作品だからこそ、売る自信が持てなかったり。そういう葛藤ってものづくりをしている誰だって感じているものの様な気がします特に何かをスタートしようと思うときほど「自分にはできるのだろうか?」という葛藤や執着になるような阻む声や自分の中の不安が出てきて足を引っ張るわけですが だからこそ、スタートした後に今後どのような道筋が待っているのかをあらかじめ客観的に把握しておくことができれば、不要なブレや感情に流されすぎると行ったことを越えて行けたりするんですね。 今日はその、チャレンジした人が通る(経験する)道筋をレクチャーさせていただきました。  作品販売をビジネスにしていくことや趣味を仕事に生かしていく時というのは、どこかに ”ビジネスとしての意識” を必ず取り入れていく必要がありますが・今後通る道筋とこれから起こり得ることを予め分かっていること・個人の活動を客観視する感覚、・きっかけは自分でいつでも作れるということ、・そして執着はチャンスにもなるということなどを、メンバーさんからのリアルなご質問を含めながら皆さんでシェアし、ハンドメイドの売れる方法やノウハウから離れて、”心”の置き方を見直す機会になったように思います。  娘ちゃん・息子ちゃんも一緒に記念撮影ですこれから春本番!!  みなさんの活動がさらに発展していくよう私もブログなどで発信したり、また、ご縁のあった作家さんを講座やセミナーの中で応援しながら、私自身も前に進んでいこうと思います。^^昨夜お知らせした4月の海外販売セミナーですが、有り難いことに、お席がすでにわずかとなりました。『この春こそは,作家として輝きたい!』そんな方は、ぜひお越し下さいお会して、お話しできることを楽しみにしています。詳細はこちら<関連記事>ハンドメイドサイトで1万セールスを達成して今思うこと 

      116
      テーマ:
  • 18Mar
    • ハンドメイドサイトで1万セールスを突破して、今思うこと。

      これは私のショップの閲覧状況です。世界中の人がショップを見に来てくれています。先日、海外向けハンドメイドサイトEYSYのハンコショップで、1万セールスを突破しました!  数年前に100セールスを迎えた時もむちゃくちゃ嬉しかったけど、10,000セールスを達成して思うことは今は自分のセールスを増やすこと以上に もはやこの販売の感覚や方法を、ご縁のある作家さんに広げていきたいという気持ちが日に日に強くなってきています。  そこで、来月、4月3日に ハンドメイドの海外販売セミナーを開催致します! 海外販売の面白さや、可能性の広がりを多くの作家さんに知ってほしいなと思っています。この”可能性の広がり”というのは、ショップや商品の可能性を広げることでもあるけれど、何よりも、作家さん自身の可能性が広がっていくのを体感してもらいたいのです。どうしたら沢山売れるのか?という事ももちろん重要かもしれませんが、今まで沢山販売を経験して来て、そして色々な作家さんと関わって来て感じるのは、どうしたらゼロからイチを生み出せるのか?の方が、よっぽど重要で私が伝えていくべき事だと感じています。今現在売れているかどうか、販売の経験があるかどうか実はあまり関係ありません。ゼロからイチのスタート時に、どんな事をやっていったらいいのか?そんな事もレクチャーさせて頂きます。エッツィーセミナーの詳細・お申し込みはこちらhttp://foryournewstory.com/blog/etsy-review-n-seminer/<< 今回の講座では、こんなことが学べます >> 海外で自分の作品を販売するための準備 海外にお客さんをつける、とっておきの方法全く売れなかった私が、どのように1万件の販売を作ってこれたのか?売れる流れをゼロから作ってきた流れとは? これだけは知っておいてほしい売れるショップの7つの特徴 ハンドメイド作家さんの現状と、そこから抜きん出るための方法 etc... << こんな方に向いています >>・ご自身の作品を世界に発信したい方 ・海外販売に興味があるけど、なんだか怖くて踏み出せない方 ・語学の問題や海外発送など、ポイントを押さえてからスタートしたい方 ・国内販売の売り上げを加速させたい方 ・国内国外に関わらず売れる流れを作りたい方 ・ゼロからイチを生み出す方法に興味のある方 ・売りたい気持ちと怖い気持ちが混在していてなかなか前に進めない方  海外販売ができるようになると、国内販売と並行して同じ商品で収益UPできるだけでなく、国内販売にも”売れる流れ”を応用することができるようになります。   ハンドメイド作品のお届け先は、まさに地球規模!あなたの才能・スキルで一緒に売れる流れを巻き起こしていきましょうエッツィーセミナーの詳細・お申し込みはこちらhttp://foryournewstory.com/blog/etsy-review-n-seminer/  *Etsyとは?http://foryournewstory.com/blog/whatis_etsy/ 

      182
      テーマ:
  • 12Mar
    • 札幌にて、素敵なハンドメイド作家さんにお会いしました♪

      こんにちは。田口さやかです。週末は札幌にて、現在個別コンサルをさせて頂いているクライアントさんにお会いしてきました。  ピアノ演奏のあるラウンジでの穏やかな雰囲気の中でとても豊かな時間となりました。こちらのハンドメイド作家さんは、ほぼ毎日10通くらいのメールのやり取りと、オンラインでの個別コンサルをさせて頂いてきたクライアントさんでしたが、今回実際にお会い出来たことで改めて、作家さんの強みや、今後、もっと本来の魅力を使って活動されるイメージを感じることが出来ました。今回は普段のオンラインコンサルとは趣旨が違ったのでより深い話や、普段のコンサルではお話しないような私自身の起業までの話なんかも交えつつ、それこそざっくばらんにお話ししていたのですがそこでふと、こんな事を言われました。『いつも先生にアドバイスやメール・ブログの添削をしてもらうと、作品じゃなくて、え、そこ??と思うような部分のアドバイスだったり、そんなことまで意識する必要があるのか〜!と、正直、毎回のアドバイス内容が驚くことばかりなんです。でも、それで本当に売れちゃうから更に驚きです・・。』確かに、作品そのもののアドバイスはほぼ一回もしていないのですが、それでも、今までほとんど売れなかった"同じ作品"がどんどん売れるようになって行ったこの作家さんの姿を拝見していて、改めて、売れる・売れないというのは作家さんの作品のクオリティーの問題だけではなく、もっと他のことが大きく影響しているんだなと感じました。あっという間の時間でしたが、改めて、 応援したいと思える人がいるというのは本当に有難いことだなと感じる札幌の旅となりました  

      89
      テーマ:
  • 07Mar
    • 売れたら困るハンドメイド作品とは?

      こんにちは。田口さやかです。先日、雑貨を作っていらっしゃる作家さんのコンサルをしていたのですが、ショップを拝見していて一つ、ひしひしと伝わってきてしまうものがありました。それは、「この作家さん、本当は"売れたらどうしよう〜"」って思っているんじゃないかな?という雰囲気でした。もちろん売りたいから販売しているし、できたら沢山売れる様になりたいと願っているはずです。それでも、本当は、いざ売れたら困っちゃう自分がどこかにいる様なことってあなたも経験したことは無いでしょうか?私は、あります^^まさに私がそうだったのですが、実はその心理状態こそが、”売れない状態のまま” を無意識のうちに作り出しているのかもしれません。だって、売れないでいる方が、実は売れるよりもよっぽど楽チンなんですよね。売れると困る状態とは?ネットショップでもお教室の運営などでも、あなたはこんな経験はありませんか?商品はもちろん売りたいけれど、いざ売れたら面倒だな〜と感じてしまったり、やばっ!売れちゃったから急いであれも用意しなきゃ、これも準備しとかなきゃって困る様な状況。人は不思議なもので、売れたい!変わりたい!と言いながらも、本当は、今ある安心安全な生活を乱されたく無いという気持ちが無意識に働いて現状を変えにくくしてしまっているということがあります。 しかも、これはほとんどの場合無意識なので、ショップ運営の際も、売れたらどうしよう、売れたら面倒だな・・という胸の声に蓋をしたまま、売れないことに悩んだり、”売れる方法”というものを見つけようとしてしまったり売れないからと言って新作作り次々と着手してしまったりすることってあると思うんです。売れたら困ることをなくしておくということで、とってもシンプルではあるのですが、売れても困らない状況をいかに自分に用意しておいてあげられるか?が、実は売れるためにはものすごく重要だったりする様に思います。そして、重要なポイントは、売れて困る・困らないは物理的な問題だけでは無いということです。売れた後の用意ができていないと、「やばっ、売れちゃった!どうしよう」となってしまうので、無意識に売れる為の工夫をしづらくなったりして販売に結びつきにくいという事を上で書いたのですが、実はこの”準備” というのは物理的な準備だけではなく、気持ちの面がものすごく大きく影響していて、”私の作品は、当然売れてもいいものだ”と思えているかどうかが、実は販売にはとっても大きなポイントになる様に思います。例えば予備校の先生を例にするとしたらもし自分が東進ハイスクールの林先生の様な先生だとしたらきっと「私が教えた生徒は成績が上がって当然だ」と思うと思うんですね。でも、もし自分が長年不人気が続く先生だとしたら、きっと「今年もみんな第一希望に入れられないかもしれない・・どうせ難しいだろうな」と弱気のまま教えてしまうと思います。こんな風に精神状態を比べ眺めてみると、先生の醸し出す雰囲気だけでなく、言動そのものも差が出そうだなと予想がつきますよね。結局、こんな風に自分が自分のことや自分の商品の事をどう思っているか?というセルフイメージで、実際に出せるものやできる行動が変わってくる様に思うのです。日本人はどうしても謙遜が美徳の様なところがあったりするのですが、”私の商品なんか・・”と思ってしまうと、行動や工夫さえも無意識のうちに制限してしまい、ほんとうに売れにくくなってしまう様に思います。まとめ今日は、売れた時の準備を事前に整えておく重要性について書いてみました。売れる というのは、誰からお金を支払って頂くということ。だからこそ、当然責任だったり緊張感だったり不安が付きまといますよね。この感情を楽しみながら自信に変え、「どうしよう!売れちゃった!」という状況をいかになくせるか?そして、気持ち的にも「売れることが当たり前」でいられるか?これが、ショップの運営方法や集客の工夫・文章・お客さんへのメッセージなど行動の端々ににじみ出て、ショップの売れ行きを少しずつ左右していくんじゃ無いかなと思います。 ちなみに、今回の作家さんのショップは、意識を変えてもらっただけで本当に面白い様に ”販売” が多発する様になりました。  そして今日も、「またまた売れました♪」と嬉しいご報告をいただきましたが、売るための”事前の準備”、ぜひ参考にしてみてください♪ネット販売のヒントが満載な私のネットショップ起業ストーリー無料メルマガはこちら無料メルマガ

      141
      テーマ:
  • 05Mar
    • 「ミンネ売れない」から抜け出す方法!その②ハンドメイド作家の心理

      田口さやかです。前回の続きです。前回記事はこちらです→「ミンネ 売れる」と「ミンネ 売れない」売れるために大切な3つのこと①売れなくて悩んでいる作家さんの心理について、「minne 売れる」 ・  「minne 売れない」という、ミンネの検索ワードの裏に隠された、無意識の気持ちについて書いてみました。少しおさらいしますと、「ミンネ 売れない」 というキーワードで検索される方が圧倒的に多く、その心理の裏側には、「なんで売れないんだろう・・」という、売れない理由を無意識的に探してしまう傾向があるのではないか?そして、その考え方を少しだけ変えて「なんで売れないんだろう・・」 ⬇︎「どうしたら売れるかな?」と意識を変えることが売れるようになるためのきっかけになったりするということを書きました。(自分の過去を振り返りながら。)自分への質問を変えると、答えが変わってくる人の脳は案外単純なもので、「どうしたら売れるかな?」という質問を脳に投げかければちゃんとそれを考え始めることができる気がします。過去の私の例でいくと、Before「なんで売れないんだろう・・・。    金もなければセンスもねぇこのダメ人間ろくでなしひとでなし」となっていたのを、   After「どうしたら売れるかな・・・・・・・・・・・・・・うーん、、あっ、そうだ!どんな作品が検索されているのかリサーチしてみようあと、人気作家さんのショップには売れるヒントがあるかもしれないから、参考のために覗いてみよう過去に買ってくれたお客さんに、他にどんなデザインがあったら嬉しいか、アンケートをとってみようかな」・・・とこんな感じに、’’どうしたら’’(How)の答えがいろいろ思いつきました。本当に単純なわたしですw単純だけど、実際に「なんで売れないんだろう」とウジウジ考えていた時より、はるかに前向きになり、しかも次への行動が明確になっていったんですよね。そして単純なわたしは、思いついた改善策を・・、やりまくりました。ざっくり言うと、この作業によって、結果が出てくるようになった気がします。試行錯誤の先に見えてくるものひたすら考え、行動してみる。まさに試行錯誤です。今考えれば 無駄だったな~ と思うようなことも沢山やりましたし逆に、考え続けたからこそ思いついた、売れるための画期的な方法も見つけることができました。そしてなにより、自分で考え改善していく中で、自分の中の’’考え方’’ がどんどん変わっていくような感覚がありました。この考え方の変化こそが、まさに「売れる自分」にしてくれたように思います。ただ単に、「売れないなぁ、ちくしょう」とぼやいているだけだったら絶対に手に入らなかったもの。それがこの、販売をする上での 考え方 でした。小手先のテクニックやノウハウよりももっとずっと大切なのは、見落としがちな「ビジネスの考え方」なんだな~と本当に痛感しました。わたしは副業を始めるまでは、自分自身でお金を作る という経験もなかったし常にお客側の立場に居ました。会社にいても、日々出勤さえすればお給料はもらえるし、(でもちゃんと働いてましたよ^^)学校でも別にビジネスの考え方なんて習ってきませんでした。だからこそつい見落としてしまうんですが、逆に、考え方さえ分かれば、道は大きく開けるんだということもわかりました作品販売のコツをお伝えしたい。いろいろな試行錯誤を経て、私のminneショップは気がつけば現在、7000件のオーダーを突破していました。もちろん販売件数ゼロからはじめたショップですが、7000件を突破を記念して、どのように売れるショップを作ってきたのか?お伝えする機会を作りたいなと思っています。どのように販売件数を伸ばしてこれたのか?どんなことに気をつけてショップ運営をしてきたのか?売れないショップが見落としていることとは?売れる人が必ず気をつけているポイントは?など、写真の撮り方や文章の書き方といった知識だけではなく、販売を生み出すための流れを感じていただけるような私の実体験に基づいたものにしようと思います。minneを始め、ハンドメイド販売の講座というのは沢山ありますしネット上にも大切なノウハウは沢山あります。しかし、ノウハウを学んでもショップに生かしきれていないという方もいるかもしれません。 そんな方にぜひ、私自身が、インスタもツイッターもほぼ使わずにどのように7000件も販売出来たのか??赤裸々にお伝えするセミナーを2019年春に開催しようと思っています。 🌸<こんな方にオススメのセミナーです>・minneでポツポツ売れているけれど、販売数が安定しない。・写真の撮り方講座を学んだけれど、売れない。・インスタグラムの活用方法を学んだけれど、フォロワーが集まらない。・販売するために作品作りの資格を取ったが、もとが取れない。・沢山宣伝しているけれど、販売に繋がらない。・”お気に入り”には登録されるけど、売れるに至らない。・自分のスキルを生かして収入を得たい!・誰かに喜ばれる仕事がしたい!・自分の可能性を確かめたい!・自分の作品を日本中の人に届けたい。・安定的に売れるショップにしたい!⬆︎こういった想いのある方にはきっとお役に立てると思います。2019年こそ、ハンドメイド販売を大きく変えていきたい!そんな方は事前にお問い合わせメッセージください優先的にご案内させて頂きますね

      259
      4
      テーマ:
  • 04Mar
    • 自分の気持ちを上げておくコツとその重要性。

      こんばんは。田口さやかです。週末、東京から飛行機で3泊4日の国内旅行をしてきました。目的は観光ではなく、確定申告の準備というちょっと変わった旅でしたが、^^;今回の気まぐれな旅では、新しい場所に身を置いてみることや、気分の良い空気に包まれることの重要性をとても感じる機会となりました。 ”何がなくとも、ちょっと違う空気に触れにいく”こういうことに関して割と面倒くさがりな私だったのですが、気分が上がる場所に意識的に身を置いたりすることは仕事や人間関係など、直接関係なさそうに思えることに深く深く思いっきり関係しているのだな、と今回痛感しました。後回しにしがちな自分のリフレッシュ時間仕事が重なったりやるべきことが多方面からやってくると、リフレッシュしたいという思いよりも”リフレッシュなんてしていられない””そんな暇があるなら、もっと仕事の時間が欲しい”という気持ちになったりすることはありませんか?まさに私がそうだったのですが、「旅行に行くよりも仕事を片付けたい・・」ついこんな風に考えてしまう人間でした。だけど今回ふらりと旅に出て感じたのはリフレッシュは自分の原動力となる”気持ち”や”感覚”そのものを持ち上げてくれて、自分が出せる力を何倍にも増やしてくれる、ということでした。例えば、家で仕事をしようと頑張っていてもついつい他の”やるべきこと”がたくさん見えてしまったり、YoutubeやTVなど、誘惑にかられたりすることがあったりするとなかなか思うように用事や仕事が進まない・・という経験はきっと多くの方があると思います。 これは何が根本的な原因なのか?と考えてみると、それは、TVがあるからでもなく、Youtubeを観れる環境にいることが悪いのでもなく、何よりも、”知らず知らずのうちに、自分の気持ちが低迷していることが、根本的な問題になっている"ということが多いように思います。そして、そんなエネルギーの低さが、誘惑に負ける弱い自分や甘い自分を作り出しているんじゃないかなと感じたりします。 そして逆にいえば、自分がエネルギーに満ち溢れている時というのは一気に集中力が爆発して一点突破できたりサクサクと物事が片付いたりしますよね。 今回の旅行でも、日中の半分くらいは仕事や作業をしていたのですが、飽きることもなく、かなりサクサクと作業が進み、これからやりたいことのアイデアもどんどん湧いてくる感覚がありました。そんな自分を客観的に観てわかったのは、”気持ちが良い” "新鮮さのある " というような環境に身をおていること自体が大きく影響しているんだろうな、ということです。そして、自分の感覚が変われば、仕事の捉え方も向き合い方も当然変わるんですよね。気持ちが落ちている状態を放っておかない人はついつい面倒くさがりで、やればいいと分かっていても出来ないことや、片付けた方がいいと分かっていても後回しにしてしまったり、運動した方が痩せると分かっていても三日坊主になってしまったりとちょっと油断をすると、無意識のうちにだらだらした怠惰な自分やいやな自分になりやすいように思います。そして、「あ〜、今日も出来なかった」が積み重なることで自分を信じる力が弱くなったり、諦め体質になってしまうことってありますよね。そこで、そんな状態を打破するには何が大切かというと、”なんとなくいや〜な重たい気分の状態のままにしておかない”ということかなと思います。 とてもシンプルで当たり前のことなんですが、・ちょっとぐらい食器が溜まっても、後でいいや・今日ぐらいやらなくても、いいや・明日片付ければいいかと、人はつい”ちょっと居心地がよくないけど楽な方”を選んでしまいがちだけど、だからこそ、そこを意識的に放っておかないようにすることが物凄く大切なのかもしれません。良い状態をキープすることに貪欲になる上で書いたように、自分に甘いラクな状態(でも同時に本当はそんな状況が嫌)というのは、努力をしなくても勝手になってしまうわけですが、だからこそ、意識的に状況を立て直し、キープすることへの貪欲さが物凄く重要だと感じています。例えば、私の旦那さんは気分の良い状態をキープすることに関しては物凄く意識していて、しかもその意識の濃さには感心することがあります。例えば、週に3回筋トレをすると言ったら、必ずする。毎日英会話をすると言ったら、空き時間を使ってでも必ずする。朝はコーヒーだけと決めたら、ホテルで朝食がついていてもコーヒーしか飲まない。どんなに遅く疲れて帰ってきても、部屋を整えてから寝る。など、私からみると、よくそこまでするな〜と思うこともあるのですが、彼自身、”自分自身が良い状態でいたいから”ということを最優先して習慣化して行っています。(その甲斐あって、筋トレ効果でかなりムキムキです(笑))言い換えれば、良い状態をキープするというのはなんとなくできることでは無く、ある意味貪欲に維持する意識があるからこそなし得るものなのかな、とも思うのです。 そしてまた、今回の旅行でも感じたのは、自分にとって良い状態を作ってあげることが何よりも大切なんじゃないかな?ということでした。お金は何に消えるのか?を紐解く”自分にとって良い状態を作ってあげることが何よりも大切なんじゃないかな?”と書きましたが、なぜそんな風に思ったのかというと、その理由は、お金を何に使うか?を考えたときに見えてくる感覚がありました。というのも、お金を使う時というのは、ざっくりと言ってしまえば、”気分をよくするために使う”というのがメインだと思うのです。 例えば、ストレスを発散したくて買い物をしたり、自分を満たすために習い事をしたり、ウキウキしたくてハワイに行ったり美味しいものを食べて幸せになるためにレストランに行ったり。そして不安をなくすために沢山稼ぎたいと思ったり。こんな風に、”気分を上げるため”にお金を使っているシーンて日常の中に沢山あるように思います。だからこそ、最初から良い気分であればストレス発散に消費するお金もいらないし不安を消すための過剰な貯蓄だって、もしかしたら要らなくなるかもしれませんよね。まとめ今日は、自分の気持ちを上げておくコツとその重要性について書いてみました。もちろん、自分が良い気分でいたって旅行には行きたいし美味しいものは食べたいと思うけれど、”良い気分になるために” お金を使っているということが見えてくると、じゃあそもそもいい気分でいることそのものが、お金を沢山稼ぐこと以上に自分が根本的に求めていることなんだな、という本質が見えてくるような気がします。今回、宿泊したのは超高級ホテルということでは無かったけれど、インテリアだったり、空間だったり、スタッフの方の気づいかいだったり、海の見える風景だったりがとっても心地よくて、その気持ちの良い環境が、自分の"感覚"に大きな影響を与えてくれることを感じることができました。 どんな場所にいるか?どんな人といるか?そういうものが仕事を作る上でも人間関係でもとても大事ですよ、というのはよく聞きますが、爽やかな快晴の中、波の音を聞きながら改めてそういった環境の力を体感した3日間となりました。 旅行の最終日はこんな話も旦那さんとしながら、私が習慣化したいことも、今後貪欲に続けていこうと思います。^^最後までお読みいただきありがとうございましたハンドメイド販売のヒントが満載!無料メルマガはこちらhttp://foryournewstory.com/m-lp/90

