この1ヶ月のことをまとめてご報告!
 
RAG FAIRで、
3月23日(金)・24日(土)に福島県会津若松市の鶴ヶ城にて、
4月7日(土)に福島県白河市の白河小峰城にて行われたfukushimaさくらプロジェクト「はるか2018」で歌って来ました。
 
天守閣や石垣に投影されるプロジェクションマッピングとその後半に僕たちが歌を添える形でお送りしました。
戊辰戦争から150年ということで、イベントのサブタイトルは「〜戊辰の風 花の雲〜」
平坦ではない巨大なスクリーンに緻密な計算のもと投影されるプロジェクションマッピングは、ど迫力だったり鮮やかで綺麗だったりで、効果音と音楽にも包み込まれて吸い込まれそうな感覚になり、とにかく圧巻でした!
僕たちが歌ったのは復興支援ソング「花は咲く」です。
NHKなどでも聴いたことがあるのではないでしょうか。
 
プロジェクションマッピングと歌が合わさることでより多くの方の心が温まれば良いなぁと思って歌っていたわけですが、歌った当日はとても寒かった!!
鶴ヶ城では天守閣の一番上で歌ったので風も強く、尚更寒かった。
衣装の下にはヒートテックを上下着て、腹巻きもして、腰にはホッカイロを貼って出たのですが、1日目の4公演目には寒さで足も震えて声も震えだしたので、2日目はホッカイロを身体中に貼って出たら逆に汗ばんでそれが冷えて寒い(笑)
バカですねー。
一応震えずに歌えました。
天守閣に投影されるプロジェクションマッピングが本当に素晴らしかったです。
 
白川小峰城の方では石垣への投影がメインでした。
震災の時に崩れてしまった石垣をまた人の手で復元出来たこと、そしてその石垣に大迫力のプロジェクションマッピングが投影され、音とともに人を包み込んでいる。
福島出身のリーダー洋輔が言っていましたが「自然の力も凄いですが、人の力もまた凄い」本当にそうだと思いました。
 
この素敵なプロジェクトに参加出来たこと、本当に嬉しかったです。
 
折角福島に来たので、洋輔案内でメンバーみんなで観光もしてきました。
大内宿に行って、ねぎそば食べて来ました。
お箸もあったのですが、意地で最後までネギで食べました。
そして塔のへつりにも行きました。
この時期はまだ橋を渡ることが出来なかったのですが、「塔のへつり駅」が雰囲気あって良かったなぁ。
鉄道好きの礼央さんは特に大興奮でしたが、特に鉄道好きというわけではない僕でもここは良かった!
この景色の中、カーブを曲がりながら電車が現れるのがいいね。
この電車を見る前に塔のへつりにいたわけですが、そこで礼央さんが時刻表のチェックをして「あと5分で電車が来る!」ということで塔のへつりから駅までダッシュした甲斐がありました(笑)
 
次の日には洋輔に「麺や 大一」に連れて行ってもらいました。
勿論ラーメンも美味しかったんだけど、そこの雪下キャベツが美味しかったなぁ。
夕食で行ったお店でも雪下キャベツがとにかく美味しかった。
雪の下で育ったキャベツはこんなに甘みがあるとは!
 
白河では友人に「火風鼎」に連れて行ってもらいました。
こちらも美味しかった!
行列に並んで食べた甲斐がありました。
 
今回福島でお仕事以外の時間もだいぶ楽しませて頂きました。
 
そして会津公演と白河公演の間の日程で、僕の生まれ育った東京都国分寺市で歌って来ました。
国分寺駅北口すぐに完成したcocobunjiプラザの開館記念イベントとして行われた「ココブンジであそぼう RAG FAIRとうたおう」で、たくさんの親子と一緒に歌って来ました。
メンバーは洋輔・健一・加藤の3人。
もう1人国分寺出身の礼央さんはラジオがあるので来られず、ビデオコメントをもらって流しました。
イベントでは簡単なハーモニーに挑戦してもらったのですが、お子さんは0歳〜小学6年生までいるので、何がどのくらいまで出来るのか、準備段階で3人で悩みましたが、結果、大人数で歌えば子供もけっこう自分のパートを歌えること、そしてまだ歌うことがままならない年齢の子もいますが、その分お母様が大きな声で歌って下さったので、全体のハーモニーはけっこう成立していて、実は指導したこちらがビックリしてました(笑)
 
国分寺市のイメージキャラクター「ぶんじほたる ホッチ」と写真を撮ることも出来ました!
可愛いでしょ!
ホッチとともに国分寺を宜しくお願いします。
 
ということで、長々とこの1ヶ月のご報告をさせて頂きましたが、告知もさせて下さい!
 
6月9日(土)に東京・成城ホール(東京都世田谷区)にてハモカンでライブをやります!
1stアルバム「ザッツ・ハモカナイズ!」リリース記念豪華スペシャルライブ!「ザッツ・ハモカナイズ!DX」
いつもの4人+αのデラックスなライブです!
そのライブのチケット一般発売が今日からです!!!
 
是非いらして下さい!



{E7E8393B-AFE5-430E-9161-8B6D96D6D881}

{8CE9FC2C-7EE3-4797-9FFF-1F2855F454B9}

{B2855FBF-5E25-45E6-BF74-3DBAE6A763BE}

{432024EC-39B0-4380-B1F6-F3FB2F67BBA9}

{82893EAE-E119-468A-A690-2778C2D2F130}

{8F74652F-F7B5-430A-869B-B6A2E01BEA52}

{220CFB0F-45BA-48F5-8A32-1B391F31DBA6}

{2F3BD027-D237-43AC-8AE4-D15809AFA0B4}

{731A9035-7B60-4104-8A94-39ABB8A5285C}

{BC50F4A5-2F4B-439A-BCCA-DC0507D50446}

{F2134C02-B6AA-46AA-9D9C-02A5B1414838}

{49A9095A-FAAB-4DEF-89D2-797C4B81A325}

{5FAD51CF-95CC-45F7-96BA-A90A83158FAC}

{81EA8B53-F66D-4E3C-A808-523B65F5E540}

{63FAA186-3A7E-4885-916B-F21B00987CD6}