社長ブログ 建設日記
Katawaku 社長の建設日記
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018-02-26 00:30:23

踏み台

テーマ:ブログ

ピョンチャンオリンピック終わりましたね 

数々の感動とドラマがありましたね。

今回は選手に対する遠征費についての少し話します。

 

かれこれ12年前まだ尚を雇う前のこと そのころのモーグルといえば

上村愛子 モーグルって男子もあるんだなんて言われたことも・・・

 

バブリーな時代は選手を金でメーカーが引っ張り合ったりとお金には苦労しなかったようです

 

フリースタイルスキーヤ―もSモンから800万~300万とか出てたみたいです。

しかしだんだんと不況な時代とスキー離れからお金は出なくなり、メーカーは撤退売却等の時代にいよいよ突入

 

それから泥沼な時代に尚と知り合うわけです。

トップ選手が「最近金が安くなってきて苦しいから移籍しようかな」なんて声も聞こえてきたのもこのころ 

選手は何もしないでスキーをする 企業も選手を使って営業活動をしない これが当たり前の

マイナスしか生まない、いわば殿様商売てきなのが当たり前のでしたね 

誰が悪いわけではない。時代を読めずにいたし狭間だったんですね

 

遠征費

ちなみに遠征費はそのころ春、夏、秋の合宿で200~300 ワールドカップでも同じようにかかります

約年間500ってとこですかね   (成績を上げると安くなります)

 

遠征費負担はABCWと4種類のランクがあったと思います 

個人負担分はA無し B50% C70%だったような 

尚が就職したばかりはBじゃんなんて浮かれてたら青年に変更後はCからのスタートになってがっかり  

その後も色々と不運は重なり表彰台に複数回あがってAだなんて喜んだら

次の年から規定が変わりAでも50%負担なんて年もありました

宮城県連の方に助けてもらい負担無しになった年もありました

 

この遠征費の負担で何人の選手が諦め辞めてきたか 尚はまだ運の良い部類だったと言える

 

 

 

尚がまだ高校生のとき俺は独自のビジョンがありました。

 

簡単なところで金がないならサポーターズクラブを作って色々な企業にサポートしてもらう(100)

スクールをやって遠征費を稼ぐ(50)  企業として簡単な仕事をさせる(100) など単純なことでしたが

それでも何もしないよりいいし結果的には良かったと思います。 年間100はサポーターズクラブで

会社サポート営業費として100 スクールで50 あとはパーソナルスポンサー(頭に貼ってあるワッペンの会社)で100もらえば何とかなりそうじゃないか これだけで350万はあるわけです。あとはBにさえなれば会社負担は給料のみで良いわけです。

 

尚に雇ってくれと言われ  手探りでいいならやってみるか  と返事したっけな

 

泥船の出向です

 

その後も色々とおかしい会計や苦しい時期もありSAJに抗議しに行った

功を奏して遠征費が激安になった  今の選手は知らないでしょうけど

男子じゃ西君くらいまでかな苦労したのは 女子だとアリサまでかな

例えば50万かかってた遠征費が20万とかまで削られた感じです。

航空券を安いものを探したりコーチの方には努力してもらったと思います。

 

さまざまな苦労をした尚をこのまま誰の踏み台にもさせずそのまま栄光を掴ませてやりたかった

 

しかしそんなにオリンピックは甘くなかった 

 

俺たちの役割はなんだったんだって最近はよく話します。

皆さんには練習の遠征費 WC遠征費は個人負担だと知ってもらえたと思う

トップ選手でもお金に困ってストレスがたまりプレッシャーがかかる姿を見せれたと思う

うちみたいな小さい企業でもなんとかやっていける証明も出来たと思う

大手企業、SAJ、色々な方たちが少しでも疑問に思いこれではいけないと思ってくれれば

それでよかったし、もちろんこれからの選手たちにも俺たちと同じ苦労ストレスプレッシャーはいらない

これらが出来たこと見せれたことが俺たちの役割だった

 

 

これからはSAJも良くなると思います。

この泥沼を泥船で欠き分け何とか切り開いてこれたと思う 

最近は踏み台じゃなくバトンだと思ってます。 

大智がメダル取れて本当によかったと思います。   

これからの選手には大切に時間とお金を使ってもらい日本男子初の金メダル女子は2個目の金メダル目指して頑張ってもらいたいです。

 

お金は血と汗 頑張るとは口で言うのは簡単 常に全力で自分のキャパを上げ続けるそれががんばるだ

しかし時には休んでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018-01-17 00:21:53

ここから繋がった?

