編集は
AdobeのPremiere Proを使っています

これまで単体プランでした



そろそろ音関係も
ちゃんとできるようにならなくては!
と思い

Auditionを使うために
Adobeのコンプリートプランへ
先月移行しました

ちょうどキャンペーンで安くなっていて
ラッキーでした



どうせならフォトショップとかイラストレーターとかも使いたいなー
と思っていたら


動画の先生は
フォトショップでテロップを作成しているとのことで
「私が分かる範囲なら」ということで
編集ついでにフォトショップも教えてもらえることに。



参考書を挙げてくださったので
早速購入




全然読んでません

なんなら開いてもいませんチュー



Adobeは

それぞれソフトの使い方が学べるように

なっているので

とてもありがたいです



でも、私のような超初心だと

単語が全く分からず、ちょっと大変かも…



Auditionから学ぶ予定が

フォトショップからになっていまいました


でも使いこなせたら便利そうです

そりゃ、有料ですしね



パソコンは苦手なので

ゆっくり学んでいきます





1年半ほど前に制作したこちらの動画

下矢印





なぜか、この動画の視聴回数が伸びています


アナリティクス(分析)を見ると
検索で引っかかって視聴してくださるみたいです


なぜ?

今?


放送局で働いていた頃…

今思い出しても不思議に思うことがあります

 


一時期、といっても3回だけなのですが

私の周辺で

「何か悪さをしようとするもの」と

「それを抑えて 私を守ろうとするもの」

が拮抗しているように感じたことがあります


分かりにくくてすみません…抽象的ですね



なんというか…

ひやっとするようなことが起こるのですが

結果的に何かトラブルに発展することはない…

ということが立て続けにありました



それらのことは

ロケに出る時など、外部の方と接するときに

起こっていたので


外に出てどなたかとお会いするのは

気が重くなっていました


そして

「なんとなくイヤな感じ」がしていました



それに何のせいなのか?

ただの偶然が続いているのか?

恐怖心もありました

 

それに

私がそう感じているに過ぎないだけの

可能性もありました



立て続けに3回起こったと書きましたが


1回目、2回目は些細すぎて

何が起こったのか全然覚えていません

 

ただ

3回目だけはしっかりと覚えています

 

 


その日は

千葉の片田舎にある美術館を

ロケで訪れました


片田舎にありながら

「モネ展」を開催していたのです!

 

その美術館は田舎さを生かした

とても素敵な美術館でした

「モネ展」もぴったり!

 

でもこんな片田舎まで

人が見にくるのかな?

とか失礼なことを思っていました

 

それとは別に

「何か起こったらやだな」と

相変わらず思っていました

 

何か起こっても、

阻止して守ってくれるだろうとも

思っていましたが

やはりイヤな感覚はありました

 

ロケが始まると

考えていたことは頭からぶっ飛びます

ロケに集中…

 


ロケも佳境を迎えた頃…

「ガラガラガッシャーン」

凄まじい物音がしました

 

カメラマンが

絵を照らすために立てていた照明のコードに

足を引っ掛けて、派手に照明を倒したのです

 

照明は、

絵と180度反対側に倒れていました…

 

一瞬心臓が止まるかと思いました滝汗

 

もしも

「絵の方に倒れていたとしたら…」


絵に当たっていました…滝汗滝汗滝汗

 


しかもそのモネの絵

フランスのオランジュリー美術館から

借りたもので

6億って聞いた気がします…滝汗

 

もしも

絵に当たって、絵が傷ついたら

誰が弁償するの?

会社?(放送局?)

誰に弁償するの?

フランスの美術館?

 

滝汗滝汗笑い泣き滝汗滝汗

 

帰りのロケ車の中では

頭の中で、そんな考えが

ぐるぐる堂々巡りしていました

心臓がばくばくしていました

 

 

「立て続け起こっていたこんなようなこと」は

これを最後にぱたりとなくなりました



なんだったんでしょう?