      146
      テーマ:
  • 03Mar
    • 【ご感想】感覚が変わったら、1万円単価のハンドメイド作品も販売することができました。

      こんにちは。今日は、先日ネット販売のオンライン講座を終えられたメンバー様から講座を終えてのご感想を頂きました。ハンドメイドのネット販売のためのオンライン講座「てしごとカフェプレミアム」で一体どんなことが学べたのか?こちらでメンバー様の声をご紹介させて頂こうと思います。ご感想 何のために・誰のために売るのか。この使命を背骨に据えていれば、このまま嫌なことや目をそむけたいようなことが起こっても環境のせいにしたり負けたりするメンタルでなくなったことは、さやか先生にフォローメールをいただいた期間に鍛えられたと思います。私はもっとゆっくり読みたいと思った記事をスマホでみつけたらメールでリンク先をパソコンに送ってあとでゆっくり見る癖があります。何ヶ月もスマホにリンクを残していたアドレスをパソコンで開いたら、それはさやか先生の記事でした。内容は忘れてしまったのですがそのリンクは長いあいだ放置されたままメールの整理をしているときによくこんな頭に漠然とあるような作家の悩みを言語化できるかたがおられるなぁと驚きました。何ヶ月か前のzoomミーティング講座でも受講者さんの「自分の強みが何なのかお客様に聞くと一番わかると本によくかかれていますが」と質問された時のさやか先生のお返事は販売に関しても全般に通じることがあると思いました。「お客さんから少しでも奪っている感じがあるか無いかを判断の基準にしていくと答えを誤らないのではないか」とおっしゃったことに感動しました。お客さんの悩みや要望にたくさん聞いてこたえようとしていくとだんだん望まれているものがわかってくるという考え方は、ジャパネットたかたの元社長がおっしゃってたこととさやか先生の教えておられることがあまりにも同じでした。広く言うと、ちゃんと売上を出しているかたがおっしゃっておられることは言い方や伝え方の違いはあれど同じなのだなぁとわかりました。教えていただいたことが胸に刻まれていますので人と比べて焦らなくなりました。売り込みも「これを伝えないとお客様が損をすることになる」というようなときなら個人的にLINEやインスタのダイレクトメッセージでお伝えすることもためらいがなくなり8000円から10000円のものを2日続けて購入していただくことができました。インスタで紹介していた委託販売の作品があったのですが8000円で販売していたそのお店のリンクには送料無料にもかかわらずクリーマのIDを教えてほしいとDMをいただいて12000円の送料も必要なほうでご購入いただいたこともご報告させていただきます。ご購入いただいたときに「次はこんなのが欲しい」とおっしゃっていただき一人のお客さんがおっしゃっていることは多分誰でもぼんやりと思うことかもしれないと思います。自分の次の販売に向けてのヒントをこちらも受け取ることができることがとても励みになります。さやか先生の講座を受講する時に「正しい努力をする」という言葉がきっかけでした。受講している間、宿題の質問によって自分が提出した宿題の答えの中に販売のヒントがたくさんあることを知り、教えていただいたことと自分が出した答えを全部やってみたらどうなるのかますます挑戦していきたいと思います。収入が増えたらやってみたいことの中に投資の勉強を書いていましたがそれが自分の残された寿命の中で本当にやりたいことではないということもわかりました(;^ω^A私は生活の中でも仕事の中でも人に対しても貫き通したいものはホスピタルアートのようなものなのだと思います。民主主義の国で人権や生命が当たり前に守られる国は世界を見渡すとまだまだ少ないです。そんな中、世界のかたに商品を届けることはお客さんの需要を満たすことと届ける商品がなにか親善大使のような役目をできるのではないかと期待しています。自分の器以上のものは作れないから、商品の精度を上げるよりも(実際にお客さんはそこを求めていないのが初期の作品を見るとつくづくわかります)自分を深めて日本でも世界でも販売していこうと決意しています。講座を受けたことで、価値が自分の中にあることを、恐れなく自信をもって行けば良いことを、学ぶことができました。まだまだ月10万の目標を達成するには一日や一ヶ月にすること・できることを洗い出せていませんがご報告できるように挑戦してまいります。最後の宿題を提出するのは名残惜しいですが3ヶ月以上大変お世話になりありがとうございました。拙い文章で先生へのたくさんの感謝の気持ちが伝わっているのかどうか心配ですがそしてこれからもどうぞ宜しくお願いいたします。小森美和/小鳥の羊毛フェルト作家https://ameblo.jp/lm028284/美和さん、とても温かいご感想を有難うございます。美和さんは羊毛フェルトで、小鳥の作品を作っていらっしゃいます。ご自身がメジロを大事にされてきたご経験から、”お家に帰ってきた時に小鳥たちが優しく迎えてくれるように”と、ご縁のあったお客様のことを想いながら一針一針に命を吹き込み生まれる可愛い小鳥たち。作品を通じて、受け取った方の幸せを少しでも応援できたらと、愛情込めて作品作りをしていらっしゃる作家さんです。お写真をお借りしました。美和さんのお店https://www.creema.jp/c/felt-morinokotori作品販売で深めるものとは?”自分の器以上のものは作れないから、自分を深めていく”ご感想の中でとても深いメッセージを頂戴しました。どんなに素晴らしいスキルを持っていても、どんなに素敵な作品を作れても、販売をしていくというのは責任感だったり、他人とのつながりだったり、ときには大きなプレッシャーや不安がつきものだと思います。そんなことを考えると、うまくいかなかったり傷ついたり批判されたりする中でも商品以上に自分自身の心を成長させていくことが、最終的にはより多くの人に作品を届けることにつながり、多くの人を喜ばれせることにつながり、気持ちの良いビジネスに繋がっていくのかなと感じます。私自身に向けても痛感しながら書いていますが、これは作品販売だけでなく、コンサル教室運営などどんなビジネスでも一緒ですね。”自分の器以上のものは作れないから、自分を深めていく”ご感想の中で頂いた一文ですが、私自身もこのことを大事にしていきます。作品販売を超えた、とても深いところからご感想を頂き、また講座の中で学んで頂いたことを生かして高額商品の気持ちの良い販売を何件もして頂けたというご報告が、私自身とても嬉しいです美和さん、温かなご感想を有難うございましたオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』詳細はこちらhttp://foryournewstory.com/premium-lp/<講座ご受講者様のご感想>お客様の声①http://foryournewstory.com/blog/member_review/お客様の声②http://foryournewstory.com/blog/premium-review2/お客様の声③http://foryournewstory.com/blog/premium-review1/お客様の声④http://foryournewstory.com/blog/redocean-blueocean/お客様の声⑤http://foryournewstory.com/blog/sales_passion/90

      139
      テーマ:
  • 28Feb
    • minneやクリーマなどのネットショップに売れている感を出すには?

      こんにちは。先日は私が主催しているオンライン講座「てしごとカフェプレミアム」のメンバーさんに向けてのZoomミーティングを開催しました。今回の内容は、ズバリ”ネットショップに売れている感を出すには?”というテーマでお話していきました。お家で参加できる、作家さんとのミーティングネットショップ講座を知らない方も多いと思うので少し説明をすると、この「てしごとカフェプレミアム」という講座では私が一万件以上のネット販売で培ってきた経験やノウハウを圧縮して、作品販売を加速させる流れの作り方や販売の中で重視してきた”マインドを変えること”の重要性を100日間講座としてお伝えしています。オンライン講座の詳細はこちらhttps://ameblo.jp/kawaiitokyocollection/entry-12299803632.html?frm=theme講座にご参加頂いた方には、現在特典としてオンラインミーティングに何度でもご参加頂けるという特典をご用意しているのですさて、オンライン講座を受講されているのはほとんどがハンドメイド作家さんやものづくりのお教室をされている先生方なので、普段はお一人で活動をされている人がとても多いんですね。なので、こうして定期的に実際にお顔を見ながらお話できることで作家さん同士のつながりが感じられたり、また、オンライン講座だけでは伝えにくい細かいニュアンスや感覚の部分などもレクチャーできたりします。てしごと”カフェ”なので、コーヒーやお茶を飲みながらまったりと集い、悩みをシェアしたり学んだりしています。上段中央にいるのがわたしです^^今回のテーマは、”ショップの見せ方”講座今回のオンラインミーティングでは、ショップの見せ方の重要性という内容でこのような内容をお話ししていきました。 売れている感じを出すための作品ページ上のある工夫とは?ページに重みをつけていくという発想 ”売れている感” "実績"をショップ全体からかもし出すには?何よりも人気感を出すことができる部分はどこか? など・・ ネットショップというと、つい”その商品が素敵かどうか?”という商品の質や写真で評価してもらうという感覚になりがちなのですが、お客さんは、無意識のうちにショップ全体から感じるものやブランド力、作家さんの本気度を感じ取っていたりします。 例えば、商品は出ているけれど、”作家さんがなんとなく不在っぽいショップ""作家さん自体が売ることに気持ちが向いていない(売れると思っていない)ショップ"など、あなたもお客さんの立場で無意識に感じることはありませんか?こう考えてみると、商品以外の見せ方がショップの雰囲気作りや販売意欲に大きく影響しているんですね。   手をかけた盆栽が美しいように、誰も住んでいない家が朽ちやすいように、そこに情熱や意識が向いたエネルギーのこもった”場”になっているかが、お客さんにとっても、そして自分自身にとっても大きな違いを生むように思います。  まとめZoomミーティングの開催を通じていろいろな事をお話したり、ご質問をもらったりしますが、有難いことに、「何よりも、マインドが上がる」「気持ち的に前向きな刺激になる」とご感想を言って頂けます。 前回のブログでも書いたのですが”気持ちが上がること”や、”上がった状態を下げないようにすること”は活動をする上でとてお大きな力になります。私自身も、普段メールでのやり取りをしているメンバーさんとこうして実際にお顔を見ながらお話させていただく機会がとても大事で、次はどんな内容をお話ししようか?とエネルギーが湧いてきますし、わたし自身、これからもオンライン講座や今回のようなミーティングを通じてエネルギーが循環するような、前向きに学べる場・刺激をし合える場を整えていきます。あなたも宜しければご参加してみてくださいね。ネット販売のオンライン講座の詳細はこちら→https://ameblo.jp/kawaiitokyocollection/entry-12299803632.html?frm=theme 

