スバル ステラ 世界最高音質水準 APMサウンド APM-SP1スピーカー 取り付け | 愛車のカーライフ提案・車検・整備・板金塗装@京都・亀岡

愛車のカーライフ提案・車検・整備・板金塗装@京都・亀岡

安心丁寧な自動車板金塗装、車検、整備


テーマ:
お見積もりは無料!お気軽に 090-3708-9196 まで
ご連絡ください。

当店までの道順は、こちら 
整備したお客様の感想は、こちら  

●無料代車あり。

京都府亀岡市の自動車整備工場オートプロマツモトの
松本勝三です。

スバル ステラ 世界最高音質水準 改造カースピーカー
APM-SP1 16cm 取り付け

スバルステラ
スバル ステラになります。
いまから、当社の改造スピーカーAPM-SP1を
取り付けていきます。

改造スピーカーSP1
これが、当社の改造スピーカーAPM-SP1になります。
16cmのスピーカーです。

ステラ左内張り外し
左フロントドアの内張りを外していきます。
ネジはプラスでパワーウインドのスイッチの
所に一つと黄色い矢印の部分の二か所です。
ドライバーで外していきます。

PWスイッチ外し
ネジを外せば後ははめ込みです。

ワイヤー外し
内張りの裏側です。
ドアノブのワイヤーを手で外します。

ステラドア右ノーマルスピーカー
ノーマルのスピーカーになります。

ハイブリッドブラケット
今回はケンウッドの高音質ハイブリッドブラケット
(SKX-400S)を取り付けます。
ノーマルのスピーカーがブラケットと一体になっているため、
ブラケットがあったほうがいいと思いました。

ブラケットパッキン貼り
ブラケットの後ろにパッキンを貼っていきます。

ブラケットパッキン貼り2
パッキンが貼り終わりました。

ブラケット取り付け
配線はノーマルを使います。
フロントドアまでのハーネスの長さなら、
音の損失がほとんどないからです。
しかし、できるだけ短くしていきます。

SP1取り付け
改造スピーカーAPM-SP1 16cmを
取り付けました。
カッコイイですね。
洗練されたこのフォルム、圧倒的高音質を実現します。

ブラケットパッキン
上にもスポンジパッキンを貼っていきます。

ステラ左ドアSP1
こんな感じです。
デッド二ングはしません。
このスピーカーなら十二分に低音が出ます。
必要ありません。

ステラPWスイッチ
右フロントドアの作業に移ります。
パワーウインドのマスタースイッチを外します。

ブラケット取り付け
黄色い矢印部分、ノーマルスピーカーの
プラスチックナットを外します。

ブラケット取り付け2
ブラケットを取り付けネジで取り付けます。

振動防止ゴム取り付け
防振ゴムを取り付けます。

SP1パッキン取り付け
APM-SP1 16cm スピーカーに
パッキンを貼っていきます。

SP1取り付け右
右フロントドアにAPM-SP1 16cmスピーカーが
取り付きました。

ステラドア右SP1取り付け
右フロントドアです。

ダッシュノーマルスピーカー
右のダッシュボードのスピーカーです。

ダッシュスピーカー外し
外していきます。

スピーカー外れた
外れました。

ダッシュノーマル裏側
これが、ノーマルスピーカーです。
今回はこのダッシュの上のスピーカーを使います。

理由は改造スピーカーAPM-SP1を付けた位置が、
あまりにもドア前にあり、その上、ダッシュボード側に
向いているため中高音が届きにくいためです。
ですから、このノーマルスピーカーの一番歪みの
ない部分だけをコンデンサーで調整することにより
中高音のみ引き出し使います。
低音、中音は完全にカットします。
丁度ハンドル部分に音が現れるように
セッテイングしていきます。

セッテイングコンデンサー
まずは、ノーマルスピーカー側にマル―ン色のコンデンサー
ツィ―タ―側にはこのスピーカーに付いている黄色のコンデンサー
で試していきます。

ツィ―タ―取り付け
ツィ―タ―を付けていきます。
ツィ―タ―の座金の取り付け穴、配線穴を
開けていきます。

ツィ―タ―取り付け2
ボルト、ナットでしっかり取り付けていきます。

ツィ―タ―取り付け3
こんな感じで配線を通します。

ツィ―タ―ダッシュ取り付け
丁度いい位置に付きました。

ダッシュスピーカー取り付け
ダッシュボードに付けてみます。
いい感じです。

コンデンサーOK
音のセッテイングに入っていきます。
聴いてみるとノーマルスピーカー側は
このフィルムコンデンサーでいけるでしょう。
あなたがプロならこのコンデンサーで
ノーマルスピーカーがどの程度鳴っているかが
わかるでしょうほんとに鳴らしているのが
少しのいい部分だけです。

しかし、ツィ―タ―側が少し高音が出すぎなので、
コンデンサーを交換しました。
完璧にセッテイングが合いました。

スピーカー配線処理
コンデンサーが振動で外れないように
配線類などを固定していきます。
取り付けて完成です。

ノーマルスピーカーとツィ―タ―で高音部分のみ
補いました。

スピーカー右完成
右運転席側です。

スピーカー左完成
左助手席側です。

全て完成
すべて、完成しました。

この素晴らしい最高音質、カーオーディオマニアのあなたが、
この音を聴けば一瞬黙り込み、聴き惚れいつのまにか
音楽を聴き続けているでしょう。
そんなことはありえないと思って聴きに来られないのでは
ないか、一度聴いてください。
スピーカーの歴史が変わります。

これほどの再現力、録音時の原音そのままに
お聴きいただけます。

いままでどんなにお金を継ぎ込んでも体験できなかった音
がここにあります。

このスピーカーにめぐり合うことがあなたの生活を変え、
人生も変えるでしょう。

心からリラックスし車室内が別世界に、
音を聴くたび心が躍り歌手の吐息が聴こえ、
側で歌ってくれているようです。

ドライブをすれば景色が変わります。
はじめて、行くワインディングロード、海岸線、
いつか家族で来た場所、恋人との思いで、
一人で悲しくて走ったあの道、
そして、思い出のサウンド。

そして、これからの自分
新しいサウンドを聴き、
家族を乗せて、
恋人を乗せて、
友人を乗せて、
あなたを乗せて、

あなたの思いを乗せて、
どこまでも、走りたい。
走り続けたい。

この湧き上がるサウンド体感して下さい。

税抜き価格

APM-SP1 16cm 改造スピーカー 180000円

スバル用インナーブラケットSKX-400S   5500円

取り付け及び音質調整            21000円


追伸

試聴できます。
スバル ステラはお客さんの車です聴いて頂けません。

今は、ダイハツタントとデモ用ステレオが事務所にあります。
お電話ください。
お聴きいただけます。

     ↓   ↓   ↓
電話   090-3708-9196


お見積もりは無料!お気軽に 090-3708-9196 までご連絡ください。
当店までの道順は、こちら  
修理したお客様の感想は、こちら 

●  無料代車あり。

所在地 621-0033 京都府亀岡市薭田野町佐伯大門29-3
電話   090-3708-9196
FAX     0771-20-1184
定休日 日曜日 祝日 年末年始 GW お盆休み
営業時間AM8:00~17:30

営業時間内であっても、外出などにより不在と
なっている時もあります。
特に遠方からいらして頂いたのに
不在でしたら申し訳ないので、お越しの際には、
事前にお電話いただけたら幸いです。
        

亀岡 板金塗装 車検 整備  オートプロマツモトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス