卒園しました…新型コロナの馬鹿 | 育児・裁縫・工作・大好き
新型コロナウイルスに関する情報について

育児・裁縫・工作・大好き

持ち手付き巾着袋の作り方で検索して来た方は、
テーマの「裁縫(幼稚園、保育園関係)」から行ったページの最後の方にあります。
直アドレスhttp://ameblo.jp/kassymantaro/entry-11466901253.html

下の子君が、とうとう幼稚園を卒園しました。

新型コロナウィルスの影響で、
屋外での卒園式となりました。

当日は、天気が良く、4月並みの暖かさとなり、

園庭で卒園式を終えた園児たちは

離れ離れになると理解しているのかいないのか
友達と駆け回り

保護者たちは、
名残惜しく思い出話に花を咲かせたり、
記念撮影をしたり。

お日様に見守られたような
とても思い出に残る卒園式でした。

実をいうと
うちの幼稚園は、
とても忙しい幼稚園だったので、
親としては出番が多く煩わしく思う事も多々あったのです。

ですから、在園中は、
早く卒園して手がかからないようになって欲しいなぁ、
なんて思ったものですが、

いざ、卒園式が近づいて、
あと1か月を切った頃にコロナ騒ぎで休園。

卒園遠足も、お別れ会も無くなってしまいました。

そのころから、親の私は寂しくて淋しくて…

もしかして卒園式が無くなるかもという噂に

家で夜な夜な何度も泣いてしまいました。


卒園式が無くなるかもしれないのに、

卒園式の歌や呼びかけを一生懸命に家で練習する息子。

涙が止まりませんでした。

息子に、卒園式無くなるかもよ?とは言えませんでした。

こんなにこんなに卒園するのが悲しかった1か月、

でも
当日を迎えたら、もう先に進むしかありません。

まさに「巣立つ」という表現そのもの。

子供達は巣から広い世界に羽ばたいて行ったのです。

旅立ったあとの巣には新しい雛がいて、私達の戻る場所はもうありません。

コロナのせいで、色々やり残したことはありますが、
悲しいけど前に進むしかありません。

入園テストと入園式のあの日がこんなにも鮮明に記憶に残っているのに、
もう卒園だなんて。。。速い。。

母は気持ちの整理がつかないまま、放心でした。

卒園式以前に泣きすぎたので、式ではあまり泣きませんでした。

下の子って、成長して欲しいけど、
いつまでも自分の手の中にいて欲しい気持ちもあります。


さて、卒園式や謝恩会で思い出の写真などをDVDで流したり、
先生にステキな寄せ書き集みたいなのを作ったりする幼稚園や学校って多いんじゃないでしょうか?

うちの幼稚園もそのタイプで、
出来上がりを拝見させて頂いたのですが、
クオリティが高すぎてすごいです。

我が家は、夫も私(昔)もクリエイター職なので、
もう、普通の人がこんなすごいの作れるなら、
将来はクリエイティブな職業って無くなるんじゃないかしら?って思いました。

日本人一億総クリエイター時代ですね。
わざわざ業者に頼まなくても、誰かしらできる。

昔は子供達の憧れだった漫画家だってイラストレーターだって映像作家だって、
みんななれるし儲からなくなるしで、
なり手が居なくならないか心配です。
今をときめくユーチューバーも、ほとんどの人は儲からなさそうですし。。


今日は、小学校に気持ちを切り替えるために、
体操着を買いに行ったり、
調書や緊急連絡カードを書いたりしました。
意外とめんどくさかった…

さて、またあしたから頑張るぞ!