私なりの解釈になりますが


武士道精神とは

「義」「勇」「仁」「智」

そして「名誉」「誇り」、「道徳」「倫理」感、忠誠心


とは

侍の「規範」、その中の「厳格な教え」を指し、「正義感」

打算や損得のみを考えず、卑怯なこと、ずるいことを嫌う。

大義・道義・節義・忠義・仁義・信義・恩義・律義、義理・義務など

つまりは武士道の精神的な支柱、人としての道。


とは

「勇気」、「勇猛心」それに「忍耐」

勇気は義のために行い、そうでなければ徳の価値を得ず。

勇気とは当然、(障害があっても)正しい道を進むこと。

時としての決断力、その中に穏やかな平静心、平常心、冷静さを求められる。

義と勇=文と武=文武両道


とは

「愛」、「許す寛容さ」、「他者への愛情」、「敗者への労わり」、

「弱者への同情」、「虐げられる者への哀れみ」(不憫の情)。

つまり、人としての思いやり、優しさを指す。

「柔和」、「女性的な慈愛」、「慈しみ」、「惻隠(そくいん)の情」


義=男性的厳しさ、仁=女性的な慈愛


とは
「知恵」、「知識」、「知性」、「智慧」
物事を認識、判断する力(能力)。
仏教的に言うと物や道理を認識、判断、推理、推測する精神的作用、真理を観ずるところの智慧、悟り。


智は義と仁を融和し、バランスを保つために使う。

哲学、現実を見つめること。

礼儀とは

他人の気持ちを尊重し、そこには「謙虚さ」、「丁寧さ」、がある。

礼儀には「真実性」と「誠意」がなければ意味がない。

心無く、上っ面だけの礼儀(言葉・動作)は茶番や芝居、偽り。


名誉は富や知識を凌駕する最高の善、尊ばれ、追求する目標。


忠誠は主君に仕える手段、方法、気持ち、忠誠の義務を誤りなく遂行することが名誉の理想。


侍には品性が求められ、それを形成するための教育、訓練・稽古(修行)こそが重要。


克己心

不平不満を軽々しく言わない(耐える力)不屈の精神、同時に安易に悲しみや怒り(感情)、苦痛を外面に表し(表現、動作、表情)、他人(第三者)の楽しみ、平和、平穏を損なってはならない。そのために自分を保つ(自制心・セルフコントロール)

これもまた、礼儀。

侍の魂は刀に宿る。


正義を忘れず、適切に。誤った使い方はしてはならない。

これらのことが武士道の教え、道徳観、倫理観。


武道精神は武士道精神に通じ、共通する哲学、精神。

これを忘れてはもはや武道であらず、単なるスポーツ、または格闘技になってしまう。


空手は道、道は人として歩む道。

技術、強さは勿論大切であり、勝敗も重要な要素。

しかし

単に勝ち負けだけを求めず

その道のりにこそ意味がある。

それが伴わないと強くても認めてもらえない。

周りの人、仲間の協力に感謝し

謙虚に、そして驕らず。


手・足から繰り出す技は刀

誤った考えで安易に使っては単なる暴力となりえる。


相手を敬い、礼儀を忘れず

正義のための勇気

勇気を持つための強さ

愛する人や自分を慕うもの

これを守るための技術、護身


武道家として肉体の鍛錬は当然、拳足を鍛える。

きつい鍛錬は精神力を高める、これが修行。


指導者は口先だけにならず

日々鍛錬を忘れず、真の強さを追求する。

有段者こそ動け。

これらの行動が弟子の範となる。


これが日頃、私が師・初代杉原館長より学んだ教え。

白蓮魂侍魂であると思ってます。


私はまだまだ未熟です。

押忍


2004.4.16記事、再投稿(未来設定)



参照文献ダウン


武士道/新渡戸 稲造



¥2,100
Amazon.co.jp

日本人の品格―新渡戸稲造の「武士道」に学ぶ (PHP文庫)/岬 龍一郎



¥580
Amazon.co.jp




西川、徳常、藤本か

懐かしいな

うん、会おう。


あの頃は楽しかった

やぱ、俺たち運命的やな(笑)


横内て、あいつも可愛いわ


人の道は重荷を負うて


遠き道を行くが如し、

急ぐべからず。

不自由を常と思えば

不足なし。

心に望み起こらば

困窮したるときを思い出すべし。

堪忍は無事長久の基、

怒りは敵と思え。

勝つことばかりを知りて、
負けることを知らざれば

害その身に至る。

己を責めて人を責めるな。
及ばざるは過ぎたるより勝りけり。

押忍

2015.11記事、再投稿(未来設定)

予約してた『はじめの一歩』

131巻、132巻

取りに行かないと

しかし、動けない…

嫌なるな

スゲーな、中国

怖いし((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

本当に侮れない

戦力したたか

↑訂正

戦略したたか

誤字多すぎ、俺