類は友を呼ぶのなら…

テーマ:

こんばんは。下河内優子です。


最近私がすごく感じてたことを

超変革ノートの松尾英和さんのブログに

とてもわかりやすく書いてありました。

 

そのブログはこちら↓

伊藤さんのせいで、毎日、しんどいです

(タイトルは過激ですが、中身は伊藤さん愛に溢れています)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

人は、周りにいる人に、影響されます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

これ、最近とても感じていた事。

 

松尾さんであったり、



ブログタイトルの伊藤勇司さんであったり。


 

松尾さんも伊藤さんも

周りの人を大切にしながら、

自分達の思いを情熱を込めて発信する。


そこに

出し惜しみとかは全然なくて

惜しみなく知識や経験を共有してくれる。

 

押し付けや強要は一切なく、

少しでも誰かのお役に立てるなら幸せ。

ぐらいの控え目さ。

(エネルギー量は半端ないですけどね)

 

私の中には概念としてなかった

みんなで共に成長していくコミュニティ作り。

 

置いていかれると焦ることもあったけど、

少し離れていても、また戻れば

いつでも受け入れてくれる^ ^


ガッチリ囲い込むわけでもなく

突き放すでもなく

出入り自由な人間関係ってすごく楽。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分がこうありたいな

と理想とする人、憧れの人と

接する機会を持てれば

成長が日常の習慣

になるわけですから

ありたい自分の姿に、どんどんなっていく

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

まさにその通り。

 

かつて愚痴ばかりこぼしていた時とは

比べ物にならないぐらい毎日が楽しい。

 

良いことを毎日探す習慣を

みんなでシェアしあう楽しさ。

 

自分では当たり前に思ってたことも

誰かのシェアで良いことに気づいていく。

 

すると

周りには良いことだらけなんじゃないの?

と思えてくる。

 

どんな出来事であっても受け取り方一つで

良いことにも悪いことにもできるなら、

楽しんで笑い合う人達と一緒にいたいな。

 

 

 少し前の

「自己肯定感が低いんです」って

悩んでいた時の自分に教えてあげたい。



類が共を呼ぶのなら、

 

愚痴っていないで、

素敵だと思う人に会いにいこうよ!

 

自己否定してないで

憧れている人と関わりを持とうよ!

 

何より、

また会いたいなと思ってもらえるよう

自分を磨こうよ!

 

素敵な人のエネルギーを奪うのではなく

感じて循環させられるようにね。