高校受験に失敗した人が、進学塾に通わずに、『学校教材のみ』でGMARCH以上難関大学に現役合格する方法

高校受験に失敗した人が、進学塾に通わずに、『学校教材のみ』でGMARCH以上難関大学に現役合格する方法

偏差値32→模試全国1位の私の『下克上メソッド』を元に、進学塾に通わずに、今までの暗記学習とは異なる、学校教材のみの学習で、難関大学(国立&私立)に現役入学する『圧倒的逆転合格法』を提供します。


テーマ:

どうも、

 

かっしーJr.です!

 

今回は、全人類のとって、永遠の悩みについてです。

題して、

『“予習”と“復習”は結局どっちをやるべき!??』

です。

今回の記事であなたは明日から、いや

読んだ瞬間から納得し、自信を持って振る舞うことができます!

 

 

そして、

“周りの人には教えたくないな・・これマジ有益だし・・”

宝くじで1億円当ててしまった人のように

周囲に対して優越感にひたることができます。

 

 

簡単に整理すれば、

 

☑️予習したら、復習の時間ない!

 

☑️え?わからないところがわからないんですけど??

 

☑️周りの人予習してしてないし・・

 

のような、マイナス思考は破壊され、

 

 

予習の本質(なぜやらなければいけないのか)がわかる!

 

✅予習・復習のバランスが無意識的に取れる!

 

✅ハッキリと周りの人よりも抜きん出ていることを実感できる!

 

✅わからなくても、焦らなくなる!

 

以上のようなプラスαの知識が手に入ります。

 

 

今回の記事は、全人類対象です。

例外はありません。

ぜひ参考にしてみてください!

 

さあ、講義スタートです!

まず、多くの人が手をつけるであろう、『復習』から話しますが、

これは言うまでもなく、効果的です。

 

 

質のさそこあれ

「復習して、前の知識がマイナスになる」なんて

あるはずがありません。

 

ですから、

『復習』は必ず行ってください。

しかし、本題はそこではないです。

予習とのバランスなんですよね。

 

 

 

ここで、『予習』ですが、

これは予(あらかじ)め、学習をすることですが、

 

『予習』の効果は以下のものがあります。

 

 

①自分のわからない点がわかるようになる

➡︎これが最大の効果です。

大抵の人は、予習をせずに、ある物事(2次関数など)を教えられ、

それついて疑問が出た際やわからなくなった際に、

どこが自分が本当に理解していないのか、混乱してしまうのです。

 

 

 

小さな混乱が、より複雑に絡まって、肥大化し

最終的に、『苦手意識』に行き着いてしまうのです。

 

 

 

わかるようになる理由は、

あらかじめ何が書いてあるか知っているため

その時点で、自分はこの公式の意味が理解できないな、

ここの説明が意味不明だなと自覚できるからなのです。

 

 

そこに目印でもつけておいて、

あとはそこを先生に聞いてしまえば、悩み解決です!

 

 

 

②復習の時間が短くなる

➡︎①にも関連しますが、あらかじめ知っているということは、

その分、理解しやすいことになります。

つまり、“合法的なカンニング”とでも言えるでしょうか。

これも大きなメリットですね。

 

 

 

③周りよりも内容を知っているので、精神的な余裕ができる

➡︎先に知っていれば、「今日はこの内容をやる」というのがわかるため

不安は解消されます。

 

 

部活などでもそうでしょう。

「何時まで!」という終わる時間が明確だからこそ

途中で諦めない精神状態になったり、

「たった2時間で何ができるか?」考えるようになります。

 

 

結果として、

モチベーションの維持と、学習効率が望めます。

 

 

 

④自分で“考える”という習慣がつく

 

➡︎よくこの部分を知らない人が多いのですが、

これが何気に大事です。

 

 

人は“考える”という行為を通してしか、成長しません。

そして、この予習では、自ら新しい分野に飛び込むため

考えざるを得ません。

 

 

これによって、

初めてみる問題や課題に対して、

自然と無意識に考える癖がつきます。

 

 

予習の効果としては以上ですが、

これらは直接的なものばかりです。

 

 

私が本当に申し上げたい内容は、

間接的な、次の内容なのです。

 

それは、

『予習の習慣化が、問題や課題に自分から取り組む姿勢を養い、

そして、社会のステージ(大学生・社会人)が上がることに伴い、

それが大きな評価に繋がる』

ということです。

 

 

高校生から卒業したあとは、主体性がより求められるようになります。

 

 

そして、そのような世界では

受け身で物事を待っていては、あらゆるチャンスを逃してしまいます。

 

 

 

周りの大人もすぐに見限って、

自分の元を去ってしまいます。

 

 

しかし、

予備知識や予めその物事について多少理解(完璧でなくOK)していれば、

最悪のケースになることは、万に一つもありません。

 

 

そして、自分の考えも予め用意しておいて

タイミングをみて、発言しましょう。

 

 

100%いい方向に流れます。

 

 

これは頭の良さなど関係ありません。

 

ただ、知っているか知っていないかだけです。

 

 

実際のところ、

私自身も、東大生の友も、全国模試1位の人も

大学の優秀な人も、社会で活躍している人も

予習を欠かしません。

 

 

 

ちなみに、世界の超名門大学(東大以上)では

『予習ができない学生』は落第だ(進級できない)そうです。

 

 

予習とは、

人の自発的な行動の

“原動力”となるものなのです。

 

 

 

最後に、具体的かつ、簡単なワークを示しておきます。

 

STEP① 今までの内容を総復習(絶対復習から入る)

      ※今までためてしまった部分を、必死に消化しましょう

 

STEP② 予習を開始する(多くなくていい。1~2ページもしくは、1つの分野や公式

      ※①が必要ない人はいきなり②で問題なし

 

STEP③ わからない部分の明確化(目印など)→先生などに質問

 

STEP④ 予習→復習の習慣化(癖をつける)

 

 

私は高3から予習というものをはじめました(大変遅いですが・・・)。

ですから、あなたなら

私より遅いなんてことはないですし、

必ず上手くいきます!

 

 

さあ、はじめましょう!!

私はこれまで、リアルでネット上で、200人以上の生徒を導いてきました。

どのような内容でも(文理問わず、小論文、AO・指定校推薦etc..)引き受けますので、

是非お声をお寄せください。

相談内容から最短の解決法を的確にお伝えします。

 

 

今後もブログも定期的に更新していきます!

また、公式メールマガジンでは、

学習法(全教科)やモチベーション維持、時間管理など、

さらに詳しい情報を発信しています。

 

 

ブログでは満足できない場合は、

下記から公式メルマガへの登録もお願いします。

無料プレゼントに申し込めば、メルマガ登録も同時に完了します。

 


また、初回特典として

『死ぬほどわかりやすい(※納得できなければ訴えてください)』プレゼントを

限定配布しております!!

 

 

最後に個別の悩み相談などは、すべてLINEで行なっておりますので、

相談される方は、↓よりLINEを登録ください。

 

ここまで読んでくださり、『ありがとう』ございます。

 

【無料プレゼント受け取りはこちらから】

 

【SNS登録はこちらから】

【※LINEQRコードが必要な人はこちら】

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス