近視の人も同じように老視になります。

一般に「老眼」と呼ばれる老視は、年を重ねると共にピント合わせをする力が弱まって、近くが見にくくなることを言います。

近視の人の場合、メガネを外せばピント合わせをしなくても、もともと近くにピントが合っています。

 

 

ですので、老視になってピント合わせの力が弱くなっても、メガネを外せば近くはよく見えるため

 

「老眼鏡をかけなければならない時期が遅い」

 

ということから、

「近視の人は老視にならない」という誤解が生じたのです。

 

しかし、近視の人が近視用のメガネを掛けた状態では、近くを見る場合にはピント合わせが必要になりますので、

老視であれば近くの小さな文字は見にくく感じることになります。