      107
      テーマ:
  • 19Feb
    • 集客できない”SNS疲れ”の3大原因と、自分らしくSNSで集客する方法

      こんにちは。昨日は、あるフラワー作家さんとのコンサルでした。最近とても悩んでいることがあるということでコンサルのオファーを頂いたのですが、お話する中で出てきた悩みの一つ。それがSNS疲れでした。 内容はこのような感じです。”本当は、自分の作品を愛情たっぷりに作りたい。そしてそれをお客様に届けたい。”だからこそSNS集客の勉強も色々としてきたのですが、、、SNS発信がこんなにも自分を疲弊させるなんて・・。SNSに疲れてしまって、本来大好きなはずの活動自体が、嫌になっている自分がいるんです。作家さんからのリアルなお悩みでした。きっと、SNSを使った宣伝や発信に”疲れ”を感じている人は少なくないように思います。それではなぜ、疲れてしまうのか?そんなことについて書いてみようと思います。私もSNSに疲れていた時がありました。ブログ、ツイッター、インスタグラムなど次々に便利な集客ツールとも言えるSNSがありますよね。きっとこういった無料ツールでお客さんを集めることに成功している方も多いと思いますし、かく言う私も、現在ブログを介してたくさんのハンドメイド作家さんと素敵なご縁を頂いています。それでも、以前はSNSでの発信に迷い、疲れていた時がありました。 自分の文章や自分の発信で何かを伝え、感じ取ってもらわなければいけないSNSは、言ってみれば正解を自分で探さないといけないという部分がありますよね。何を書くのか?どこまで書いたらいいのか?何は書かないほうがいいのか?何記事書いたら良いのか・・・?活動を始めたばかりの頃は、先の見えない不安と無意味感に襲われ、こんな風に具体的な事象にばかり目がいってしまってたんですね。そして視野が狭くなり、自作の迷路に迷い込んでしまう・・・私自身、そんな経験をした時がありました。 関連記事:【本当は教えたくない!?『集客用ブログ』書き方の極意とアウトプットの葛藤の消し方】http://foryournewstory.com/blog/output_mind/SNS発信が人を疲弊させる3つの原因SNSが疲れる!その原因には他にもいろいろあるように思います。 その1つが、他人との比較です。いいねの数や閲覧数など、数字で見えるものというのは人を一喜一憂させやすいものですよね。あの人の方が自分より凄いとか、もう完売したんだ・・!とか。隣の畑は青く見えるという現象がSNS上にはたくさんあったりします。そして、もう1つの疲れの原因は”みんながコレもやっているから、自分もやらなければ置いていかれてしまう”という焦り感です。多くの人がやっている事というのは、ついつい”正解”とされることが多いのですが、だからこそ、自分もそうしなければいけないという意識が精神的に疲れさせてしまうように思います。そしてさらに問題なのが、その”正解”とされていることをやって、一体どれくらいの人が本当の意味でSNSの恩恵を受けているかは無視されている という事実です。そして3つ目が、方向性を間違った努力です。読者登録や記事の量産など、ついついノウハウに偏り、「これをしたら簡単に集客できたよ」という表面的な方法を、自分の作品販売にも採用して頑張ろうとしてしまう。自分が上がり調子ならこんなことは無いのですが、なんだか不調な時ほど、あれこれと”とっておきの方法はないかな?”と簡単にうまくいきそうな方法に目がいってしまったりしますよね。でも、自分でもうっすら思っている「本当にこんなことして、意味あるのかな・・・。」という意識に、結局SNSに振り回されてしまうように思うのです。SNSの捉え方を変えてみようなんだか暗い話になってきましたが、まず、私がコンサルなんかでお話していることは、SNSはとても素晴らしいツールだということです。以前の私のように使い方の迷路に入り込んだり使い方を間違わない限り、あなたにとってぴったりなお客さんと出会う場所を自ら作ることが出来るんですね。✨そのためには当然、SNSの発信方法、書き方や内容を見直す必要が出てきますが、何よりも、”発信の感覚を変えること”ができればちょっと雑な言い方ですが、あとは勝手にうまくいくように思います実際に過去コンサルを受けてくださったクライアントさんのブログを見ても、それは一目瞭然です。例えば、商品の宣伝しか書いていなかった方や日々の日記だけを綴っていた方であっても、発信者側の意識が変わるから、文章が変わり、内容が変わり、来る読者さんが増え、反応が生まれ、お客さんになる人が出てくる。そんな循環を作っている方が何人もいらっしゃいます。SNS発信についてはオンライン講座やコンサルの中でも扱っていてもちろんブログやSNSで集客するための具体的な方法というのもお話しますが、そんな事を知ること以上に、何のために、そしてどんなお客さんと出会うためにブログを書くのか?自分の中の軸が明確に見えてくれば来るほど、パーッっと道が開けたようにブログを書くことが楽しくなるように思います。良いお客さんと出会うために良いお客さんと出会うためには、作家さんの命をすり減らすだけの発信方法はやっぱりおすすめ出来ません。逆に、自分や自分の作品に合ったSNS発信をすることが出来るようになれば、当然、やみくもにシステマチックに集客しようとした時とは違った成果が出やすくなります。そして、販売の幅も、商品の価格も広げることが可能になってきます。昨日のコンサルでは、SNSにエネルギーを持っていかれるのではなくて、気持ちが乗る発信・制作意欲がわく発信をするには何を気をつけたら良いのか?どんなことを書いていったら良いのか?発信する時に何を意識したら良いのか?・・といったことを沢山お話させて頂きました。きっとSNSにストレスを感じている人は少なく無いと思ったので少し引用しながらブログ記事にしてみました。今後のSNS活用の参考になれば幸いです。また、個別の60分コンサルでもご相談も受け付けております(詳しくは下記)最後までお読み頂きありがとうございました。*現在ご提供中のメニュー*・60分単発 個別コンサルティングzoomでのコンサルティングになります。10,800円/60分 (現在1月中旬以降での予約が可能です。)http://foryournewstory.com/member/purchase/?id=8iQN0oJEbjW1tjgqお客様の声①お客様の声②お客様の声集・ネット販売の教科書 3ヶ月間で学べる集中講座「てしごとカフェプレミアム」 (お申し込み頂いた日から学べます)   29,800円http://foryournewstory.com/premium-lp/お客様の変化① お客様の変化② お客様の変化③お客様のご感想①

      184
      6
      テーマ:
  • 15Feb
    • minneなどのハンドメイド販売初心者さんは、何から始めたら良いのか?

      こんにちは。現在コンサルさせて頂いている作家さんから、ハンドメイドサイトminneにて、こんなに毎日立て続けに売れているのは初めてです!という嬉しいご報告をいただきました♪私がコンサルで直接関わらせて頂いてるこの作家さんは小物雑貨を作って販売している方なのですが、以前は、作れる技術はたくさん習得したのに、なかなか売れずに自分のスキルが生かしきれない。ということで悩んでいらっしゃいました。最初にこの方とお話しした時、こんなことを言われたんです。『実は、売るために何から始めたら良いのか分からないんです。・・というか、分からない部分が、まだ分からない状態なんです。』若干恥ずかしそうに打ち明けてくださったのですが、これって実はごく自然なことで、殆どの方がそこから始まるんじゃないかな、と思います。と言うのも、ものを作ることは出来るけれど、それをいざ他人に販売しようとすると、そんなこと今までやったことがない方がほとんどだと思うんですよね。私もその中の一人だったわけですが、『会社などの後ろ盾が無い状態で、個人でお金を頂く』って、一体何からやっていったら良いのか?これって実は、売れるショップにするためにも、とても重要なポイントだと思うのです。迷いは自分を止めてしまうもしも、あなたが駆け出しのハンドメイド作家さんだったら、こんな事を思ったことはないでしょうか?たくさんのハンドメイドサイトがあって、たくさんのSNS宣伝ツールがあって、出来ることもやるべきこともたくさんある。そして、自分が作れるものも一種類ではない。そんな時、何から始めたら良いのか分からない。一体、何から始めたら効率的なのだろうか?そして時にはその”どこから始めれば良いのか分からないこと自体"が自分を進めなくさせてしまったりするように思います。 例えば、歌手になりたい!という夢があったとしたら歌手になるには、もっと歌を練習するのが先なのか?オーディションに出ちゃうのが先なのか?はたまた、Youtubeで歌ってファンを作るのが先なのか?まずはボイストレーニングを始めることが先なのか?音楽の声楽の知識を身につけるべきなのか?こんな具合で、いろいろやらなきゃいけないことがあるけれどどれから手をつけたら効率的に夢に近くのかが分からず、考えるのが面倒になり、『うん、来年から頑張ろう。』と後回しになってしまう感じです。これはハンドメイド作家さんもちょっと似ていて、活動が自分次第だからこそ、売ることを(売れるようになること)をついつい先延ばしにしてしまうことってあるように思います。そうでなくても、家事や子育てなど女性は特に日々はやるべきことで溢れていますから^^やみくもに頑張ることの弊害①さて、私自身もそうだったのですが、自分の作品のネット販売をスタートした頃というのはやはり”何からやったら良いのか分からない”というところからのスタートでした。だからこそ、何からやったら良いのか分からない時って、案外辛い(汗)ということを痛感していたりします^^;とにかく手当たり次第に、”やるべきっぽい事"をやってみるんだけど、ふと後ろを振り返った時に、ショックな状況がそこにありました。その1つが”頑張った割に、めちゃめちゃ中途半端!”ということでした。あれもこれもやらなきゃ・・!そんな欲張り根性でがむしゃらにやってはみたものの、振り返ってみればどれもうまくいくところまでは届かず、どれも中途半端な状態で終わっている状況がそこにありました。すると、こんな気持ちが湧いてくるんですよね。・売るって、もっとがんばんなきゃいけないの?・私って、無力な生き物。。やみくもに頑張る弊害その②そしてもう一つの弊害。何から始めたらいいのか分からないままとりあえず人の真似をして”やるべきっぽいこと”をなんとなくやっている時のもう一つの弊害。それが、周りがやたら輝いて見えると言うことがあるかもしれません。どういうことかというと、いろいろ手を出して中途半端な状態な自分に対し、あの人はInstaのフォロワーさん半端ない!この人はツイッターだけでめちゃくちゃ集客できてる!この人はこの作品一本ですごく売れているみたい!そんなキラキラした現実を目の当たりにするとマジで、一体何から始めたらいいの〜??と、振り出しに戻ってしまいやすくなるんですね。こんな風に、”売るために頑張るべき順番(道筋)”を考えずに自分の感覚や感情の赴くままやってしまったり、焦り感で、やみくもに表面的な数字を追い求めてしまうと、自分や自分の活動を見失いやすくなってしまうとも言えるのかもしれません。売れるためには、正しくこなす順番がある健全に売れるようになるには、私は、こなしていく順番があるように思います。というか、この順番に沿ってやれないと、ネット上で見えるうわべばかりを整えることに時間と労力を費やしてしまったり、『これさえやれば簡単に売れる!』と言うノウハウに飛びつき続けてしまったりして、一番肝心な、実際のお客さんがなかなか出来ないと言う状況に陥りやすくなってしまうんですね。そして、何よりも重要な"自分のモチベーション"が、塩をかけられたナメクジのように小さくしぼんでしまうことになりかねません・・。私の場合、たくさんの販売を意識的に作ってきた中で”売れる”と言う事象を作るには、注力する部分と順序がものすごく大事なんだな、というのを感覚的につかんできたのですが、逆に、売れる経験の数を重ねないと今、自分がどの段階にいて、何に注力するべきなのか?一人では、なかなか見えづらいように思います。だからこそ、私の個別コンサルの中では販売を生み出すための正しい道筋に沿ってアドバイスをし、その作家さんが今どの段階で、どこに注力したら良いのか?と言うことをお話しさせて頂いたりします。”作家年数が長いからといって沢山売れるわけでは無い”と言うのは、多くの作家さんと関わらせて頂く中で感じることなのですが、どれくらい制作歴があるか 以上に、どのように意図的に・そして健全に”販売”を生み出せるか?と言うことが、ネットショップで売れる上で大きなポイントなように思います。ちなみに、私のオンライン講座「てしごとカフェプレミアム」は、まさに私のコンサルを自宅で学んでもらう為に作った講座なのですが、今日言及したような売れる為にはどの順番で頑張って行ったら良いのか?といった、売れるために注力すべき順番や道筋、そしてその方法についても、この講座の中で具体的にレクチャーしています。オンライン講座はこちらhttps://ameblo.jp/kawaiitokyocollection/entry-12299803632.html” 何から始めたら良いのか分からない。周りが気になって、身が入らない。周りに圧倒されて、自信がなくなってしまう・・。 ”そんな作家さんがいらっしゃれば、ぜひ、オンライン講座でネット販売の基礎をじっくりと学んでみてくださいね。「こんなに色々頑張っているのに、売れないんです・・。」もしそう感じている方がいたら、売れない原因は、作品力でもセールス力でもフォロワー数でもなく、単に、”何から始めたら良いのかが分からない” か、"売るために頑張る順序を知らない"だけなのかもしれません。商品のスキル・作家さんとしてのセンス・そしてあなたという人間性。そんな、あなたが持っている価値をフルに生かしてハンドメイド販売を通じ、冒頭でご紹介した作家さんのように、自分の価値を思い切り表現する作家さんが増えたら嬉しく思います。最後までお読みいただきありがとうございました。 お客様の声集はこちら