まあでも、照明も無事でしたし

トラブルまで発展しませんでしたし

それ以降何事もありませんでした


ありがたいことです




この類の(見えない力が働いている?系の)

おはなしはここまで。


お付き合いいただきありがとうございました



 

放送業界にいた頃

「ラッキー」と思えることもあれば

「!?」と思ったこともありました

 

 

「こわーい!」と思った話は

上司から聞いた話

 

伝説上の〇〇姫を

番組で取り上げようとしたら

4人中2人が体調を崩してしまったとか…

(↑具体的な人数は忘れましたが、グループ内の複数人)

 

「慌てて、みんなで墓参りに行ったんだよ」

 

その後どうなったとか聞いた記憶がないので

お墓参りをしておさまったのではないかと

思います

その上司も至って普通でしたし

 

 

 

私に関して

ラッキーなことを挙げれば

 

放送局に勤めていた5年半

ロケで雨に降られたことがありません晴れ

 

そもそもロケの頻度も

多くなかったのですが。

富山にいた頃が月4日くらい

千葉は月2くらいかな?

 

正確に言えば、1日だけ

私が外を歩くシーンでは雨は降りませんでしたが

車での移動中や室内ロケ、

ソバ畑の撮影の時だけ降るという

降ったり止んだりしていた日はありました

 

 

 

それとあとひとつ

今思い出しても不思議に思うことがあります

 

長くなってしまったので

後編で

 

 

フォローしてね!

 



 

おすましペガサス 宅録ナレーション承れるよう準備中です

おすましペガサス 動画の制作もしています

 

YouTubeのチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UClPQEtP2xbR5Xro6rjXLIlA?view_as=subscriber

 

よかったらチャンネル登録お願いします乙女のトキメキ

 

 

まじかるクラウン 動画で自分の活動を紹介したいけれど

一人で喋るのに抵抗ある方、対談形式で

お手伝いします

 

こんな感じです下矢印

 

 

こちらは対面で収録しました

オンラインでの収録はご相談ください

 

 

 

 

 

こちらの動画の制作の裏側を綴っています

 

    下矢印下矢印下矢印下矢印下矢印

 

https://youtu.be/MdUroFVrltk

 

 

YouTubeのチャンネルはこちら

https://www.youtube.com/channel/UClPQEtP2xbR5Xro6rjXLIlA?view_as=subscriber

 

よかったらチャンネル登録お願いします乙女のトキメキ

 

 

 

 

YouTubeにアップする前、

最後の書き出しでPCが固まりました

 

 

…これは

座敷わらしちゃんの仕業なのだろうか…?

 

一瞬背筋がぞぞんとしましたが

それよりも



動画を、とにかく

YouTubeにアップしたい!

という気持ちが強く…

 

 

「何がご不満なの?座敷わらしちゃーん!」

「編集、頑張ったから

 動画をYouTubeにアップさせてよー!」

と、心の中で泣き叫びました

 

「編集は時間をかけてがんばったし

 一緒に行った奏美さんにも

 チェックしてもらったし、

 緑風荘の方ともやりとりさせてもらったし

 書き出しして

 YouTubeにのせたら完成なの!」

 

 

そして私はちゅうちょすることなく

この画面にテロップを入れました下矢印

 

「オーブが映っています」

 

 

 

もう悩む過ぎなくらい悩んだ、

テロップを入れて書き出ししてみよう

 

と、吹っ切れて

書き出しにのぞみました

 

 

 

 

 

拍子抜けするくらいサクサクと

あっさり「書き出し→YouTubeアップ」

できてしまいました

 

 

あ、アップできた

 

びっくりえーん笑い泣きおねがい爆  笑

 

 

ほんの少しの手直しだろうと思っていたのに

YouTubeで一般公開できるまでの道のりが

本当に長かったです

 

座敷わらしちゃんの仕業なのかどうかなんて

私にはわかりません

 

そうかもしれないし

そうじゃないかもしれないし

(たまたまトラブルが重なっただけとか)

事実確認なんてできません

 

 

実は

この一連の流れは

誰にも話していませんでした

 

 

ようやく動画が一般公開できて、

その後

動画の先生のセッションを受けた時に

 

「実はこんなことがあって…」

と初めて他人に打ち明けました

 

「この話、ブログに書いたらどうですか?」

と言われ、

書くことにしました

 

 

先生も

ガーン「(座敷わらしちゃんを扱っているだけに

 こわい〜〜〜」

 

ガーン「この業界(=放送業界)

 そういう話、よく聞きますよね」

と…

 

キョロキョロ「そうですね…」

 

 

放送業界は5年半しかいませんでしたので

大したネタはありませんが

次回は番外編で少々書きます

 

 

座敷わらしちゃんのお話は

これでおしまい

 

最後までお付き合いいただき

ありがとうございました

 

 

フォローしてね!