加藤梨里香オフィシャルブログ「笑顔万歳!」Powered by Ameba

加藤梨里香オフィシャルブログ「笑顔万歳!」Powered by Ameba

加藤梨里香オフィシャルブログ「笑顔万歳!」Powered by Ameba

4月24日に

舞台『アンチポデス』

千穐楽を迎えることができました✨



(新国立劇場Twitterより)


観に来てくださった皆様

応援してくださった皆様

ありがとうございました!!

度重なる変更があり

それでも予定を空けてチケットを取り直してくださった皆様もいらっしゃると思います。

本当にありがとうございます😭

また、中止公演をご観劇予定だった皆様には

お届けできず申し訳ありません。


私自身、今回たくさんご迷惑をかけてしまいましたし、カンパニーにとって上演できるまで困難が重なりましたが、このように残りの公演をお届けできて千穐楽を迎えることができ、とてもほっと安心しました。

そして支えてくださった皆様には感謝しかありません。

ありがとうございました🥲





約3ヶ月、この作品と向き合いました。

全員で戯曲を噛み砕いて、

まさに「急がば回れ」という言葉のように

ひとつひとつ段階を踏みながら

丁寧に繊細に細かく作品を立ち上げていくお稽古。

とても充実した時間でした。

逃げ場のない怒涛の会話劇。

とっても楽しかったーーーー!!!!


絵梨子さんの言葉を借りて言うならば

奇怪な戯曲!

でも向き合えば向き合うほど面白く不思議な戯曲でした。



台本たち!

中身は書き込みだらけです。

製本台本になるまで3.4段階仮台本がありました📖

仮台本を手に

絵梨子さんや翻訳の創志さんから

原文のニュアンスや意図を受け取り、

ディスカッションや雑談を交えながら、

たくさんたくさん読み合わせをした日々が懐かしいです。

この戯曲に出てくるような、いろんなあるあるも飛び出して面白かったです!!




とにかくチームプレイの作品だなと実感していました。

お稽古でずっと絵梨子さんが仰っていたのは

外の空気、他の人の空気をたくさん感じること。

そして、ひとつひとつのことと「出会う」こと。

今後も芝居をする時に大切にしたいと思うことをたくさん学べたお稽古でもありました。

全員であの会議室の空気を立ち上げていく過程を稽古場で一緒に体感できたのが本当に楽しくて。

それぞれがそれぞれの物語を生きながら、他者と関わることで立ち上がる空気と、その中ですごいスピードで交わされる言葉たち。

ヒリヒリザワザワ空間でした。


この座組に参加できたこと、心の底から幸せです。

素敵で素晴らしい尊敬する俳優の先輩方からたくさんのことを学び、同じ空間で言葉を交わせたこと、自分にとっての宝物!!



最後まで

何のための会議かも

どこで行われているのかも

どんな人たちの集まりなのかも

明かされないからこそ

ご観劇された方が自由に想像し感じ読み取ってもらえる作品だったと思います。

みなさんからいただいたご感想が本当にそれぞれで楽しく読ませていただきました泣き笑い

人と感じることが違って当たり前、正解なんてないからこそ、自分の心で感じたことを大切にしたいです😌



何もかも明かされないからこそなのですが

カンパニー内では細かく明確に設定や時間経過、見せたいものなど共通認識として持っていました☺︎


(ぜひコチラのインタビューも読んでいただけたら!https://lp.p.pia.jp/article/news/224282/index.html



(話してる人よりも聞いてる人反応してる人をこれだけみせる芝居もはじめて…!)

役についても、戯曲に説明はほぼなくて、

台詞の端々から情報を得ながら

それぞれの背景を考えたり、置かれた状況を考えたり。

そんな一人一人の背景もみんなでディスカッションしたりしていたので、もはや登場人物みんな愛らしくて人間臭くて、側から見るとすごい嫌な人に見える瞬間もあるけど、きっと普段自分も無意識にやってることがあるんだと日頃の自分の行いを思い返すことのできる作品でもありました。

この作品のことを考えれば考えるほど、一人一人の言葉を読めば読むほど、戯曲全体に見つけられるかられないかギリギリラインのちっちゃなトゲが散らばっていて、ぐるぐるぐるぐる考えが巡らされる、そんな本で、これを書いたアニー・ベイカーはもちろん、そのニュアンスを捉えながら翻訳をされた創志さんもすごすぎる…!!!!!

(この作品のト書もツボでした😂)

物語が進むにつれて胡散臭く感じてくるサンディの言葉にもとっても大切な言葉があったり、、、😎!




グループのアシスタントのサラ。

私たちの中では通称「ヘンゼルとグレーテル」のシーンと呼んでいたあの長台詞のシーン。

あの長台詞は暇があれば家で呟き

毎公演前のルーティンでもありました。

彼女が日頃から溜めているストレスや鬱憤

入社してからずっと溜めていたものを

物語に置き換えながら毎回焼き尽くしていました🔥

毎回、今日こそはサンディに気付かせる!と思いながら喋ってましたが、永遠にメールに夢中でしたね〜☺️(当たり前)

あの会議室にいる人たち皆さんですが

サラもまた物語に救われて生きてきた人。

それを実感するシーンでもありました。



そしてサラはこの作品の中で唯一衣装替えがありました!

全9着ふんわりリボン

さすがに全部は写真撮れなかったのですが

舞台稽古の合間をみて写真を撮り溜めていました📸

写真にはないけど、長台詞のシーンの衣装や、ピンクと紺のツナギも可愛かったんだよ〜🥲

会議が長くなったり、疲れが溜まっていくとどんどんカジュアルに、髪もボサボサになっていくサラ。

いろんなお洋服を着れたのも楽しかったです✨



だんだんボサボサになる髪も

メイクさんに意図的に(笑)ボサボサにしていただいておりました〜😂


あの後、サラは"雑用"から逃れることができたのでしょうか!

数ヶ月にも及ぶブレスト会議。

「おしまい」と共に、スタート!!


みんな違う人間だからこそ

分からないからと切り捨てるのではなく

対話すること想像することを大切に

過ごしていきたいです昇天




エレノア役の高田聖子さんと♡

お稽古場から楽屋でもたくさんお世話になり仲良くしていただいていました🥲

今回共演できて本当に嬉しかったです🥺



この作品の冒頭

ギリシア神話の怪物がたくさん出てくるのですが

大学で触れた怪物たちの名前が出てきて

台本を初めて読んだときムフムフしましたにっこり

これはたまたま自分が学んでいた分野だったけど

学ぶことだったり何かを知ることは

自分の楽しめる幅を広げてくれるのだなぁと

再確認できて自分はそれを大切にしたいなと改めて思うことができました立ち上がる



ここから『シンデレラストーリー』まで少しお休み期間なので、

自然と戯れてのびのびしながら

インプットしたり

スキルアップのために励んだり

今まで会えなかったお友達に会ったり

楽しんで過ごせたらいいなぁと思いますスター




演劇が好きなんだということを

再確認できた3ヶ月でした。

ミュージカルも会話劇も

どんどん挑戦していきたいです◎

がんばる!!




シリーズ「声」はこれから

vol.2『ロビー・ヒーロー』

vol.3『貴婦人の来訪』と続きますニコニコ

絶対に観に行く!!!

たのしみ!!!



あ!コチラの動画もぜひ観てみてくださいおねがい

https://youtu.be/3B_f718qCPU




では〜看板持ち



加藤梨里香