新年のご挨拶

遅くなりましたが、

昨年もお世話になりました。

 

対面の機会もまだ限られる中、

旧知の友やご縁ある皆様、新たな繋がりのなかで、

多くのご協力をいただき、共にし、

新たな発見や感動をした1年でもありました。

 

大きな変化の只中、

8月配信リリースの「garden」では

数年間の作品や想いをここでひとつにまとめ、

 

11月リリースの「バースデイ」では、

以前リリースした楽曲をリアレンジするという初めての試みをし、

想いや表現を、自身にとって新しい方向へと舵をきる一歩となりました。


今年も音楽を通して、

自然、子供、スポーツなど、

これまでも縁深く関ってきたものをより深め、


新たに心が向かう方へも向かいながら、

ご縁、出会いの中で、

よりよい時間をご一緒出来ればと思います。


今年も宜しくお願いいたします。

 

2022.1 川口直久

 

 

2014年発表のアルバム「earthring」収録の楽曲、

「バースデイ」を新しくアレンジ・録音をしなおし、

この度、配信リリースいたしました。

 

今の自分から生まれるアレンジで「バースデイ」を作ってみたいと思い、

今回のリリースとなりました。

 

earthring収録バージョンは、アコースティックギターを中心に、

ゆったりとお聴きいただけるものですが、

今回は、ドラムやベースなどのリズム、ピアノ等を中心に、

また違った雰囲気になりました。

 

これからの季節、冬~春にも、

お聴きいただけましたら嬉しいです。

 

「バースデイ」

配信サイト一覧はこちらをご参照ください

https://linkco.re/NaEH1pDb

___________________________________

 

「バースデイ」

あなたがこの世界にいることが もう

僕にとって何よりの贈り物

 

他の誰とも同じじゃないでしょ

それが愛しい君を 形作っているから

 

君の素敵な話を 声を 歌を

僕は聴いてる

 

君の素敵な笑顔を 夢を 未来を

僕も見ていたい

 

Happy birthday to you

おめでとう あなたに

 

Happy birthday to you

ありがとう あなたに

 

溢れてくる この気持ちは何だろう

歓びの歌を 今 あなたに

 

Vocal.all instruments:川口直久

 

 

 

K-mix(静岡エフエム放送)にて、

金曜21:30~22:00放送中の「神谷宥希枝の独立宣言」

 

今週10/29の番組内で、

8/2に配信しましたアルバム「garden」について

インタビューしていただきました。

 

取り組みや、アルバムタイトルについてなど。

長く活動を見てきてくださった神谷さんならではの視点で、

楽しく賑やかに、深掘りしていただきました。

 

よろしければ是非、お聴きください。

 

番組website

https://www.k-mix.co.jp/dokuritsu

 

本日、8曲収録のアルバム

「garden」を配信リリースいたしました。

 

自身の中、そして人や場所との出会い、繋がりを

「garden」というタイトルに込めました。

 

これまでに配信やCDでリリースされたシングル曲なども、

今回の収録にあたり、新たに調整等をしています。

 

宜しければ、ぜひお聴きください。

 

『garden』配信サイト一覧です

https://linkco.re/CDCaNGAM

____________________________________

 

「garden」川口直久

 

1 産声

2 river

3 ナイトライン

4 よろこびのうた

5 心に君が在るだけで

6 みかんのうた

7 boy

8 春列車

 

川口直久 Vocal, other instruments, drum programming(4)

古舘恒也 Bass(8)

本橋昭宏 Drums(1,2,3,4,5,7,8)

※( )内数字は上記楽曲番号

 

 

昨年1月に配信リリースしました「春列車」の

Lyric videoを公開しました。

 

あたたかな春を待つ、この季節、

宜しければ是非、お聴きください。

 

 

『春列車』

 

早朝の住宅街はわりと静か

公園通りのコンビニへ向かう

まだ朝日を迎え入れる前の空

二月の透き通った風

 

君はまだ夢の中だろうか 思いを馳せる

会いたい気持ちは誰のせい

やがて僕は自由になった

 

走り出す電車の音 遠くで聞こえてる

君ももうすぐ目を覚ますだろう

色違いの毎日 僕らをのせて

春はまだか 君に会いにいく

 

擦り切れながら力強い音で

春列車は走って行くよ

何度も右左揺れながら

やがて僕は自由になった

 

走り出す電車の音 体中で響いてる

君ももうすぐ目を覚ますだろう

窓越しの光が暖かく僕を包み

待ちきれず 鮮やかな景色を見てる

 

駅のホーム それぞれに向かい歩く人たち

そこでどんな今日と出会うのだろう

騒がしい改札の人なみをかき分けて

君の姿 探してみる

 

また今日が始まる

どうしようもない夜をこえて

見失ったりもするけれど

 

新しい季節は僕らをのせて

春はもうすぐ 君に会いに行く

 

川口直久: Vocal,other instruments

古舘恒也: Bass

本橋昭宏: Drums