かなり使い込んだ刀の鯉口ですが、ここまで傷む前にまめに補修してあげると、簡単に補修出来るのですが。

 

 写真の鯉口は、抜刀道の方が長く使われた刀の鯉口です。

 

 ここまで傷めると鯉口の補修もかなり面倒に成りますが、早め早めに補修していたら、物の5分で終わる作業なんですが。

 

 

 こちらは、私が30年以上前に買った、最初の刀の鯉口です。

 

 この頃は、私も良く分からず、抜刀、納刀を自己流でして居ましたので、かなり、鯉口に無理をかけて居たようで、鞘が割れそうな程、内側を削ってしまって居ました。

 

 まだ、居合も何もして居なかった頃に、就職して翌年位に買ったと思います。

 

 それを、実家(旧事務所)の前で、毎日、市販されて居た、戸山流の教本を見て、見よう見まねで、振って居ました。

 

 二振り目の刀を買ってからは、長く自宅の箪笥に仕舞って居ましたが、最近に成って、出して見て、傷みの酷さに気が付いて、補修しました。

 

 この時は、鯉口の真ん中の所が掘った様に、切れて居たので、単純な経木で締めるのではなく、竹を割って作つた針の様な物を、木工用ボンドと練り混ぜる様にして隙間を埋めて行って、補修しました。

 

 

 このやり方をして、減りで深い切り口に成っている所を塞いで、更に経木の薄いのを貼って、鑢で調整すると、それだけで1年以上は鞘の寿命が延びます。

 

 次からは、酷くなる前に経木だけ軽く張ればもう十分です。

 

 最初から、少し緩みが出た段階で補修しておけば、経木か気を薄く切った物を貼るだけなので、断然楽です。

 

 時々は、手入れする様心がけましょう。

 

 

 

 

 

今日は、贅を尽くした拵の短剣の紹介です。

短刀で登録されていますが、中身は御物「小烏丸」を小さくしたような、両刃の剣です。刀身事態、地肌が大変好く表れて小さいながらも、美しさと凄みがありますが、拵は更に贅を尽くして作られていて、大変綺麗です。

とってもお薦めの一振りです。

 

 

【刀身・拵共に美しい剣】「無銘」三原 20.2cm 、鑑賞に・居合の前差しに!!!

 以前、当店で販売したお刀の買い取り依頼が来ました。

 

 ただ、余りの変わり様に、ガツクリ!

 

 研ぎ上がり・斬れ味保証で販売した、大変、出来の良いお刀でしたが、見るも無残な形で返って来ました。

 

(1見して刀身が蛇行しているのが分かります)

 

(刀身中央からやや鍔よりですが、刃毀れを起こしたのを隠そうと自分で研いだようで中央が凹んで居ます)

 

(鎬地も丸まって、横手も無くなってしまっています。)

 

(ブロックに切り込んだそうで刃毀れが大きいです)

 

 刀身は、目に見えて、曲がりくねって、激しく蛇行し、あちこち、ヤスリか砥石か分からない様な物で削って刃肉を落として、鎬筋も横手筋も無くなって居ます。

 

 持ち主は否定しましたが、中央より下で急に身幅が変わっている所を見ると、そんな所で刃毀れを起こしたのを隠すために、また削った様です。

 

 お刀としては、もう生き返らせることは難しいと思いましたが、余りに刀が可哀想で、一応、引き取る事にしました。

 

 それにしても、ここまでなる前にちゃんとしたメンテナンスに出していれば、この刀はまだまだ活躍したと思うのですが、ここまで傷めて、そのまま買取依頼とは、これでは、使い捨ての道具の扱いです。

 

 こんな扱いをする人は、刀を持って欲しく無いです・・・

 

 

 

 

なかなか、重量感しっかりのお刀です。

それでいて、肉眼で見ると大変刃紋の美しいお刀です。

白黒写真だけなら刃紋の美しさしか見えませんが、当店の撮影の仕方だと、細かな傷も全てクッキリ写ります。

さながら、虫眼鏡で刀身を見るようです。

是非、見に来てください。

 

 

【綺麗な豪刀】「出羽國住池田源次郎一輝 」 73cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

(可愛く見つめているのは、池田美術の旧事務所に住み着いている「にゃーん」です)

 

(右が「にゃーん」で左が「にげ」中の良い兄弟です。)

 

 

(天気の良い日は、安心しきってどこでも寝ます。この格好のまま寝てました)

 

(とっても気持ち良さそうです)

 

(時には二匹でツーリングに行きます)

 

 実は、私も昔は犬や猫の動物臭と毛が苦手で、一切動物は飼わせませんでした。

 

 ところが20年以上前ですが、生後数日と思われ、その日の内にも死にそうになっている、ぼろ雑巾状態の猫を娘が拾ってきて、「お父さんは、この命を見捨てる気か?」と詰め寄られて、やむなく助けることを許しました。

 

 当初、両目も白濁して、失明すると思われましたが、娘と妻の必死の看病に、何とか一命はとり止め、目も片方は見えるようになりました。

 

 その猫は「こな」と名付けられて、生涯を私の自宅で過ごすことと成りました。

 

 「こな」が来てから私は生まれて初めて、「癒される」という感覚を知りました。

 

 今も自宅には、7匹の猫が我が物顔で闊歩しています。

 

 時間と心に余裕のある時だけ可愛がりますが、妻や娘の所に行きますね。

 

 

 

肌物と言っても良い程、地肌鮮やかなお刀です。

写真をよく見ていただいて検討いただけばありがたいです。

 

