かつらぎ眼科クリニックのブログ

かつらぎ眼科クリニックのブログ

眼科 生駒-かつらぎ眼科クリニック 近鉄生駒駅前
コンタクトレンズ処方・眼精疲労・日帰り手術白内障・緑内障やレーザー治療など


          


       



              


          





梅雨が明けると、いよいよ夏本番!!

日差しもさらに強くなり紫外線を気にする方は、日焼け止めが欠かせないと思います。

肌への紫外線対策は日焼け止めで行っている方が多いと思いますが、眼への紫外線対策は行っていますか?

肌と同じように、眼に紫外線が入った場合も眼はダメージを受けています。

 

例えば、角膜に紫外線があたると、角膜が炎症を起こし、強い眼の痛み、充血といった症状が出ることがあります。

さらに、ダメージを受け続ければそれは蓄積され、眼の細胞を破壊してしまいます。

これが、白内障などの病気につながることがあります。

 

そして、眼に入る紫外線の刺激は、シミを増やす影響にもつながります。

 

以下の流れのように、全身にメラニン色素を増やす信号を与えています。

 

①眼に紫外線が入ると、眼球の奥にある網膜を刺激する

②網膜の刺激で脳が「紫外線が体内に入った」と判断し、全身へ向けてメラニンの産生を促す

③皮膚などでのメラニン色素が新たに生まれる

 

どんなに肌の紫外線対策を行っていても、眼から入った紫外線によってメラニン色素が増えてしまいます。

 

こういったことを予防するために、紫外線が眼に入ることを防ぎましょう。

 

UVカット機能のある、サングラスやコンタクトレンズ、つばの広い帽子、日傘など、眼からの紫外線をなるべく入り込ませないようにしましょう。

サングラスは紫外線対策には大変有効です。

 

サングラスは黒いものではなく、色の付いていない透明のものや、または黄色系の薄い色のサングラスのほうが良いです。

黒いサングラスは実際よりも暗く見えるので、眼の瞳孔が大きく開きやすく、その分紫外線も入りやすくなってしまうためです。

 

紫外線の影響は日焼け止めだけでは防ぎきれません。

よりしっかりと紫外線から身を守るなら、眼から入る紫外線も気にかけてみてはいかがでしょうか。

 

 以上、スタッフIAでした。

 

奈良県での白内障手術の詳細は

 

奈良・近鉄生駒駅前 コンタクトレンズ処方・眼精疲労・ 日帰り手術白内障・緑内障やレーザー治療・オルソケラトロジー

医療法人葛城会 かつらぎ眼科クリニック