はじましての方も二度目まして以上の方もおつまわり!!かしまわりでございます。



5/22(水)19時より、ACL GS 最終節 山東魯能戦が行われ、2-1で勝利、ラウンド16へ駒を進めました。
ラウンド16は
第1戦 6月18日(火) 
鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島 

第2戦 6月25日(火)  
サンフレッチェ広島 vs 鹿島アントラーズ 


となります。(時間は未定)

【選手採点】

GKスンテ 90分 5.5
相変わらずの安定ぶり。キックも引くく、早い弾道で冴えていた。相手に当ててキャッチの妙技も披露。

CBスンヒョン 90分 6.0
ペッレに必死に食らい付き、失点はセットプレーのみ。跳ね返すプレーにおいて鹿島には右に出る者はいない。

CB犬飼 90分 6.0
DFリーダーとしてチームが前に比重がかかる中、永木の裏もカバー。逆転ゴールの起点にもなった縦パスも切れ味抜群。

SB永木 55分 5.0
疲れもあったのかチームの流れに乗れてはいなかった。アスリートタイプにはやはり縦に抜けられる。脩斗復帰でひとまずお役御免か。

SB→CF町田 90分 5.0
本職ではないポジションで同サイドからやらせなかったのは及第点も、細かなミスが散見。終盤には慣れない上下動から足を攣って前線へ。お疲れ様。

CH→SB健斗 90分 6.5
鋭い出足で中盤の防波堤に。流れの中から驚きの最前線でのポストプレーも披露。ますます目が離せない存在に。

CHレオ 90分 7.0
細かいパスミスはあったものの、2つの得点を演出して汚名返上。クロスに頭で合わせる珍しい場面も。ボールがあるところどこでもレオがいる。

SH充孝 63分 5.5
試運転としては申し分ない。アイディアを通わせる前線においてまだ相互理解がなかった分ミスは出たが、これから。充孝のアイディアが相手ブロックを打ち砕く時が必ず来る。

SH白崎 85分 6.0
テクニカルな足元は最早エロス。左の相方の上がりが少ない分、サイドで張って仕掛けるシーンも多く、臨機応変な対応ができるインテリぶりも見せた。

ST→SH→CH聖真 90分 7.0
この試合は聖真なしに語れない。相手の身体を当てるプレッシャーを利用したターン、アジリティを生かしたステップで翻弄。前を向いてゲームを作った。

CF→ST→SHセルジーニョ 90分 5.5
ハーフスペースで起点になり、外に出たら高精度のクロス。少々乗り切れていない印象もあったが、ボールを簡単に叩いてリズムを作った。

【交代選手採点】

SB脩斗 25分 6.0
やはり本職は伊達じゃない。敵陣での縦切りも含めて唸らせるプレーを連発。クロスの狙いも良かった。あとはフィット。

CF伊藤 17分 7.5
It's 翔 TIME!!直近試合の鬱憤を晴らすかのような2ゴールで逆転。2点目の右足アウトのトーキックはエレガントすぎる。

SH安部 5分 -
ドリブルで仕掛けてファールゲットするなど、クローザーとして貢献。

【監督採点】

大岩監督 7.0
高さ対応への割り切った戦い方で見事にGS突破。アジアはこれで良し。聖真が相手左SBへ優位性が取れていると見て、脩斗を配置して援護射撃。更に聖真を右SHへズラしたところは質で殴るアジアの戦い向けの采配だった。

マッチレビューはこちら。