What's up かっちゅ? How's it goin' たっちゃん?

かっちゅ君とたっちゃんの成長記録・・・


テーマ:

日本語補習校の授業終了後に毎年恒例の親睦会がありました。今年の開催場所はリスボン市内の某公園です。

 

心配だった天気は晴天太陽に恵まれ、気候も快適な気持ちの良い午後でした。

 

↓公園の一角を使って、みんなでピクニック。

 

丁度良い具合に木陰の場所が取れました。今回のイベント係の方が朝9時から場所取りをされたそうで、お疲れ様です。

 

かっちゅ君とたっちゃんは到着すると、早速、公園の中央にあるジャングルジムのようなロープ遊具に登っていました。

 

↓かなりの存在感。

 

そういえば、同じような遊具が日本の公園にもありましたね。

 

↓全員揃ったら、まずは「乾杯!ワイン」。

 

まずは腹ごしらえ。

 

↓食事や飲み物は持ち寄り。

 

様々な料理が並び、我が家はママ特製のナムルとタコ炒飯を提供しました。

 

食後は、子ども達は遊具遊びやサッカーサッカーボールなど、それぞれ元気に遊んでいました。

 

↓炎天下でのサッカー。

 

雑草が多くてボールが全く転がらず、足を取られて苦労しましたぇ

 

アメフトのボール投げもやりましたが、これが意外に好評でした。

 

↓全員集合!

 

元々は2時間の予定が、結局会場を後にした時には19時を過ぎていました。

 

かっちゅ君もたっちゃんも、たっぷり体を動かしたのでヘトヘト嫌。サッカーで足腰は日頃鍛えても、上半身を使う機会が少ないからか、たっちゃんは翌日筋肉痛だと言っていました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

かっちゅ君、たっちゃん、パパの3人で観てきました(ママはその間ショッピング)。

 

劇場に入ったら見覚えがある人物(?)を発見!

 

レゴ・バットマンと一緒に。


 

『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』はシリーズ5作目ですが、かっちゅ君とたっちゃんと劇場で観るのは初めての作品です。

 

↓Piratas das Caraibas - Homens Mortos Nao Contam Historias

 

Jolly Roger海賊ジャック・スパロウと、ジャックへの復讐に燃える「海の死神」サラザールの因縁の対決を軸に、かつてジャックと冒険したウィル・ターナーの息子ヘンリー、孤独な天文学者カリーナ、ジャックの宿敵バルボッサらの運命が交錯する・・・というストーリー。

 

海賊のしゃべりは訛りが凄くて2人とも苦労していましたが(パパでもなかなか聞き取りにくい)、最後までドキドキしながら観ていました。

 

パパ的にもシリーズ中では第1作に次ぐ出来だと思います。楽しめました。寂笑

 

これまでの作品と同様、エンドクレジットの後にシーンがあるのでお見逃しなく!

 

因みに日本公開は7月1日だそうなので、まだ大分先ですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かっちゅ君とたっちゃんの学校で、美術・芸術・音楽の分野における1年間の成果を発表する「Fine Arts Festival」が今年も開催されました。

 

土曜日昼過ぎの開始なので、日本語補習校は早退しました。中学生の選択科目で音楽を受講していないかっちゅ君は発表なし(この日はレゴ・ロボット大会参加)、今回はたっちゃんの発表がお目当てです。

 

パパは昨年は出張で行けなかったので初めてとなりました。

 

早めに到着したので、まずは3・4・5年生による絵の展示を鑑賞しました。

 

今年は「ルソーのジャングル猿」というテーマで、Fine Arts Festivalのために絵を描いたのだそうです。

 

アンリ・ルソーはフランスの画家で、作品には熱帯のジャングルを舞台にしたものが多数あります。パリの植物園でスケッチしたさまざまな植物を組み合わせて幻想的な風景を作り上げたのだそうです。

 

↓たっちゃん作の絵。


 
オオハシオオハシですね。この他、教室の壁にはカラフルなヘビ蛇やカエルケロの絵などが張り巡らされていて、まさにジャングルという雰囲気になっていました。

 

たっちゃんの出番は3・4年生による打楽器演奏。

 

↓たっちゃんはマリンバ(木琴)亜友未を担当しました。

 

クラス毎の演奏で、たっちゃんのクラスの曲目は「カノン」と「ライオンは寝ている」のメドレー。

 

たっちゃんは位置を入れ替わったりしながら上手に弾けていました。

 

↓終わった!

