Kattsun の ひとりごと

Kattsun の ひとりごと

日常で起こった事、思ったことを

ごく たまーにここに記そうかと、、、

結構考えてることってあるはずなのに、
形に残すことってほとんどなかったな・・・


地球 『大地と空と風と』  三日月

2  人に出逢い、そして別れて行く、
   そんな喜びと、悲しみ、つらさを、
   繰り返して、大きくなってゆく、
   この胸、この背中。

   人恋しくて、大地に寝ころがれば
   上を見てごらん、
   そこに空があるだろう。

   白い雲、君には何に見えるの、
   夜には星が瞬き、
   果てしない宇宙に続く。
       ('95 4 5)
 
星 星 星
歩き疲れてひざまづいてしまった、
寂しさ、悲しみにうちひしがれて
立ち上がることもできなくなってしまった「君」へ、

無理をせず、そのままの姿で下を見てごらん。
寝ころんで仰向けになったなら、
そのままの姿勢で上を見てみる。

無理をしなくてもいい、
ほんの少し心を開けばきっと温もりに気付くと思う。

地球も、宇宙も、人を形どったもの。  
神様の象徴体。
静かさの中にもマグマという熱い血が流れてる。
もちろん、君の中にも。

限りない宇宙、永遠に滅ぼすことのない大地、
それを約束してくれた証しとしての虹。(聖書より)

君の涙も風が運んで、永遠の絆として天に刻んでくれる。

信じてる この胸にあふれる想いを 
(本当の自分(本心)を信じて)
心の翼 広げて 
(心を宇宙のように広く持ち)
空へ飛び立て 
(夢へ羽ばたけ)
星を(希望を、理想を)つかもう 
(地球をも包み込んでしまおう)
星 星 星

うまく言い表せないけど、3番まであるのですが
全体を通すとこんな感じのことが込められています

1番・3番は「こちら 」に 
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kattsun/daititosoratokazeto.html

神様の詩集が「こちら 」に綴ってあります。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kattsun/god_sisyuu.html
是非ご覧になってください

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス