在宅勤務でテレワークを強いられ、今、肩こりや腰痛で辛くないですか?
先日7日に出された「緊急事態宣言」を前後して、急に腰や肩が「苦しい」「つらい」と言って来院される方が増えています。

きょう初めてご来院された患者さんは、家で仕事をするようなって、急に肩と腰が痛くなって、今朝はしばらく起きられなかったと苦しそうでした。
お話を伺うと、いつもの会社の環境と違って、周りにすぐに相談出来ない、指示がもらえない、必要な資料などが手元になくて仕事が進まない、家で子供たちが騒がしくて仕事に集中出来ない等々、大変なストレスを抱えていらっしゃるご様子でした。

私の整体院は、幸いにして施術者が私一人で患者さんとマンツーマン。
基本的に他の方と一緒にならにようにプライバシーにも配慮しています。
新型コロナウイルスの流行にかかわらず、治療院は常に清潔で美しいことを心がけ、
ベッドや治療着など、患者さんがじかに触れたり使用するものは毎回クリーニングと交換を行い、私自身も手洗いを徹底して行っています。

小さなお子さま連れもOKです。 和室もあり、寝たり自由に過ごせます。

「あぁー やっぱりここに来て本当によかった、嘘じゃなかった!」と満足して幸せな気持ちになっていただけるように、あなたのご来院をいつも準備してお待ちしています。

大丈夫です。 今日一日そして明日を佳い日にしましょう!

 

カイロプラクティックかわごえ整体院 川越 佳寛

私の仕事場のHP

 ↓↓

健康の知恵袋

 

昨日4月3日の朝日新聞に掲載された、生物学者の福岡伸一先生の投稿内容を、たまたまその夜ラジオをつけて聞いた、古舘さんの話で知った。
タイトルは『ウイルスという存在』

それはこういうことらしい。

ウイルスという電子顕微鏡でしか見ることの出来ない極小の粒子は、生命発生の初めから存在していたものではなく、進化の結果、高等生物が登場したあと、はじめて現れた。
つまり、ウイルスはその遺伝子の一部が外部に飛び出したもので、もともと私たちのものだった。

それが家出をし、またどこからか流れてきた家出人を、宿主である人間が優しく迎えている様子が、電子顕微鏡を覗いて見て分かるのだという。

『細胞膜に存在する宿主のたんぱく質分解酵素が、ウイルスたんぱく質に近づいてきて、これを特別な位置で切断する。するとその断端が指先のようにするすると伸びて、ウイルスの殻と宿主の細胞膜とを巧みにたくり寄せて融合させ、ウイルスの内部の遺伝物質を細胞内に注入する。かくしてウイルスは宿主の細胞内に感染するわけだが、それは宿主側が極めて積極的に、ウイルスを招き入れているとさえいえる挙動をした結果である。』

なぜそんなことをするのか?

それは親から子に垂直方向にしか伝わらない遺伝情報を、ウイルスの存在によって水平方向に、場合によっては種を超えてさえ伝達するためだという。
そのためにウイルスの存在が進化のプロセスで温存された。

今、世界中を混乱に陥れている新型コロナウイルスは、目に見えないテロリストのように恐れられ、ときに病気をもたらし、死をもたらすこともある。

誰だって今理由もなく死ぬのはいやだろう。

しかし、ときにウイルスが病気や死をもたらすことで、免疫システムの動的平衡を揺らし、新しい平衡状態を求めることに役立つのだと、福岡先生は説明する。

宇宙の創造主がそうするのか、そのように予めプログラミングされているのか、新たな生態系、社会が変革する過渡期なのかも知れない。

結局、ウイルスは私たち生命の不可避的な一部であるゆえに、それを根絶したり撲滅したりすることは
できないのだ。
これからもウイルスを受け入れ、共に生きていくしかない。

 

カイロプラクティックかわごえ整体院 川越 佳寛

私の仕事場のHP

 ↓↓

健康の知恵袋

タレントの志村けんさんが亡くなった。
急きょ体調を壊し入院。その後肺炎が重症化し、新型コロナウイルスによる陽性反応が出て、ずっと意識もなく危篤状態だったようだ。

私は『志村けん』のことはテレビぐらいでしか知らないが、子供の頃からずっと腹の底から笑わせてもらった。

親とか多くの大人には、下品で不評だったかもしれないないが、『8時だよ!全員集合』とか、
彼が出ているだけで面白かった。

あの声  顔の表情  独特な動き  くだらないセリフと可笑しな歌
もう当たり前に会えないと思うと寂しい。

いま大勢の人が彼の死を驚き悲しむ一方で、別の不安を募らせているのだと思う。

肉親である彼のお兄さんですら、彼が病院に搬送されてからは完全な面会謝絶。
死んでも亡骸は返されず、家にも帰れず、最後のお別れに顔をのぞいたり体に触れることも叶わないのだと。

ウイルスに侵されたその肉体は、もはや人間としての扱いをほとんど拒否され、出来る限り速やかに始末される運命にあるらしい。
なんともひどい仕打ち。

まず私自身に一番に言い聞かせることだが、このウイルスに感染しないように十分に考え行動をしよう!

若者たちに限らないが、自分は大丈夫などと過信しないで、感染が広がらないように努力しよう!

相手はかなり手強いが、しばらく時間がかかっても必ず勢いは収束する。

人間の英知を振り絞り、明るい未来のためにみんなで協力しよう!

 

カイロプラクティックかわごえ整体院 川越 佳寛

私の仕事場のHP

 ↓↓

健康の知恵袋