      190
      テーマ:
  • 13Feb
    • 疲れないハンドメイド販売!3つの感情との付き合い方

      今日、またお一人3ヶ月間の個別コンサルをスタートされ、オンラインで第一回目のセッションを行いました。インターネット販売でハンドメイド作品を販売したい!少しでも売らなきゃ!そんな焦りまじりな気持でコンサルをスタートされた作家さんでしたが、ご自身の過去の経験を紐解きながらなぜ自分がその作品を作るに至ったのか?その作品作りを通じて本当は何を得たいのか?といった、作家さんの奥底に眠っていたエネルギーの源泉を一緒に見つけていく事ができ、そのエネルギー源を活用すれば作品のネット販売だけにとらわれる必要は無く、もっと先の展開まで作れますよ、ということをアドバイスさせて頂きました。実は、販売の動機を自分で知る(腑に落とす)事はとても重要で、そこを知る事ができればかなりスムーズに進むように思いますし、逆にその部分が抜けたままだと、どんなにがむしゃらに努力をしてもなかなか実を結ばなかったり、たとえ売れても心の虚しさが残ってしまうというケースが多いように思います。私を含め、多くの作家さんとお話して感じるのは、『売れない事に悩んでいる』その多くが、自分の作品を販売する意味を自分でも良く分かっていなかったり自分が何をしたいのか、実はやもやしている・・という隠れた原因があるように思うのです。”やり方” ”方法” だけではうまくいかないのはなぜ?今や色々なSNSツールがあるし、個人販売に関する良い情報も、ネット上に沢山落ちている時代ですよね。それなのに、学んだ事がなかなか生かしきれないという経験をした事はありませんか?というのも、ハンドメイド販売をしていく上で大きなネックになる1つとして、心の問題というものがあるように思います。どういう事かというと、”やればいいというのは頭では分かっている。だけど、心が追いついていかない”という現象だったり、”他人と比べても仕方ない事は分かってる。でも、モチベーションが続かない”という現象が起きたりする事って、あると思うのです。このように、私たち人間ははつい無意識の中で心(気分)に引っ張られて行動が変わってしまったり何かを諦めてしまうという事がありますが、これは、自己防衛本能として、無意識の中でそういうシステムが作られてしまっているからだと言われているんですね。では、この防衛システムの壁を越えて頑張っていくには、何が重要になるのでしょうか?今日はそんな感情にフォーカスして書いてみようと思います①目先の利益を追わないハンドメイド販売をスタートした頃というのは、私自身、一喜一憂している感覚がありました。今日は売れた!今日は一件も売れなかった・・。愛着がある作品ほど、つい目先の動向が気になってしまいがちなのですが、実は、目先の事象に一喜一憂してしまうと本来の目指すところを忘れてしまい、気分に流されて安定したショップ運営が難しくなってしまうように思います。②自分の損得をベースに考えない作品販売というのは”作品とお金を交換する”この事によって販売が成立するわけですが、その際に必ず、価値を感じてもらうための工夫(アプローチ)というのが必要になってきます。 対面販売でもネット販売でも「これだけ説明したのに、結局買わないんかい!」という経験や「1つ売るために、ここまでしなきゃいけないの・・?」あるいは、「制作に関係ないところにばかり時間を取られて、私の時給、一体いくらだよ・・。」と、大変な思いをした事も、きっと皆さんあったと思います。そして、そこに気を取られてしまって嫌になってしまうとなかなか先に進めなくなってしまったりするように思います。”自分の損得を考えない”というのは、偽善者でいましょうという事ではなく、何より自分のためです。自分自身のフットワークの軽さや気持ちの軽さを持たせる上でも損得を重視しないというのは、とても重要な考え方だと思います。 ちなみに私自身、以前ある経営者の方に「ビジネスなんて、損するくらいでちょうどいいんだよ」という事を聞いた事があるのですが、「なぁんだ、損するぐらいでちょうどいいんだ。」と思えば、できる事・もっとやってあげられる事・よりよくするアイデアがどんどん湧いてくる感覚がありました。もちろん損するぐらいやった事は、”販売”という成果が出るまでは時差がありますが、あまり損得を考えずに(自分の利を追わずに)アクションを起こせるかどうかが、健全で長期的なショップ運営に繋がっていくのかなと思います。③誰かのためにやると力が湧いてくる私たちは、自分のために、収入を得たいという事で仕事をしているケースがとても多いと思います。だけど同時に、モチベーションが下がってしまったりする原因の一つとして、自分のためにしかやっていないからという事が挙げられるのかもしれません。人は誰でも自分に甘く、ついつい楽な方へ流されがちな生き物ですが、それをグイッと方向を変えてくれるものこそ、”この人たちのために” と思える他者の存在なのかもしれません。そして同時に、誰かとの関わりを感じながら自分の作品やサービスを提供できる喜びというのは、ただ一人で楽をしてお金を稼ぐ事の比にならないくらいの喜びがあるんじゃないかな、という気もします。まとめネット販売というと、『どこの誰が買ったのかも良く分からない・・。』『とりあえず数を打つしかないのか。』そんな感覚の中でビジネスをしなければいけないようなイメージがあるかもしれませんが、私はそのようには思いません。ビギナーズラックや、雲をつかむような感覚のままだとどうしても販売がうまくいくまでに時間がかかってしまったり、楽にすぐに売れる!といった、とっておきな方法を探し続けるというのは、自分にとって何より重要な、”軸”を見失いやすくしてしまうのかなとも感じたりします。商品説明の文章のスキル検索に強くするためのSEOの知識SNS集客のコツ集客できるブログの書き方価格を上げること私の講座の中でもこういった具体的な内容を沢山お伝えしていますが、うまく活用できるかどうかはメンタルやマインド次第なように思います。一番は、何よりも心の問題が大きく影響していると思いますし、だからこそ、コンサルやオンライン講座など、実際に関われる距離にいる方々には共に成長していくよう、いろいろな形でエネルギーを注いで行きたいなと思います。ショップ運営に欠かせない感情との付き合い方、参考になれば幸いです。最後までお読み頂き有難うございました。参考になれば幸いです

      156
      テーマ:
  • 07Feb
    • ハンドメイド販売で稼ぐのが難しい2つの理由とその解決方法♪

      セミナーやコンサルなどをしていると、「自分の活動でせめて〇万円くらい稼げるようになりたいんです。」というお話を聞くことがあるのですが、実際問題、それを達成できないまま早数年間、、というケースは多いように思います。稼げるようになりたいのに、稼げない・・・。それはなぜか?それには2つの理由が大きくあるように思います。1つは、収入をあげることに実は興味がないから。もう1つは、自分に変化を起こさずに楽して稼げる方法を探し続けているから。これが大きな2つの要因ではないかなと思います。まずは、『収入をあげることに、実は多くの人が興味を持ってない』という驚愕の事実についてシェアしてみようと思います。 収入を得ることに興味がない人なんているの?「お金は大事!」「あればあるだけ欲しい!」そう感じる人の方が圧倒的に多いと思いますが、しかし、いざ収入を得ようと活動をしようとした時に、”自分のモチベーション”のせいでなかなかやるべきことが進まなかったり、めんどくさくなってしまったりすることってありませんか? 実際のところ、”お金のために”全力を尽くして活動できる人って女性にはあまり多くないと言われています。というのも、人には色々な優先順位があり、金銭(経済)面以外に、家庭・人間関係や、美容・健康のこと、自己成長・勉強、趣味・自由な時間、など、様々なジャンルが入り組んで生活が成り立っていますよね。そして、実は私たちが得ようと思って得られるものというのは、これらの中で優先順位が高いものが優先的に得られるということがあります。当然といえば当然ですが、『家族が第一!』と考えている方だったら、仕事の時間を削って家族と過ごすことを優先するかもしれないし、『美容が私の命!』と考えている方だったら、収入を貯蓄することよりも、美容に費やすことを優先するはずです。こんな形で、「全部欲しい!」と言っても、実際は自分自身が優先して考えていることが無意識の中で生活の中で優先されてしまうわけなんですね。あなたの優先順位は何が上位に来ているでしょうか?優先順位を変えないと、状況は変えにくいいくら「沢山収入を得たい」と思っていても、なかなか思うように結果が出ないのはあなたにセンスがないとか、怠けているからではないんです。そもそも根本的な話で、経済面より家族面、経済面より健康面に優先順位を起きやすい傾向にあるのが女性ですから、自分が収入を作ることの優先順位が低ければ少しくらい行動しただけでは思うような成果が得られないのは納得できることだと思います。”楽しく好きなことで稼ぐ”これができたら本当に最高だと思います。だけど、これを達成するには、自分の優先順位の中で、趣味や娯楽と経済面の両方が上位に食い込んでいる必要があると思うのです。  もちろん、なぜか稼げちゃった!というケースはあるかもしれませんが、運任せではなく計画的に目標を達成することを目指すのであれば、ある程度、意識的に興味をあげていくことが重要なのかもしれません。収入をあげるためにもう一つ重要なことそして、収入をあげることを考えた時、必ず必要になるもの。それが、自分自身の提供者マインドを上げていくことだと感じます。 誰かに稼がせてもらう生徒マインドではなくて、誰かから奪うようなマインドではなくて、誰かに何かを与えてなんぼの精神で、ぐんぐんと提供者マインドを引き上げていくことが収入を得るには最短距離なのかもしれません。結局、いくら稼ぐことへの意識の優先順位が上がったとしても、自分に変化を起こさずに楽して稼げる方法を探し続けている限り、自分のマインドは変わらず進んでいかないのかな、と思います。 まとめ好きなハンドメイドの活動で収入を上げていくには、”経済面”に対する興味・関心を上げていくことと、自分自身が、”お金を得るべき自分”になっていくこと。この2つが重要になってくるように思います。私自身、今まで学んできたことや自分の経験の戒めとしての記事になりましたが、笑思うように成果がでない方がいたら、参考になれば幸いです。提供者マインドをインストールする、ネット販売の3ヶ月間オンライン講座『てしごとカフェプレミアム』はこちら→http://foryournewstory.com/premium-lp/⬆︎『お金のブレーキを取る』講座も入っています