【保存刀剣】「無銘」中山義通 66.7cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

 昨日、お客様から、お刀の購入をキャンセルしたい。と言う依頼が、一件、「間違えて、コンビニ払いを申し込んだから、カード払いにしてくれ。そうしてくれないなら、受け取らない。」と言うお客様の分を、カード払い出来る様、商品設定したのですが、全く反応が無い案件が一件、発生しました。

 

 先のキャンセルしたいと言うお客様の理由が、「刀を見てたら、怖くなって来た」と言うのです。

 

 流石にそれなら最初から、注文しないで欲しいです。

 

 日本刀は、世界の武器の歴史の中でも、大変優れた物として、世界中の人に認知されて居る物です。

 

 特に、当店の刀は、直ぐに使用可能な様に、万全の整備をして販売してして居ます。

 

 飾り物の刀とは違う迫力が有ります。

 

 それは、何時も説明している通りです。

 

 怖くなったと言うのは、最初から、刀を買う資質が無かったのだと思いました。

 

 雰囲気だけで買うから、そんな話になります。

 

 「何もそんなに怒らなくても、刀がちやんと返ってくれば良いでは無いですか。」と言われる方もいらつしやると思います。

 

 確かに、実害が無けれは、その通りです。

 

 しかし、実際は、かなりの実害が在るのです。

 

 一度アップして、売り切れに成った刀が、再アップされても、販売に非常に時間がかかるケースが多いのです。

 

 お客様の中には、「何か問題が有って、返されたのだろう。」と考えられる方も結構いらつしやるのです。

 

 なので、通常は、かなり実害がでます。

 

 「お刀が怖くなって」と言われると、何とも情けない気持ちになります。

 

 ただ、本日、お刀が戻って来た物を確認しようとしたら、理由は、少し違う事が分かりました。

 

 刀が、発送した時のまま帰って来たのです。

 

 刀袋からも出して無さそうなのです。

 

 更に、返金の関係で電話した時には、「またホームページを見ます」と言われて居ました。

 

 ここからは想像ですが、刀が怖くなったのは、本人では無く、ご家族では無いかと思います。

 

 家族に内緒で買って、家族に怖いから返品しなさいと言われたのかと思います。

 

 ありがちな話ですが、どちらにしても、悲しい話です。

 

 ま、人それぞれ事情は有りますが、こちらは落ち込みます。

 

 更に困って居るのは、音信不通のお客様です。

 

 何度もメールを入れましたが、返信は無し。

 

 電話をしても出ない。

 

 このまま、放置して逃げる気でしょうか?

 

 当店は、キャンセルしたいなら、そう言えば、お刀を持ちたいと思って居ない人に刀を送るのは、嫌なので、直ぐにキャンセルに応じます。

 

 しかし、キャンセルもしない。

 

 そうなると、再販売が出来ません。

 

 基本的には、ホームページでカートに入れて、申し込んだ時点で売買の合意が成立して居るので、契約は成立して居ます。

 

 購入者は、代金を支払って、商品を受け取る責任が発生して居ます。

 

 勘違いされて居る方も多い様ですが、通信販売の場合は、基本的に、クーリングオフの対象外です。

 

 お客様は、商品の写真や説明を読んで、十分考える時間も有るからです。

 

 でも、そんな事はどうでもいいです。 兎に角、ハツキリして欲しいのです。

 

 本当に迷惑な人です。

 

 あんまり怒っていても次に進めないので、気を取り直して頑張ります。

 

 

 

 

 

 

居合刀(模擬刀)より軽い真剣です。

でも、刀身は大変綺麗で良い研ぎがされています。

しかも樋鳴り「ヒュンヒュン」と大変良く鳴ります。

演武を一段上に決めたい方には大変良いお刀です。鞘二本も大変役立つと思います。

 

【超軽量・美しい刀身】「住赤松太郎兼裕 」 2尺3寸5分 、鑑賞に・居合刀として!!!

 

 

 今朝、お客様と電話で話しながら、刀の説明をして居る時、白鞘の刀が鞘走りして、小指の上に滑り落ちて来ました。

 

 白鞘ながら、大きな刀だったので、ずしっとした感じを受けましたが、結構パックリ切ってしまいました。

 

 何度もティッシュで血を拭き取って、絆創膏を貼るも、絆創膏を通り抜けて、血が溢れてきます。

 

 しようがないので、透明な、肌に密着するタイプの絆創膏に変えましたが、それでも、端から、血が溢れるので、暫くはティッシュをくるくる巻いて、仕事をしましたが、字も書き難くて仕事に成りませんでした。

 

 ただ、手の皮は再生しますが、商品に血糊を付けると、商品価値が落ちるのでそちらが心配でした。

 

 特に、動画を撮ろうと思っても、ティッシュが邪魔で撮りにくくて、しょうがないので、ハサミで切り裂きながら、外しました。

 

 ティッシュも血糊が固まって、カピカピにに成って居たので、切って破るしかありませんでした。

 

 とりあえず、神経までは達して居なかったので、痛いだけで済みそうです。

 

 皆様も、御用心御用心。

 

 

 

 

 

本、「訳あり特価」で一振り出しましたが、意外にしっかりとしたお刀で、全剣連系の居合で使う場合、ほぼ、何も問題は在りません。

危険があるとすると、試斬をする時だけかと思います。

お買い得で良いお刀と思います。

 

 

 

【訳あり特価 】 「無銘」 70.0cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!