この秋、研修会が真っ盛りですね。
11月、私が学ばせていただく「国語の研究会」をご案内いたします。
***************************************

◆第1回  国語教育探究の会・山梨支部大会
    ●テーマ  国語授業における「深い学び」とは何か
    ●期日  2018年11月3日(土) 
    ●会場  山梨県立図書館(山梨県甲府市)
    ●詳細
https://www.kokuchpro.com/event/yamanashi_kokugo/


    ※「主体的・対話的で深い学び」では、
      中でも「深い学び」が重要だと言われています。
      説明文・物語文における深い学びについて、
      模擬授業6本、講演、シンポジウムで考えます。
      兵庫教育大学の吉川芳則先生は、
      元小学校教諭で、日本における説明文学習指導の第一人者。
      いま、話題の「批判的な読み(クリティカル・リーディング)」を
      わかりやすく教えてくださいます。
      桂は、シンポジウムにおいて、物語文における深い学びについて
      お話をさせていただきます。

◆第4回  国語授業ユニバーサルデザイン実践研究大会
    ●テーマ  全員参加を支える国語授業力
    ●期日    2018年11月10日(土)
    ●会場    東京都・日野市立日野第三小学校
    ●詳細
https://www.kokuchpro.com/event/67aef2097c9a1050abf49775d6f9e0b0/

  ※若手の先生が、2本の提案授業、9本の模擬授業の提案をします。
    提案授業の児童は、授業UD研究を先進的に続けている日野第三小の子どもたち。
    それで有名になった日野三小には、困っている児童・保護者が、
    あえて入学・転入してくるそうです。
    授業UD研究をベースにして育ってきた児童の姿、
    また、その理論や方法を学んできている若手の先生の奮闘、ぜひご期待ください。
    最後の桂の講演では、
    最新刊 「めあてとまとめの授業が変わる  『Which型課題』の国語授業」について、
    具体的にお話します。

◆第9回  日本授業UD学会  沖縄支部大会

      ●テーマ  「深い学び」を目指す授業UD
      ●期 日  2018年11月17日(土)
      ●会場  沖縄県・うるま市立伊波小学校
      ●詳細
https://mikiyaoshiro.wixsite.com/okinawaud/blank-2

      ※この大会のテーマも、重要視すべき「深い学び」。
        公開授業2本、授業協議会があります。
        山田秀人先生は、物語文の授業提案。
        教材の「しかけ」の本を執筆し、その後も、
        ずっと貪欲に学び続けている若手の先生。
        桂は、飛び込み授業で、「Which型課題」でつくる詩の授業を提案します。

***************************************

おっと、こうやって整理してみると、
私は、毎週土曜日、研究会に参加することになりますね・・・。
が、が、がんばりますーーーーーー!

山梨、東京、沖縄、
近くの方は、よろしければ、ぜひ一緒に学び合いましょう!