      141
      テーマ:
  • 17Jan
    • 「ミンネ 売れる」と「ミンネ 売れない」。検索ワードから見る、売れるために大切な3つのこと①

      こんにちは!田口さやかです。今日は以前書いた記事を再アップです。2年前に書いたものですが、ハンドメイドサイトで販売している方には流行りすたりに関係なく、今でも役に立つ内容だと思います是非参考にしてみてください♪今日、ハンドメイド市場のリサーチのためにGoogleの検索ワードをあれこれ見ていたんですが、ちょっと面白いことがあったので、そのことを記事にしてみようと思います。ミンネに関する検索の仕方から見える、売れない理由と売れるために本当に大切な3つのこと検索キーワードを通して売れなくて悩んでいる方が、無意識的にどういうふうに日頃考えているのか。そして売れるために大切な考え方とはなんなのか?私の視点から書いてみようと思います。多くの人が検索に使っているワードとは?私自身もミンネという国内のハンドメイドサイトを使って出品しているのこともあり、Googleの検索ワードツールでミンネに関してどんな言葉で検索されることが多いのか を見ていたんです。そうしたら、似たようなキーワードがよく検索されていることがわかりました。それは、・「ミンネ 売れる」 と 「ミンネ 売れない」この2つです。おそらくこれらは、ミンネで購入するお客さん側ではなく、出品している作家さん側が検索するキーワードだと思われます。もちろん1人の作家さんが両方の検索ワードで調べている可能性もありますが、驚いたのは、その検索されてる回数が大幅に違うという点です。「ミンネ 売れる」・・・・880件/月「ミンネ 売れない」・・・5400件/ 月※ちなみに、''ミンネ 売れる方法'' や、''ミンネ 売れるコツ''とかだとさらに検索される回数が少ないです。こういったキーワードで検索しているので、当然現状の売り上げに悩んでいるんだと思うのですが、「ミンネ 売れない」で検索している人の方が圧倒的に多い ということにびっくりしました。それと同時に、正直なところ、「これじゃあ売れないのも納得かも・・」と、少し思いました。売れずに悩んでいる多くの人が、「売れない」というキーワードで検索しているミンネでハンドメイドを出品してもなかなか売れないという話はよく聞きます。なので、「売れない」というキーワードで検索したくなる気持ちもとってもわかりますし、大きな声では言えませんが、実はわたし自身も、過去に「ミンネ 売れない」で検索していた1人でしたww。今でこそ、そういったワードで検索することはありませんが、過去のわたしの心理を思い返してみると、なぜその時売れなかったのか が痛いほどわかります笑。というのも、その時のわたしの悩みは、「売れていない」ということなんですよね。だから、なんで売れないんだろう、なにがいけないんだろうってひたすら欠点を探すような考え方を(無意識的に)していたように思います。そうすると、当たり前ですが欠点や至らない点がたくさん出てくるわけです。・ニーズがないのかな?・値段が高すぎるかな?・副業で時間が確保できてないからかな~?・そもそも向いてないのかな~。   こんな風に、自分の欠点ばかりに目がいってしまい、売れっ子作家さんを見ては劣等感を感じて、ただ羨ましく指をくわえてるような状況になっていました。発想を180度変える当時、わたしの周りには独立して自分で仕事をしている友人が何人かいたのでその人たちの’’ビジネスの考え方’’を肌で感じることができたということもあり、わたし自身、それまでとは ’’似て非なる考え方’’ を意識的に持つようにしていったんです。それが、「売れるにはどうしたらいいか?」 という考え方です。「どうして売れないのか」も、「売れるにはどうしたらいいか」も、求めている答えはどちらも ’’売れるようになりたい’’、なんですが2つの言葉の間には、感情的にとても大きな差があることがわかりました。結果的に、この考え方の少しの変化が、実際に「売れる状態」を作っていくことになるんですが長くなったので、次に続きます・・無料メルマガはこちら→http://foryournewstory.com/m-lp/ハンドメイド販売のヒントが盛りだくさん!私の赤裸々起業ストーリー♪

      174
      1
      テーマ:
  • 15Jan
    • お客様があなたのハンドメイドを買いたくなるポイント

      年明けから何件か個別コンサルが続いていて、今日もある作家さんとの個別コンサルでした♪その中で、こんな感じの話題になったんです。『実は、私の作品販売を良く思わない人もいて。・・というのも、資格などを持っているわけでもないので同じ業界の人から、まずはそこ(資格)からでしょって言われたりするのですが・・。』作品を販売していく以上、良いものを提供したいという気持ちはどんな方でもありますよね。なんなら、「私の技術じゃまだまだ売るなんてとんでもない・・!」と自分を制限している方だって少なくはないと思います。そこで今日は、お客様が買いたくなるポイントと自分がつい頑張っちゃうポイントの違いについて書いてみようと思います。”買いたくなる” は、一体どのように起こせるのでしょうか?スキルがあっても売れないのはなぜ?作品の質を極めたり、より良いものを生み出したい!というのは作家さんなら誰でも大切にしたい想いですよね。”作家”と名乗るのだから、それくらいのプライドとスキルは、やはりとっても大事だと思います。ただ、作品販売の中で1つポイントなのは、、上手な順に売れるわけではないということなんです。勿論腕を磨くことは重要なのですが、いくら上手になり、腕に磨きをかけまくっても、良い作品が作れるようになれば、簡単に売れるのか?と言われれば、必ずしもそれはイコールではないということです。・・と偉そうなことを買いていますが、私自身、かつては「まず準備万端にしてからでしょ! 」と思って、方向性のおかしな努力と苦い経験をしてきました・・。 例えば、・海外販売をちゃんとやっていくのなら、まずは英会話からなんじゃないか!と思って英会話教室に通おうとしたり、・Etsy(海外販売のハンドメイドサイト) のセミナーを開催するとなったら、Etsyのシステムのことを全て知っている必要があるんじゃないか?と思ってどうでも良い英語部分まで全て翻訳しようとしたり・・。でも、ある時気がついたんです。いつまでたっても完璧にはなれないし、いつまでたっても、上には上がいるということ。そして、お客さんは別にそこを求めていなかったということを・・(汗)いくら準備万端に整えても、それでお客さんは来るわけじゃないということは、上のようなセミナー開催や作品販売で痛いほど実感してきました。売れない(出来ない)理由はいくらでも見つけられちゃうついつい、制作技術が足りないから売れないんじゃないか・・。資格がないからお客さんがこないんじゃないか・・。〇〇さんよりセンスがないから、自分が売れるのは難しいんじゃないか・・。と、視野が狭くなってくると、自分の中でぐるぐると”売れない理由”が頭の中を駆け巡ったりしてしまいますよね。つい、”自分には何かが足りないから売れないんだ”と思ってしまいがちなのですが、根本的な問題として、作る技術と売る技術って、全く違う分野だったりします。もっと言えば、作る技術と、写真撮りの技術、SNSのフォロワーを増やす技術と、”販売する技術”というのは、違う分野とも言えるように思います。だからこそ、販売力を身につけることはどんな作品を作るにしても、どんな作品レベルに達しようとも必ず必須のスキルだと思うのですね。私自身、知識の詰め込みや作品の技術力とは違った方向から販売力を身につける方法を知ってから、自分の作品を次々に販売出来るようになっていきました。現在募集中の講座「てしごとカフェプレミアム」ではまさに、私が経験してきた販売力を1から身につける方法をレクチャーしているのですが、オンライン講座に参加された経緯をお聞きすると、こんなことを言われたりします。『作品作りの資格もとったし、写真の撮り方も学びました。ブログも毎日更新しています・・。それのに、それでも売れないので、こちらの講座に来ました。』私自身、売れるためにあまり関係ない努力をたくさんしたからこそ”売る技術” の重要性に気づけたように思います。そして、売る技術を習得しさえすれば、写真の撮り方やフォロワーの増やし方など、あなたがこれまで学んできた多くの知識がめちゃくちゃ生きてきます。*資格を取ったのに、なぜ売れないのだろう?*可愛い作品が作れるのに、なぜ人が見に来ないのだろう?てしごとカフェプレミアムでは、こういった悩みにぴったりな内容を4つの動画セミナーと50通のメールで3ヶ月間集中してレクチャーしています。素晴らしい作品力をお持ちならなおのこと、販売出来ないままでいるのはもったいないことだと思います。作品力に販売力をプラスして、ご自身の経験をしっかりと”価値”に変える。ご縁の繋がるみなさんで、2019年をそんな飛躍の年に出来たらと思います。最後までお読みいただきありがとうございました*現在ご提供中のメニュー*・海外販売を始めよう!Etsy スタートセミナー @東京  1月16日(水) 10:30~13:00満員御礼http://foryournewstory.com/zero-etsy/・ネット販売の教科書 3ヶ月間で学べる集中講座「てしごとカフェプレミアム」 (年始から続々とお申し込み頂いています♪)http://foryournewstory.com/premium-lp/お客様の変化① お客様の変化② お客様の変化③・60分単発 個別コンサルティング(個別のアドバイスが欲しい!という方へ)http://foryournewstory.com/member/purchase/?id=8iQN0oJEbjW1tjgqお客様の声①お客様の声②お客様の声集

      205
      1
      テーマ:
  • 09Jan
    • 報告上手はうまくいく!

      *12月の記事の再掲載です♪*こんにちは。今回またお一人、3ヶ月間の個別集中コンサルをスタートされる作家さんがいるのですが、コンサルに先立ってその方のブログやショップなどをじっくりと拝見させて頂いていました♪可愛らしい作品を作っていらっしゃる、温かい雰囲気の素敵な作家さんです。”頑張りたい” そんな気持ちが伝わってくるからこそ、私も本気で、この方の売れるためのサポートをしていこうと思っています。色々と拝見していくうちに、素晴らしい才能や温かな思いも感じる事ができるのですが、逆に、惜しい点やもったいない点、すっぽりと抜けてしまっている重要部分などが見えてきて、すでに私のノートにはお伝えしたい事が100個くらい書き留められています。とは言っても、かく言う私自体もこれまで、どれくらいアドバイスをもらってきたかわかりません。それこそ、100個のアドバイスを優に超える事を尊敬する方々からたっくさん学ばせてもらってきました。それでもまだまだうまくいかない事ばかりで課題が多い毎日ですが、今日は教わる側としても教える側としても身をもって感じた、報告上手は成長上手という事について書いてみようと思います。修正点がある事は悪い事ではない何かを指摘されたり、アドバイスされたりする事に対しての人の反応というのは色々だと思うのですが、うまくいっていない現状や、改善点があるというのは全く悪い事ではないように思います。 むしろ、直すべきところがあり、それが見つかった事はまさにまだまだ進める証拠ですし可能性がどんどん広がるイメージです。”現状がどうか”実はそんな事はあまり関係なく、これから先にどんな未来を目指しているのか?何を感じて実践していくのか?そんな部分がとても大切なように思います。その時のベストを更新していくイメージそもそも、いくら修正点があろうとも、それはその時のベストだったりしますよね。筋トレなんかは頑張れば頑張るほどに成果が出てくるものの1つだと思いますが、これはある意味、どんな事でも共通している様に思います。私自身も過去、『これで完璧だろう!』と思って見てもらうと、尊敬する方から、予想を超える大量のアドバイスを受けたりしてきました^^; 汗” ここまでやったらいいだろう。”そんな風に思っていても、返って来る言葉はさらに上のレベルの要求で。「え・・、そこまでやるの?」「キャパ超えちゃってるよ・・。」この感覚は、私自身のネットショップの販売を伸ばして来た時も同じで、結局この繰り返しだったように思います。でも、私がヘコタレそうになりながらも、お尻を叩いてくれる方が居たからこそ出来るようになった事や達成したものは本当に沢山あります。ポイントは、いかにアドバイスをもらえるか?色々と注意されたりする事を嫌う人もいると思うのですが、私自身、何かを教えてもらう事に関して過去を振り返ってみるとドキドキしながらもちょっと嬉しかったように思います。加えて、何かを実践してながら質問しまくるという事をしていました。そして質問しながら実践していく中で感じた事は、結局、アドバイスに終わりはないという事でした。例えば、100個のアドバイスをもらい実践しても、より良くするための事は、新しくどんどん出てくるわけでレベルや状況によって、生じる悩みも問題の質も変わっていくんですよね。これはどんな事にも同じで、例えば私の旦那さんは会社を運営していますが、社長になっても常に悩みや葛藤はなくならないんだというのを横で見ていて感じます。だけど同時に、悩みながらもめちゃくちゃ楽しそうに仕事をしていますが^^そんな風に考えてみると、大事なのは、止まらずに進み続ける事こんなシンプルな事に行き着くのかもしれません。 目標を更新し続けていく事で、進める距離が変わる”大事なのは、止まらずに進み続ける事”これはきっとハンドメイド販売に関しても同じで、最初は ”せめて1件売れたら・・!” と、そんな気持ちだった人も、販売を重ねていく中で目標が変わっていくことがあると思います。1件が目標だったのが、10件を目指すようになり、10件が目標だったのが、30件を目指すようになり、30件が目標だったのが、有名になる事を目指す様になり、有名になり売れる事が目標だったのが、人の役に立つ事を目指すようになり、誰かの役に立つ事が目標だったのが、業界を変える事を目指すようになったりするかも知れません。どこまでいっても終わりはないけれど、”これくらいでいいや。”と自分自身で終わりを作らずに勇気を持って進んでいけばいくほど、面白い未来が自分の手で作れるのかもしれないな、と思います。 報告上手はうまくいく色々と書いてきましたが、やっと報告上手の事についてです。^^今まで色々なハンドメイド作家さんがオンライン講座を受講されたり、海外販売のセミナーに来てくださってりしていますが、しみじみ、『報告上手な方って、成長上手だよな〜』と感じる事があります。オンライン講座の中の宿題のやりとりや、コンサルの中でも、『習った事を踏まえて、こうやってみました!そうしたらこういう結果に繋がりました!』とか、『教わった事を応用して書いたブログ記事は、閲覧数が未だに多いんです!』とかあるいは、『前回のアドバイスを元にやってみましたが、まだニュアンスが掴めなくて・・』など、そんな風に連絡を頂くとさらにその次のアドバイスや応援をしたくなってしまうのが教える側の心理なのかもしれません。オンライン講座の中でも、たまに一度提出した宿題をもう一度考え直してさらに良いものを提出して来て下さる方がいらっしゃるのですが、こういう本気が嬉しいだけでなく、こういう方は絶対にうまくいくな〜と感じたりします。逆に、言われた事だけをやる・言われた事を表面上だけこなすというスタンスだと、どうしても難しいところがあるように思います。 誰に習おうとも、個人販売をしていくのはその人本人なので当たり前といえば当たり前なのですが。私自身も過去、尊敬するある方に「もっと失敗して欲しい」と言われた事があります。これはもちろん意地悪で言われたものではなく^^それだけ試行錯誤して、さっさと失敗し、さっさとうまくいく方向に近づいて欲しいというニュアンスだったんですね。そんな事を思うと、私を含めいかに貪欲に実践し、そして報告上手になれるか?というのが1つ大きな成長のカギのように思います。まとめ報告する人がいるという事、教える人がいるという事、提供するお客さんがいるという事。これは、個人ビジネスを加速させる上でとっても重要なものだと痛感しています。人はどうしても自分に甘い部分が出てきてしまう時がありますが、そんな時に、見ていてくれる人がいる事はあなたにとって強い力になるのかもしれません。個人販売は孤独と不安、そして自己管理がつきものですが、近くであなたを応援してくれる大切な人を感じるきっかけなったら幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。*現在ご提供中のメニュー*・海外販売を始めよう!Etsy スタートセミナー @東京  1月16日(水) 10:30~13:00http://foryournewstory.com/zero-etsy/・ネット販売の教科書 3ヶ月間で学べる集中講座「てしごとカフェプレミアム」 (お申し込み頂いた日から学べます)http://foryournewstory.com/premium-lp/お客様の変化① お客様の変化② お客様の変化③・60分単発 個別コンサルティングhttp://foryournewstory.com/member/purchase/?id=8iQN0oJEbjW1tjgqお客様の声①お客様の声②お客様の声集

      162
      テーマ:
  • 30Dec
    • ハンドメイド販売の初心者さんが一番最初に気をつけるべき、たった1つの事。

      こんにちは!ハンドメイド販売を始めたばかりの方や、低空飛行の時期というのは、やれていないこと・やったほうが良さそうなことが有り過ぎて、『もう、一体どこから手をつけていいのか分からない・・!』という状態になりがちではないでしょうか?今日は、ハンドメイド販売初心者さんが、何よりも最初に気をつけるべき事について書いてみようと思います。悲報:周囲のみんなが売れっこ作家のように見えてしまう作品販売をスタートしたばかりや、なかなか売れずに悩んでいる時期というのは、やたらと周りの活動や周囲の成果が気になったりしますよね。”あの人はインスタで集客できているんだ〜。この人はブログを毎日コツコツ書いているな。ツイッターをやらないとやっぱ売れないのかな?”やたらと皆んながすごい人に見えてしまって引け目を感じたり、勝手に諦めモードになってしまったり。またある時は、制作もしたいけど、宣伝もしなきゃいけないし、沢山のSNSを全て使うのは難しい・・。売れないのは新作を出していないからかな?思い切って、商品のジャンルを変えてみようかな?価格を下げてみようかな。他のサイトにも登録してみようかな?こんな風に、やったら良いとされていることはたくさんあるけれどどれからやればいいのか分からなくなってしまう事ってあると思います。そして、焦りが出るほど視野が狭くなり、みんながやっていそうな事を取り敢えずやってみたり、”こうやったほうがいいんじゃない?”という、家族や身近な人の意見に流されがちになってします。そして、本来ただのツールであるSNSがそれ自体が手段ではなく目的のようになってしまったり、義務感を感じるようになってしまったりする人も少なくないと思います。さて、こういった状態の何が一番の問題かというと、自分の活動のエネルギーが、カッサカサに枯渇してしまうこと。だと感じています。言ってみれば、売れる・売れない以前に、そもそもの活動の原動力が減ってしまう可能性があるということが一番危険だと思うのです。うまくいく人とうまくいかない人の違いハンドメイド販売にかかわらず、私の周りでうまくいっている人たちを観察していると、自分のエネルギーを無駄にすり減らさず、むしろエネルギーを増やしながらビジネスをしている方がとても多い印象があります。一方、なかなか思うようにいかなかったり途中で諦めてしまう場合や、うまくいかない人は、この、パワーを貯めるという感覚が無く、無意識のうちに自分のエネルギーが奪われてしまう事で活動が回っていないケースが多く見られるように思います。言い換えれば、無意識のうちにでもエネルギーを充電しながら活動や販売の中で良い循環を起こすことができさえすればおのずと上手くいってしまう とも言えるかもしれません。だからこそ、ハンドメイド販売の初期というのは、いかに自分のエネルギーを増やすような形で活動をしていけるか?というのが重要で、同時にもっと重要なのが、いかに自分のパワーを無意味なところですり減らさずに正しい方向性で、報われるための努力ができるか?ここが大きなポイントだと思います。‘なぜか頑張れない・・’その一番の理由 人間誰しも、波がありますよね。いい時もあれば停滞期もあるし、飽きたり、時にはやめたくなる事だってあるかもしれません。そんな中、とくに周りの販売やイベント出店のお知らせなどを聞くたびに、「自分は頑張れてないなぁ」と感じることもあるかもしれません。そんな時はついつい自分を責めてしまいうという方も少なく無いのではないでしょうか。・みんな頑張ってるのに、自分だけ怠けてしまっている。・売れてないのは、自分がやるべき事が出来てないから。・本当は、もっとできる事があるのに私が頑張れてないからだ。もちろん、楽して成果を作れるほどハンドメイドビジネスは簡単では無いので、行動量を増やすこと・毎日向き合う事はとても大切で、不可欠だと思います。だれどもう一つお伝えしたいのは、出来ていない自分を、真の自分だと思わない方がいい という事です。やれない時、手が止まってしまった時、それはあなた自身がダメだとか間違っているという事ではなくて、単に自分の中のエネルギーが足りなくなっているだけだったりします「自分て、なんてダメなんだろう。」「また三日坊主になってしまった。。」「私のバカやろう!」こんな風に自分自身を責める前に、自分の心にエネルギーがちゃんと貯まってるかどうかを確認してみて下さい。もしエネルギーが空っぽだったら、そりゃあ頑張れるわけが無いですよね。例えば、いくらハイスペックなヒーターであっても灯油がカラなら何の意味もなさいように、いくらあなたがセンスの良い作品が作れても、いくらあなたが素敵な作家さんでも、自分のエネルギーがカサカサに枯渇していたら元も子もなく、当然結果を生み出しにくいというわけです。(寒波に向けて、灯油の準備はお済みですか?^^)エネルギーを貯めながら販売する方法とは?自分のエネルギーが減っていくような活動方法と、自分のエネルギーが増えていくような活動方法。私は今までこの両者を経験してきました。ネット販売初心者の頃は、赤の他人にインターネット上でどのように商品を知ってもらい、買ってもらうのかなーんて、今まで生きてきた中で考えた事も無く、全くのど素人だったわけですが、その当時というのは、まさに自力のエネルギーをすり減らしながらガソリンがなくなる寸前だったと思います。色々と努力しているはずなのに、全く報われない。時間と労力だけが消費されていく日々・・。今思えば、消えてしまいそうなやる気とにらめっこしながら、間違った方向性の試行錯誤をする日々でした。でも、ある時からエネルギーを充電しながら活動する感覚というのを掴んできたのです。その頃からは、文字どおりエネルギーの循環が起き始め、自分でも”こんな事が起こるんだ!”とびっくりする程販売や活動が楽しくなって、エネルギーが溢れる状態をキープする事ができるようになり、結果的に沢山の販売に成功する事ができたんですね。お客さんが全くのゼロだった私のお店が、一体なぜ海外ショップで3500件のセールスまで伸ばすことができたのか?このことは、自分の中のエネルギーを増やす事が出来なければきっと不可能だったと思います。エネルギーをすり減らず、むしろ増やしていく方法。それは、私のエピソードをここに書くとめちゃくちゃ長くなるのでやめますが、ネット販売を一体どうやって軌道に乗せてきたのか?その軌跡は、私の無料メルマガ『赤裸々な起業ストーリー』の中で詳しく解説しています。よかったら読んでみて下さいね。無料メルマガはこちら→http://foryournewstory.com/m-lp/良い状態で販売を繁栄させていく参考になれば嬉しいです*現在ご提供中のメニュー*60分単発 個別コンサルティングzoomでのコンサルティングになります。10,800円/60分 (現在1月下旬以降での予約が可能です。)http://foryournewstory.com/member/purchase/?id=8iQN0oJEbjW1tjgqお客様の声①お客様の声②お客様の声集海外販売を始めよう!Etsy スタートセミナー @東京  1月16日(水) 10:30~13:00  10,800円http://foryournewstory.com/zero-etsy/ネット販売の教科書 3ヶ月間で学べる集中講座「てしごとカフェプレミアム」 (お申し込み頂いた日から学べます)   29,800円http://foryournewstory.com/premium-lp/お客様の変化① お客様の変化② お客様の変化③お客様のご感想①無料メルマガはこちら→http://foryournewstory.com/m-lp/

      167
      2
      テーマ:
  • 25Dec
    • ご提案!手作り作品が売れない時は、悩むポイントを少し変えてみよう。

      今日はある作家さんとのコンサルでした。『委託販売先で売れ筋の商品を、ネットショップでも出そうか、それともごちゃごちゃしないようにネットショップの内容は統一すべきかと迷っています。』ということで最初はご相談されたのですが、深くお話しをお聞きしていくと、本当の問題は、どうやらそこには無いということがわかりました。実は過去、私が作品が売れなくて悩んでいた頃に自分が悩んでいるポイントと、それを解決するポイントが完全にずれていたという同じような経験をしていた事があったんですね。今日はその苦い経験談を少し書いてみようと思います。ハンドメイドが売れる場所はどこ?・どこで売ったら売れるんだろう?・何を売ったら売れるんだろう?最初はこんな風に”どうしたら初めの1件が売れるか”と言うところにフォーカスが当たりやすいと思います。かくいう私も全く同じで、私が販売初期の悩んでいた頃、ある経営者の方に相談した時にこんな風に言われたのを覚えています。社長さん 「”どこなら売れるのか”って、そんなことを悩んでいてもちっとも売れるようにならないよ。」私『・・・』私の心の声(いや、売れるようにならないから悩んでるんですけど。しかも、どこなら売れるのかって、誰だって考える事じゃないの??)逆ギレしたい気持ちをぐっと抑えて話の続きを聞いてみると、こんな言葉がかえってきました。社長さん「いい?一件売れるためにどこで売ったらいいかと自分のことばかり考えている人から買いたい人って、いるかな。」私の心の声  『ギクっ!』(そして古っw)社長さん「物の無い時代だったらそれでも売れるだろうけど、今はネットでどんな物でも買えちゃう時代だよね。そんな時代だからこそ、場所に問題があるんじゃなくて本当の意味で正しい”売り方”が出来るかどうかが重要なんだよ。」〜〜〜〜〜その当時の私にとって、この経営者さんの言葉ははっきり言って半分以上意味が分かっていなかったのですが(汗)、それでも何か大きなヒントをもらえたような気がしました。 それから数年も経たないうちに、私のショップは1件→10件→100件→1000件と、面白いように売れるショップへと発展して行ったんですね。気がつけば、国内販売だけでももうじき販売件数は9000件に迫っています。だけど今、私の興味は、もはや自分の商品が売れるようになること以上に、売れる喜びの分かち合いと、そこに付随する個人の可能性の大きさを多くの作家さんにお伝えすることにあったりします。この経営者さんとの出会いがなければきっと私は商品販売も諦め、もちろんネット販売のセミナーやコンサルなんてやっていなかったと思います。 だけどそんな私だからこそ、今まで試行錯誤してきた事や考え方をお伝えすることで「あれ!私にもこんなこと出来ちゃった!」「売れるようになっちゃった!」と、自分でもびっくりするような状況を、一人でも多くの作家さんに作っていってもらいたいと思っています。『出来ない自分』と『出来る自分』今は私自身の販売経験を生かして、”個人の作家さんが、どのようにしたらネット販売を軌道に乗せていけるのか”という内容を3ヶ月間に圧縮してオンライン講座にして提供しています。毎回送られるメールには宿題がついているのでお一人お一人にメッセージを送り続ける3ヶ月間は私にとっても決してラクではないですが、過去、『売れない自分』と『売れる自分』のこのギャップを埋めることに苦労した私だからこそ、クライアントさんのそのギャップを一緒に埋めていくことが至福の時間に感じるのかもしれません。この講座でお伝えしている”販売力をつける”というのは言ってみれば、売れない自分から、売れる自分に進化することでもあります。受講生の中には、売れない自分を抜け出して、次のステージで、自分らしく活動している方が多くいらっしゃいます。全く売れなかった作家さんが、毎月毎月リピート購入していただけるようになったり、一回の購入単価が数千円だったのが3万円以上にまで引きあがったり3年間ブログを書き続けていても全く作品が売れなかった方が、ブログを一新して月に10万円以上を安定的に売り上げられるようになったりどうしても商品の価格を上げる事が出来なかった方が、10万円という高額商品を、気持ちよくお買い上げ頂けるようになったり海外のお客さんが、時差の関係で朝4時に起きて作家さんの販売開始時刻を待っていて下さるようになったり・・こんな風に、思わず笑ってしまうような武勇伝が多くの作家さんに起きています。どんな方でも、そして私自身も、本当に、”売れない”ところからのスタートでした。多くの方を見てきて感じるのは、売れないまま継続している努力の先に、売れる状況を作るのは難しいかもしれない。という事。だからこそ現状を変える事には労力が必要なんだけど、結局本当に必要なのは、「よし!自分も変わろう!」という勇気なのかもしれません。状況を変えるのは、全てはあなた次第。だけど、私が進むきっかけをくれた社長さんのように、オンライン講座の二日に一回のメッセージのやりとりを通じて、あなたが売れるように変わっていく、そのお手伝いが出来たら嬉しいです。よかったら覗いてみて下さいね♪           ハンドメイドのネット販売の教科書『てしごとカフェプレミアム』の詳細はこちら→https://ameblo.jp/kawaiitokyocollection/entry-12299803632.html※ 現在受講生を募集中です。 お客様の変化①お客様の変化②お客様の変化③

      151
      テーマ:
  • 24Dec
    • ハンドメイド作品を出品した瞬間に、8個もの商品が外国に売れました!

      先週は都内にてEtsyのアドバンスセミナーを開催しました。「やる事が沢山あって、何から始めれば良いのか分からなくて。。」「いざ始めようと思うと、細々とした壁が見えてきて一人では前に進めなくて。」そう言ってご参加くださったハンドメイド作家さんでしたが、ショップオープンからわずか数日のうちに、すでに海外の方に、8個もの商品を販売することに成功されました今回、セミナーでお伝えしたショップ開設のポイントを押さえながらすぐにショップを作って頂きましたが、早速多くの海外のお客さんの手に作品が渡ることとなり、わたし自身もとても嬉しいです。あなたもご自身の作品の海外販売で、最短で海外販売のショップを作ってみませんか?本文はこちら→http://foryournewstory.com/blog/etsr-review3/募集開始!Etsyスタートセミナーお申し込みはこちらEtsyスタートセミナー詳細・ご感想はこちら最後までお読みいただき有り難うございました

      141
      テーマ:
  • 23Dec
    • ハンドメイド作家さんの売り上げや成功に大きく影響するものとは?

      こんにちは!先日、主催しているオンライン講座『てしごとカフェプレミアム』のzoomミーティングを開催しました 作家さんの成果に大きく影響するもの このオンラインミーティングは、ハンドメイド販売の教科書『てしごとカフェプレミアム』のオンライン講座を受講された方であれば誰でもご参加頂ける交流の場として開催をしています。オンライン講座を終えられた方も、今学んでいる方も、遠く離れた地域にお住まいでも、こうして実際にお顔を見ながらハンドメイド販売での経験や葛藤、悩みなどを皆んなでお話ししながら切磋琢磨できるのがとても楽しい時間です。普段、講座を通じて作家さんとメールをしたり今回のようにzoomミーティングをしていて痛感する事は、普段家の中で個人プレーになりやすい作家さんというのは、”仲間”の存在がとても大きく影響しているという事です。これは作家さんに限った事ではありませんが、普段、「どうせうまくいかないよね〜」「難しいよね〜」と言い合っている仲間と頑張ろうとしても、なかなか成果が出ない事ってありますよね。でも逆に、自分が無理だと思う事をスイスイやっていたり、「うまくいく人ってそこまで頑張ってるんだ〜!」と感化されるような人と一緒にいると、自分の力も引っ張りあげられる事ってあると思います。 あの子が泳げるなら僕も泳げそう〜!の絵.私自身も、会社勤めの時は「自分で収入を作るなんて無理に決まってる・・」と思い込んでいましたが、自分で収入を作る事を当たり前にしている人たちと触れる機会があってからは、「あれ?もしかしたら自分にも出来るのかも・・・?」そんな風に、自分の感覚が変わっていった過去があります。 だからこそ、てしごとカフェプレミアムの講座でも”自分の経験やスキルを価値に変えて人に提供する事で豊かに成長して行きたい”という同じ志を持ったメンバーさん同士で集まり、そうやってプラスの場の力を借りながらご自身の作品の"価値のつけ方・”販売力のつけ方”を実践の中で身につけ、成果を作って頂いています。一人で頑張って自分の感覚を変えるのはなかなか難しいですが、誰といるか?どんなものを自分の生活に取り入れるか?で、面白いように結果はスイスイと変わっていったりします。今回のハンドメイド販売講座ミーティングの議題 さて今回は、ハンドメイドアクセサリーの価値と客単価をどんどん上げられているメンバーさんの体験を元に、 作品の"価値"の発生させ方と広げ方をお話していきました。    オンライン講座を始められた頃は、「1つも売れない・・」と悩んでいたのが嘘のように、『今は、毎回ご購入頂く金額が上がり続けていてビックリしています』と、今回嬉しい変化を聞かせて頂きました。   現在、インターネット上でありながら、一度に数万円のお取引をされるまでになり、本当にすごいですよね♪その努力の道筋も、メンバーのみなさんにシェアして頂きました。  その他、今回テーマとなった内容は、 なぜ、販売をする上で感覚が重要なのか。 現在のマーケティングで打ち出すべき商品価値は何か? 変なお客さんや失礼なメールに自分の気持ちを下げられないようにする2つの方法などについてお話しをしていきました。私は、自分自身の販売の実体験と、これまで学んできた事をお伝えすることしか出来ませんが、メンバーの方々には更に良い変化を出して頂きたいと思っています。私自身、zoomミーティング用のノートを作って、お伝えできることの質を上げていこうと思います。じっくり3ヶ月間!メンバーさん募集中です♪ハンドメイドのネット販売の教科書『てしごとカフェプレミアム』の詳細はこちら→https://ameblo.jp/kawaiitokyocollection/entry-12299803632.htmlお客様の変化①お客様の変化②お客様の変化③

      135
      テーマ:





































プロフィール

田口さやかのプロフィール

田口さやか

性別:
女性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
<略歴> 薬剤師として働きながら趣味で海外販売をスタート。 一度挫折を経験したが、留学を機に改めてビ...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