工作から上がってくるお刀、多くは土曜日に集中的に到着します。

 

 しかしながら、土曜日は、スタッフの人がみんなお休みなので、私1人で対応します。

 

 昨日も、見ての通り、12振り分のお刀が返って来ました。

 

 朝から、小物や、前日のうちに注文が入った方がの発送準備をしていると、とても今荷物を開くところまでいけません。

 

 さらに、土曜日の辛いところは、予定外の来客がよくあることです。

 

 昨日も、以前注文打ちのお刀を買って頂いたお客様から連絡があり、新たに、別のお刀の拵をお願いしたいとが来店頂きました。

 

 拵の作成にあたっての来店は、正直一番時間がかかります。

 

 勿論、事前に使用や金具の目星をつけて頂いている場合は、そうでもないのですが、金具から1つ1つ考えて行こうと言う場合には、身幅と縁金の関係性の説明をして、いろんなメーカーの金具の中から選んでもらったり、自社にある在庫の金具を見てもらったり、そこからイメージを膨らませてもらうことになります。

 

 何時間も悩まれるお客様も珍しくは無いです。

 

 また、刀身の身幅と、縁金のサイズ等の関係性を理解されている方ばかりではありません。

 

 全くわからない方も来られます。

 

 昨日来られたお客様のお刀も、元身幅が36ミリを超えていました。

 

 こうなると、既成品の縁頭で適合するものは、ほんの数種類に限られます。

 

 昨日のお客様も、合う金具の種類が少なく、いっそ特注で金具を作ろうかと言う話にもなりました。

 

 その位のゆとりはある方だと思うのですが、金具を特注する場合、実際にデザインなどを指定して、金工師さんに見積もりを立ててもらわないと金額が分かりません。

 

 色々と悩んだ末、既製品である程度納得のいくものを使っていたことにはなりました。

 

 ただ、複数の銀金具をとり安で取り寄せて、その中から選んでいただくことになりました。

 

 その間、発送や、お客様からの紹介には答えられない状態になります。

 

 この辺が頭の痛いところです。

 

 とりあえず、お客様が来なくなったこの時間に、一生懸命、発送連絡のメールを送ったり、在庫の確認をしたりします。

 

 てな事で、昨日は力尽きて、ブログを書ききれませんでした。

 

 面目ないです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

樋鳴り良く、斬れ味も抜群の一振りです。

長寸で、居合の形から試斬まで、幅広く一振りで対応してくれると思います。

地鉄の働き、刃中の働きも見えて、観賞用としても、絵に成ると思います。

【健全な現代刀・斬れ味抜群の豪刀】「貞照」73.3cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

 

 

 朝、出勤しようとして、玄関の扉を開けると、玄関辺りのロッカー等を寝床にして居る、猫達が、お出迎えしてくれます。

 

(5匹の猫が写っているのが分かりますか)

 

 その子らに、「おはよー。行ってくるね。」と言いつつ、事務所に出勤します。

 

 家の中は、家猫でいっぱいなので、 中に入れてあげるのは困難ですが、餌だけは、お母さんが毎日あげてくれます。

 

 具合が悪いと、病院にも連れて行ってもらえます。

 

 この猫達、みんな池田美術の招き猫です!

 

 事務所にも餌を求めて、通ってくる猫も三匹居ます。

 

 安心して、ご飯にありつきたかつたら、しっかり、招き猫の仕事に励むのだよ!