 

お疲れ様。これまでの練習もよく頑張りました。パチパチ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かっちゅ君が学校代表チームのメンバーとして「FIRST Lego League」(FLL)に参加しました。

 

FLLは「セグウェイ」を開発したディーン・ケーメン氏が設立した米NPO法人「FIRST」とレゴ社LEGOによって1998年に設立された、9歳から16歳を対象とした世界最大規模の国際的なロボットガシーン競技会です。日本でも2004年から開催されているそうです。

 

↓大会会場に到着。

 

ロボット大会に相応しく、会場はリスボン工科大(Instituto Superior Tecnico:IST)のキャンパスでした。

 

今回の大会参加は14チーム。各チームはレゴでプログラミングされた自律型のロボットを作り、3つのミッションに挑戦しました。

 

↓ロボットを準備中。

 

各チームは競技エリア内でロボットを動作させ、制限時間内に与えられたミッションをこなしていきます。ミッションの内容は、指定されたレゴブロックを運んだり、稼動式のブロックを操作させる等々。

 

↓競技中。

 

競技エリアにはメンバー2名ずつしか入れません。因みに、青Tシャツの人はスタッフです。

 

↓再調整中。

 

応援に駆けつけた、たっちゃんは横でレゴのカタログを確認中。

 

↓見守るかっちゅ君。

 

全てのミッションが終了し、最後は表彰式。

 

↓かっちゅ君達のチームは「Research」賞を受賞メロトロフィー

 

多様なリソースを活用して、特定した課題を深堀したチームに与えられるとのこと。

 

↓おめでとう!パチパチ

 

日本だとこういう大会への参加はなかなか機会がないので、色々な意味で良い経験になったと思います。

 

それにしても、チーム登録や大会参加の費用はそれなりの金額のハズですが、全て学校負担で個人負担は無し。参加者には水mineral waterやジュースジュースが配られ、ランチにはピザピザが振舞われたそうで・・・素晴らしいの一言です。寂笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

かっちゅ君とたっちゃんが通う学校で今流行っているのが「ハンドスピナー」。

 

「ハンドスピナー」は指で回転させて遊ぶオモチャ。中心部を指で摘んで外周をはじくと高速で回転します。まぁ、小さいコマコマのようなものです。


ただそれだけなのですが、何故か流行中。

 

ハンドスピナーは昨年辺りからサイトに表示される広告や記事を見てパパは知っていましたが(海外では「Fidget Spinner」という名前。Fidgetは「もじもじする」という意味。)、こんなに流行っているとは知りませんでした。

 

↓ゲットだぜ!グッド

 

かっちゅ君が学校の友達からたっちゃんの分も合わせて2つ購入してきました。その友達には予約も入るほどの大人気らしい。驚き顔

 

↓かっちゅ君が実演。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

夏の陽射し太陽は強烈なので日除けがないとキツイです。

 

これからの季節はルーフテラスでハウスパーティーをしようと考えているのですが、日本から持ってきたパラソルだとやはり少々頼りない。

 

↓黒い部分がメッシュ仕様でビーチ海には持参しています。

 

そこで自立式のパラソルを購入しました。中央に支柱がないハンギング型なので、テーブルの上もすっきりです。

 

↓ハンギング・パラソル。

 

日本でこのタイプはほぼ業務用で高価(数万円)ですが、こちらでは家庭にあるのも珍しくないのでリーズナブルな価格(今回のは約6千円)で買えました出費

 

