レジデントたちのプロローグ

読者の皆様はじめまして!
生協病院の皆様はお久し振りです。

2年目研修医「ひぐま」です。

長崎・上戸町病院所属ですが3-5月に救急研修で生協病院にお世話になっておりました。

研修終了時から研修事務エヌさんから執筆のお誘いを受けていたわけですが…ようやく執筆の運びとなりました←遅い

 

なにを書くか迷うところですが…まずは鹿児島での研修のことですね。

1年目から2年目へとまたぐ3ヶ月間を鹿児島で過ごしたわけですが一言でまとめるなら「充実」ですね。

 

救急に対して研修前のイメージってやっぱり

「怖い」

だったんですよね。

受診される患者の皆様はもちろんそうだと思います。

研修医も怖いんです。正直。(これはきっと僕だけじゃないはず)

COVID-19の影響で鹿児島県全県として救急車の出動件数が減っていたとのことですがそれでも毎日たくさんの救急車がやってきます。

その中でいかに重篤な疾患を見落とさずちゃんと対応するか。

命の危機にある患者さんに対しいかに処置するか。

研修医にとっても大きな試練なんだと思っています。

 

そんな不安でいっぱいだった研修医ひぐまでしたがたくさんの経験と先生方の指導のおかげで何とかやっていけるようになりました。

いや、もちろんまだ不安でいっぱいですけどね←

救急部の先生はもちろんだったんですが、鹿児島の先生方は教育熱心な方がとても多い!

救急から紹介した先の各科の先生

後日フォローで診てくださった外来担当の先生

たくさんの先生が外部からきた研修医の自分にも様々なフィードバックを下さいました。

ありがたい限りですね。

 

そして鹿児島滞在中に2年目となり後輩もできたんですが…

このご時世のせいでご飯に連れていくこともできず、仕事終わりに「お疲れ!ご飯でも行くか!」と言える先輩になることが4月の目標だった(?)ひぐまにとっては少し不完全燃焼でもあります。

コロナが一段落つけば(レポートを書きに行くという名分で)ご飯食べに鹿児島再訪もしたいところです。 

 

そんな僕は今、県をまたいだ移動に伴う自宅待機という名の休養をはさみまして、地域医療研修で長崎県五島市、福江島の診療所に来ております。

初期研修の2年間で最低1ヶ月(当院の場合は2ヶ月)、地域医療の研修が必修となっていてその枠ですね。

救急とはガラッと方向性が変わりましたが、元々興味があった分野で学びの多い日々を過ごしています。

また機会があればそのお話もできたらいいな、と思いつつ長くなってしまったので今回はこの辺で終わりにしましょう。

 

 

Y口先生、ハッピーバースデー年男♪いつも研修指導ありがとうございます!

感染症の先生なので、元々乗ってたイチゴを取り除いて、巨峰とサクランボでグラム陽性球菌などを表現してお祝いしてみました笑 みんなでハッピーバースデー歌い拍手され「36だぞ!公開処刑か!!」とテレまくりでした。

 

救急外来の新しいエコーについてレクチャーを受ける1年目研修医たちの様子と、

不整脈治療のカルディオバージョンの様子です。

麻酔科・救急・循環器指導医の下2年目研修医Kが実践しました!心電図の不整脈の波形が一瞬できれいになった!!と感動した1年目研修医たちでした。

 

 

 

こんばんは〜☆
はじめまして、研修医1年目のねぎまです。
(イニシャル的にはMですが同期にM先生がいるので、全く違う名前にしてみました笑)
文章を書くのは不慣れなのですが、しばしお付き合いください(*´꒳`*)
私は今、国分生協病院で2ヶ月の内科研修中です。
同期と2人でGW明けから赴任し、もうすぐ1ヶ月です。
ここでの1ヶ月を簡単にふりかえると…