 

 お父さんが元気な内は、みんなちゃんとご飯貰えるからね。

 

 

 

 

 

 

 

今や結構な人気刀匠に成ってしまった、長船助光刀匠の豪刀です。

斬れ味も、作った時から、殆ど落ちていません。

2年我慢して、新作刀を手に入れるか、中古でも今すぐ手に入れるか、貴方次第です。

待つのの嫌いな私は、中古で十分です。

【健全な現代刀】武用刀「長船助光」74.1cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

 

 昨日は、久々の出張買取で、16振り買わせていただきましたが、その前に到着している買取依頼のお刀の査定が終わりませんでした。

 

 本日は、、5件の来客があり、さらに地元の集まりもあって、午後は息つく暇も無く動いて、先ほど事務所に戻ってきました。

 

 昼間、何点か査定はしたのですが、来店の多さに、それほど進みませんでした。

 

 今も、査定を続けて居ます。

 

 こちらは、5振りの依頼です。

 

 何とか、早くしようと思いますが、連日、いろんな事が起こるので、メールの返信も遅れ遅れに成って来ました。

 

 何より、仕入れたお刀がアップ出来ない状態です。

 

 連日、こんな時間まで頑張っては居るのですが・・・

 

 明日は、スタッフもフルメンバー揃うので、朝から手分けして、査定とお刀のアップをして行きます。

 

 頑張りまーす♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細身のシルエットも美しいお刀です。

時代の金具とも相まって、なかなか高級感のある拵です。

刀身も研ぎ上がりで剃刀の様に斬れます。

大変軽量なお刀で、居合の形にも扱い易いかと思います。

もう少し短ければ、自分用にしたい所ですが。

【研ぎ上がり・斬れ味保証】「重太郎」71.6cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

 

 その数、16振り凄いです〜!

 

 当初は、30振り程度あると聞いていたので、札束をいっぱい持って買いに行ってきました。

 

 しかし、意外に少なくて助かりました。

 

 スタッフにも付いて来てもらいながら、全てリストアップと内訳、問題点を書き出して、とても一人では無理でしたが、二人で言ったおかげで何とかお客様に同意してもらって、支払いもして返ってきました。

 

 本当に30振りもあったら、向こうのお宅で見て判断するのがかなり難しかったかと思いますが、これだけで済んで取りあえずホッとして帰ってきました。

 

 多分、高そうなのは、別にしておられるのではないかなー。

 

 もう一回行く事に成るかも知れません。

 

 ただ、今日は、疲れ切って、先程迄、事務所の片隅で、眠り込んでしまいました。

 

 いずれホームページに順次アップされていくと思います。

 

 皆様ご期待ください。

 

 

 

 

 

 

 

 

研ぎ方の問題で、刃紋などは楽しむことが出来ませんが、凄い斬れ味に、試斬刀の入門としてなら、十分な性能を発揮します。

前の持ち主の方は、海軍士官の制服まで揃えて、成りきって試斬を楽しんで居られました。

軍刀ファンにお勧めしたい一振りです。

【畳試斬に】「海軍軍刀」 64.3cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!

 

 あるお刀の茎なのですが、茎がまるで刷り上げてあるような、先を切り取ったような形になっています。
 

 さらに、目釘穴が2つ空いています。
 

 刀身は、私の見る限り、昭和の軍刀身とみて間違いないと思います
 

 では何故、摺り上げた様な特徴があるのでしょうか。
 

 もしかすると、どこかの刀剣商が、この刀を古い刀に見せるために細工をしたのかと勘ぐってしまいます。

 別に、珍しいことではありません。
 

 茎に薬品をかけてわざと錆だらけにしたり、軍刀の桜マークを消して、軍刀身で無い様に見せかけたり、そういうふうにされたお刀をたくさん見てきました。
 

 時々、嫌な世界だなぁと思います。
 

 なので、うちの店では、実用重視の武道用の刀に特化したという側面もがあります。


 美術品としての刀の世界は、在銘の物は、相当数は偽名が出回っています。


 なかなかなかなか難しい世界です。

 

 

 

 

 

 

 

 

戦時中から高い評価受けて作刀され、戦後も活躍された刀匠の、昭和五十八年に作刀された一振りです。

身幅広く、如何にも現代刀と言った体配で、樋鳴りが大変良く鳴るのが特徴です。

拡大写真で取ると、微細な汚れも、よく映りますが、現物で見ると、殆んど分からないレベルです。

居合の形用には大変良いお刀かと思います。

【健全な現代刀】「高塚正秀」70.0cm 、鑑賞に・居合・試斬刀として!!!