設置してみたら、パラソルの直系が約2.7メートルあるので広げるとかなりの大きさです。

 

なかなか良い感じですが、パラソルが倒れないようにベースの重りが必要なのは盲点でした。仕方ないので追加で購入。

 

↓こんな感じに設置。

 

↓天気が良い日に早速試してみました。

 

パラソルの下でのんびり、かっちゅ君とたっちゃんはおやつショートケーキタイム。パパは仕事中冷

 

コットでの昼寝ゴロゴロも快適そうです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ何週間か週末はお泊り会が続きました。友達の家へ行ったり、友達が我が家に来たり・・・。

 

↓テーブル・サッカー。

 

↓ナーフで対決。

 

↓テラスでボードに挑戦。

 

↓夜はBBQ。

 

↓マクドナルドでデザート。

 

↓プールに入れる気温になりました。

 

↓勿論、ゲームも。

 

泊りだと、帰る時間を気にしなくて良いから楽しいですよね。寂笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

少し前の話になりますが、補習校のお友達宅でイースター・パーティーたまごが催されました。

 

イースターは一般的に皆でご馳走を食べますが、今回はみんなで持ち寄りパーティーです。我が家はママのイチゴ・ババロアとパパのロースト・ポークを持参しました。

 

因みに、葡国ポルトガルではイースターにラム肉ヒツジを食べるのが定番だそうです。

 

昼食の後、子ども達のためのゲーム企画がありました。

 

まずはイースターのエッグハントに因んだ宝探し。子ども達は2つのチームに分かれてお友達宅周辺に隠された「宝」を探しました。お友達宅の周りはとても自然が豊かな場所にあります。

 

↓見つかったかな?

 

↓何やら相談中。

 

宝探しが終わったら、次は「Who am I?」という名前当てゲームをやっていました。

 

子ども達は、背中に人物・動物を書いたシールを貼られ、各々が自分のシールの人物・動物を当てるというゲームです。

 

自分では何が書いてあるか見えないので、周りの人に一問だけ「自分が何であるか」の質問ができます。質問された人は、絶対にその子のシールを読み上げずにヒントを与えるのがポイントです。

 

その間、大人達はずっと飲み食い&おしゃべりをしていました。

 

↓男子はゲームばかりやっているので・・・

 

追い出して、徒歩で10分ぐらいの場所にある近所のサッカー場サッカーボールへ向かわせました。

 

↓その前にシャボン玉シャボン水玉で遊ぶ。

 

パパも後から合流しましたが、風があって涼しいのですが、日差しが強いので日陰にいないと暑い!

 

↓サッカー場からの風景・・・のどかです。

 

↓お疲れ様。

 

結局、宴は日が暮れるまで続きました。

 

↓ご馳走様でした!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

葡国の伝統的なお菓子の一つである「pao de lo(パォン・デ・ロー)」。日本のカステラカステラのルーツと言われています。

 

こちらではパン屋やケーキ屋、スーパーなどで売っていますが、パパは食べたことがありませんでした。

 

以前、ママが某ガイドブックに「宇宙一美味しい」とあったパォン・デ・ローを食べた感想を聞いたら「普通」と言っていたので優先順位がダウン。でも、ずっと気にはなっていました。

 

パォン・デ・ローはイースターに食べられるようで、多分売れ残りであろう商品がスーパーで特売になっていたので買ってみました。

 

↓箱から出したところ。

 

真ん中に穴があり、厚紙に包まれて焼かれています。かなり大きいです。(写真ではさかさまになってしまっています)

 

早速食べてみた感想は・・・見たまま、ショートケーキのスポンジケーキそのもので美味しかったです。味がシンプルなので生クリーム生クリーム(ホイップ)などを付けないと飽きてしまいます。

 

↓大量の生クリームでご満悦。

 

パォン・デ・ローには半熟タイプもあるそうなので、そちらも今度食べてみたいですね。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。