きれい好き同士のご夫婦のお宅に、私が仕事としてうかがうことは絶対にありません(笑)

夫婦とも片付けができないけれど、片付いていなくても全然気にならない-そんなお宅からもご依頼はないのでうかがうことはありません。

 

ご相談いただくのはこんなお宅↓

 

・ご主人がきれい好きだけど奥様が片付けられない

・奥様が一生懸命片付けてもご主人がどんどん散らかしていく

・夫婦とも片付けられないが、このままではまずいと思っている

 

家族の誰かが、家の状況を 「このままではまずい」 と感じ始めたら、

まずは声をあげてみましょう。

「この状態では友達が呼べない!」

「この家ではくつろげない!」

「だから、なんとかしよう! 人の手を借りてでもなんとかしよう!」 と。

声をあげなければ何も始まりません。
このまま、これから先何十年間も 「まずい・・」と思い続けながら生活しつづけますか?

 

Twitter↓

https://twitter.com/katadukemomyuka

ホームページ↓

http://katadukemom.com/

講演ご依頼用専用ページ↓

https://r.goope.jp/katadukemom

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

べつにおしゃれである必要はないし、ミニマリストになる必要もないし、2年使わなかった物を捨てなければいけないわけではありません。

 

住まいは、そこそこ小ぎれいに片付いていれば十分。

床の上にごみや服や紙が落ちてなくて、

食卓の上に前の日の食器がのっていなければ、

それでいいのです。

 

そう、実はこのような↑お宅がいかに多いか‥ということです。

 

このようなお宅で共働きの場合、

子どもが保育園や学童に通っているうちはまだいいのです。

 

保育園ではきれいなテーブルでおやつが食べられるし、

学童では整った環境で宿題ができます。

 

でも、子どもが中学にあがった時、

部活のない日は親よりも先に家に帰ります。

 

そんなとき、

食卓が食べかけや食器の山、お菓子がどこにあるかわからない。

くつろぐべきスペースには洗濯物の山、

椅子にも郵便物や服が積み重なっていてすわれない‥‥

 

こんな状況では、いったん帰宅した子どもが

くつろぎの場所を求めてフラフラっと外へ出て行ってしまいます。

 

家は、食べる・勉強できる・くつろげるスペースであってほしい。

子どもの帰宅時間に「おかえり!」と言える家庭では、子どもも帰ってほっとできますが、

誰もいないうえにくつろげない空間は、いる意味のない場所になってしまいます。

 

子どもの生活面をあれこれ言う前に、

まず親が、きちんとした環境を与えているか-そこをよく考えてほしいのです。

 

  ※保護者様向け講演で、必ずしているお話です。

 

Twitter↓

https://twitter.com/katadukemomyuka

ホームページ↓

http://katadukemom.com/

講演ご依頼用専用ページ↓

https://r.goope.jp/katadukemom

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片付け・収納というと、細かく分類してラベリングして-と考えがちですが

細かな分類はおすすめしません。

 

あくまで個人的推測ですが、

 

①どんなに忙しくてもきちんと片付ける人=1割

②片付いていなくても全く気にならない人=2割

③片付けなきゃと思っているけれど後回しにしてしまう人=7割

 

と考えています。

 

①の人は、片付けが好きなわけではなく

「片付ずにはいられない」「出しっぱなしにしたままでは寝られない」人です。

そして、

①の人の家族はたいてい②か③です。

 

②③の人には、①の人が考える細分化された引き出しは、面倒で片付けられません。

「自分は片付けが得意なのに子どもができない」と嘆くケースの原因はここ。

 

①の人は自分が「1割の特別な人」だと認識し、②③の人でもできるおおざっぱな片付け方法にシフトしてください。

 

③の人は実は根が几帳面で完璧主義。

「きちんと収納しないくらいならやらない」となり、結局片付きません。

是非頭を切り替えて「やらないより雑でもいいからやる」とおおざっぱな分類から始めてみてください。「見せる収納」で失敗したら「雑でもいいから見えない所にしまう」で良しとしましょう。

 

さて、皆さんはどれにあてはまりますか?

 

Twitter↓

https://twitter.com/katadukemomyuka

ホームページ↓

http://katadukemom.com/

講演ご依頼用専用ページ↓

https://r.goope.jp/katadukemom

 

 

2008年から続けてきたYahoo!ブログから引っ越してきました。

 

整理整頓でも、ミニマムライフでもない 「本当に必要な住まいの環境」 について、

これからもTwitterとあわせてここで発信していきたいと思っています。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

Twitter↓

https://twitter.com/katadukemomyuka

 

ホームページ↓

http://katadukemom.com/

講演ご依頼用専用ページ

https://r.goope.jp/katadukemom

 

 

 

 


昨秋ご訪問プランを終了してから、かつてのクライアントさまや講演にご参加いただいた方から「本当にやめちゃうんですか?!もう頼めないのですか?!」という切実なお声をいただき、オンライン相談を開始しました。

まず通常のHPからお問い合わせいただき、お名前のみおうかがいして、あとはSkypeやLINE<ビデオ通話>でご相談を受けるという方法です。

************************
ご訪問プランの頃は、事前にお名前・ご住所・家族構成などをうかがい、契約書をお送りし、訪問当日にご署名・押印いただいた契約書を1部いただいて、アドバイス&作業スタートという流れでした。

契約書には「知り得た個人情報は外部に開示しない」「依頼者を特定されない方法で、収納契約や実施した片づけ作業について外部に開示できる(=講演・セミナーなどで話すことができる)」「貴重品の管理は依頼者がする」といったような内容が記載されており、それによって、クライアント様と私自身も守られていました。
************************

オンライン相談だと、住所をうかがう必要はなく、その他の個人情報も極力お聞きせずにすむので、契約書の必要もなくなりました。
時にはビデオ通話ではなく、音声通話のみをご希望される方もいらっしゃり、オンライン相談がより気楽にご利用いただける形となりそうです。
(LINE Payをご利用いただけば、より簡単にお支払いいただくことができます)

そして、もうひとつのご相談申込方法として
カフェトークというオンライン習い事サイトでも開講しました。
こちらは、Skypeのみのご利用ですが、
クレジットカード等でポイント購入をしていただく方式で、少しだけお得にご利用いただけます。

「Skype?なんだか面倒そう~」という方も多くいらっしゃいますが、インストールしてしまえばとても簡単で便利です。

お部屋を拝見する場合は、スマホでSkype(またはLINE)のビデオ通話にしていただき、カメラの向きを反転?していただくと、簡単にお部屋を案内していただけます!

ビデオ通話でお部屋を拝見し、
ご家族構成・生活習慣などをおうかがいしながら、色々とアドバイスさせていただいています。
時に「あーいま私がそこの押し入れを片づけたら30分で片付くのに!」と思うこともありますが(^^;)

お部屋を見られるのがどうしても恥ずかしい!という方は、音声のみでも。物の捨て方、物の置き場所、収納法、掃除・家事のコツなどを知るだけでも、格段に暮らしやすくなります!

まずはHPをご覧頂ければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。