「なんて居心地がいいんだー♡」


この一言につきます。笑
カルテ操作すら分からない状態で来た私たちを、たくさんの人が温かく、時に厳しく見守ってくださっています。職種の壁がなく、いつでも相談に乗ってもらえる環境は魅力的で、研修にもうってつけです。
おかげで毎日楽しく学ばせてもらってます。
※決して他の病院と比べているのではありません!笑

話しはじめたら長くなりそうなので、今回は5月にあった病院の職員健診の様子だけお伝えしますね♪
今年はコロナ対策で、3密にならないように会場を設置しました。私たちは主に採血担当でしたが、これがとっても緊張するんです!(><)
そんな様子を察してか、「練習だと思って何回でも刺していいよ!笑」と始まる前から何度声をかけてもらったか…職員の皆さんの優しさにウルウルでした( ; ; )その様子がこちらです↓


学びが多いということは、それだけ伸びしろも大きいはず!笑 残り1ヶ月の国分生活も、楽しみながら頑張ります( ´ ▽ ` )
以上ねぎまからのご報告でした☆

前回に引き続き、また研修事務エヌです。

宮崎生協病院から2年目研修医のA先生が半年間の研修開始&そしてなんと研修開始初日6月1日が誕生日!!ということでこっそりケーキを準備しましたヾ(*´∀`*)ノ♪

お昼にみんなでハッピーバースデー!ケーキ入刀!とやろうかと思っていたのにまさかの昼休み10分前に救急対応で全員救外へ(まさかのと書いたけど大体いつもこんなもんですよね)、夕方に戻ってきたA研修医に入刀していただきそこにいた何人かでお祝いしました♪

次は1年目研修医が誕生日の時に宅配ピザをお昼に取りましょう!

…なんだか研修と関係ない食べ物ばかりになってきたと言われそうなので、次回は研修医から最近の研修報告をしてもらいます!!  

昨日は長崎の上戸町病院から救急研修に来ていたH研修医の最終勤務日でした。

救急も終わるということで、昨日は当院の搬入を1人で診ようと秘かに心に決めていたそうですが、あまりの搬入ラッシュに、ああ無理だ、と先輩KにPHSかけたそうです。「悔しかった~(´;ω;`)ので救急リベンジに来たい・・・」と言っておりました。

 

時節柄、歓迎会も送別会も出来ない3ヶ月でした。

救急のK医師も後輩1年目研修医たちも研修事務エヌも!みんな欲求不満・・・(・´з`・)仕方ないので、長崎に帰る前にH研修医が土曜日も働くみんなに置き土産として唐揚げ2㎏を差し入れしてくれました。

飲み会解禁になったらまた救急リベンジ!!と唐揚げに誓いました。どちらかというと飲み直しへの誓いだったような笑。飲めない今は鶏皮・スナズリ・各種唐揚げを前にみんなで「プシュッてしたーーーい」言いながら揚げたてぱりぱり唐揚げをおいしく頂きました。週末の胃にしみるしみる。

 

Hくん!長崎に帰っても飲み会解禁の暁にはラインで呼ぶのでレポート書きを口実に来るように!!

そして初期研修終わったら救急しにまたおいで(@^^)/~~~

更衣室ロッカーの鍵を失くした、鍵代弁償か??とオロオロしていたら数日後自宅で洗濯したパンツに鍵の針金部分が刺さっていて無事見つかったことも今は懐かしい思い出ですね。(どうやらポケットに入れたまま洗濯回しちゃっていたよう)

 

3ヶ月間の救急研修あっという間でしたが、これからも鹿児島生協病院1年目研修医7人たちの先輩なので、ずっとよろしくね。救急外来で1年目研修医に「血ガスやる人いたら来てー」と手技の声かけもしてくれてありがとう。おかげで1年目たちもたくさん経験できました。

私たちもとても楽しい3ヶ月でした。今日はちょっとしんみり、研修事務のエヌでした。

 

さあ、6月からはまた2年目外部研修医2名を迎えます。また歓迎会出来ないけど、今度の研修医はなんと研修初日6/1が26歳の誕生日なので、こっそりサプライズお祝いする予定です(・∀・)ニヤニヤ