テーマ:ブログ
いつもなら何気なく通り過ぎていく自社で施行したマンションの一つ!
尚が引退するってなると出会った頃から今までのことを思い出したりする
そうだ!このマンションの階段やってるとき、人生初のギックリ腰やったんだな
 
そこからしばらく歩くのもやっと 首を下に向けられない生活が三ヶ月位は続いた
それからしばらくすると飲食店の親方から、ゴルフコンペの誘いがあり、食事がてら断りに行く
『親方!俺腰が治らなくてゴルフどころじゃないよ今回は参加できないな』
『そうか良い先生紹介してやるよ!俺のお客さんで車の乗り降りもできないくらいの人が一日行っただけでゴルフ出きるようになったぞ』と
こんだけ痛いし、そんな簡単に直るわけないでしょ!と思いたかをくくった俺は、治ったら車浴せよと言う親方の言葉に簡単にのった
 
いざ病院へ    治療が始まるとテストと言って軽くいろんなところを触る    約30秒    まだ腰は触ってもない  はい首を上下に動かして
だから動かせないし、ギックリ腰またやっちゃうでしょ!と思いつつ恐る恐る動かす。
あれ   あれ ⁉ 痛くないし動く⁉
えっ あれ ガンガン行っても痛くない
初めて医者にあったと思った!!  いや神だゴットハンドでしょ
そんなテンションMAXな俺を笑いながら、よしわかった!そこから本格的なマッサージ開始
マッサージ?これが痛いなんてもんじゃない
結局腰はあまり揉まず終了
 
 
どう?   どうってもう治ったよってな感じ
 
ついでに四十肩なんだよね~なんて言ったらそれも軽く、オプションてきにやってくれた
そのときは腰のことで頭がいっぱいだったから、何にも考えてなかったが、この先今でも四十肩とは無縁!そのときで治ってしまったってことだね!!!
 
明日もう一日来て、今日は無理しないでね!
と言われ一日目終了
 
あまりの嬉しさに先生の言葉を無視してゴルフの打ちっぱなし
 
勿論次の日先生に軽く怒られた
 
この先生はたまたま同級生で、なんとモーグルスキーをアメリカでやってたらしく、車好き!
話も合って、とても治療と言うよ喫茶店みたいな感じの二日目!
そうだ、俺の知り合いにワールドカップ回ってて腰が痛いって言ってるやつが要るから、今度見てあげてくんないかな?! 先生  [いいよ連れてきな!了解です]
 
その選手に言うと 『俺掛かり付け要るんで』と
まぁすごいから困ったらおいでと俺
 
 
ワルドカップ、ルカ?に行く直前に困ってしまったらしく来ましたよ家に
『連れてって下さい』
何故か二人で来てた??お前は付き人?何故来た?暇人?
 
治療が終わるとお婆ちゃんみたいだったやつがスキップして出てきました
 
もう一人はその先生がやぶかどうか自分の目で確かめにきたようです(笑)
 
ワルドカップ選手が遠藤夏樹でもう一人の偵察くんが遠藤尚    先生はモーグルナショナルチームの現トレーナーりふ接骨院の君島先生!
 
 
会社が忙しくて俺が現場に出てたから  もし 出てなくてギックリ腰やってなかったら!出会ってないかも
 
出会いって面白いです  一人でもかけたら今の遠藤尚はなかったんですね
 
ちなみに車から降りるのもやっとだった人は仙台サポーターズクラブの会長です(笑)
そのときは知らない人でした。
 
体調が悪い時は りふ接骨院 に行ってみて下さい。 
 
追伸 
車はあげてませんしもうないです
しかし未だによこせと言われてます
ありゃ死ぬ間際までいってるな!
 
ではでは
 
 
 
 
 
 
2018-01-10 09:49:46

ピョンチャンオリンピック直前壮行会

テーマ:ブログ

明けましておめでとうございます 

 

遠藤尚選手 ピョンチャンオリンピック壮行会日時が決定しました。

1月25日仙台(ホテル仙台ガーデンパレス)  1月26日福島猪苗代(猪苗代町農村環境改善センター)

まだ正式に出場が決まったわけではないのですが、

100%確定してるので着々と準備をしてました。

申し込みは下記のURLかダウンロードしてFAXしてください。
仙台↓URL 

http://crear-japan.com/sho/20180125.pdf

 

猪苗代↓

https://www.facebook.com/events/151501545504488/

 

自分の会社のような小さい会社でなければもっとより良い環境で

トレーニングが出来たと思いますが、皆様の長い応援のおかげで

ここまで来れることが出来ました。

今季で引退となります。 もちろんオリンピックメダル獲得の

最後の挑戦です。 

皆さんと一緒に戦ってきたと思ってます。

壮行会で遠藤尚を一緒に送りだしましょう。 

よろしくお願いします。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス